Cisco Unified Customer Voice Portal Release 10.0(1) インストールおよびアップグレード ガイド
インストール前
インストール前

インストール前

この章では、Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)のコンポーネントと、さまざまなインストール モードについて説明します。 Unified CVP のインストールのデフォルト コンポーネントと同時に、追加のコンポーネントも選択できます。 ビジネスの要件に基づいて、インストール オプションを選択します。

Unified CVP コンポーネント

表 1 Unified CVP コンポーネント
Unified CVP コンポーネント 説明

CVP Server

このサーバは次のコンポーネントから構成されています。
  • コール サーバ

  • VXML サーバ

  • メディア サーバ

  • SNMP モニタリング サービス

Operations Console

Operations Console は OAMP(運用管理、保守、およびプロビジョニング)としても知られている、Web ベースのインターフェイスで、Unified CVP の個々のコンポーネントの設定と管理に使用します。

Remote Operations

このコンポーネントでは、Unified CVP ソリューション コンポーネントのリモート管理ができます。 これには、運用およびリソース モジュール(ORM)が含まれます。

Reporting サーバ

このサーバは、レポートに使用可能な履歴リポジトリをコール センターに提供します。 このサーバは、レポート データを 1 つ以上のコール サーバおよび VXML Server から受信し、そのデータをデータベースに格納します。
(注)     

IBM Informix データベースは、Reporting サーバの一部としてインストールされます。 IBM Informix のライセンスは、Reporting サーバの一部としてバンドルされています。

Call Studio

このコンポーネントは、VXML ベースの実行用のコール フローを開発するための設計と構文を提供します。

要件

この項では、Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)のプラットフォームとソフトウェアの要件について説明します。

表 2 Unified CVP プラットフォームおよびソフトウェアの要件
Unified CVP のコンポーネント/タスク プラットフォームの要件

Unified CVP サーバ

(注)     

次の場所の Unified CVP Virtualization Wiki を参照してください。

Unified CVP の Virtualization Wiki

Unified Operations Console

Unified Reporting サーバ

Unified Call Studio

2 GB 以上の RAM

Microsoft Windows(XP Service Pack2、Windows 7、Windows 8)との互換性

仮想化プラットフォーム

Cisco Unified Computing System(UCS)B シリーズおよび C シリーズ

(注)     

次の URL で Open Virtualization Archive(OVA)テンプレートにアクセスします:http:/​/​software.cisco.com/​download/​type.html?mdfid=270563413&flowid=5229


(注)  


ハードウェアの要件、互換性、サイジングについては、『Hardware and Software System Specification for Cisco Unified Customer Voice Portal Software Guide(Cisco Unified Customer Voice Portal のハードウェアおよびソフトウェアの仕様に関するソフトウェア ガイド)』および『Cisco Unified Customer Voice Portal Design Guide(Cisco Unified Customer Voice Portal の設計ガイド)』を参照してください。


Unified CVP Server

カテゴリ

要件

Operating System(オペレーティング システム)

Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard および Enterprise

(注)     

最新のオペレーティング システム サービス アップグレード リリースを適用するには、Microsoft のアップグレードに関する Web サイトを参照してください。

その他の必要な部品

最小で 10 MB が Unified CVP システム メディア ファイルに使用可能である必要があります。 シスコは、米国英語および中南米スペイン語の数、日、月、通貨タイプなどの .wav ファイルを提供しています。

(注)     

メディア ファイルを追加すると、その分の領域が新たに必要になります。

メディア サーバは、コール サーバ、VXML サーバ、または同じ物理マシン内のそれら両方の組み合わせと共存できます。詳細については、『 Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)Design Guide(Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)設計ガイド)』を参照してください。

Windows プラットフォームでは、簡易ネットワーク管理プロトコルと WMI Windows Installer Provider がコール サーバにインストールされていることが必要です。

制約事項

サポートされるサードパーティのウイルス スキャン ソフトウェアはコール サーバで有効にできますが、固定ディスクの完全なウイルス スキャンは、コールが別のシステムに転送されている間(優先)、またはコール量が少ない時間のいずれかにオフラインで実行する必要があります。 固定ディスクの完全なスキャンは、コール サーバに負荷がかかっている間は実行しないでください。

Unified CVP Operations Console

カテゴリ

要件

Operating System(オペレーティング システム)

Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard および Enterprise

(注)     

最新のオペレーティング システム サービス アップグレード リリースを適用するには、Microsoft のアップグレードに関する Web サイトを参照してください。

Unified CVP Reporting サーバ(任意)

カテゴリ

要件

Operating System(オペレーティング システム)

Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard および Enterprise

制約事項

サポートされるサードパーティのウイルス スキャン ソフトウェアは Reporting サーバで有効にできますが、固定ディスクの完全なウイルス スキャンは、コールが別のシステムに転送されている間(優先)、またはコール量が少ない時間のいずれかにオフラインで実行する必要があります。 固定ディスクの完全なスキャンは、Reporting サーバに負荷がかかっている間は実行しないでください。

Unified Call Studio(任意)

カテゴリ

要件

サポート対象ハードウェア

2 GB 以上の RAM が必要

Operating System(オペレーティング システム)

Windows との互換性

Microsoft Windows XP、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 8

追加コンポーネント

Unified CVP ソフトウェアの一部ではないコンポーネントに関しては、以下を使用することができますが、CVP コンポーネントと一緒に使用することで完全なソリューションにすることができます。

  • 自動音声認識(ASR)サーバ/音声合成(TTS)サーバ

  • Cisco Unified Contact Center Enterprise

  • Cisco Unified Communications Manager

  • Cisco Unified SIP Proxy

  • 入力ゲートウェイ

  • 出力ゲートウェイ

  • Voice XML ゲートウェイ

  • Cisco Unified Border Element(CUBE)

  • F5 BIG-IP® トラフィックマネージャおよびロード バランサ

  • Cisco Unified Intelligence Center(CUIC)

Unified CVP のインストール モード

表 3 Unified CVP のインストール モード
インストール モード 説明

実稼働

実稼働モードでは、1 つのサーバに一度に 1 つのコンポーネントしかインストールできません。 追加の CVP コンポーネントのインストールを選択する場合、別のサーバにそのコンポーネントをインストールする必要があります。

ラボ専用

このモードを使用して、学習およびテスト用に Unified CVP をインストールします。

ラボ専用モードを使用するには、コマンド ラインからインストーラを起動し、setup.exe フォルダを参照して、setup.exe labonly と入力します。

(注)     

ラボ専用モードでは、コール サーバおよび Reporting サーバをまとめてインストールできますが、いずれかを選択してアンインストールすることはできません。 たとえば、Reporting サーバを削除する場合は、Unified CVP を再インストールする必要があります。

インストール前の作業

新規インストール

手順
    ステップ 1   インストール用の Unified CVP インストール DVD を入手します。
    ステップ 2   必要な展開モデルのコンポーネントを特定します。 ハードウェアの要件、互換性、サイジングについては、『Cisco Unified Customer Voice Portal Design Guide(Cisco Unified Customer Voice Portal 設計ガイド)』参照してください。
    ステップ 3   サーバがサポート対象ハードウェアとして一覧表示され、サイズが適切に設定されていることを確認します。
    ステップ 4   ハード ドライブなどの新しいサーバ ハードウェアが正しく動作していることを確認します。
    ステップ 5   Unified CVP インストーラを起動にする前に、サーバ上で実行しているサードパーティのサービスやアプリケーションを停止します。 一部のサードパーティのサービスおよびアプリケーションが、インストーラが必要とするファイルをロックしてしまう可能性があります(これは、インストール エラーの原因になります)。
    ステップ 6   必要なCVP コンポーネントのライセンスを取得します。
    ステップ 7   Unified CVP の仮想化に必要な、サポートされている仮想化ハードウェアとソフトウェアを入手します。

    既存の Unified CVP VM のアップグレード

    仮想マシンのハードウェア バージョンのアップグレード

    仮想マシンのハードウェア バージョンをアップグレードする場合は、『Unified CVP Virtualization Wiki』を参照してください。

    E1000 から VMXNet 3 への VM ネットワーク アダプタのアップグレード

    手順
      ステップ 1   パブリック ネットワークおよびプライベート ネットワークの設定(IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ、DNS、永続的なスタティック ルートなど)を記録します。
      重要:

      新しい仮想マシンのネットワーク アダプタの設定を再作成するには、これらの値が必要です。

      ステップ 2   Unified CVP サービスを停止します。 ネットワーク アダプタの再設定中にサービスをアクティブにすることはできません。
      ステップ 3   次の手順を実行し、VMXNet 3 のパブリック ネットワーク アダプタを追加します。
      1. VM のコンテキスト メニューから [Edit Settings] を選択します。
      2. [Hardware] タブで [Add] をクリックします。
      3. [Device Type] ページで [Ethernet Adapter] を選択し、[Next] をクリックします。
      4. [Adapter Type] ドロップダウン リストから [VMXNet 3] を選択し、[Next] をクリックします。
      5. [Network label] ドロップダウン リストからパブリック ネットワーク ポート グループを選択し、[Finish] をクリックします。
      ステップ 4   次の手順を実行し、コール サーバまたは VXML Server 用、Operations Console 用および Reporting サーバ用の VM に VMXNet 3 のプライベート ネットワーク アダプタを追加します。
      1. VM のコンテキスト メニューから [Edit Settings] を選択します。
      2. [Hardware] タブで [Add] をクリックします。
      3. [Device Type] ページで [Ethernet Adapter] を選択し、[Next] をクリックします。
      4. [Adapter Type] ドロップダウン リストから [VMXNet 3] を選択し、[Next] をクリックします。
      5. [Network label] ドロップダウン リストからプライベート ネットワーク ポート グループを選択し、[Finish] をクリックします。
      ステップ 5   ステップ 1 で E1000 パブリック ネットワーク アダプタおよびプライベート ネットワーク アダプタから記録したネットワーク設定を VMXNet 3 のパブリック ネットワーク アダプタとプライベート ネットワーク アダプタに適用します。
      ステップ 6   VMXNet 3 のパブリック ネットワーク アダプタおよびプライベート ネットワーク アダプタを有効にします。
      ステップ 7   VM 上の Windows Server 2008 R2 に永続的なスタティック ルートを追加します。
      ステップ 8   次の手順を実行し、E1000 パブリック ネットワーク アダプタを削除します。
      1. VM のコンテキスト メニューから [Edit Settings] を選択します。
      2. [Hardware] タブで [E1000 public network adapter] を選択します。
      3. [Remove] をクリックし、[Finish] をクリックします。
      ステップ 9   次の手順を実行し、コール サーバ/VXMLServer 用、Operations Console 用および Reporting サーバ用の VM から E1000 プライベート ネットワーク アダプタを削除します。
      1. VM のコンテキスト メニューから [Edit Settings] を選択します。
      2. [Hardware] タブで [E1000 private network adapter] を選択します。
      3. [Remove] をクリックし、[Finish] をクリックします。
      ステップ 10   パブリック ネットワークとプライベート ネットワークの接続をテストするには、traceroute を使用します。
      ステップ 11   Unified CVP サービスを再度有効にします。

      アップグレードされた仮想マシンでのリソース予約の有効化

      VM のハードウェア バージョンを Virtualization Wiki に掲載されている情報に基づいてアップグレードした後、次の手順を実行し、それぞれの Unified CVP VM 上でリソース予約を有効にします。

      手順
        ステップ 1   vSphere クライアントにログインし、Unified CVP VM を選択します。
        ステップ 2   VM を右クリックして、オプションの [Edit Settings] をポップアップ メニューから選択します。 [Virtual Machine Properties] ウィンドウが表示されます。
        ステップ 3   [Resources] タブを選択します。 カスタマイズが可能な仮想ハードウェア リソースの設定が左側のダイアログボックスに表示されます。 それぞれの仮想ハードウェアのリソース割り当てが右側に表示されます。
        ステップ 4   Unified CVP VM のリソース予約を有効にします。
        (注)      Unified CVP VM の仮想ハードウェアのリソース予約を有効にするには、CPU およびメモリの設定を変更する必要があります。 CPU とメモリの仮想ハードウェア リソースの設定については、次の表を参照してください。
        表 4 Unified CVP コンポーネントの詳細
        CPU ハードディスク ハードディスク
        Sockets コア メモリ ディスク 1 ディスク 2 CPU 速度の予約 メモリの予約
        CVP VXML 2 2 4 GB 146 GB 該当なし 2200 4 GB
        OAMP 1 2 2 GB 40 GB 該当なし 400 2 GB
        Reporting サーバ 2 2 4 GB 72 GB 438 GB 1800 4 GB
        ステップ 5   CVP VM の CPU およびメモリの仮想ハードウェア リソースの設定を行った後、[OK] をクリックして [VM Properties] ダイアログボックスを閉じます。 CVP VM が再設定され、リソース予約が有効になります。