Cisco IP Phone 8800 シリーズ ユーザ ガイド
アクセサリ
アクセサリ

アクセサリ

サポートされるアクセサリ

シスコおよびサードパーティ製の次のアクセサリが電話機でサポートされます。
表 1 Cisco IP Phone 8800 シリーズのアクセサリ

アクセサリ

タイプ

Cisco IP Phone

8811

8841

8845

8851

8851NR

8861

8865

シスコ製アクセサリ

Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール

追加モジュール

2

2

3

3

第三者製アクセサリ

ヘッドセット

アナログ

X

X

X

X

X

X

X

アナログ ワイドバンド

X

X

X

X

X

X

X

Bluetooth

X

X

X

X

USB

X

X

X

X

マイクロフォン

外部 PC

X

X

スピーカー

外部 PC

X

X

電話機に関連付けられたアクセサリを表示する

ヘッドセット ジャック、Bluetooth、または USB ポートを使用して、電話機に外部ハードウェアを接続できます。 アクセサリ リストには、アナログ ヘッドセットがデフォルトで含まれています。このヘッドセットは、ワイドバンドを有効にするように設定できます。

手順
    ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
    ステップ 2   次のオプションのいずれかを選択します。
    • アクセサリ
    • Bluetooth
    ステップ 3   (任意)アクセサリを選択して、[詳細の表示(Show detail)] を押します。
    ステップ 4   [終了(Exit)] を押します。

    ヘッドセット

    サポートされるヘッドセットの一覧については、http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​products/​unified-communications/​uc_​endpoints_​accessories.htmlを参照してください。

    アクティブ コール中にヘッドセットを電話機に差し込むと、オーディオ パスが自動的にヘッドセットに切り替わります。

    標準ヘッドセット

    標準のヘッドセットは、RJ-11 コネクタを使用して電話機の背面に差し込みます。

    標準ヘッドセットの接続

    手順
    電話機背面のジャックにヘッドセットを差し込み、ケーブル チャネルの中にケーブルを押し込みます。


    次の作業

    標準のヘッドセットが広帯域オーディオに対応している場合は、ワイドバンド標準ヘッドセットの設定を実行する必要があります。

    ワイドバンド標準ヘッドセットの設定

    広帯域オーディオに対応するヘッドセットを使用できます。 広帯域オーディオでは、ヘッドセットから聞こえる音声の質が改善されます。

    手順
      ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
      ステップ 2   [アクセサリ(Accessories)] > [アナログ ヘッドセット(Analog headset)] > [セットアップ(Setup)] を選択します。
      ステップ 3   [オン(On)] または [オフ(Off)] を押してアナログ ヘッドセット用ワイドバンドを有効または無効にします。
      ステップ 4   [戻る(Return)] を押します。

      USB ヘッドセット

      サポートされるヘッドセットの一覧については、http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​products/​unified-communications/​uc_​endpoints_​accessories.html[英語] を参照してください。 一覧に含まれない USB ヘッドセットを USB ポートに接続しても正常に機能しない場合があります。 詳細については、USB ヘッドセットの製造元が提供するマニュアルを参照してください。

      USB ヘッドセットの接続

      電話機で USB ヘッドセットを使用するときには、次の点に注意してください。
      • 同時に使用できるヘッドセットは 1 台のみです。 最後に接続されたヘッドセットがアクティブ ヘッドセットとなります。

      • アクティブ コール中に USB ヘッドセットを取り外しても、オーディオ パスは自動的に変更されません。 [スピーカーフォン(Speakerphone)] ボタンを押すか、ハンドセットを持ち上げる必要があります。

      USB ヘッドセットを差し込んだり、電話機の音量コントロール キーを使って音量を調整したりした場合には、電話機にメッセージが表示されます。

      手順
      USB ヘッドセットのプラグを電話機の USB ポートに差し込みます。

      Bluetooth ヘッドセット

      電話機で Bluetooth ヘッドセットを使用するときには、次の点に注意してください。

      • Bluetooth ヘッドセットと標準ヘッドセットの両方が電話機に接続されている場合、動作するのは常に一方のタイプのヘッドセットだけです。 一方のヘッドセットを有効にすると、他方は自動的に無効になります。

      • USB ヘッドセットを使用する場合、Bluetooth およびアナログ ヘッドセットはどちらも無効になります。 USB ヘッドセットを取り外した場合、Bluetooth ヘッドセットまたは標準ヘッドセットを有効にする必要があります。

      • ヘッドセットの最適なカバレッジを確保するには、Bluetooth ヘッドセットを電話機から 3 m(10 フィート)以内の範囲で使用してください。

      • 電話機は、Bluetooth ハンズフリー プロファイルをサポートしています。 Bluetooth ヘッドセットでサポートされている場合、次の機能を Bluetooth ヘッドセットから実行できます。

        • コールの応答(Answer a call)

        • コールの終了(End a call)

        • ヘッドセットのコールの音量を変更する

        • リダイヤル(Redial)

        • 発信者 ID(Caller ID)

        • 却下(Reject)

        • 転送(Divert)

        • 保留して許可(Hold and Accept)

        • リリースして許可(Release and Accept)

      詳細については、Bluetooth ヘッドセットの製造元から提供されたマニュアルを参照してください。

      関連コンセプト

      Bluetooth をオンまたはオフにする

      Bluetooth がアクティブの場合、Bluetooth アイコン が電話スクリーンのヘッダーに表示されます。

      手順
        ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
        ステップ 2   [Bluetooth] を選択します。
        ステップ 3   [オン(On)] または [オフ(Off)] を押します。

        Bluetooth ヘッドセットの追加

        手順
          ステップ 1   Bluetooth ヘッドセットを検出可能にします。
          ステップ 2   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
          ステップ 3   [Bluetooth] > [Bluetoothアクセサリの追加(Add Bluetooth accessory)] を選択します。 電話機が、検出可能なサポート対象アクセサリを検索します。 検出されたアクセサリは、[Bluetoothアクセサリの追加中(Adding Bluetooth Accessory)] 画面のリストに追加されます。
          ステップ 4   ヘッドセットを選択し、[接続(Connect)] を押します。 電話機では、Bluetooth デバイスの PIN「0000」""を使用して、アクセサリへの接続を自動的に試行します。 異なる PIN がアクセサリで必要とされる場合は、[PINの追加(Adding PIN)] 画面が表示されます。
          ステップ 5   (任意) 必要に応じて、アクセサリの PIN を入力してください。

          Bluetooth ヘッドセットの切断

          手順
            ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
            ステップ 2   Bluetooth ヘッドセットを選択します。
            ステップ 3   [切断(Disconnect)] を押します。

            Bluetooth ヘッドセットの削除

            手順
              ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
              ステップ 2   Bluetooth ヘッドセットを選択して、[削除(Delete)] を押します。

              Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール

              Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール を使用すると、電話機にライン アピアランスまたはプログラム可能ボタンを追加できます。 [プログラム可能な機能ボタン(Programmable feature buttons)] は、電話回線ボタン、短縮ダイヤル ボタンまたは電話機能ボタンとして設定できます。

              表 2  キー拡張モジュール サポート

              Cisco IP Phone モデル

              サポートされるキー拡張モジュールの数

              8851 および 8851NR

              2 つのキー拡張モジュール、72 回線またはボタン

              8861 および 8865

              3 つのキー拡張モジュール、108 回線またはボタン

              複数のキー拡張モジュールを電話機に取り付けた場合、電話機に取り付けられた順序に従ってそれらに番号が割り当てられます。 次に例を示します。

              • キー拡張モジュール 1 は電話機の最も近くにある装置です。

              • キー拡張モジュール 2 は中央にある装置です。

              • キー拡張モジュール 3 は電話機から最も遠い装置です。

              図 1. Cisco IP Phone 8861 および 3 つの Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール


              注意    


              電話機の側面にあるスロットは、キー拡張モジュールのスパイン コネクタ専用です。 その他の装置を挿入したままにすると、電話機が損傷します。


              Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール ボタンとハードウェア

              Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール には、次の機能があります。

              LCD スクリーン:電話番号、短縮ダイヤル番号(または名前などのテキスト ラベル)、電話機サービス、電話機の機能、または各ボタンに割り当てられたプライバシーが表示されます。

              回線ステータスを示すアイコンの外観と機能は、キー拡張モジュールが接続されている電話機のアイコンと似ています。

              1

              ライト付きボタン:18 個の回線ボタン。 モードに応じて、各ボタンまたはボタン ペアが 1 つの回線に対応します(電話機の場合と同じです)。 詳しくは、この表の後にある 1 列および 2 列モードの説明を参照してください。 各ボタンの下のライトは、対応する回線の状態を次のように示します。

              • 消灯:回線が使用可能、または非アクティブ ページでコールが鳴っている。

              • 緑色に点灯:このユーザが回線を使用中、または保留中のコールあり、またはコールを転送中

              • 赤色に点灯:他のユーザが回線を使用中、または他のユーザがコールを保留中(共有回線の場合)。

              • オレンジ色に点灯:回線が鳴っている。

              2

              シフト ボタン:2 つのボタンがあります。 各ボタンは、18 個の回線キーがある 1 つのページに対応しています。 最初のページのボタンには番号 1、第 2 ページのボタンには番号 2 のラベルが付きます。 各ボタンのライトは、ページの状態を次のように示します。

              • 緑色に点灯:ページを表示中。

              • 消灯:ページが非表示。

              • オレンジ色に点灯:ページが非表示で、ページ上にアラート状態のコールが 1 つ以上ある。

              • 赤色に点灯:ページが表示され、ページ上にアラート状態のコールが 1 つ以上ある。

              1 列または 2 列モードでキー拡張モジュールを表示するよう、管理者が設定します。

              1 列モード

              1 列モードでは、表示されている各行が 1 つの回線に対応します。 この回線には、左側または右側のどちらのボタンからでもアクセスできます。 この設定では、キー拡張モジュールのページ 1 に 9 回線、ページ 2 に 9 回線が表示されます。

              図 2. キー拡張モジュール(1 列の場合)

              2 列モード

              2 列モードでは、スクリーンの左側と右側にある各ボタンがそれぞれ異なる回線に割り当てられます。 この設定では、キー拡張モジュールのページ 1 に 18 回線、ページ 2 に 18 回線が表示されます。

              図 3. キー拡張モジュール(2 列の場合)

              キー拡張モジュールでのコールの発信

              手順
                ステップ 1   キー拡張モジュールで、回線ボタンを押します。
                ステップ 2   電話番号をダイヤルします。

                キー拡張モジュール画面の明るさの調整

                手順
                  ステップ 1   電話機で [アプリケーション(Applications )] ボタン を押します。
                  ステップ 2   [設定(Settings)] > [明るさ(Brightness)] > [明るさ-キー拡張モジュール x(Brightness - Key expansion module x)] を選択します(x はキー拡張モジュールの番号)。
                  ステップ 3   明るくするにはナビゲーション パッドの右矢印を押します。 暗くするにはナビゲーション パッドの左矢印を押します。
                  ステップ 4   [保存(Save)] を押します。