Cisco IP Phone 8800 シリーズ ユーザ ガイド
通話履歴
通話履歴

通話履歴

コール履歴リスト

履歴リストを使用すると、最近の 150 件の個別コールおよびコール グループを確認できます。 電話機に複数の回線がある場合、管理者は、すべての回線のコールが 1 つの履歴リストに集計されるようにセットアップできます。

履歴リストに含まれるコールのうち、同じ番号の発信先/着信元が連続している場合はグループにまとめられます。 また、同じ番号からの不在着信もグループにまとめられます。

最近の通話履歴を表示する

手順
    ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
    ステップ 2   スクロールして、[通話履歴(Recents)] を選択します。
    ステップ 3   表示する回線を選択します。

    最近の通話履歴に戻る

    手順
      ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
      ステップ 2   [通話履歴(Recent)] を選択します。
      ステップ 3   (任意) 複数の回線がある場合は [すべての回線(All Lines)] または必要な回線を選択します。
      ステップ 4   ダイヤルするコール レコードを選択します。
      ステップ 5   (任意)コール レコードを編集するには [ダイヤルの編集(EditDial)] を押します。
      ステップ 6   [コール(Call)] を押します。

      最近の通話履歴を消去する

      手順
        ステップ 1   アプリケーション を押します。
        ステップ 2   [通話履歴(Recent)] を選択します。
        ステップ 3   (任意)[すべての回線(All Lines)] または目的の回線を選択します。
        ステップ 4   [クリア(Clear)] を押します。
        ステップ 5   [削除(Delete)] を押します。

        コール レコードの削除

        手順
          ステップ 1   [アプリケーション(Applications)] ボタン を押します。
          ステップ 2   [通話履歴(Recent)] を選択します。
          ステップ 3   (任意)[すべての回線(All Lines)] または目的の回線を選択します。
          ステップ 4   削除する個々のコール レコードまたはコール グループを強調表示します。
          ステップ 5   [削除(Delete)] を押して、グループ内の個々のコール レコードまたはすべてのコールを削除します。
          ステップ 6   確認のため、再び [削除(Delete)] を押します。
          ステップ 7   [戻る(Back)] を押します。