Cisco Customer Response Applications スタートアップ ガイド
代替サーバ コンフィギュレー ション
代替サーバ コンフィギュレーション
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

代替サーバ コンフィギュレーション

専用サーバインストール

代替 LDAP コンフィギュレーション

代替 SpeechServer コンフィギュレーション

代替サーバ コンフィギュレーション

この付録では、Cisco CRA 3.0 の専用サーバ インストールを指定する手順について説明します。

ここでは、次の内容を取り上げています。

「専用サーバ インストール」

「代替 LDAP コンフィギュレーション」

「代替 Speech Server コンフィギュレーション」

専用サーバ インストール

CRA インストール手順のステップ 11 で A different server オプションボタンをクリックすると(第 3 章の項「Cisco CRA 3.0 のインストール」ステップ 11 を参照)、Cisco CRA Installation Wizard ウィンドウの Cisco CallManager Database Location ペインのデータ エントリ フィールドがアクティブになります(図 A-1 参照)。

図 A-1 Cisco CRA Installation Wizard Cisco CallManager Database Location ペイン

 

Cisco CallManager 代替データベース ロケーションを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 CallManager Host Name フィールドに、CallManager のホスト名を入力します。

ステップ 2 Windows Username and Windows Password フィールドに、Windows のユーザ名およびパスワードを入力します。

ステップ 3 SQL Username and SQL Password フィールドに、SQL ユーザ名およびパスワードを入力します。

ステップ 4 Next をクリックします。

Cisco Installation Wizard ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 Yes をクリックして、Cisco CallManager データベースに接続します。

ICD Directory Server Configuration ペインが Cisco CRA Installation Wizard ウィンドウに表示されます。

ステップ 6 「Cisco CRA 3.0 のインストール」 のステップ 13 に戻り、CRA インストール プロセスを続行します。


 

代替 LDAP コンフィギュレーション

CRA インストール手順のステップ 12 で、Use CallManager's LDAP チェックボックスをオフにすると(第 3 章の項「Cisco CRA 3.0 のインストール」ステップ 12 を参照)、Cisco CRA Installation Wizard ウィンドウの ICD Directory Server Configuration ペインの LDAP データ エントリ フィールドがアクティブになります(図 A-2 参照)。

図 A-2 ICD Directory Server Configuration ペイン--LDAP 領域

l

代替 LDAP コンフィギュレーションを指定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 LDAP Family ペインで、次のいずれかのアクションを実行します。

DC Directory を選択するには、DC Directory オプションボタンをクリックします。

Active Directory を選択するには、Active Directory オプションボタンをクリックします。

iPlanet LDAP を選択するには、iPlanet LDAP オプションボタンをクリックします。

ステップ 2 LDAP Host フィールドに LDAP ホスト名を入力します。

ステップ 3 次のアクションのいずれかを実行します。

DC Directory オプションボタンをクリックして、デフォルトの LDAP ポート番号(8404)、User Search Base、および Directory Administration DN をそのまま使用します。その後で、次のパスワードを Directory Administrator Password フィールドに入力します。

ciscocisco

Active Directory または iPlanet LDAP オプションボタンをクリックして、有効な値を User Search Base、Directory Administration DN、および Directory Administrator Password フィールドに入力します。

ステップ 4 「Cisco CRA 3.0 のインストール」 のステップ 14 に戻り、CRA インストール プロセスを続行します。


 

代替 Speech Server コンフィギュレーション

第 5 章の Nuance Speech Server インストール手順のステップ 6 で A different server オプションボタンをクリックすると、図 A-3 に示す、Nuance Installation Wizard ウィンドウの Speech Server Configuration ペインのエントリ フィールドがアクティブになります。

図 A-3 Speech Server Configuration ペイン--Different Server 領域

 

Speech Server によって後に使用される代替アプリケーション サーバを選択するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Host name フィールドに、アプリケーション サーバのホスト名を入力します。

ステップ 2 Username and Password フィールドに、代替アプリケーション サーバのユーザ名およびパスワードを入力します。

ステップ 3 「Nuance ASR および TTS のインストール」 のステップ 7 に戻り、Speech Server のインストール手順を終了します。