Cisco IP Phone 7811/7821/7841/ 7861 アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0(SIP)
Cisco IP Phone ハードウェア
Cisco IP Phone ハードウェア

Cisco IP Phone ハードウェア

Cisco IP Phone ハードウェアの概要

Cisco IP Phone 7821、7841、および 7861 は Internet Protocol(IP)ネットワーク経由で音声通信を実現します。 Cisco IP Phone は、デジタル ビジネス フォンとほぼ同様に機能し、電話コールの発受信に加えて、ミュート、保留、転送、スピード ダイヤル、コール転送などの機能を使用できます。 また、データ ネットワークに接続するため、IP テレフォニー機能が拡張され、ネットワーク情報やサービス、およびカスタマイズ可能な機能やサービスにアクセスできるようになります。

Cisco IP Phone の機能は次のとおりです。

  • 最大 16 回線をサポートする(Cisco IP Phone 7821 は 2 回線、Cisco IP Phone 7841 は 4 回線、Cisco IP Phone 7861 は 16 回線をサポートします)、または他の機能用にもプログラムできる、プログラム可能なライン キー

  • ギガビット イーサネット接続(これは、Cisco IP Phone 7841 だけに適用されます)

  • 外部のマイクロフォンおよびスピーカのサポート

Cisco IP Phone は、他のネットワーク デバイスと同様に設定と管理を行う必要があります。 これらの電話機は、G.711a-law、G.711 mu-law、G.722、G.729a、G.729ab、および iLBC コーデックのエンコード、および G.711a-law、G.711 mu-law、G.722、G.729、G.729a、G.729b、G.729ab、および iLBC コーデックのデコードをサポートしています。


注意    


セル方式の電話、携帯電話、GSM 電話、または双方向ラジオを Cisco IP Phone のすぐ近くで使用すると、相互干渉が発生することがあります。 詳細については、干渉が発生するデバイスの製造元のマニュアルを参照してください。


Cisco IP Phone 7821

電話機の接続部

イーサネット ケーブルを使用して Cisco IP Phone を LAN に接続すると、Cisco IP Phone の全機能を使用できるようになります。 イーサネット ポートに Power over Ethernet(PoE)が付属している場合は、LAN ポートを介して Cisco IP Phone に電力を供給できます。 建物の外側に LAN イーサネット ケーブルを延長しないでください。 電話機を動作させるには、電話機が IP テレフォニー ネットワークに接続されている必要があります。





1

DC アダプタ ポート(DC48V)(オプション)

5

アクセス ポート(10/100 PC)接続(オプション)

2

AC-DC 電源装置(オプション)

6

補助ポート(オプション)

3

AC 電源コンセント(オプション)

7

ハンドセットの接続

4

ネットワーク ポート(10/100 SW)の接続 (IEEE 802.3af 電源対応)

8

アナログ ヘッドセットの接続(オプション)

ボタンとハードウェア



1

ハンドセットのランプ

着信コール(赤色に点滅)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

2

プログラマブル機能ボタン

システム管理者が行った電話機の設定に応じて、プログラマブル機能ボタンは次のいずれかにアクセスします。
  • 電話回線とインターコム回線
  • スピード ダイヤル番号(スピード ダイヤル ボタン。回線ステータス スピード ダイヤル機能を含む)
  • Web ベースのサービス(個人用アドレス帳ボタンなど)
  • コール機能(たとえばプライバシー ボタン)
ボタンは次のようにステータスを示します。
  • 緑、点灯:アクティブ コールまたは双方向のインターコム コール
  • 緑、点滅:保留コール
  • オレンジ、点灯:プライバシー機能が使用中、一方向のインターコム コール、サイレントがアクティブ、またはハント グループにログイン中
  • オレンジ、点滅:着信コールまたは復帰コール
  • 赤色、点灯:リモート回線の使用中(共有回線または回線ステータス)
  • 赤、点滅:リモート回線が保留中

3

電話スクリーン

ディレクトリ番号、アクティブ コールと回線ステータス、ソフトキー オプション、短縮ダイヤル、発信履歴、電話メニューのリストなど、電話機に関する情報を表示します。

4

ソフトキー ボタン

システム管理者による電話機の設定に応じて、使用できるソフトキー オプションが電話スクリーンに表示されます。

5

ナビゲーション リングと選択ボタン

ナビゲーションと選択ボタンを使用して、メニューをスクロールしたり、項目を強調表示したり、強調表示されている項目を選択したりすることができます。

6

保留/復帰ボタン

アクティブ コールを保留にしたり、保留中のコールを再開したりします。

7

会議ボタン

会議コールを開始します。

8

転送ボタン

コールを転送します。

9

スピーカフォン ボタン

スピーカフォンのオン/オフを切り替えます。 スピーカフォンをオンにすると、ボタンが点灯します

10

ヘッドセット ボタン

ヘッドセットのオン/オフを切り替えます。 ヘッドセットがオンのときは、ボタンが点灯します。

11

ミュート ボタン

マイクロフォン モードのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているときは、ボタンが点灯します。

12

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、メニュー項目の選択(項目番号を入力)を行います。

13

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

14

連絡先ボタン

[ディレクトリ(Directories)] メニューを開閉します。 連絡先ボタンを使用して、個人および社内のディレクトリにアクセスします。

15

アプリケーション ボタン

[アプリケーション(Applications)] メニューを開閉します。 アプリケーション ボタンを使用して、通話履歴、ユーザの環境設定、電話機設定、アクセサリ、加入している電話サービス、電話機のモデル情報にアクセスします。

16

メッセージ ボタン

ボイス メッセージング システムを自動的にダイヤルします(システムによって異なります)。

17

ハンドセット

電話機のハンドセットです。

Cisco IP Phone 7841

電話機の接続部

イーサネット ケーブルを使用して Cisco IP Phone を LAN に接続すると、Cisco IP Phone の全機能を使用できるようになります。 イーサネット ポートに Power over Ethernet(PoE)が付属している場合は、LAN ポートを介して Cisco IP Phone に電力を供給できます。 建物の外側に LAN イーサネット ケーブルを延長しないでください。 電話機を動作させるには、電話機が IP テレフォニー ネットワークに接続されている必要があります。





1

DC アダプタ ポート(DC48V)(オプション)

5

アクセス ポート(10/100/1000 PC)接続(オプション)

2

AC-DC 電源装置(オプション)

6

補助ポート(オプション)

3

AC 電源コンセント(オプション)

7

ハンドセットの接続

4

ネットワーク ポート(10/100/1000 SW)の接続 (IEEE 802.3af 電源対応)

8

アナログ ヘッドセットの接続(オプション)

ボタンとハードウェア





1

ハンドセットのランプ

着信コール(赤色に点滅)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

2

プログラマブル機能ボタン

システム管理者による電話機の設定に応じて、プログラマブル機能ボタン(電話スクリーンの両側)を押して次にアクセスできます。
  • 電話回線とインターコム回線
  • スピード ダイヤル番号(スピード ダイヤル ボタン。回線ステータス スピード ダイヤル機能を含む)
  • Web ベースのサービス(個人用アドレス帳ボタンなど)
  • コール機能(たとえばプライバシー ボタン)
ボタンは次のようにステータスを示します。
  • 緑、点灯:アクティブ コールまたは双方向のインターコム コール
  • 緑、点滅:保留コール
  • オレンジ、点灯:プライバシー機能が使用中、一方向のインターコム コール、サイレントがアクティブ、またはハント グループにログイン中
  • オレンジ、点滅:着信コールまたは復帰コール
  • 赤色、点灯:リモート回線の使用中(共有回線または回線ステータス)
  • 赤、点滅:リモート回線が保留中

3

電話スクリーン

ディレクトリ番号、アクティブ コールと回線ステータス、ソフトキー オプション、短縮ダイヤル、発信履歴、電話メニューのリストなど、電話機に関する情報を表示します。

4

ソフトキー ボタン

システム管理者による電話機の設定に応じて、使用できるソフトキー オプションが電話スクリーンに表示されます。

5

ナビゲーション リングと選択ボタン

ナビゲーションと選択ボタンにより、メニューのスクロールや項目の強調表示、強調表示された項目の選択ができます。

6

保留/復帰ボタン

アクティブ コールを保留にしたり、保留コールを再開したりします。

7

会議ボタン

会議コールを開始します。

8

転送ボタン

コールを転送します。

9

スピーカフォン ボタン

スピーカフォンのオン/オフを切り替えます。 スピーカフォンをオンにすると、ボタンが点灯します

10

ヘッドセット ボタン

ヘッドセットのオン/オフを切り替えます。 ヘッドセットがオンのときは、ボタンが点灯します。

11

ミュート ボタン

マイクロフォン モードのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているときは、ボタンが点灯します。

12

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、メニュー項目の選択(項目番号を入力)を行います。

13

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

14

連絡先ボタン

[ディレクトリ(Directories)]メニューを開閉します。 連絡先ボタンを使用して、個人および社内のディレクトリにアクセスします。

15

アプリケーション ボタン

[アプリケーション(Applications)] メニューを開閉します。 アプリケーション ボタンを使用して、電話履歴、ユーザ設定、電話機の設定、電話機のモデル情報にアクセスします。

16

メッセージ ボタン

ボイス メッセージング システムを自動的にダイヤルします(システムによって異なります)。

17

ハンドセット

電話機のハンドセットです。

Cisco IP Phone 7861

電話機の接続部

イーサネット ケーブルを使用して Cisco IP Phone を LAN に接続すると、Cisco IP Phone の全機能を使用できるようになります。 イーサネット ポートに Power over Ethernet(PoE)が付属している場合は、LAN ポートを介して Cisco IP Phone に電力を供給できます。 建物の外側に LAN イーサネット ケーブルを延長しないでください。 電話機を動作させるには、電話機が IP テレフォニー ネットワークに接続されている必要があります。





1

DC アダプタ ポート(DC48V)(オプション)

5

アクセス ポート(10/100 PC)接続(オプション)

2

AC-DC 電源装置(オプション)

6

補助ポート(オプション)

3

AC 電源コンセント(オプション)

7

ハンドセットの接続

4

ネットワーク ポート(10/100 SW)の接続 (IEEE 802.3af 電源対応)

8

アナログ ヘッドセットの接続(オプション)

ボタンとハードウェア





1

ハンドセットのランプ

着信コール(赤色に点滅)または新しいボイス メッセージ(赤色に点灯)を示します。

2

電話スクリーン

ディレクトリ番号、アクティブなコールと回線のステータス、ソフトキー オプション、スピード ダイヤル、発信履歴、電話メニューのリストなど、電話機に関する情報を表示します。

3

ソフトキー ボタン

システム管理者による電話機の設定に応じて、使用できるソフトキー オプションが電話スクリーンに表示されます。

4

転送ボタン

コールを転送します。

5

会議ボタン

会議コールを開始します。

6

保留/復帰ボタン

アクティブ コールを保留にしたり、保留コールを再開したりします。

7

ナビゲーション リングと選択ボタン

ナビゲーションと選択ボタンを使用して、メニューをスクロールしたり、項目を強調表示したり、強調表示されている項目を選択したりすることができます。

8

プログラマブル機能ボタン

システム管理者による電話機の設定に応じて、プログラマブル機能ボタンを押して次にアクセスできます。

  • 電話回線とインターコム回線
  • スピード ダイヤル番号(スピード ダイヤル ボタン。回線ステータス スピード ダイヤル機能を含む)
  • Web ベースのサービス(たとえば個人アドレス帳ボタン)
  • コール機能(たとえばプライバシー ボタン)

ボタンは次のようにステータスを示します。

  • 緑、点灯:アクティブ コールまたは双方向のインターコム コール
  • 緑、点滅:保留コール
  • オレンジ、点灯:プライバシー機能が使用中、一方向のインターコム コール、サイレントがアクティブ、またはハント グループにログイン中
  • オレンジ、点滅:着信コールまたは復帰コール
  • 赤色、点灯:リモート回線の使用中(共有回線または回線ステータス)
  • 赤、点滅:リモート回線が保留中

9

ヘッドセット ボタン

ヘッドセットのオン/オフを切り替えます。 ヘッドセットがオンのときは、ボタンが点灯します。

10

スピーカフォン ボタン

スピーカフォンのオン/オフを切り替えます。 スピーカフォンをオンにすると、ボタンが点灯します

11

キーパッド

電話番号のダイヤル、文字の入力、メニュー項目の選択(項目番号を入力)を行います。

12

ミュート ボタン

マイクロフォン モードのオン/オフを切り替えます。 マイクロフォンがミュートになっているときは、ボタンが点灯します。

13

音量ボタン

ハンドセット、ヘッドセット、スピーカフォンの音量(オフフック)、および呼出音の音量(オンフック)を制御します。

14

メッセージ ボタン

ボイス メッセージング システムを自動的にダイヤルします(システムによって異なります)。

15

アプリケーション ボタン

[アプリケーション(Applications)] メニューを開閉します。 アプリケーション ボタンを使用して、通話履歴、ユーザの環境設定、電話機設定、アクセサリ、加入している電話サービス、電話機のモデル情報にアクセスします。

16

連絡先ボタン

[ディレクトリ(Directories)] メニューを開閉します。 連絡先ボタンを使用して、個人および社内のディレクトリにアクセスします。

17

ハンドセット

電話機のハンドセットです。

用語の違い

次の表は、『Cisco IP Phone 7821, 7841, and 7861 User Guide for Cisco Unified Communications Manager(SIP)』『Cisco IP Phone 7821, 7841, and 7861 Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager (SIP)』、および『Cisco Unified Communications Administration Guide』における用語の違いを示しています。
表 1 用語の違い

ユーザ ガイド

アドミニストレーション ガイド

回線ステータス

ビジー ランプ フィールド(BLF)

メッセージ インジケータ

メッセージ受信インジケータ(MWI)またはメッセージ受信ランプ

プログラム可能な機能ボタン

プログラム可能なボタンまたはプログラム可能な回線キー(PLK)

ボイスメール システム

ボイス メッセージ システム