Cisco IPCC Enterprise Edition インストレーション コンフィギュレーション ガイド Release 7.0(0)
IPCC Enterprise で使用するアウトバ ウンド オプションのインストールと設 定
IPCC Enterprise で使用するアウトバウンド オプションのインストールと設定
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

IPCC Enterprise で使用するアウトバウンド オプションのインストールと設定

アウトバウンド オプションのインストールと初期設定について

アウトバウンド キャンペーンについて

IPCC Enterprise で使用するアウトバウンド オプションのインストールと設定

アウトバウンド オプションは、ICM のインバウンド コール機能に加えて、アウトバウンド ダイヤル機能を提供する ICM のオプションです。 アウトバウンド オプションを使用すると、コール センターにおけるアウトバウンド アクティビティを自動化できます。 インバウンド要求を処理していないエージェントがアウトバウンド コールを実行できるようになるため、エージェントの生産性が向上します。

IPCC Enterprise の場合、カスタマーへコールを発信するには、シスコのボイス ゲートウェイが必要になります。

アウトバウンド オプションのインストールと初期設定について

アウトバウンド オプションは、ICM のインストール時にオプション機能としてインストールします。 アウトバウンド オプションのインストールと初期設定には、次の作業が含まれます。

ICM コンポーネントでのアウトバウンド オプションの有効化

アウトバウンド オプション ダイヤラのインストール

アウトバウンド オプション プライベート データベースの作成

MR PG 上のアウトバウンド オプション用 PIM の作成

アウトバウンド オプションを使用するための CallManager の設定

ダイヤラの設定

CTI デスクトップ ツールを使用するためのアウトバウンド コントロールの設定

アウトバウンド オプションをインストールして設定するための手順については、『 Outbound Option Setup and Configuration Guide for Cisco ICM/IPCC Enterprise & IPCC Hosted Editions 』を参照してください。

アウトバウンド キャンペーンについて

アウトバウンド オプションのインストールと設定が終わったら、アウトバウンド ダイヤリング キャンペーンの作成を始めることができます。 アウトバウンド オプションは、ICM のインストール時にオプション機能としてインストールします。 アウトバウンド キャンペーンを作成して管理するための手順、およびアウトバウンド オプションで使用するスクリプトを書く手順については、『 Outbound Option User Guide for Cisco ICM/IPCC Enterprise & IPCC Hosted Editions 』を参照してください。