Cisco Unified Contact Center Express ソリュー ション リファレンス ネットワーク デザイン
索引
Index
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

数字

2 サーバ ハイ アベイラビリティ配置モデル

Cisco Unified Communications Manager 統合 4-7

A

A2Q Bid Assurance 6-1

AHT 5-3

ASR

サーバ 2-25

リソースの割り当て 2-25

Automatic Call Distribution(ACD) 1-6

Automatic Speech Recognition(ASR) 2-24

B

BHCA 5-3

Bid Assurance、A2Q 要件 6-1

C

CAC 7-13

Campaign Manager 2-14

Catalyst スイッチ、最大 SPAN セッション数 B-2

Cisco Agent Desktop 1-14

Cisco Desktop Services 1-13

Cisco Interaction Manager 2-17

Cisco IP IVR vii

Cisco Supervisor Desktop 1-20

Cisco TelePresence Virtual Agent 2-12

Cisco Unified CCX

概要 1-2

配置モデル 4-1

パッケージ 1-3

Cisco Unified CCX Engine、機能 2-6

Cisco Unified CCX Outbound Preview Dialer(アウトバウンド)

概要 1-21, 2-13

各パッケージで提供される 1-21

機能 1-22

Cisco Unified CCX クラスタ、Unified Communications Manager クラスタとの統合 4-10

Cisco Unified CCX の配置、ガイドライン 4-5

Cisco Unified CME

Cisco Unified CCX と統合した配置 4-3

Cisco Unified CM Telephony サブシステム 2-2

Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified CCX と統合した配置 4-2

Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)

アーキテクチャ 3-2

概要 3-1

機能 3-2

基本 ACD 3-5

耐障害性 3-5

モニタおよび録音 3-5

Cisco Unified Communications Manager Express(Unified CME)

Cisco Unified CCX コンポーネント 3-4

コール処理 3-3

Cisco Unified Communications Manager クラスタ、Unified CCX と統合した配置 4-10

Cisco Unified Email Interaction Manager(EIM)

概要 1-22

機能 1-23

ライセンス許諾されたコンポーネント 1-23

Cisco Unified ICME ソフトウェア、Cisco Unified CCX との統合 2-25

Cisco Unified Preview Outbound Dialer Express(Unified OUTDX)

コール フロー 2-16

ハイ アベイラビリティ 2-15

Cisco Unified Preview Outbound Dialer Express(アウトバウンド)

アウトバウンド コール プロセス 2-15

コンポーネント 2-14

スケーラビリティ 2-15

配置ガイドライン 2-17

Cisco Unified Web Interaction Manager(EIM)

概要 1-23

Cisco Unified Web Interaction Manager(WIM)

機能 1-24

ライセンス許諾されたコンポーネント 1-24

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 2-9

Committed Access Rate(CAR) 7-13

Config Datastore(CDS) 2-14

Configuration and Ordering Tool 5-5

CSD Record Viewer 2-8

CTI Server 2-14

D

Dialer 2-14

DNS ルックアップ 7-12

DSCP マーキング 7-13

E

Erlang カルキュレータ 5-3, 5-5

I

Interactive Voice Response(IVR) 1-9

IPPA 1-18

IP Phone Agent(IPPA)

SPAN ポート サーバ 2-9

IVR

平均ポート使用時間 5-3

ポート 5-2, 5-5

ポートのサイジング 5-5

IVR ポート 1-5

J

JTAPI

ユーザ 2-3

L

LSPAN B-2

M

Media Resource Control Protocol(MRCP) 2-24

Monitoring および Recording の冗長性 2-30

N

NAT 7-12

Network Address Translation(NAT) 7-12

NIC

VoIP モニタ サーバ B-2

パケットの処理 2-8

O

OOC(Odysoft ODBC Collector)Service 2-24

P

Ping、CAD で使用 7-12

Policy Based Routing(PBR) 7-13

Port Address Translation(PAT) 7-12

PSTN 5-2

Q

QoS

Unified CCX インターフェイスの分類 7-13

考慮、CAD 7-14

コール アドミッション制御 7-13

Quality Management Recorded Contact Storage Calculation 2-24

Quality of Service

「QoS」を参照

Quality of Service(QoS) 7-13

R

Resource Manager 2-14

RSPAN B-2

RTP ストリーム 2-8

S

Session Initiation Protocol(SIP) 2-10

SIP 電話 2-10

SPAN B-1

ポート モニタ サーバ 2-9

T

TCP ポート 7-13

Text-to-Speech(TTS) 2-24

TTS

リソース 2-25

U

Unified 4-5

Unified CCX

Configuration and Ordering Tool 5-5

インターフェイス 7-13

キャパシティ A-1

サーバのサイジング 6-1

プロトコル 7-13

Unified CCX Gateway PG 2-25

Unified CCX システムの管理 2-5

Unified CM

サイジング ツール 6-2

システム パフォーマンス 6-3

Unified CM Telephony トリガ 2-2

V

Voice over IP モニタリング B-1

VSPAN B-2

W

Wireless Access Point(WAP) 2-9

アーキテクチャ、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)配置 3-2

宛先ポート、SPAN 構成 B-2

インターフェイス 7-13

インバウンド音声

概要 1-4

コンポーネント 1-5

ライセンス許諾されたコンポーネント 1-4

エージェント

サービス レベル目標 5-3

トラフィック プロファイル 7-1

エンドツーエンドのキューイング 7-13

企業のデータ ストア 7-11

企業のデータ ストアへアクセス 7-11

基本 ACD 3-5

キャパシティ、Unified CCX A-1

キュー ポート 5-2

コーデック

G.711 7-5

G.729 7-5

コール アドミッション制御(CAC) 7-13

コール センターのサイジング

基本的な手順と設計上の考慮事項 5-4

留意事項 5-1

コールド スタンバイ 2-31

コール フローの例 2-4

コール ブロック 5-3

コール録音、ディスク スペース要件 4-8

互換性 2-33

コンタクト センター、典型的な例 7-3

コンピュータ/テレフォニー インテグレーション(CTI) 1-12

サーバ

サイジング 6-1

サービスアビリティ 7-11

サービス グレード 5-3

サービス レベル 5-3

サイジング

Configuration and Ordering Tool 5-5

IVR ポート 5-5

Unified CCX サーバ 6-1

計算例 5-5

コール センター 5-1

サーバ 6-1

文書 5-2

サイジング ツール

Configuration and Ordering Tool 6-1

説明 6-1

最頻時発呼数(BHCA) 5-3

サイレント モニタリング

帯域幅の使用状況 7-2

プロバイダー 7-2

要求者 7-2

事前情報 5-2

障害回復 2-31

冗長性

概要 2-28

データベース 2-29

モニタおよび録音 2-30

セキュリティ 7-11

送信元ポート、SPAN 構成 B-2

ソフトウェア コンポーネント

Cisco Unified CCX Engine 2-6

Monitoring 2-6

Recording 2-6

概要 2-6

データベース 2-6

帯域幅

IP Phone コールの使用状況 7-4

VoIP モニタ サービス 7-6

コーデック 7-5

コールあたりのパケット サイズ別要件 7-4

サイレント モニタリングの使用状況 7-2

推定 7-1

デスクトップ アプリケーション 7-7

耐障害性 2-28

Cisco Unified CCX Engine 2-28

Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME) 3-5

対象読者、このガイド vii

単一サーバ非ハイ アベイラビリティ配置モデル

Cisco Unified Communications Manager 統合 4-6

Unified Communications Manager Express 統合 4-7

ディスク スペースの使用 4-8

ディレクトリ

DC 2-3

Microsoft Active Directory 2-3

Netscape iPlanet 2-3

ディレクトリ サービス、Netscape Directory C-1

データ ストア

エージェント 2-6

構成 2-6

リポジトリ 2-6

履歴 2-6

データ ストア アクセス 7-11

データベースの冗長性 2-29

デスクトップ

Cisco Agent Desktop 2-5

Cisco Supervisor Desktop 2-5

トラフィック シェーピング 7-13

トラフィックの分類 7-13

ハイ アベイラビリティ 2-28, 2-30, 2-31, 4-8

配置モデル

2 サーバ ハイ アベイラビリティ配置モデル

Cisco Unified Communications Manager 統合 4-7

Cisco Unified CME 4-3

Cisco Unified Communications Manager 4-2

概要 4-1

設計上の留意事項 4-8

単一サーバ非ハイ アベイラビリティ配置モデル

Cisco Unified Communications Manager 統合 4-6

Unified Communications Manager Express 統合 4-7

パッケージ、Cisco Unified CCX 1-3

パフォーマンス基準

影響 6-3

カテゴリ 6-2

範囲、このガイド vii

品質管理

概要 1-25

機能 1-26

ライセンス許諾されたコンポーネント 1-25

ブロードバンド経由のリモート エージェント 2-11

ブロックされたコール 5-3

ブロックのパーセンテージ 5-3

プロトコル 7-13

プロビジョニング

(「サイジング」を参照)

平均処理時間(AHT) 5-3

ポート

IVR 5-2

PSTN 5-2

インターフェイス 7-13

キュー 5-2

ゲートウェイ 5-2

サイジング 5-5

使用率 7-12

プロトコル 7-13

モニタおよび録音 3-5

モニタリング

デスクトップ 2-7

モニタリング サーバ 2-6

要員管理

概要 1-27

機能 1-27

ライセンス許諾されたコンポーネント 1-27

用語 5-1

リアルタイム レポート 2-5

リソース要件 5-5

リモート エージェント 7-1

リモート エージェントのトラフィック プロファイル 7-1

リモート スーパーバイザリ モニタリング 2-9

履歴レポート 1-13, 2-5

25 エージェントを使用する、Unified CCX Standard アプリケーションのサイジング 5-5

Standard Resource Calculator の基本的な例 5-6

標準の Resource Calculator のコール処理例 5-8

レポート

リアルタイム 2-5

履歴 2-5

録音サーバ 2-7