Cisco IP Phone 7811/7821/7841/7861 ユーザ ガイド(Cisco Unified Communications Manager 10.0(SIP)用)
通話履歴
通話履歴

通話履歴

通話履歴の概要

通話履歴を使用すると、電話機の最近の150 件のコールに関する情報を表示できます。 次のようなコールのタイプを示すコール アイコンが表示されます。

  • [不在着信]:最新 50 件の不在着信が表示されます。

  • [受信]:最新 50 件の着信が表示されます。

  • [発信]:最新 50 件の発信が表示されます。

  • [すべて]:不在履歴、着信履歴、発信履歴を含む最新 150 件のコールが表示されます。

コールのタイプを示すコール アイコンが表示されます。 コール アイコンと発信者 ID が表示されます。 発信者 ID の情報がない場合は、電話番号が表示されます。 電話番号が使用できない場合 [不明] と表示されます。 通話履歴のすべての項目は時刻順(新しいものから古いものへの順)に表示されます。

また、通話履歴リストから直接電話番号をダイヤルできます。

通話履歴の表示

手順
    ステップ 1   アプリケーション ボタン を押します。

    [通話履歴] ソフトキーを使用して通話履歴リストを確認することもできます。

    ステップ 2   [通話履歴] を選択します。
    ステップ 3   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
    ステップ 4   画面をスクロールし、コール レコードまたはコール グループ(使用可能な場合)を選択します。
    ステップ 5   複数の回線がある場合は、[戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
    ステップ 6   [終了] を押して、[アプリケーション] 画面に戻ります。

    コール レコードの詳細の表示

    手順
      ステップ 1   コールに接続している場合は、[詳細] を押すと [詳細] 画面が表示されます。 この画面には 1 つのコール情報が表示されます。
      ステップ 2   コールに接続していない場合は、次の手順に従います。
      1. アプリケーション を押します。
      2. [通話履歴] を選択します。
      3. 複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
      4. コール レコードまたはグループを選択し、[詳細] を押します。
        (注)     

        コール レコード上では、ナビゲーション パッドの強調表示を解除しないで、コールの詳細を表示することができます。

      5. [戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
      6. 複数の回線がある場合は、[戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
      7. [アプリケーション] 画面に戻るには、[終了] を押します。

      通話履歴のフィルタ

      手順
        ステップ 1   アプリケーション を押し、[通話履歴] を選択します。
        ステップ 2   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
        ステップ 3   必要な電話回線を選択し、その回線の個々のコールを確認し、[不在着信] を押します。
        ステップ 4   複数の回線がある場合は、[戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
        ステップ 5   [終了] を押して、[アプリケーション] 画面に戻ります。

        通話履歴からのダイヤル

        手順
          ステップ 1   アプリケーション を押します。
          ステップ 2   [通話履歴] を選択します。
          ステップ 3   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
          ステップ 4   ダイヤルするコール レコードを選択し、次のいずれかの操作を実行します。
          • [コール] を押します。

          • [編集] を押します。

          • ハンドセットを取り上げます。

          • [詳細] を押します。
          • スピーカフォン またはヘッドセット を押します。

            (注)     

            Cisco IP Phone 7811 ではヘッドセットをサポートしていません。

          • [選択] を押します。

          • 強調表示されたレコードのインデックス番号を押します。


          電話番号の編集

          手順
            ステップ 1   アプリケーション ボタン を押します。
            ステップ 2   [通話履歴] を選択します。
            ステップ 3   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
            ステップ 4   編集するコールを選択し、[編集] を押します。
            (注)     

            カーソルを右へ移動するには [>>] を押し、左へ移動するには [<<] を押します。

            ステップ 5   該当する番号ボタンを押してその番号を編集します。
            ステップ 6   [戻る] を押して [通話履歴] リストに戻ります。

            通話履歴のクリア

            手順
              ステップ 1   アプリケーション を押します。
              ステップ 2   [通話履歴] を選択します。
              ステップ 3   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
              ステップ 4   [クリア] を押します。
              ステップ 5   [削除] を押して通話履歴リストを削除します。
              ステップ 6   複数の回線がある場合は、[戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
              ステップ 7   [終了] を押して、[アプリケーション] 画面に戻ります。

              コール レコードの削除

              手順
                ステップ 1   アプリケーション を押します。
                ステップ 2   [通話履歴] を選択します。
                ステップ 3   複数の回線がある場合は [すべての回線] または必要な回線を選択します。
                ステップ 4   削除する個々のコール レコードまたはコール グループを強調表示します。
                ステップ 5   [削除] を押して、グループ内の個々のコール レコードまたはすべてのコールを削除します。
                ステップ 6   [削除] を押して、メッセージを削除します。
                ステップ 7   複数の回線がある場合は、[戻る] を押して [通話履歴] 画面に戻ります。
                ステップ 8   [アプリケーション] 画面に戻るには、[終了] を押します。