Cisco Unified Customer Voice Portal Release 10.0(1) インストールおよびアップグレード ガイド
Unified CVP のアップグレード
Unified CVP のアップグレード

目次

Unified CVP のアップグレード

新規および既存のプラットフォームが同じ場合は、Unified CVP の新しいバージョンにアップグレードできます。 たとえば、Unified CVP 9.0(1) を Unified CVP 10.0(1) で置き換えるのはアップグレードです。これは、どちらのバージョンも同じプラットフォームで動作するためです。

ただし、既存のソフトウェアを、プラットフォーム、アーキテクチャ、またはアプリケーションの変更がある新しいバージョンで置き換える場合、このプロセスは移行と呼ばれます。 たとえば、Unified CVP 8.5(1) を Unified CVP 10.0(1) で置き換えるのは移行です。これは、新しいバージョンが、以前のバージョンとは異なるプラットフォームで動作するためです。 既存のバージョンを新しいバージョンで置き換えることがアップグレードか、または移行かについては、アップグレード パスを参照してください。

シスコの音声ソリューション コンポーネントのアップグレードは複数の段階からなるプロセスであり、ソリューションのコンポーネントは複数のアップグレード段階にグループ化されています。 上のグレードのバージョンにスムーズに移行するには、ユーザは『Cisco Unified Contact Center Enterprise Installation and Upgrade Guide(Cisco Unified Contact Center Enterprise インストールおよびアップグレード ガイド)』の「Upgrade(アップグレード)」の項に記載されているソリューション レベルのアップグレード順序に従う必要があります。


(注)  


ゲートウェイがリンクしているすべての CVP が最新バージョンにアップグレードされてから、最新バージョンの CVP に付属している TCL ファイルがゲートウェイ(通常は OAMP から)にプッシュされていることを確認します。

Unified CVP アップグレードは複数の段階からなるプロセスであり、この章の次の項で説明されています。

アップグレード パス

既存のバージョンを新しいバージョンに置き換えるためにプラットフォームの変更が必要かどうかに基づいて、製品の切り替えはアップグレードまたは移行と呼ばれます。 次の表に、既存の Unified CVP バージョンを新しいバージョンに置き換えるためのアップグレード パスを示します。

表 1 Unified CVP のアップグレード パス
以前のリリースから新しいリリースへのアップグレード パス プラットフォームの変更 変換プロセス 説明
9.0(1) から 10.0(1) へ 変更なし(両リリースともWindows Server 2008 リリースで動作) アップグレード プラットフォームの変更なし
8.5(1) から 9.0(1) または 10.0(1) へ Windows 2003 から Windows Server 2008 R2 へ 移行 新しいリリース用プラットフォームの変更

Unified CVP のアップグレード戦略

1 つのメンテナンス ウィンドウで Unified CVP をアップグレードできます。 ただし、アップグレードする CVP Server の数が多い場合は、1 つのメンテナンス ウィンドウですべてをアップグレードすることができない場合があります。 アップグレード戦略を使用すると、大規模な Unified CVP 展開でアップグレード プロセスを配布できるようになります。 また、サーバのアップグレードを複数のステップに分割し、複数のメンテナンス ウィンドウで実行させることができます。

Unified CVP アップグレード戦略は、次の項で説明します。

CVP ユニット

CVP ユニットは、VXML サーバ、コール サーバ、および Reporting サーバで構成されています。 複数の CVP ユニットがある Unified CVP 展開では、一度に 1 つの CVP ユニットをアップグレードできます。 たとえば、1 つのメンテナンス ウィンドウで関連サーバの 1 つの CVP ユニットをアップグレードできます。 この展開は、H.323 プロトコルを使用し、コール処理とリスクの最小化を目的として セッション開始プロトコル(SIP)に移行する必要があるコール センターで役立ちます。

マルチフェーズ アプローチ

マルチフェーズ アプローチは、Unified CVP Server のサブセットをアップグレードし、コール処理を再開するための戦略です。 マルチフェーズ アップグレード アプローチを使用すると、アップグレードをいくつかのフェーズに分けることができます。 Unified CVP の展開に複数の CVP ユニットがある場合は、マルチフェーズ アプローチを使用するとユニットごとにアップグレードできます。

展開に応じて、次のマルチフェーズ アプローチのいずれかを選択します。

  • 1 つのメンテナンス ウィンドウで特定のタイプのすべてのサーバをアップグレードする。

  • 1 つのメンテナンス ウィンドウでサーバ タイプのサブセットをアップグレードする。

  • 1 つのメンテナンス ウィンドウで CVP ユニットからサーバ タイプのサブセットをアップグレードする。


(注)  


1 つのメンテナンス ウィンドウで 1 つのカテゴリのすべてのサーバをアップグレードする必要はありません。 ただし、Unified CVP の展開または CVP ユニットの次のコンポーネント セットに移る前に、1 つのタイプのすべての Unified CVP コンポーネントをアップグレードする必要があります。 Unified CVP コンポーネントのアップグレードの詳細については、Unified CVP のアップグレードを参照してください。


アップグレードに関する重要な考慮事項

  • サービスの中断を回避するため、オフピーク時またはメンテナンス時に Unified CVP をアップグレードします。

  • 変更はアップグレード後に失われるため、アップグレード中に設定に変更を加えないでください。

  • ユニット内のすべてのコンポーネントをアップグレードするまで、CVP ユニットがオフラインのままであることを確認します。

  • 正常に展開を行うには、シーケンス通りに Unified CVP コンポーネントをアップグレードします。 アップグレード シーケンス中の変更は、コール データの損失やエラー、または新しいバージョンで導入されたプロパティが設定できないという結果になります。

  • 旧バージョンのデバイス タイプを引き続きサポートするには、既存のプロパティの属性を削除したり、変更したりしないでください。

アップグレード前のタスク

  • すべてのプログラムを終了します。

  • サーバで実行されているサードパーティ サービスおよびアプリケーションを停止します。

  • Operations Console を除くすべての CVP コンポーネントの C:\Cisco\CVP をバック アップします。

  • Operations Console の設定をバックアップします。 Operations Console 設定のバックアップを参照してください。

  • サーバがサポート対象ハードウェアとして一覧表示され、サイズが適切に設定されていることを確認します。 当初のシステム設定以降の規模拡張も考慮してください。 容量については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​custcosw/​ps1006/​index.html にあるマニュアルを参照してください。

  • 必要に応じて、オペレーティング システムを Windows 2003 SP2 から Windows Server 2008 R2 にアップグレードします。 プラットフォームの変更が必要かどうかについての詳細は、アップグレード パスを参照してください。

  • ログ ファイルをバックアップします。

    (注)  


    CVP Server ログ ファイルは <CVP_HOME>\logs に保存され、VXML Server ログ ファイルは <CVP_HOME>\VXMLServer\logs<CVP_HOME>\VXMLServer\applications\<app_name>\logs に保存されます。


  • 自動バックアップが失敗した場合の冗長性を持たせるため、既存の CVP インストール ファイルを別のコンピュータにバックアップします。

Unified CVP のアップグレード


(注)  


Cisco Unified CVP Server (VXML Server が同梱されています)をアップグレードする場合、Unified Call Studio も同じバージョンにアップグレードする必要があります。 Unified Call Studio は、Unified Call Studio と CVP Server が同じバージョンである場合にのみ、CVP Server と連動します。

次の順序で Unified CVP 10.0(1) のアップグレードを実行します。

手順
    ステップ 1   次の場所にある(.class ファイルや .jar ファイルなどの)サードパーティ ライブラリをバックアップします(ここでは、APP_NAME は展開した各音声アプリケーションの名前です)。
    • %CVP_HOME%\VXMLServer\common\classes

    • %CVP_HOME%\VXMLServer\common\lib

    • %CVP_HOME%\VXMLServer\applications\APP_NAME\java\application\classes

    • %CVP_HOME%\VXMLServer\applications\APP_NAME\java\application\lib

    • %CVP_HOME%\VXMLServer\applications\APP_NAME\java\util

    (注)     

    Unified CVP 10.0(1) では、Tomcat は 5.5 から 7.0 にアップグレードされます。 VXML アプリケーションが必要とするサードパーティの .jar ファイルを %CVP_HOME%\VXMLServer\Tomcat\common\lib フォルダからバックアップします。 この共通フォルダは Tomcat 7.0 で利用できなくなりました。 そのため、Unified CVP 10.0(1) へのアップグレード後に、バックアップした以前の .jar ファイルを %CVP_HOME%\VXMLServer\Tomcat\lib フォルダにコピーします。

    ステップ 2   Cisco Unified CVP Operations Console (OAMP)をアップグレードします。 Operations Console のアップグレードを参照してください。
    ステップ 3   (任意)Cisco Unified CVP Reporting サーバをアップグレードします。 Reporting Server のアップグレードを参照してください。
    ステップ 4   Cisco Unified CVP Server をアップグレードします。 CVP Server のアップグレードを参照してください。
    ステップ 5   Cisco Unified Remote Operations をアップグレードします。 Remote Operations のアップグレードを参照してください。
    ステップ 6   Cisco Unified Call Studio をアップグレードします。 Call Studio のアップグレードを参照してください。
    ステップ 7   以前に展開した Unified CVP の音声アプリケーションをアップグレードします。

    Operations Console のアップグレード

    現在インストールされているデフォルトのメディア ファイルは、Unified CVP 10.0(1) のアップグレード用に選択するメディア形式で上書きされます。 ただし、カスタマイズされたメディア ファイルはアップグレード中に上書きされません。 カスタム アプリケーションや Whisper Agent-Agent Greeting(WAAG)などのカスタマイズされたメディア ファイルは、アップグレード前と同じ形式で保持されます。


    (注)  


    U-law は Unified CVP 10.0(1) のデフォルトのメディア ファイル形式です。

    以降の項で、Operations Console 10.0(1) への Operations Console 9.0(1) のアップブレードに関するさまざまなシナリオを説明します。

    U-law の Operations Console 10.0(1) への U-law の Operations Console 9.0(1) のアップグレード

    手順
      ステップ 1   Unified CVP 10.0(1) インストール DVD の CVP\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。

      インストーラが、自動的に以前のインストールを検出して、アップグレード プロセスをガイドします。

      ステップ 2   サーバを再起動します。

      A-law の Operations Console 10.0(1) への U-law の Operations Console 9.0(1) のアップグレード

      はじめる前に

      Operations Console で A-law を実装するには、Unified CVP 9.0 FCS ビルドをインストールします。

      手順
        ステップ 1   C:\Cisco\CVP\conf の場所に移動します。
        ステップ 2   カスタム アプリケーションや Whisper Agent-Agent Greeting(WAAG)などのカスタム メディア ファイルや、U-law のアプリケーションを A-law に変換します。
        ステップ 3   cvp_pkgs.properties ファイルで、cvp-pkgs.PromptEncodeFormatALaw = 1 プロパティを 7 行目に追加して A-Law フラグを有効にします。
        (注)     

        =」記号の前後にスペースを入れる必要があります。

        ステップ 4   Unified CVP 10.0(1) インストール DVD の CVP\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。
        ステップ 5   画面に表示される指示に従います。
        ステップ 6   サーバを再起動します。
        (注)     
        • すべての標準的なパッケージ メディア ファイルとアプリケーションが A-law 形式でインストールされます。
        • カスタム アプリケーションや Whisper Agent-Agent Greeting(WAAG)などのカスタム メディア ファイルは、アップグレード前と同じ形式で保持されます。

        次の作業

        IOS スクリプトを Cisco IOS メモリにロードします。

        A-law の Operations Console 10.0(1) への A-law の Operations Console 9.0(1) のアップグレード

        はじめる前に

        Operations Console で A-law を実装するには、Unified CVP 9.0 FCS ビルドをインストールします。

        手順
          ステップ 1   C:\Cisco\CVP\conf の場所に移動します。
          ステップ 2   cvp_pkgs.properties ファイルで、cvp-pkgs.PromptEncodeFormatALaw = 1 プロパティを 7 行目に追加して A-Law フラグを有効にします。
          (注)     

          =」記号の前後にスペースを入れる必要があります。

          ステップ 3   Unified CVP インストール DVD の新しいリリースの CVP\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。

          インストーラが、自動的に以前のインストールを検出して、アップグレード プロセスをガイドします。

          ステップ 4   画面に表示される指示に従います。
          ステップ 5   サーバを再起動します。
          (注)     
          • すべての標準的なパッケージ メディア ファイルとアプリケーションが A-law 形式でインストールされます。
          • カスタム アプリケーションや WAAG などのカスタム メディア ファイルは、アップグレード前と同じ形式で保持されます。

          次の作業

          IOS スクリプトを Cisco IOS メモリにロードします。

          CVP Server のアップグレード

          はじめる前に

          CVP Server で A-law を実装するには、Unified CVP 9.0 FCS ビルドをインストールします。

          U-law の CVP Server 10.0(1) への U-law の CVP Server 9.0(1) のアップグレード

          次の作業

          1. 現在のバージョンの Unified CVP の Operations Console にログインし、[Bulk Administration] > [File Transfer] > [Scripts and Media] を選択します。

          2. Cisco IOS call application voice load <service_name> CLI コマンドを使用して、各 CVP サービスの Cisco IOS メモリにゲートウェイ ダウンロードで転送されたファイルをロードします。

          3. バックアップされたサードパーティのライブラリを復元します。

          4. 10.0 のライセンスで CVP サーバ にライセンスを再適用します。

          Operations Console を使用した VXML Server の設定方法の詳細については、『Configuration and Administration Guide for Cisco Unified Customer Voice Portal(Cisco Unified Customer Voice Portal の設定および管理ガイド)』を参照してください。

          A-law の CVP Server 10.0(1) への U-law の CVP Server 9.0(1) のアップグレード

          次の作業

          U-law の CVP Server 10.0(1) への U-law の CVP Server 9.0(1) のアップグレードの手順の「次の作業」の項を参照してください。

          A-law の CVP Server 10.0(1) への A-law の CVP Server 9.0(1) のアップグレード

          次の作業

          U-law の CVP Server 10.0(1) への U-law の CVP Server 9.0(1) のアップグレードの手順の「次の作業」の項を参照してください。

          Remote Operations のアップグレード

          手順
            ステップ 1   Unified CVP インストール DVD の新しいリリースの CVP\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。

            インストーラは、Remote Operations のインストールおよびアップグレードを自動的に検出して、アップグレード プロセスをガイドします。

            ステップ 2   [Upgrade] 画面の指示に従い、[Upgrade] をクリックします。
            ステップ 3   サーバを再起動します。

            Reporting Server のアップグレード

            Reporting Server の移行については、Reporting Server の移行を参照してください。

            はじめる前に
            • Informix データベースをバックアップします。

              (注)  


              すべてのデータベース バックアップ ファイルが圧縮され、Reporting Server に保存されます。 cvp_backup_data.gz バックアップ ファイルが cvp_db_backup フォルダの %INFORMIXBACKUP% ドライブに保存されます。


            • スケジュールされたパージをオフにします。

            • Reporting Server が任意のドメインに含まれず、ワークグループに含まれていることを確認します。 必要に応じて、アップグレード後にドメインに追加します。

            手順
              ステップ 1   Unified CVP インストール DVD の新しいリリースの CVP\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。

              インストーラは、Reporting Server のインストールおよびアップグレードを自動的に検出して、アップグレード プロセスをガイドします。

              ステップ 2   パスワードの画面で、パスワードを入力し、[アップグレード(Upgrade)] をクリックします。

              インストール中に作成するパスワードを留めておきます。 このパスワードは、設定用に Reporting Server にログインするときに必要です。

              ステップ 3   サーバを再起動します。
              ステップ 4   アップグレードされた Reporting Server にバックアップされたデータベースを復元します。
              ステップ 5   VMware 設定を更新するには、ユーティリティを実行します。 VMware 設定ユーティリティのアップグレードを参照してください。

              Call Studio のアップグレード

              はじめる前に

              以前のバージョンのライセンスは、最新バージョンでは無効です。そのため、Unified Call Studio の新しいライセンスを取得します。

              手順
                ステップ 1   [Navigator] ビュー内の任意のプロジェクトを右クリックし、[Export] を選択し、エクスポート ウィザードの指示に従います。
                (注)      エクスポート ウィザードで表示される一覧から、複数のプロジェクトを選択して同時にエクスポートします。
                ステップ 2   Unified CVP インストール DVD の新しいリリースの Call Studio\Installer_Windows フォルダから、setup.exe を実行します。

                インストーラは、Call Studio のインストールおよびアップグレードを自動的に検出して、アップグレード プロセスをガイドします。

                ステップ 3   Call Studio に以前にエクスポートしたプロジェクトをインポートします。 [Existing Cisco Unified CVP Project into Workspace] オプションを選択します。

                インポート プロセスによって、プロジェクトの形式が新しいバージョンに必要に応じて自動的にアップグレードされます。

                (注)      ファイル システムからインポートする代わりに、ソース リポジトリからアプリケーションをチェックアウトした場合は、アプリケーションを Call Studio プロジェクトとして再インポートします。 変換プロセスを開始するには、再インポートが必要です。 インポート後の最初のチェックインでは、各プロジェクトのすべてのファイルは変更済みと見なされているため、リポジトリで更新する必要があります。
                ステップ 4   1.4 より前の Java バージョンでコンパイルされているカスタム コンポーネントは、Java 5 を使用して再コンパイルします。

                Java 1.4 でコンパイルされたカスタム コンポーネントは、再コンパイルせずに Java 5 で実行されます。 ただし、下位互換性に影響を与える可能性がある Java 5 の変更点リストを見直して、必要な更新を行う必要があります。 互換性に関するページは、http:/​/​java.sun.com/​j2se/​1.5.0/​compatibility.html にあります。


                アップグレード後の作業

                Unified CVP コンポーネントをアップグレードした後、Sync-up ツールを使用してメタデータ ファイルを同期します。 詳細については、Unified CVP REST API のメタデータの同期の開始を参照してください。