Cisco ICM ソフトウェアアップグレードマイグレーションガイド ICM 4.6.2 からICM 5.0(0)、および ICM 4.6.2 またはICM 5.0(0) からICM/IP Contact Center Enterprise Edition リリース
ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) への アップグレード計画
ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) へのアップグレード計画
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) へのアップグレード計画

アップグレード計画

ICM ベースライン

ハードウェアに関する推奨事項

ソフトウェア要件

コールルータ

ロガー

Admin Workstation - リアルタイム ディストリビュータ/WebView サーバ

Admin Workstation - リアルタイム クライアント

ペリフェラル ゲートウェイ

関連資料

ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) へのアップグレード計画

ICM ベースライン

ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) システムへのアップグレードを実施する前に、次のベースラインを構築する必要があります。

Cisco ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0)


) IPCC システムをアップグレードする場合は、『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition ドキュメント ガイド』の「Release Planning and Installation/Upgrade Details」、『Cisco IP Contact Center Enterprise Edition アドミニストレーション ガイド』、および『IPCC Software Compatibility Guide』を参照してください。


Microsoft SQL 7.0 SP3(ICM 4.6.2 の場合)または SP4(ICM 5.0(0) の場合)

または

Microsoft SQL 2000 SP3a(ICM 5.0(0) の場合)

Microsoft Windows 2000 SP3


) Windows 2000 の計画およびステージングについては、『Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Windows 2000 Planning for Release 6.0』および『Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition, Release 6.0 Staging on Windows 2000』を参照してください。


ハードウェアに関する推奨事項

ICM システムのハードウェア(ハード ドライブ、メモリなど)は、ICM ソフトウェア リリース 6.0(0) を実行するための要件を満たしている必要があります。

ICM システムを適切に運用するには、ハードウェアの仕様が非常に重要となります。アップグレードを行う前にすべてのハードウェアを監査して、ハードウェアのアップグレードが必要かどうかを判断する必要があります。

最初に、ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) のハードウェア仕様とソフトウェア仕様を確認してください。ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) へのアップグレードに必要なハードウェアの最小要件については、Cisco ICM の 『Bill of Material』(BOM)を参照してください。


) ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) の BOM については、http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/icm/index.htm を参照してください。


ソフトウェア要件

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) を使用するには、次のサードパーティ ソフトウェアを各 ICM コンポーネントで使用する必要があります。

コールルータ

MS Windows Server SP4

PCAnywhere 10.5

ロガー

MS Windows Server SP4

MS SQL 7.0 SP4 または MS SQL 2000 SP3/3a

PCAnywhere 10.5

Admin Workstation - リアルタイム ディストリビュータ/WebView サーバ

MS Windows Server SP4

MS SQL 7.0 SP4 または MS SQL 2000 SP3/3a

PCAnywhere 10.5

Infomaker 8.0.1(ICM WebView のカスタム レポーティングに必要)

ICM WebView 3rd Party Software 5.0

Admin Workstation - リアルタイム クライアント

MS Windows Server SP4

PCAnywhere 10.5

Infomaker 8.0.1(ICM WebView のカスタム レポーティングに必要)

ペリフェラル ゲートウェイ

MS Windows Server SP4

PCAnywhere 10.5

関連資料

ICM システムのアップグレードを計画する際には、ICM、IPCC、および Remote Monitoring Suite に関連する Cisco Intelligent Call Management の資料を参照する必要があります。

ICM 4.6.2 または ICM 5.0(0) から ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) システムへのアップグレードを実施する際には、次のドキュメントをいつでも参照できるように準備しておいてください。

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition, Release 6.0(0) Documentation Set

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release Notes, Release 6.0(0)

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition Release 6.0(0) サービス リリースのリリース ノート