Cisco ICM ソフトウェア WebView ユーザ ガイド Release 5.0
テンプレートおよびレポート項目の キャッシュについて
テンプレートおよびレポート項目のキャッシュについて
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

テンプレートおよびレポート項目のキャッシュについて

内容

基本的なキャッシュの設定

キャッシュの有効化と無効化

キャッシュの更新時間の設定

キャッシュのパージ時間係数の設定

スーパーバイザ キャッシュの有効化と無効化

Hosted IPCC および NAM 設定のコール タイプ カスタマフィルタの有効化および無効化

テンプレートおよびレポート項目のキャッシュについて

ICM ソフトウェア WebView では、デフォルトで、各カテゴリのレポート テンプレートとレポート項目がキャッシュされます。キャッシュを行うことによって、WebView によるデータベースに対するクエリー回数が低減されるため、システム パフォーマンスが向上します。キャッシュされた項目とテンプレートのリストは、New Atlanta ServletExec に保存されます。

レポート項目は、ICM データベースがパーティション化されていない場合にのみキャッシュされます。レポート テンプレートは、データベースのパーティション化に関係なくキャッシュされます。データベースのパーティション化の詳細は、『ICM Software Security Guide』を参照してください。

キャッシュは、WebView for E-Mail Manager では使用できません。

WebView サーバ マシンの <ICM ROOT>\web\webview\reporting\servlet\properties\ ディレクトリにある adminui.properties ファイルを使用して、数多くのキャッシュ設定を指定できます。このファイルを変更した場合、変更内容を有効にするには、WebView サーバ マシンの IIS Admin サービスを再起動する必要があります。

IIS Admin サービスを再起動すると、手動でキャッシュを更新できます。

キャッシュの有効化や無効化、およびキャッシュの更新時間やパージ時間の設定など、基本的なキャッシュ プロパティを設定できます。また、スーパーバイザに対して個別のキャッシュを有効または無効にできます。

Hosted IPCC および NAM 環境の場合、カスタマ コールタイプフィルタを有効にすると、各カスタマは、コール タイプ レポート項目やテンプレート用に、個々のカスタマが使用するコールタイプのみが含まれる個別のキャッシュを持つことができます。


) Custom Screen Builder を使用してカスタム テンプレートを作成したりテンプレートを削除した場合、キャッシュが更新されるまで変更内容は表示されません。


基本的なキャッシュの設定

この項では、次の基本的なキャッシュ プロパティの設定方法について説明します。

キャッシュの有効化と無効化

キャッシュの更新時間の設定

キャッシュのパージ時間係数の設定

キャッシュの有効化と無効化

デフォルトでは、レポート テンプレートと項目のキャッシュは有効になっています。

キャッシュを有効または無効にするには、adminui.properties ファイル内の DISABLE_ITEM_LIST_CACHING プロパティの値を設定します。

キャッシュを無効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 DISABLE_ITEM_LIST_CACHING プロパティの値を true に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

キャッシュを有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 DISABLE_ITEM_LIST_CACHING プロパティの値を false に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

キャッシュの更新時間の設定

デフォルトでは、キャッシュは 120 分ごとに更新されます。

キャッシュの更新時間を設定するには、adminui.properties ファイル内の WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティの値を設定します。

キャッシュの更新時間を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティの値に、キャッシュが更新される時間を分数で設定します。
たとえば、WEBVIEW_CACHE_LIVETIME = 240 のように設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

キャッシュのパージ時間係数の設定

キャッシュのパージ時間係数に、WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティに設定されている値を掛けると、いつキャッシュがパージされるかが決定されます。デフォルトでは、キャッシュのパージ時間係数が 4、キャッシュの存在期間が 120 分であるため、キャッシュは 8 時間後にパージされます。キャッシュのパージ時間係数を設定するには、adminui.properties ファイル内の
PURGE_TIME_MULTIPLIER
プロパティの値を設定します。

キャッシュのサイズが大きくてメモリの消費量が多すぎる場合は、このプロパティの値に小さい数字を設定し、キャッシュがより頻繁にパージされるようにします。

キャッシュに入っている時間が、WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティに設定されている値に満たないテンプレートと項目は、パージされません。たとえば、WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティが 120 に設定されている場合、キャッシュに入っている時間が 120 分に満たない項目はパージされません。

キャッシュのパージ時間係数を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PURGE_TIME_MULTIPLIER プロパティの値に、WEBVIEW_CACHE_LIVETIME プロパティの値に掛ける係数を設定します。
たとえば、PURGE_TIME_MULTIPLIER = 2 に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

スーパーバイザ キャッシュの有効化と無効化

スーパーバイザは、スーパーバイザ ユーザ名とパスワードを使用して WebView にログインできます。これらのスーパーバイザは、エージェント レポート カテゴリからレポートを実行した場合、これらのスーパーバイザが監視するエージェントおよびスキル グループのデータのみを表示できます。各スーパーバイザは、エージェント別エージェント、チーム別エージェント、スキル グループ別エージェント、およびペリフェラル別エージェントのエージェント レポートのカテゴリについて、独自のキャッシュを持つことができます。

デフォルトでは、レポート テンプレートと項目のスーパーバイザ キャッシュは、エージェント レポート カテゴリに対して有効になっています。

エージェント レポート カテゴリの場合は、スーパーバイザごとに個別にキャッシュが保持されます。他のレポート カテゴリの場合は、スーパーバイザは、他の WebView ユーザと同じキャッシュを使用します。


) キャッシュのサイズが大きくてメモリの消費量が多すぎる場合は、PURGE_TIME_MULTIPLIER プロパティをリセットするか、またはスーパーバイザ キャッシュを無効にします。


スーパーバイザ キャッシュを有効または無効にするには、adminui.properties ファイル内の ENABLE_SUPERVISOR_CACHING プロパティの値を設定します。

スーパーバイザ キャッシュを無効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ENABLE_SUPERVISOR_CACHING プロパティの値を false に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

スーパーバイザ キャッシュを有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ENABLE_SUPERVISOR_CACHING プロパティの値を true に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

Hosted IPCC および NAM 設定のコール タイプ カスタマフィルタの有効化および無効化

コール タイプ フィルタは、WebView ユーザが会社のコール タイプのみに関するレポートを作成できる Hosted IPCC および NAM 設定で必要となります。コール タイプ フィルタを有効にすると、カスタマの会社は、この会社が設定しているコール タイプのみのレポート項目とテンプレートを保存するための個別のコール タイプ キャッシュを持つことができます。

デフォルトでは、コール タイプ レポート カテゴリのレポート テンプレートと項目のフィルタは無効になっています。Hosted IPCC および NAM 以外のすべての設定の場合、コール タイプ カスタマ フィルタは無効のままにしておく必要があります。

コール タイプ キャッシュを有効または無効にするには、adminui.properties ファイル内の ENABLE_CALLTYPE_CUSTOMER_FILTER プロパティの値を設定します。

コール タイプ カスタマ フィルタを有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ENABLE_CALLTYPE_CUSTSOMER_FILTER プロパティの値を true に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。


 

コール タイプ カスタマ フィルタを無効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ENABLE_CALLTYPE_CUSTSOMER_FILTER プロパティの値を false に設定します。

ステップ 2 IIS Admin サービスを再起動して、変更内容を有効にします。