Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)ソリューション リファレンス ネットワーク デザイン(SRND)Release 8.0(x)
索引
Index
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

記号

*8 TNT 3-5, 10-2, 14-2

? 12-4

数字

3G-H324M Gateway

コンフィギュレーション 7-4

A

ACD 5-13

Application Content Engine(ACE)

CSS から ACE への移行 1-16

最小ライセンスの情報 1-16

説明 1-16

ASR 1-17, 4-34, 7-2, 7-3, 9-7

B

Basic Video Service 2-14, 14-8

Border Element 7-5

C

Call Studio 1-7, 4-33, 8-3

CCE 1-11

Central Controller 9-5

Cisco Integrated 3G-H324M

トポロジおよびコール フロー 7-3

Cisco IOS 4-10, 4-22, 12-3

Cisco Security Agent

CVP、説明 1-14

CVP で使用する 2 つの方法 1-14

管理対象および管理対象外 1-14

管理対象および管理対象外バージョン 1-15

Cisco Unified Border Element 7-5

Cisco Unified Call Studio 1-7, 4-33, 8-3

Cisco Unified Presence 14-7

CSS 1-15, 4-30

CVP

Cisco Unified Call Studio 8-3

GKTMP 11-2

Operations Console 13-1

Server 1-6

Video Service 14-8

アーキテクチャ 1-1

共存 14-5

コール サーバ 14-3

コンポーネント 1-5

コンポーネントのサイジング 14-1

説明 1-3

ライセンシング 15-1

CVP の Security Agent 1-14

CVP のコンポーネント 1-5

D

DNS サーバ 1-14

DTMF 7-2, 7-3

G

G.711 9-15

G.711 と G.729 のサポート 9-9

Gatekeeper Transaction Message Protocol(GKTMP) 11-1

GED-125 9-4

GKTMP 11-1

H

H.323

Refer 転送 10-7

ゲートキーパー 3-11

コール フロー 2-5, 2-9, 3-7

コール フロー、一般的、図とプロセス 1-20

コンフィギュレーション 4-21

サービス 4-20

シグナリング 9-7

HSRP

ゲートキーパー冗長性 4-17

コンフィギュレーション 4-19

HTTP 8-1

I

IBM Informix Dynamic Server(IDS) 13-3

ICM

AST/TTS 4-35

Central Controller 9-5

CVP との対話 5-1

Unified CVP VXML Server とともに使用 4-34

コール転送 10-5

コンフィギュレーション 6-7

ハイアベイラビリティ 4-37

IDS 13-3

IN 10-8

Informix Dynamic Server(IDS) 13-3

Intelligent Contact Management(ICM) 4-37, 5-1

IOS 4-10, 4-22, 12-3

IVR サービス 4-23

M

Media Resource Control Protocol(MRCP) 9-4

MGCP 7-12, 9-4

MRCP 9-8

N

NIC 11-1

NIC 制御プレルーティングのみを使用する VRU 5-9

NIC 制御ルーティングのみを使用する VRU 5-8

O

OAMP 13-2

OAMP Resource Manager(ORM) 13-2

Operate、Administer、Maintain、Provision(OAMP) 13-2

Operations Console 13-1

Operations Console Server 1-8

ORM 13-2

P

PG 9-5

Presence Server 1-12

Protocol-Level コール フロー 2-2, 2-13

PSTN ゲートウェイ 7-2, 7-3

Q

QoS 9-2, 9-13

Quality of Service(QoS) 9-2, 9-13

R

RAID 13-6

RAS 11-1

Refer 転送 10-7

Registration Admission Status(RAS) 11-1

Reporting

Server 1-7, 14-8

複数の Server 14-9

RSVP 3-11

RTP 9-8

S

SBC 7-5

Server

Cisco Unified Presence 14-7

Reporting 14-8

VoiceXML 8-1

複数 14-9

SIP

SIP サービス 4-12

コール転送 10-7

コール フロー 1-18, 2-4, 2-8, 3-10

シグナリング 9-7

ダイヤル プラン 6-8

プロキシ サーバ 1-12, 4-5, 4-12

SIP プロトコル

展開用に推奨 1-21

T

Takeback-and-Transfer(TNT) 10-2

TBCT 10-4, 14-2

TCP ソケットの永続性 12-5

TDM インターフェイス 7-3, 7-4

Telecom Italia Mobile(TIM) 5-8

TIM 5-8

TNT 10-2

TTS 1-17, 4-34, 7-2, 7-3, 9-7

Two B Channel Transfer(TBCT) 10-4, 14-2

U

Unified Call Studio 1-7, 4-33, 8-3

Unified CM

Unified CM により発生したコール 5-13, 6-1

コール アドミッション制御 3-7

コンフィギュレーション 6-7

出力ゲートウェイとして機能 3-4

入力ゲートウェイとして機能 3-4

ハイアベイラビリティ 4-36

複数のクラスタ 3-9

Unified CM

説明 1-10

Unified Contact Center Enterprise(CCE) 1-11

Unified CVP システムの管理 13-1

Unified CVP システムのモニタリング 13-1

Unified Presence 14-7

Unified Presence Server 1-12

V

Video Service 14-8

VoiceXML

Cisco Unified Call Studio 1-7, 4-33

Server 1-6, 8-1, 14-4

Unified CVP VXML Server 4-33

Unified CVP VXML Server(スタンドアロン) 2-2

VoiceXML over HTTP 8-1

ゲートウェイ 1-9, 3-2, 4-24, 7-2, 7-3

コール転送 10-8

サイジング 14-4

集中型サーバ 3-3

セッションの最大数 7-9, 7-10

説明 1-2

代替エンドポイント 4-29

ドキュメント 9-6

VoIP ベース

転送 2-5, 2-6

プレルーティング 2-4, 2-5

VRU 5-15

VRU PG 9-5

VRU コール フロー モデル

説明 1-22

VRU のみの展開モデル 2-11, 5-8

W

Web アプリケーション サーバ 8-2

アーキテクチャ 1-1

アプリケーション例 14-11

インテリジェント ネットワーク(IN)解放トランク転送 10-8

ウィンク 10-2

ウォーム コンサルタティブ転送 6-3

エンタープライズ ドメイン、CVP 部分 1-5

音声応答装置(VRU) 5-15

音声合成(TTS) 1-17, 4-34, 7-2, 7-3, 9-7

音声自動認識(ASR) 1-17, 4-34, 7-2, 7-3, 9-7

音声トラフィック 9-2, 9-9

解放トランク転送 10-1

機能展開モデル 1-22, 2-1

キャッシュ エージング 12-5

キャッシング

クエリー URL 12-4

プロンプト 12-3, 12-4

キューとコレクト コール 14-2

共存

サーバ 14-5

入力ゲートウェイおよび VoiceXML 4-26

共存 VXML Server およびゲートウェイ 3-3

拠点オフィス

ゲートウェイ 3-1

メディア サーバ 12-6

クエリー URL 12-4

クラスタ 3-9

ゲートウェイ

Cisco Integrated 3G-H324M 7-3

Cisco IOS 4-10, 4-22

Cisco Unified CM の使用 3-4

MGCP 7-12

PSTN 7-2, 7-3

VoiceXML 1-9, 3-2, 4-24, 7-2, 7-3

VXML Server との共存 3-3

音声出力 1-10

音声入力 1-9

拠点オフィス 3-1

サイジング 6-8, 7-8

最大 VoiceXML セッション 7-9, 7-10

集中型 4-25

適切なゲートウェイの選択 7-1, 7-6

発信コール 4-4

分散型 3-1, 4-26

ゲートキーパー

H.323 3-11

HSRP 4-17, 4-18

コール アドミッション制御 3-7

コール ルーティング 3-11

コンフィギュレーション 4-18, 6-8

冗長性 4-17

すべての H.323 インストールに必須 1-11

説明 1-11

代替 4-18, 4-19

ハイアベイラビリティ 4-17

コール

Cisco Unified CM により発生したコール 5-13, 6-1

アドミッション制御 3-6

一般的なコール フローの説明 1-18

キューとコレクト 14-2

コールの制御 2-3, 2-6, 2-11

最大数 9-8

障害 4-20

初期コール処理 2-8, 2-9, 2-13

処理 4-5, 4-12, 4-14, 4-20, 4-23, 4-24, 4-29, 4-31, 4-33, 4-34, 4-36, 4-37

進行中 4-13, 4-21

制御トラフィック 9-3

セルフサービス 14-2

存続可能性 3-5

転送 2-3, 2-5, 2-6, 2-8, 2-10, 2-11, 2-14, 10-1

トラッキング 13-3

トラフィック 9-2

発信 6-2

プレルーティング 11-3, 11-4, 11-5

フロー 1-18, 2-2, 2-4, 2-5, 2-8, 2-9, 2-13, 3-7, 3-10, 6-2, 6-3, 11-3

ヘルプ デスク 6-2

ポスト ICM 11-4, 11-6

ルーティング 3-11, 5-11

ログ ファイル 13-3

コール アドミッション制御 9-9

コール サーバ 14-3

コール ディレクタ

コール フロー モデルの説明 1-22

展開モデル 2-4, 5-8, 6-4

コールのアドミッション制御 3-6

コールの処理 4-5, 4-12, 4-14, 4-20, 4-23, 4-24, 4-29, 4-31, 4-33, 4-34, 4-36, 4-37

コールの存続可能性 3-5

コールのフロー 6-2, 6-3, 11-3

コールのルーティング 5-11

コンサルタティブ転送 6-3

コンテンツ サービス スイッチ(CSS) 1-15, 4-30

コンフィギュレーション

3G-H324M Gateway 7-4

ASR 4-34

Cisco IOS 4-22

Cisco IOS ゲートウェイ 4-10

Cisco Unified CM 4-36, 6-7

H.323 4-21

HSRP 4-19

Intelligent Contact Management(ICM) 4-37

IVR サービス 4-23

SIP プロキシ サーバ 4-10, 4-12

TTS 4-34

Unified CVP VXML Server 4-33

Unified ICM 6-7

VoiceXML ゲートウェイ 4-25, 4-27

ゲートキーパー 4-18, 4-19

コンテンツ サービス スイッチ(CSS) 4-31

ダイヤル プラン 6-8

発信元ゲートウェイ 4-4

プロンプトのキャッシング 12-3, 12-4

プロンプトのストリーミング 12-3

メディア サーバ 4-32

サードパーティ製

VRU 5-15

メディア サーバ 1-16

サーバ

共存 14-5

サイジング 6-8

サーバ グループ要素、プロキシ サーバ 1-12

サイジング

コンポーネント 6-8, 14-1

スケーラビリティ オプション 1-25

最大

VoiceXML セッション 7-9, 7-10

コールの数 9-8

自動着信呼分配装置(ACD) 5-13

集中型

VoiceXML ゲートウェイ 4-25

VXML Server 3-3

出力ゲートウェイ 1-10

冗長性

ゲートキーパー 4-17

初期コール処理 2-8, 2-9, 2-13

進行中のコール 4-13, 4-21

スキル グループ 2-9, 2-10, 2-14

スクリプティング 4-33

スケーラビリティ オプション 1-25

スタンドアロン セルフサービス展開モデル 4-34, 4-35, 5-7, 6-3

制御トラフィック 9-3

正式なレポーティング 13-3

セキュリティ

ネットワーク上 9-16

設計プロセス

SIP プロトコルの推奨 1-21

手順全体 1-21

セッション ボーダー コントローラ(SBC) 7-5

セルフサービス

コール 2-8, 2-9, 2-13, 14-2

展開モデル 4-34, 4-35

相関 ID 5-3, 5-5

帯域幅

プロビジョニング 9-2, 9-6

プロンプトの取得用 12-3

帯域幅のプロビジョニング 9-2, 9-6

代替

エンドポイント 4-29

ゲートキーパー 4-18, 4-19

タイプ 10 VRU 5-3

タイプ 2 VRU 5-6

タイプ 3 VRU 5-5

タイプ 5 VRU 5-4

タイプ 7 VRU 5-5

タイプ 8 VRU 5-6

ダイヤル ピア 3-11

ダイヤル プラン 6-8

データ

トラフィック 9-5

レポーティング 13-1

データ ファイルの復元 13-6

展開モデル

Unified CVP VXML Server(スタンドアロン) 2-2

VRU のみ 2-11

機能モデル 2-1

コール ディレクタ 2-4

スタンドアロン セルフサービス 4-34, 4-35

タイプおよび用途、要約 1-22

ネットワーク VRU タイプ 5-6

分散型モデル 3-1

包括モデル 2-7

ホスト型実装 5-10, 6-7

モデル #1 - スタンドアロン セルフサービス 5-7, 6-3

モデル #2 - コール ディレクタ 5-8, 6-4

モデル #3a - ICM Micro-Apps を使用する包括モデル 5-8, 6-5

モデル #3b - Unified CVP VXML Server を使用する包括モデル 5-8, 6-6

モデル #4a - NIC 制御ルーティングのみを使用する VRU 5-8

モデル #4b - NIC 制御プレルーティングのみを使用する VRU のみ 5-9

モデル #4 - VRU のみ 5-8

転送

VoIP ベース 2-5, 2-6

ウォーム 6-3

コール ディレクタ展開での転送 2-6

コール転送オプション 10-1

コンサルタティブ 6-3

スタンドアロン VoiceXML 展開での転送 2-3

ブラインド 6-3

包括展開での転送 2-11

ライブ エージェントへの転送 2-8, 2-10, 2-14

統計モニタリング 13-2

ドメイン、CVP 部分 1-5

トラフィック

音声 9-2, 9-9

マーキング 9-13

トラブルシューティング 13-2

トランスレーション ルート ID 5-3, 5-6

入力音声ゲートウェイ 1-9

ネットワーク VRU タイプ 5-2, 5-6, 5-13

ネットワーク VRU のタイプ 5-2, 5-6, 5-13

ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC) 11-1

ネットワーク インフラストラクチャ 9-1

ネットワーク セキュリティ 9-16

ネットワークのインフラストラクチャ 9-1

ハイアベイラビリティ

設計上の考慮事項 4-1

展開オプション 1-25

レイヤ 2 スイッチ 4-3

ハイアベイラビリティ用のハードウェア 4-30

バックアップと復元 13-6

発信コール 6-2

発信元ゲートウェイ 4-4

非ストリーミング プロンプト 12-3

ビデオ エンドポイント 1-10

ファイアウォール 9-16

複数言語のサポート 8-2

複数の Reporting Server 14-9

フックフラッシュ 3-5, 10-2, 14-2

ブラインド転送 6-3

プレゼンス 14-7

プレルーティング 11-3, 11-4, 11-5

プロキシ サーバ

サーバ グループ要素 1-12

サポート対象のタイプ 1-12

プロンプト

キャッシング 12-3, 12-4

ストリーミング 12-3

帯域幅 12-3

非ストリーミング 12-3

プロンプトのストリーミング 12-3

分散型

VoiceXML ゲートウェイ 4-26

ゲートウェイ 3-1

展開 3-1

ネットワーク オプション 1-24

分離入力ゲートウェイおよび VoiceXML 4-26

ペリフェラル ゲートウェイ(PG) 9-5

ヘルス モニタリング 13-2

ヘルプ デスク コール 6-2

包括コール フロー モデル

説明 1-22

包括展開モデル

ICM Micro-Apps の使用 5-8, 6-5

Unified CVP VXML Server の使用 5-8, 6-6

説明 2-7

ポート

使用 9-13, 9-16

ポスト ICM コール 11-4, 11-6

ホスト型実装 5-10, 6-7

マイクロアプリケーション 4-32

メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP) 7-12

メディア サーバ 1-16, 4-32

メディア ストリームのブロック 9-15

メディア ファイル 9-7, 12-1

モデル #1 - スタンドアロン セルフサービス 5-7, 6-3

モデル #2 - コール ディレクタ 5-8, 6-4

モデル #3a - ICM Micro-Apps を使用する包括モデル 5-8, 6-5

モデル #3b - Unified CVP VXML Server を使用する包括モデル 5-8, 6-6

モデル #4a - NIC 制御ルーティングのみを使用する VRU 5-8

モデル #4b - NIC 制御プレルーティングのみを使用する VRU 5-9

モデル #4 - VRU のみ 5-8

ライセンシング 15-1

リソース予約プロトコル(RSVP) 3-11

レイヤ 2 スイッチ 4-3

レポーティング

説明 13-1

メッセージ 14-10

14-11

レポーティング メッセージ 14-10

ログ ファイル 13-3