Cisco Unified IP Phone 6921/6941/6945/6961 ユーザ ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0(SCCP and SIP)
アプリケーション
アプリケーション
発行日;2014/01/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

アプリケーション

電話アプリケーションを使用すると、次のいずれかにアクセスできます。

サービス

電話サービスには、特別な電話機の機能、ネットワーク データ、Web ベースの情報(株式相場、映画情報など)などがあります。 電話機で使用できるサービスは、電話機のシステム設定や登録したサービスによって異なります。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

システム管理者が電話サービスで HTTPS を有効にしている場合は、電話機が HTTPS を使用してサービスに接続されているかどうかを示すロック アイコンが電話機の画面に表示されます。 電話機が HTTP を使用してサービスに接続している場合は、アイコンは表示されません。


(注)  


ロック アイコンは、電話機が HTTPS を使用してサーバに接続した後にのみ表示されます。


アクセス サービス

手順
    ステップ 1   アプリケーション を押します。
    ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールしてアクセスするサービスを選択します。
    ステップ 3   [選択] ソフトキーを押すか、または [終了] ソフトキーを押してアプリケーション画面に戻ります。

    通話履歴

    通話履歴を使用すると、電話機の最近の 150 件のコールに関する情報を表示できます。 コール アイコンが表示され、コールのタイプを示します。

    • 着信
    • 発信
    • 不在着信

    コール アイコンとともに、発信者 ID が表示されます。 発信者 ID の情報がない場合は電話番号が表示され、 電話番号が使用できない場合は「不明」と表示されます。 すべての通話履歴項目は 1 つのリストにまとめられ、日時の新しいものから順番に表示されます。

    最大 150 件のコールが表示されますが、この最大件数は回線 1 つあたりではなく、電話機 1 台あたりの数です。 たとえば、電話機に複数の回線がある場合は、すべての回線を合わせて最大 150 件となります。

    通話履歴のリストは、すべての回線、回線ごと、または不在着信でソートできます。 また、通話履歴のリストから直接電話番号をダイヤルできます。

    管理者によって設定されている場合は、各通話履歴エントリの横にアイコンが表示されます。 アイコンは、コールを発信した人のステータスである [不明]、[アイドル]、[話し中]、または [サイレント] を示します。

    管理者によって設定されている場合は、共有回線からの受信履歴と発信履歴は、通話履歴に記録されます。 すべての通話履歴ログを表示するには、[通話履歴] 画面を開きます。

    通話履歴の詳細の受信履歴と発信履歴の通話時間は、電話機に表示されます。 通話時間が 1 時間よりも長い場合は、時間、分、秒(HH:MM:SS)の形式で表示されます。 通話時間が 1 時間よりも短い場合は、分、秒(MM:SS)の形式で表示されます。

    通話履歴の表示

    手順
      ステップ 1   アプリケーション を押します。
      ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
      ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
      ステップ 4   を押して [通話履歴] 画面に戻ります。

      コール レコードの詳細の表示

      手順
        ステップ 1   アプリケーション を押します。
        ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
        ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
        ステップ 4   コール レコードを選択して [詳細] を押します(必要に応じて、先に [次へ] を押します)。
        ステップ 5   通話履歴のリストに戻るには、 を押します。

        通話履歴のフィルタ

        手順
          ステップ 1   アプリケーション を押します。
          ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
          ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
          ステップ 4   選択した回線を不在着信でソートするには、[不在着信] を押します。
          ステップ 5   通話履歴のリストにすべてのコールを表示するには、[すべてのコール] を押します。
          ステップ 6   を押して [通話履歴] 画面に戻ります。

          通話履歴からのダイヤル

          手順
            ステップ 1   アプリケーション を押します。
            ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
            ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
            ステップ 4   通話履歴のリストでダイヤルするコールを選択し、次のアクションのいずれかを実行します。
            • [コール] を押します。
            • 回線キーを押します。
            • ハンドセットを取り上げます。
            • スピーカフォン ボタンまたはヘッドセット ボタンを押します。

            電話番号の編集

            手順
              ステップ 1   アプリケーション を押します。
              ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
              ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
              ステップ 4   編集するコールを選択します。
              ステップ 5   [編集] を押します(必要に応じて、先に [次へ] を押します)。
              ステップ 6   カーソルを右へ移動するには [>>] を押し、左へ移動するには [<<] を押します。
              ステップ 7   番号を削除するには、 を押します。
              ステップ 8   [ダイヤル] を押します(必要に応じて、先に [次へ] を押します)。
              ステップ 9   通話履歴のリストに戻るには、 を押します。

              通話履歴のクリア

              手順
                ステップ 1   アプリケーション を押します。
                ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
                ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
                ステップ 4   [クリア] を押します(必要に応じて、先に [次へ] ソフトキーを押します)。
                ステップ 5   [削除] ソフトキーを押して通話履歴のリストを削除するか、[キャンセル] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。

                コール レコードの削除

                手順
                  ステップ 1   アプリケーション を押します。
                  ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [通話履歴] を選択します。
                  ステップ 3   [すべての回線] または表示する特定の回線を選択します。
                  ステップ 4   削除するコールを選択します。
                  ステップ 5   [削除] を押します(必要に応じて、先に [次へ] を押します)。
                  ステップ 6   [削除] を押してコールを削除するか、[キャンセル] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。

                  設定

                  ここでは、ユーザ設定で指定する設定について説明します。

                  呼出音

                  電話機で着信コールと新しいボイスメール メッセージがどのように示されるかをカスタマイズできます。 また、電話機の呼出音の音量を調整できます。

                  電話機が北アメリカの周波数の呼出音を使用するように設定されている場合は、電話機が着信コールと新しいボイス メッセージを通知する方法をカスタマイズできます。

                  電話機が日本の周波数の呼出音を使用するように設定されている場合は、呼出音をカスタマイズできません。

                  着信音の変更

                  手順
                    ステップ 1   アプリケーション を押します。
                    ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [設定] を選択します。
                    ステップ 3   [呼出音] を選択します。
                    ステップ 4   呼出音を選択します。
                    ステップ 5   [再生] を押してサンプルを再生します。
                    ステップ 6   [設定] を押して、呼出音を適用します。
                    ステップ 7   [適用] を押して選択を確定するか、[キャンセル] を押して呼出音画面に戻ります。
                    ステップ 8   を押して、[設定] 画面に戻ります。

                    コントラスト

                    電話機の画面のコントラスト レベルを調整できます。 デフォルト設定のコントラスト レベルは 50% です。

                    コントラストの調整

                    手順
                      ステップ 1   アプリケーション を押します。
                      ステップ 2   ナビゲーション バー選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [設定] を選択します。
                      ステップ 3   [コントラスト] を選択します。
                      ステップ 4   コントラストを上げるには、ナビゲーション バーの上矢印を押します。 コントラストを下げるには、下矢印を押します。
                      ステップ 5   [保存] を押して明るさを設定するか、[キャンセル] を押して終了します。

                      ヘッドセットの側音

                      システム管理者が設定している場合は、電話機からヘッドセットのボリュームを指定できます。

                      ヘッドセットの側音の調整

                      手順
                        ステップ 1   アプリケーションを押します。
                        ステップ 2   ナビゲーション バーと選択ボタンを使用して、[設定] を選択します。
                        ステップ 3   [ヘッドセットの側音] を選択します。
                        ステップ 4   次の側音レベルのいずれかを選択します。
                        • 標準
                        • オフ
                        ステップ 5   を押して、[設定] 画面に戻ります。

                        電話の情報

                        電話の情報では、次に示す電話機のモデル情報を表示できます。

                        • モデル番号
                        • IP アドレス
                        • MAC アドレス
                        • Unified Video Advantage
                        • アクティブ ロード
                        • 非アクティブ ロード
                        • 前回のアップグレード
                        • アクティブ サーバ
                        • スタンバイ サーバ
                        • バックライト点灯時刻
                        • バックライト点灯継続時間
                        • バックライト放置時自動消灯
                        • バックライト非点灯日

                        電話の情報の表示

                        手順
                          ステップ 1   アプリケーション を押します。
                          ステップ 2   ナビゲーション パッドと選択ボタンを使用し、画面をスクロールして [電話の情報] を選択します。
                          ステップ 3   [アプリケーション] 画面に戻るには、[終了] ソフトキーを押します。

                          管理者設定

                          管理者設定へのアクセスおよび変更方法については、システム管理者にお問い合わせください。

                          シスコ ユニファイド コミュニケーション セルフ ケア ポータル へのログイン

                          この電話機は、自分のパーソナル コンピュータなど、社内の他のネットワーク デバイスと情報を共有することができるネットワーク デバイスです。 コンピュータを使用して シスコ ユニファイド コミュニケーション セルフ ケア ポータル にログインして、電話の機能、設定、サービスを制御できます。 たとえば、電話機の表示言語を制御したり、サービスを設定したり、個人アドレス帳にエントリを追加したり、スピード ダイヤル コードを設定したりできます。

                          スピード ダイヤル、個人アドレス帳などのユーザ オプションを使用するには、ログインする必要があります。 ポータルを使い終わったら、ログアウトする必要があります。

                          ログインせずにシスコ ユニファイド コミュニケーション セルフ ケア ポータル にアクセスできる場合もあります。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

                          ポータルの使用方法については、『シスコ ユニファイド コミュニケーション セルフ ケア ポータル ユーザ ガイド』(http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​products_​user_​guide_​list.html)を参照してください。

                          手順
                            ステップ 1   ポータルの URL、ユーザ ID、デフォルトのパスワードは、システム管理者から受け取ります。

                            通常、ポータルの URL は、http://<ip_address or hostname>/ucmuser です。

                            ステップ 2   コンピュータでブラウザを開き、URL を入力します。
                            ステップ 3   セキュリティ設定を許可するプロンプトが表示されたら、[はい] または [証明書のインストール] を選択します。
                            ステップ 4   [ユーザ名] フィールドにユーザ ID を入力します。
                            ステップ 5   [パスワード] フィールドにパスワードを入力します。
                            ステップ 6   [ログイン] を選択します。
                            ステップ 7   ログアウトするには、[ログアウト] を選択します。