Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Webview インストレーション アドミニストレーション ガイド Release 6.0(0)
Cisco ICM WebView ソフト ウェアのインストールおよび ユーザの設定
Cisco ICM WebView ソフトウェアのインストールおよびユーザの設定
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

概要

Cisco ICM WebView ソフトウェアのインストール

ICM インスタンスおよび顧客用の WebView のインストール

WebView ユーザの作成

インストールした WebView へのログイン

WebView のインストールのトラブルシューティング

他の WebView ユーザの設定

WebView ユーザのパスワード有効期限とドメイン セキュリティ設定

スーパーバイザおよび WebView レポート

Cisco ICM WebView ソフトウェアのインストールおよびユーザの設定

第 2 章の手順を完了すると、アドミン ワークステーション上に Cisco ICM WebView オプションをインストール(またはアップデート)できるようになります。

概要

この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco ICM WebView ソフトウェアのインストール」

「ICM インスタンスおよび顧客用の WebView のインストール」

「WebView ユーザの作成」

「インストールした WebView へのログイン」

「WebView のインストールのトラブルシューティング」

「他の WebView ユーザの設定」

「WebView ユーザのパスワード有効期限とドメイン セキュリティ設定」

「スーパーバイザおよび WebView レポート」

ICM データベースを含む ICM システムのインストール方法については、『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド』または『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド』(あるいは両方)を参照してください。システムのインストールおよび管理の詳細については、Cisco.com Web サイト上のカスタマー コンタクト ソフトウェア Web ページの「Documentation」ページにある該当するガイドを参照してください。

Cisco ICM WebView ソフトウェアのインストール

必要なソフトウェアのインストールを完了すると、アドミン ワークステーションに WebView オプションをインストール(またはアップデート)できるようになります。 初めて アドミン ワークステーション ソフトウェアをインストールする場合は、『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド』または『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド』 を参照して、アドミン ワークステーションのインストールについて確認してください。


) WebView は、New Atlanta ServletExec の特定の構成に依存する他のアプリケーションと同じマシンにはインストールできません。ServletExec の構成は、WebView(サードパーティ ツール)のインストールの一部として上書きされるため、その構成に依存する別のアプリケーションとは確実に共有することができません。


Cisco ICM WebView ソフトウェアをインストールするには、次の手順に従ってください。

WebView ソフトウェアのインストール方法


ステップ 1 ICM CD の セットアップ 実行 します。セットアップ プログラムの使用方法については、『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド』を参照してください。

アドミン ワークステーション ソフトウェアを初めてインストールする場合は、[Admin Workstation Properties]ウィンドウの[ WebView] オプションを有効にします。以前のバージョンのアドミン ワークステーション ソフトウェアからアップグレードする場合は、アップグレードを実行します。

ステップ 2 [Cisco ICM Setup]ダイアログボックスで、ダイアログボックスの右側にある[Instance Components]セクションの[AW]を選択します。

ステップ 3 同じダイアログボックスの左側にある[ICM Instances]セクションで、WebView を実行するアドミン ワークステーションのインストール先となる ICM インスタンス を選択します。

ステップ 4 ダイアログボックスの右側の[Instance Components]セクションに関連付けられている[Edit]ボタンをクリックします。[Admin Workstation Properties]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 次の言語のいずれかを選択します。

英語(アメリカ)
英語(イギリス)、DD/MM/YYYY 日付形式
日本語
簡体字中国語
韓国語
フランス語
ドイツ語
スペイン語

ご使用のプラットフォームで上記のいずれの言語も使用していない場合に DD/MM.YYYY 日付形式を使用するには、英語(イギリス)を選択する必要があります。

ステップ 6 [次へ]をクリックします。[Real-Time Distributor Node Properties]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 [Real-Time Distributor Node Properties]ダイアログボックスの[WebViewレポーティング]オプション チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 [WebView database host name]テキスト ボックスに、 WebView データベース ホスト名 を入力します。 WebView データベース ホスト名とは、保存済みレポート、お気に入りのレポート、およびスケジュールされたジョブを保存するために WebView が使用するデータベース サーバを配置するコンピュータの名前です(boston1 など)。このデータベースを使用すると、複数の WebView サーバで同じ WebView レポートを共有できます。

ステップ 9 [次へ]をクリックしてセットアップを続行します。インストールが完了して[Cisco ICM Setup]ダイアログボックスにメッセージが表示されれば、セットアップを終了できます。

ステップ 10 再起動を求めるプロンプトが表示されたら、適切なソフトウェアがすべて動作するように、システムを再起動します。


 

ICM インスタンスおよび顧客用の WebView のインストール

インスタンス とは、1 つの論理上の ICM システムのことです。インスタンスは、通常、複数の別個のコンピュータにインストールされた、複数のソフトウェア コンポーネント(コールルータ、ロガー、ペリフェラル ゲートウェイ、アドミン ワークステーション)で構成されています。これらのソフトウェア コンポーネントのいくつかは、二重化されている場合があります。たとえば、1 台のコンピュータで、1 つのインスタンスの複数のコンポーネントを実行することも、複数のインスタンスのコンポーネントを実行することもできます。

顧客 とは、ICM ソフトウェアを使用してコンタクト センター エンタープライズを管理する組織のことです。各顧客には、独自のダイヤル番号、ラベル、コール タイプ、スクリプト、およびスケジュール ターゲットがあります。ただし、すべてのペリフェラル ゲートウェイ、ペリフェラル、サービス、スキル グループなどは、特定の顧客ではなく、インスタンスに関連付けられます。このため、インスタンスを共有する顧客は、専用のペリフェラル ゲートウェイを持つことができません。ただし、このような顧客には、特殊なコール処理のために、顧客固有のスクリプトを持つネットワーク IVR を割り当てることができます。

リリース 5.0 では、複数の顧客が 1 つの ICM インスタンスを共有できますが、機能は限定されます。この場合は、特定の顧客のデータだけにアクセス可能な WebView ユーザを設定できます。

表 3-1 に、特定の顧客に関連付けることができるデータと、インスタンス全体で共有されるデータの概要を示します。

.

表 3-1 顧客データおよびインスタンス データ

顧客データ
インスタンス データ

ダイヤル番号、ラベル、コール タイプ、スクリプト、スケジュール ターゲット、ネットワーク VRU スクリプト。

ネットワーク ICM システムとペリフェラル ゲートウェイ。ペリフェラル、トランク グループ、ペリフェラル ターゲット、スキル ターゲット。リージョン。アナウンス。アプリケーション ゲートウェイ。

Cisco Network Applications Manager(NAM)、インスタンス、および顧客の設定および使用方法については、『Cisco Network Applications Manager (NAM) Setup and Configuration guide』を参照してください。

顧客という概念を使用すると、各組織に別々のインスタンスを割り当てずに、1 つの ICM インスタンスを持つ独立した複数の組織をサポートできます。ただし、1 つのインスタンスを共有する顧客の機能は、インスタンスを独占的に使用する顧客の機能よりも制限されます。 表 3-2 に、WebView ユーザに関するこの 2 つの顧客タイプの機能の概要を示します。

 

表 3-2 顧客タイプ

インスタンスを独占的に使用する顧客
インスタンスを共有する顧客

アドミン ワークステーションと WebView

WebView へのアクセスに限る

インスタンスを共有する顧客への設定はすべて、そのインスタンスを管理するサービス プロバイダーが行う必要があります。

WebView ユーザの作成

Cisco ICM WebView ユーザは、Web ブラウザを使用して、次のことを行えます。

WebView サーバに接続する。

Cisco ICM WebView レポートを監視、定義、および変更する。

ICM ソフトウェアで WebView ユーザが認識および認証されるようにするには、コンフィギュレーション マネージャの User List ツールを使用して、そのユーザを追加する必要があります。


) WebView にログインできるのは、ICM ユーザだけです。NT アカウント
「Administrator」は、デフォルトでは WebView にログインできません。

WebView にログインするには、「Administrator」を ICM ユーザとして設定し、さらに、次の 2 つの文字列レジストリ設定を作成して TRUE に設定しておく必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\ICM\WebView\ AllowAdminLogin

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\ICM\<instance>\ web\AllowAdminLogin

<instance> は、WebView サーバ上の ICM インスタンス名です。詳細については、 付録F「レジストリの設定およびプロパティ ファイルの設定」 を参照してください。


 

WebView ユーザの作成方法


ステップ 1 [ICM アドミン ワークステーション]フォルダで、 コンフィギュレーション マネージャ ユーティリティを開きます。

ステップ 2 メニューバーから[User List]ツールを選択します。

ステップ 3 ツールを開くとデータが自動的に表示されるオプションを選択していない場合は、[Retrieve]をクリックして[Add]ボタンをオンにします。

ステップ 4 [Add User]をクリックします。

ICM ユーザとは、ICM 設定データへのアクセス権を持つユーザのことです。

ICM 設定データにアクセスできる各ユーザは、有効な NT ユーザ名とパスワードを持っている必要があります。


) ICM ユーザ名は、英字で開始する必要があり、英数字だけが使用可能です。NT ユーザ名に上記以外の文字が含まれる場合は、ICM ユーザ名からはその文字を削除してください。たとえば、ハイフン(-)は、ユーザ名で許可されていません。

パスワードは、7 ビットの出力可能な ASCII 文字(32 ~ 126 の 94 文字のいずれか)に制限されています。制御文字(タブなど)や国際文字は許可されていません。つまりパスワードは、漢字などの非西欧文字では入力できません。


ステップ 5 ユーザの[Attributes]タブで、ユーザの ドメイン名 ユーザ名 、および パスワード を入力します。


) ユーザのドメイン名とユーザ名が WebView のログイン名になります。この連結した名前が、24 文字以下になる必要があります。

このパスワードが WebView パスワードになります。

これらの項目を入力して保存すると、新規 ICM ユーザがそのドメイン名、ユーザ名、およびパスワードを使用して WebView を開けるようになります。

ユーザのパスワードの有効期限は、WebView ではなく、ユーザのドメインによって設定されます。


ユーザが他の WebView ユーザを作成できるようにするには、[Can create other user accounts]も選択します。各属性(データ プロパティ)の説明については、コンフィギュレーション マネージャの User List ツールのオンライン ヘルプを参照してください。

ステップ 6 [Save]をクリックします。


) User List ツールを使用して WebView ユーザを作成した場合、エージェント チームのスーパーバイザの場合のようにエージェント チームのデータだけしか表示できないのではなく、そのユーザはすべての WebView データを表示できます。



 

インストールした WebView へのログイン

WebView のインストールが正常にできていることをテストするには、次の手順に従ってください。

WebView へのログイン方法


ステップ 1 ブラウザ ウィンドウを開きます。

ステップ 2 Internet Explorer のアドレス バーに、WebView の URL を入力します。

次の形式を使用してください。 http://Admin Workstation/instance

ここでの入力内容は次のとおりです。

Admin Workstation は、WebView が有効である ICM アドミン ワークステーションが入っている、WebView サーバ(コンピュータ)の名前です。

instance は、その WebView サーバ上の ICM インスタンス名です。

例: http://Boston1/cust1

ステップ 3 キーボードの Enter キーを押します。ユーザ名とパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

ステップ 4 WebView ユーザ名とパスワードを入力します。

次の形式を使用してください。 domainname/username

ここでの入力内容は次のとおりです。

domainname は、ユーザが NT アカウントを持っているドメインの名前です。

username は、WebView 管理者によってユーザに割り当てられた名前です。

例: sherwood/rhood


) username では、大文字と小文字が区別されます。


WebView のインストールが正常にできている場合、ブラウザに WebView の最初のページが表示されます。


 

図 3-1 ログイン時のユーザ入力例

 

ブラウザのアドレス/ロケーション バーにおける WebView の URL:
http://Boston1/floor2

WebView ユーザ名テキスト ボックスにおけるユーザ名:
Cambridge4/jsmith

WebView パスワード テキスト ボックスにおけるパスワード:
個人の秘密のパスワード

WebView のインストールのトラブルシューティング

ブラウザに WebView の最初のページが表示されない場合は、次の項目を確認してください。

サポートされているブラウザを使用しているか。

正確な URL(http: //Admin Workstation/instance )を入力したか。

ユーザ名として正しいドメイン名とユーザ名を入力し、正しいパスワードを入力したか。

Cisco ICM ソフトウェア WebView のインストールが、第 2 章に挙げられているすべての要件を満たしているか。

その他のトラブルシューティングのヒントについては、 付録G「トラブルシューティングのヒント」 を参照してください。

上記の手順に従ってもブラウザに WebView のホーム ページが表示されない場合は、このガイドの最初にある「このガイドについて」に記載されている Cisco Connection Online(CCO)にお問い合せください。

他の WebView ユーザの設定

アドミン ワークステーションの WebView にアクセスする必要があるユーザのユーザ アカウントを設定するには、コンフィギュレーション マネージャ ユーティリティを使用します。新規ユーザの追加の概要については、この章の前にある「WebView ユーザの作成」を参照してください。

各ユーザの条件は、次のとおりです。

ICM コンフィギュレーション マネージャ ユーティリティを使用してユーザとして追加されている。

Cisco ICM ソフトウェア WebView アドミン ワークステーションにネットワーク アクセスできる。

サポートされている Web ブラウザがインストールされている。

リアルタイム レポート モニタリング ページを表示するたびに、ブラウザのキャッシュ内の該当ページのバージョンが、Cisco ICM ソフトウェア WebView アドミン ワークステーション上の新しいバージョンと比較されて更新されるように、ブラウザで設定されている。

次の正しい WebView の URL の入力方法を知っている。

http: //AdminWorkstation/instance

ユーザ名として正しいドメイン名とユーザ名の入力方法、および正しいパスワードの入力方法を知っている。

WebView ウィンドウで WebView の使用方法に関するヘルプが利用できることを知っている。

WebView ユーザのパスワード有効期限とドメイン セキュリティ設定

WebView(ICM)ユーザは、自分が作成されたドメインからセキュリティ設定を取得します。また、WebView ユーザは、WebView 内からパスワードを作成または変更できません。ただし、WebView 管理者は、WebView ユーザのパスワードを作成および変更できます。

このため、WebView 管理者は、パスワード有効期限に関するドメイン セキュリティ ポリシー設定に注意して、WebView ユーザが誤ってアカウントからロック アウトされないようにする必要があります。

スーパーバイザおよび WebView レポート

WebView スーパーバイザは、Web ブラウザを使用して、次のことを行えます。

WebView サーバに接続する。

自分のチームの WebView レポートを監視する。

スーパーバイザは、自分のエージェント チーム レポートだけを表示できます。チーム内または他のチームのエージェントは、ICM ユーザではないため、WebView データを表示できません。

スーパーバイザとは、制限された権限を持つ ICM ユーザであるエージェントのことです。その他のエージェントはいずれも(特に設定されていない限り)ICM ユーザではないため、WebView レポートを実行することはできません。


) スーパーバイザ エージェントは、そのスーパーバイザのチーム内のエージェントについてのレポート データしか参照できませんが、(コンフィギュレーション マネージャの User List ツールで作成された)ICM 管理者は、すべてのエージェントについてのレポート データを参照できます。


エージェントをスーパーバイザとして設定する方法については、ICM コンフィギュレーション マネージャのオンライン ヘルプを参照してください。


) • スーパーバイザは、ICM User List ツールで作成されたログイン名とパスワードを使用しません。

スーパーバイザが User Lis ツールで作成された ICM アカウントも持っている場合、(Agent Explorer の[スーパーバイザ]タブで作成された)スーパーバイザのログイン名は、User List ツールで作成されたユーザのログイン名とは異なるものにする必要があります。

エージェントのドメインによって、パスワードの有効期限が設定されます。