セルフ ケア ポータルの管理
セルフ ケア ポータルの管理

セルフ ケア ポータルの管理

セルフ ケア ポータルの概要

Cisco Unified Communications セルフ ケア ポータルから、電話の機能や設定をカスタマイズし、制御できます。 セルフ ケア ポータルについては、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​products_​user_​guide_​list.html にある『Cisco Unified CommunicationsSelf Care Portal User Guide』を参照してください。

管理者は、セルフ ケア ポータルへのアクセスを制御します。 また、ユーザがセルフ ケア ポータルにアクセスできるように、情報を提供する必要があります。

セルフ ケア ポータルへのアクセスの設定

ユーザがセルフ ケア ポータルにアクセスできるようにするには、この手順を使用します。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理で、[ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。
    ステップ 2   ユーザを検索し、ユーザ ID のリンクをクリックします。
    ステップ 3   ユーザにパスワードと PIN が設定されていることを確認します。
    ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

    セルフ ケア ポータルの表示のカスタマイズ

    セルフ ケア ポータルにはほとんどのオプションが表示されます。 ただし、Cisco Unified Communications Manager Administration のエンタープライズ パラメータ設定で次のオプションを指定する必要があります。

    • 呼出音設定の表示(Show Ring Settings)

    • 回線のラベル設定の表示(Show Line Label Settings)


    (注)  


    この設定値は、サイトのすべてのセルフ ケア ポータル ページに適用されます。


    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager Administration で、[システム(System)] > [エンタープライズ パラメータ(Enterprise Parameters)]を選択します。
      ステップ 2   [セルフ ケア ポータル(Self Care Portal)] 領域で、[セルフ ケア ポータルのデフォルト サーバ(Self Care Portal Default Server)] フィールドを設定します。
      ステップ 3   ポータルでユーザがアクセスできるパラメータをイネーブルまたはディセーブルにします。
      ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。