Cisco IP Phone 7811/7821/7841/ 7861 アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager 10.0(SIP)
Cisco IP Phone のカスタマイズ
Cisco IP Phone のカスタマイズ

Cisco IP Phone のカスタマイズ

カスタム電話呼出音

Cisco IP Phone には、Chirp1 と Chirp2 という 2 つのデフォルト呼出音タイプが付属しており、これらはハードウェアに内蔵されています。 Cisco Unified Communications Manager には、一連の追加の電話呼出音もデフォルトで付属しており、これらはパルス符号変調(PCM)ファイルとしてソフトウェアに実装されています。 PCM ファイルは、サイトで使用できる呼出音リスト オプションを記述した XML ファイル(Ringlist-wb.xml)とともに、各 Cisco Unified Communications Manager サーバの TFTP ディレクトリに配置されています。

注目:

すべてのファイル名で大文字と小文字が区別されます。 ファイル名に ringlist-wb.xml を使用すると、電話機には変更が適用されません。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager System Guide』の「Cisco TFTP」の章、および『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』の「Software Upgrades」の章を参照してください。

カスタム電話呼出音のセットアップ

Cisco IP Phone のカスタム電話呼出音を作成するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   各カスタム呼出音の PCM ファイルを作成します(ファイルごとに呼出音 1 つ)。 PCM ファイルが「カスタム呼出音のファイル形式」のセクションに示す形式のガイドラインに従っていることを確認します。
    ステップ 2   作成した新しい PCM ファイルを、クラスタ内の各 Cisco Unified Communications Manager の Cisco TFTP サーバにアップロードします。 詳細については、『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』"Software Upgrades"の章を参照してください。
    ステップ 3   テキスト エディタを使用して Ringlist.xml ファイルを編集します。 このファイルの形式を設定する方法およびサンプルの Ringlist.xml ファイルについては、「カスタム呼出音のファイル形式」のセクションを参照してください。
    ステップ 4   修正内容を保存し、Ringlist.xml ファイルを閉じます。
    ステップ 5   新しい Ringlist.xml ファイルをキャッシュするには、Cisco Unified Serviceability を使用して TFTP サービスを停止してから起動するか、「Enable" "Caching of Constant and Bin Files at Startup」 TFTP サービス パラメータ(Advanced Service Parameters 領域に含まれる)を無効にしてから再度有効にします。

    カスタム呼出音のファイル形式

    Ringlist-wb.xml ファイルは、電話呼出音タイプのリストを含む XML オブジェクトを定義しています。 このファイルには、呼出音タイプを 50 個まで記述します。 呼出音タイプごとに、呼出音タイプに使用される PCM ファイルへのポインタ、および Cisco IP Phone の [呼出音タイプ(Ring Type)] メニューに表示されるテキストを記述します。 このファイルは、各 Cisco Unified Communications Manager の Cisco TFTP サーバに保持されます。

    CiscoIPPhoneRinglist XML オブジェクトは、次の簡単なタグ セットを使用して情報を記述します。

    <CiscoIPPhoneRingList>   
       <Ring>
          <DisplayName/>
          <FileName/>
       </Ring>
    </CiscoIPPhoneRingList>
    

    定義名については、次の規則があります。 それぞれの電話呼出音タイプについて、必須の DisplayName と FileName を記述する必要があります。

    • DisplayName には、関連付けられた PCM ファイルのカスタム呼出音の名前を指定します。この名前は、Cisco IP Phone の [呼出音タイプ(Ring Type)] メニューに表示されます。

    • FileName には、DisplayName に関連付けるカスタム呼出音の PCM ファイルの名前を指定します。


    (注)  


    DisplayName フィールドと FileName フィールドは、長さ 25 文字以下にする必要があります。


    次に、2 つの電話呼出音タイプを定義した Ringlist-WB.xml ファイルの例を示します。

    <CiscoIPPhoneRingList>   
       <Ring>
          <DisplayName>Analog Synth 1</DisplayName>
          <FileName>Analog1.raw</FileName>
       </Ring>
       <Ring>
          <DisplayName>Analog Synth 2</DisplayName>
          <FileName>Analog2.raw</FileName>
       </Ring>
    </CiscoIPPhoneRingList>

    呼出音の PCM ファイルを Cisco IP Phone で正常に再生するには、ファイルが次の要件を満たしている必要があります。

    • 未加工の PCM(ヘッダーなし)。

    • サンプリング回数:8,000 回/秒。

    • 1 サンプルあたり 8 ビット。

    • Mu-law 圧縮

    • 呼出音の最大サイズ = 16080 サンプル

    • 呼出音の最小サイズ = 240 サンプル

    • 呼出音のサンプル数 = 240 の倍数。

    • 呼出音は、ゼロ交差で開始および終了する。

    カスタム呼出音用の PCM ファイルを作成するには、次のファイル形式の要件に対応する任意の標準オーディオ編集パッケージを使用します。

    ワイドバンド コーデックのセットアップ

    デフォルトでは、Cisco IP Phone で G.722 コーデックが有効です。 Cisco Unified Communications Manager が G.722 を使用するように設定されており、通話先が G.722 をサポートしている場合、G.711 の代わりに G.722 コーデックを使用してコールを接続します。

    この状態は、ユーザがワイドバンド ヘッドセットまたはワイドバンド ハンドセットを有効にしているかどうかを問わず発生します。ヘッドセットまたはハンドセットが有効になっている場合、ユーザはコール中の音声の感度がより高く感じられます。 感度が高いことで音声の明瞭さは増しますが、紙が擦れる音や近くの会話など通話先から聞こえる背景のノイズもより多く聞こえます。 ワイドバンド ヘッドセットまたはハンドセットがない場合でも、G.722 の高い感度を煩わしく感じるユーザもいます。 ユーザの中には G.722 の高い感度を好むユーザもいます。

    [アドバタイズ G.722 コーデック(Advertise G.722 Codec)] サービス パラメータは、パラメータが設定されているCisco Unified Communications Manager Administrationウィンドウによって、この Cisco Unified Communications Manager サーバまたは特定の電話機に登録されたすべてのデバイスに対してワイド バンドがサポートされているかどうかに影響します。

    手順
    特定の電話機に対してワイド バンドのサポートを有効にするには、次の手順を実行します。
    1. Cisco Unified Communications Manager Administration で、[デバイス(Device)] > [電話機(Phone)] を選択します
    2. 電話を検索し、選択します。
    3. [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] 領域の [G.722 コーデックのアドバタイズ(Advertise G.722 Codec)] パラメータに [有効(Enabled)] または [無効(Disabled)] を選択します。

    未使用時画面のセット アップ

    電話機のスクリーンに表示されるアイドル表示(テキストのみ。テキスト ファイルのサイズは 1 MB 以下)を指定できます。 アイドル表示は XML サービスです。このサービスは、指定された期間にわたって電話機がアイドル(未使用)状態にあり、機能メニューが開いていない場合に、電話機によって呼び出されます。

    アイドル表示の作成および表示方法の詳細については、次の URL で『Creating Idle URL Graphics on Cisco IP Phone』を参照してください。

    http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​products_​tech_​note09186a00801c0764.shtml

    また、次の情報については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』または『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide』を参照してください。

    • アイドル表示 XML サービスの URL の指定

      • 1 台の電話機に指定する場合:Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の設定(Phone configuration)] ウィンドウにある [アイドル(Idle)] フィールド。

      • 複数の電話機に同時に指定する場合:[エンタープライズ パラメータ設定(Enterprise Parameters Configuration)] ウィンドウにある [URL アイドル(URL Idle)] フィールド、または一括管理ツール(BAT)の [アイドル(Idle)] フィールド

    • アイドル表示 XML サービスを起動するまでの電話機の未使用時間の指定

      • 1 台の電話機に指定する場合:Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の設定(Phone configuration)] ウィンドウにある [アイドル タイマー(Idle Timer)] フィールド。

      • 複数の電話機に同時に指定する場合:[エンタープライズ パラメータ設定(Enterprise Parameters Configuration)] ウィンドウにある [URL アイドル時間(URL Idle Time)] フィールド、または一括管理ツール(BAT)の [アイドル タイマー(Idle Timer)] フィールド

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。
      ステップ 2   [アイドル(Idle)] フィールドに、未使用時画面 XML サービスの URL を入力します。
      ステップ 3   [アイドル タイマー(Idle Timer)] フィールドに、未使用時画面 XML サービスを表示するまでアイドル状態の電話機が待機する時間を入力します。
      ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。