Cisco Unified Contact Center Express サービスおよびトラブルシューティング ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

はじめに

目的

対象読者

マニュアルの構成

関連ドキュメント

表記法

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

目的

Cisco Unified Contact Center Express 1サービスおよびトラブルシューティング ガイド 』では、Cisco Unified Contact Center Express(Cisco Unified CCX)の Serviceability ツールの使用手順について説明し、Cisco Unified CCX システムで発生する問題解決に役立つ情報を提供します。

対象読者

Cisco Unified Contact Center Express サービスおよびトラブルシューティング ガイド 』は、Cisco Unified CCX システムの管理とトラブルシューティングを担当する管理者および担当者を対象としています。

マニュアルの構成

 

パート/章
タイトル
説明
パート 1
Serviceability

第 1 章

Serviceability について

Cisco Unified CCX の Serviceability サポートおよび拡張サーバ使用時に提供されるサービスの概要を説明します。

第 2 章

Simple Network Management Protocol のサポート

SNMP を使用して、Cisco Unified CCX システムを監視および管理する方法について説明します。

第 3 章

アラーム サービス

Cisco Unified CCX アラーム サービスを設定して、アラーム メッセージを表示する方法について説明します。

第 4 章

トレース

コンポーネント トレース ファイルおよびトレース レベル オプションの設定方法、トレース ログ ファイルを収集、表示、および解釈する方法について説明します。

第 5 章

Cisco Discovery Protocol(CDP)のサポート

CDP ドライバの使用方法、CDP ドライバのプロパティの表示方法、CDP ドライバおよびインターフェイス ファイルの検索方法について説明します。

第 6 章

Cisco サポート ツール

Cisco Unified CCX でサポートされているシスコ サポート ツールの概要を説明します。

パート 2
トラブルシューティング

第 7 章

Cisco Unified CCX の問題の診断と解決

Cisco Unified CCX システムで発生するほとんどの問題のトラブルシューティングに役立つ手順について説明します。

第 8 章

トラブルシューティングのヒント

Cisco Unified CCX システムのさまざまな要素に関するトラブルシューティングのヒントです。各ヒントには、問題の症状、考えられる原因、および問題を解決するための対策が含まれています。ヒントはカテゴリ別に分類されています。

関連ドキュメント

次のマニュアルも参考にしてください。

『Cisco Unified Contact Center Express Administration Guide』

『Cisco CAD Service Information Guide』

『Cisco Unified Contact Center Express Database Schema Guide』

『Cisco Unified Contact Center Express Getting Started with Scripts』

『Cisco Unified Contact Center Express Editor Step Reference』

『Cisco Unified Contact Center Express Historical Reports User Guide』

『Cisco Unified CCX Gateway Deployment Guide』

表記法

このマニュアルは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

太字は、ユーザ入力などのコマンド、キー、ボタン、フォルダおよびサブメニュー名を表すときに使用されます。例:

[Edit] > [Find] を選択します。

[Finish] をクリックします。

イタリック

イタリック体は、次の内容を表すときに使用されます。

新しい用語の出現時。例: スキル グループ とは、類似したスキルを持つエージェントの集合です。

強調するとき。例:数字の命名規則は使用 しないでください

ユーザが置き換える必要がある構文値。例:IF ( condition, true-value, false-value )

書籍のタイトル。例:『 Cisco Unified Contact Center Express Installation Guide

ウィンドウ フォント

Courier などのウィンドウ フォントは、次の場合に使用されます。

コードやウィンドウに表示されるテキスト。例: <html><title>Cisco Systems, Inc.</title></html>

< >

かぎカッコは、次の場合に使用されます。

ASCII 出力など、イタリック体を使用できない場合の引数。

パスワードなど、ユーザが入力するけれども、画面に表示されない文字列。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html