コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

Cisco Contact Center 製品ポート使用状況ガイド

テクニカル リファレンス
発行日;2012/06/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Contact Center 製品ポート使用状況ガイド

概要

マニュアルの内容

ポート使用状況表の列の定義

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition のポート使用状況

Cisco Agent Desktop(CAD)のポート使用状況

Cisco Remote Monitoring Suite(RMS)のポート使用状況

Cisco E-Mail Manager のポート使用状況

Cisco Collaboration Server のポート使用状況

Cisco Media Blender のポート使用状況

Dynamic Content Adapter のポート使用状況

Cisco Internet Service Node のポート使用状況

Cisco IP IVR のポート使用状況

Cisco IPCC Express のポート使用状況

付録:ポート使用状況の図とプロトコル別インスタンス詳細

テクニカル リファレンス

Cisco Contact Center 製品ポート使用状況ガイド

ICM/IP Contact Center Enterprise 6.0(0)

適用対象:Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise 6.0(0)、CTI OS 6.0(0)、Support Tools 1.0(1)、Cisco Agent Desktop 6.0(1)、Remote Monitoring Suite 2.0(0)、E-Mail Manager 4.0.x、5.0(0)、Collaboration Server CCS 4.0, 5.0(0)、Media Blender 4.x、5.0(0)、Dynamic Content Adapter 2.x、Internet Service Node 2.x、IP IVR 3.x、IPCC Express 3.x

最終更新日:2004 年 8 月 2 日

概要

このマニュアルでは、Cisco Contact Center 製品で使用される TCP ポートと UDP ポートの一覧を示します。これは、Architecture for Voice, Video and Integrated Data(AVVID)ソリューションがインプリメントされているネットワークで、Quality of Service(QOS)やファイアウォール、VPN などのソリューションを設定する際、きわめて重要な情報です。


注意 このマニュアルで示される情報は、デフォルト設定に基づいています。実際のネットワークを扱う場合は、設置されているコンポーネントと使用中の対応ポートについて確実に理解している必要があります。

ポート使用状況表の列の定義

このマニュアルのポート使用状況表の各列には、以下の内容が記載されています。

プロトコル 。複数のシステムが情報を交換する際に従う規則と、使用されるメッセージを公式に定めた値。アプリケーションとの通信、あるいはリモート デバイスに対してリスニングや接続を行うサービスとの通信にもプロトコルが使用されます。

ポート 。インターネット トランスポート プロトコルが、1 つの宛先ホストに対する複数の同時接続を識別するために使用する数値の識別 ID。

リモート ソース ポート 。リモートのアプリケーションまたはサービスが、ローカルの宛先ポートへの接続に使用するポートの ID(通常はダイナミック)。

宛先ポート 。ローカル サービスやアプリケーションがリスニングしている TCP ポートまたは UDP ポートの ID と、サーバとして機能する際の着信接続要求のための IP アドレス。

ソース ポート 。ローカルのアプリケーションまたはサービスが、リモート デバイスの宛先ポートへの接続に使用するポートの ID(通常はダイナミック)。

リモート デバイス宛先ポート 。リモート デバイスのサービスやアプリケーションがリスニングしている TCP ポートまたは UDP ポートの ID と、サーバとして機能する際の着信接続要求のための IP アドレス。

リモート デバイス 。サーバまたはプロトコルで指定されたサービスへの接続を確立しているリモートのアプリケーションやデバイス。

Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:ICM 6.0(0)、CTI OS 6.0(0)、Support Tools 1.0(1)

表1 Cisco ICM/IP Contact Center Enterprise Edition のポート使用状況

プロトコル
リモート ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
ICM Well Known
TCP 40000 ~ 49999
全ノード
EMT
UDP 39500 ~ 39999
ICM Router、Logger
Peripheral Gateway
プライベート パス通信(MDS)
Router から 5.0 以前の PG への通信
注: ICM Well Known プロトコル ポートの、インスタンス番号別の割り当てに関する詳細は、 付録:ポート使用状況の図とプロトコル別インスタンス詳細を参照してください。

Distributor、WebView/Internet Script Editor(ISE)
MSSQL
TCP 1433
Logger Distributor
IIS:HTTP
TCP 80
WebView クライアント
IIS:HTTP
TCP 80
ISE クライアント
IIS:HTTPS
TCP 433
ISE SSL クライアント
CONAPI
TCP 1099
クライアント RMI レジストリ
マルチメディア
Outbound Option(Blended Agent IP Dialer)
SCCP
TCP 2000
CallManager
RTP
UDP 32000 ~ 32100
Voice Gateway
予約コール用受信ポート
UDP 39100 ~ 39200
Voice Gateway
カスタマー コール用受信ポート
TFTP
UDP 69
TFTP サーバ
TFTP File Transfer
Ephemeral
CTI および CTI Object Server
CTI Server
A 面:
TCP 42027
B 面:
TCP 43027
CTI OS Toolkit Clients
ARM インターフェイス
CTI OS Server
CAD Server
インスタンスを変更した場合このポート番号は変更される(設定可能)
CTI OS サーバ
TCP 42028
CTI OS クライアント
CTI OS サーバ ピア
CAD Desktop
CTI OS クライアントには Softphones、Siebel Driver、およびカスタム アプリケーションを含む
MSSQL
TCP 1433
ICM Logger
CTI OS Supervisor Desktop
UDP 39200
CTI OS クライアント
Cisco Enterprise Data Store
TCP 42029
Siebel サーバ
スクリーン コールのコンテキストをサポート
Cisco Support Tools
Support Tools Node Agent
TCP 39100
Support Tools アプリケーション サーバ
バージョン 1.0(1) 以上
Tomcat:HTTP
TCP 8188
管理クライアント(Web)
Support Tools サーバ
Tomcat:HTTPS
TCP 8189
管理クライアント(Web)
Support Tools サーバ
TDM/IP Process Communications
注: ICM/IPCC 周辺装置との通信に関する詳細は、使用している個々のスイッチの「ACD Supplement」ユーザー マニュアルを参照してください

IP プロセス通信
CTI/QBE
TCP 2748
CallManager
JTAPI
ICM/IVR メッセージ インターフェイス、VRU PIM
TCP 5000 ~ 5001
ISN AS + IPIVR
MR PIM
TCP 2000
Media Routing プロセス(CEM など)
TDM プロセス通信
Alcatel 4400 PIM
TCP 2555
Alcatel 4400
CSTA
Aspect PIM
TCP 8000
Aspect ACD
リアルタイム ブリッジで使用
Aspect Contact Center サーバ PIM
TCP 6101
Aspect Contact Center サーバ
アプリケーション ブリッジ
TCP 6102
イベント リンク
TCP 9001
イベント リンク
Avaya PIM
TCP 6060 ~ 6070
TCP 5678
Avaya ACD
イベント リンク
CMS
Call Management System
Ericsson MD100 PIM
TCP 2555
Ericsson MD100
CSTA
MIS Process
TCP 3000 ~ 3030
VRU
CTI Server に接続し、VRU PIM をリスニング
Nortel Meridian PIM
TCP 44444
Nortel Meridian
NEC NEAX2400
TCP 1024
NEC NEAX2400
Rockwell Spectrum PIM
設定可能
Rockwell Spectrum ACD
Siemens HICOM 300E
設定可能
Siemens HICOM ACD
Callbridge CSTA Gateway に接続
Symposium PIM
TCP 3000
Nortel Symposium
Meridian Link
NIC
注: 詳細は『TCP/IP-based NIC System Management Guide Supplements』と、NIC、SS7 Gateway、または SCP 接続の設定パラメータを参照してください。

Windows 認証とリモート管理ポート
RPC
TCP 135
UDP 135
詳細は、以下を参照:

「Microsoft Windows サーバー システムのポート要件」(マイクロソフト サポート技術情報 832017)

NetBIOS セッション
TCP 139
NetBIOS 名前解決
TCP 137
UDP 137
NetBIOS Netlogon とブラウズ
UDP 138
SMB
TCP 445
UDP 445
LDAP
TCP 389
UDP 389
詳細は、以下を参照:

「Windows Server ドメイン コントローラのデフォルトのポート一覧」(マイクロソフト サポート技術情報 289241)

「ドメインでファイアウォールを介した信頼関係を構成する方法」(マイクロソフト
サポート技術情報 179442)

LDAP SSL
TCP 636
LDAP GC
TCP 3268
LDAP GC SSL
TCP 3269
DNS
TCP 53
UDP 53
Kerberos
TCP 88
UDP 88
NTP
UDP 123
SQL Server
TCP 1433
UDP 1434
Loggers
プライマリおよびセカンダリ ディストリビュータ
詳細は、以下を参照:

「ファイアウォール経由での SQL Server との通信に必要な TCP ポート」(マイクロソフト サポート技術情報 287932)

ネットワーク管理とリモート管理
SNMP
UDP 161
SNMP-Trap
UDP 162
Syslog
UDP 514
Telnet
TCP 23
RDP(ターミナル サービス)
TCP 3389
pcAnywhere
TCP 5631
UDP 5632
VNC HTTP helper
TCP 580x
VNC ディスプレイ
TCP 690x
Virtual Network Computer ディスプレイ

 

Cisco Agent Desktop(CAD)のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:CAD 6.0(1)

 

表2 Cisco Agent Desktop(CAD)のポート使用状況

プロトコル
リモート ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
Cisco Agent Desktop
デスクトップ モニタ
TCP 59028
Cisco Supervisor Desktop
チャット
TCP 59020
Cisco Desktop Base Servers
CTI OS
TCP 42028
CTI OS サーバ
Cisco Supervisor Desktop
チャット
TCP 59021
Cisco Desktop Base Servers
RTP
UDP 59010
UDP 59012
Cisco Desktop VoIP Monitor サービス
UDP 59014
UDP 59016
Cisco Desktop Recording Server
Cisco Desktop Base Servers
LRM
TCP 65432
Cisco Agent Desktop
Cisco Supervisor Desktop
チャット
TCP 59000
TCP 37350
Enterprise
TCP 59004
Rascal
TCP 59003
Directory
TCP 38983
TrueUpdate
TCP 8088
LRM
TCP 65432
UDP 27871
Cisco Desktop Base Servers
チャット
TCP 59000
TCP 37350
Enterprise
TCP 59004
Directory
TCP 38983
TAI
TCP 59010
LRM
TCP 65432
Cisco Desktop VoIP Monitor Server
Cisco Desktop Recroding Server
Directory
TCP 38983
LRM
TCP 65432
Cisco Desktop Administrator
Enterprise
TCP 59004
Directory
TCP 38983
TAI
TCP 59010
Sync
TCP 59011
TrueUpdate
TCP 8088
GED-188
A 面:
TCP 42027
B 面:
TCP 43027
CTI Server
コール イベント
MSSQL
TCP 1433
Cisco ICM Logger
エージェント、チーム、およびスキル ルックアップ
Cisco Desktop VoIP Monitor Server
プライマリ サーバ
TCP 59002
Cisco Agent Desktop
Cisco Supervisor Desktop
IP Discovery
TCP 37606
MSSQL
TCP 1433
Cisco CallManager
Phone MAC アドレス ルックアップ
Cisco Desktop Recording Server
プライマリ サーバ
TCP 59005
Cisco Agent Desktop
Cisco Supervisor Desktop
IP Discovery
TCP 59027
RTP
UDP 59500 ~ 59700
Cisco Desktop VoIP Monitor Server
CAD Media Termination(Softphone)
SCCP(Skinny)
TCP 2000
Cisco CallManager
コール制御
RTP
UDP 16384 ~ 32767
IP Phones、VoIP ゲートウェイ、その他
メディア

Cisco Remote Monitoring Suite(RMS)のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:RMS 2.0(0)

 

表3 Cisco Remote Monitoring Suite(RMS)のポート使用状況

プロトコル
リモート ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
Listener
RPC、NetBIOS、SMB、Named Pipes
TCP/UDP 135
TCP/UDP 137
TCP 139
UDP 138
TCP/UDP 445
Logger
LGMapper
LGArchiver
Listener(Peer)
「[HOWTO] ファイアウォールで動作するように RPC の動的ポート割り当てを構成する方法」(マイクロソフト サポート技術情報 154596)を参照
EMT
TCP 40012
Listener
AlarmTracker
DCOM/RPC(AlarmTracker Client)
TCP/UDP 135
TCP 1024 ~ 65535
LGMapper
RPC について、およびファイアウォールで動作するように DCOM を構成する方法については、「Using Distributed COM with
Firewalls」のホワイト ペーパーを参照(URL は下記)
http://www.microsoft.com/com/wpaper/dcomfw.asp
DCOM/RPC(AlarmTracker Client Tools)
TCP/UDP 135
TCP 1024 ~ 65535
LGArchiver
SDDSN
SDDSN Phone Home
TCP 40080
サードパーティ
(ISN 等)
RPC、NetBIOS、SMB
TCP/UDP 135
TCP/UDP 137
TCP 139
UDP 138
TCP/UDP 445
Listener
SDDSN Server <-> Listener

Cisco E-Mail Manager のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン: CEM 4.0.x、5.0(0)

 

表4 Cisco E-Mail Manager のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート デバイス宛先ポート
リモート デバイス
Tserver
TCP 1116
Rserver
Tserver
TCP 1116
UIserver
Tserver
TCP 1116
CIR
Tserver
TCP 1116
LAMBDA
Tserver
TCP 1099
RMI
Tserver
TCP 1433
SQL Server
Tserver
TCP 1521
Oracle
Tserver
TCP 1600
MR PIM
Tserver
TCP 1099
CMS Jserver
Tserver
TCP 42027
CTI Server
Tserver
TCP 25
SMTP

 

InBasket
TCP 3000
Tserver
InBasket
TCP 1201
Rserver
InBasket
TCP 100
POP3 サーバ

 

Rserver
TCP 8088
ブラウザ
Rserver
TCP 11239
InBasket

 

UIserver
TCP 80
ブラウザ
UIserver
TCP 5000
Tserver
UI イベント ポート
UIserver
TCP 5831
ブラウザ
XML Long Poll Port
UIserver
TCP 1441
XML TCP ポート

 

Lambda
TCP 1433
SQL Server
Lambda
TCP 1521
Oracle

 

CIR
TCP 1433
SQL Server
CIR
TCP 1521
Oracle

 

Spell Engine
TCP 8600
ブラウザ
Report Engine
TCP 2021
ARM
TCP 42027
CTI Server
MR
TCP 2000
ICM

Cisco Collaboration Server のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:CCS 4.0 ~ 5.0(0)

 

表5 Cisco Collaboration Server のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
HTTP
TCP 80
クライアント PC
HTTPS
TCP 433
クライアント PC
CAPI
TCP 2210
クライアント PC
RMI レジストリ
TCP 1099
CMB または CCS
RMI 通信
CMB
任意を使用可
RMI 通信
DCA
任意を使用可
MSSQL
TCP 1433
MS SQL データベース サーバ
Oracle SQL
TCP 1521
Oracle 8i データベース サーバ
ARM
TCP 42027
CTI Server
MR
TCP 2000
ICM

Cisco Media Blender のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:CMB 4.x、5.0(0)

 

表6 Cisco Media Blender のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート
デバイス
HTTP
TCP 80
HTTPS
TCP 433
RMI レジストリ
TCP 1099
CCS
設定不可(Webapps UI と DCA の間で内部通信にも使用される)
RMI 通信
CCS
ポートごとに設定可能。RMI レジストリを含む他のサービスにより使用されていないこと
ARM
TCP 42027
CTI Server
MR
TCP 2000
ICM
ACD
ACD に依存
使用する ACD モデルによっては設定可能

Dynamic Content Adapter のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:DCA 2.x

 

表7 Dynamic Content Adapter のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
HTTP
TCP 80
クライアント PC
HTTPS
TCP 433
クライアント PC
RMI レジストリ
TCP 1099
CCS
設定不可(Webapps UI と DCA の間で内部通信にも使用される)
RMI 通信
CCS
任意を使用可。
デフォルトでは DCA が CCS への接続を開始するが、どちらの方向にも設定可能
HTTP
TCP 80
Web サーバ
要求により任意。DCA が Web コンテンツをプロキシ処理し、要求に応じて任意のリモート ポートに転送
HTTPS
TCP 433
Web サーバ

Cisco Internet Service Node のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:ISN 2.x

 

表8 Cisco Internet Service Node のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
Telnet
TCP 23
Telnet クライアント
デフォルトでオン(MCS)
VNC HTTP helper
TCP 580x
リモート制御
VNC ディスプレイ
TCP 690x
Virtual Network Computer ディスプレイ
リモート制御
Entercept HID Agent
TCP 5000
ホスト侵入検知コンソール
LDAP
TCP 8404
CallManager の DC Directory(DCD)
SVCHOST
TCP 135
TCP 135
Windows Service Loader
NETBIOS-SSN
TCP 139
TCP 139
NETBIOS セッション サービス
SMB
TCP 445
TCP 445
Microsoft CIFS
TCP 1039
TCP 1039
Windows タスク スケジューラ
RMI
TCP 1099
TCP 1099
RMI サービス
H.323 RAS
TCP 1719
Gatekeeper RAS
3.3.(X) 以前の CallManager と Cisco Conference Connection
H.323 RAS
TCP 1024 ~ 4999
TCP 1719
Gatekeeper RAS
CallManager 3.3
H.323 H.245
TCP 11000 ~ 11999
IOS H.323 ゲートウェイ
HTTP
TCP 8000
ISN Application Server と ISN Voice Browser の間での VXML セッション
HTTP
TCP 8001
ブラウザ
ISN Diagnostics
Apache Java Connector プロトコル
TCP 8007
ISN Application Server と ISN Voice Browser の間での VXML セッション
Tomcat と Apache の間の通信
LDAP
TCP 8404
RTP
UDP 16384 ~ 32767
UDP
16384 ~
32767
Voice Media
IPCC Enterprise VRU CTI
(ICM/IVR メッセージ インターフェイス)
TCP 5000
ISN Application Sever と IPCC Enterprise/ICM VRU PG との間
ポート番号は設定可能
ISN Alarm Forwarder
TCP 8163
ISN Application Server と ISN Voice Browser との間
ISN Application Server のアラームを受信する専用プロトコル
ICM Standalone Distributed Diagnostics Service Node(SDDSN)
TCP 40080
ISN Application Server と ISN Voice Browser との間
SDDSN へ ISN アラームを送信する専用プロトコル

Cisco IP IVR のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:IP IVR 3.x

 

表9 Cisco IP IVR のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
Telnet
TCP 23
Telnet クライアント
デフォルトでオン
MS ターミナル サービス
TCP 3389
Windows ターミナル サービス
VNC HTTP Helper
TCP 580x
リモート制御
VNC ディスプレイ
TCP 690x
Virtual Network Computer ディスプレイ
リモート制御
Entercept HID Agent
TCP 5000
ホスト侵入検知コンソール
SMTP
TCP 25
電子メール POP サーバ
電子メール通知
HTTP
TCP 80
Administrator Web ブラウザ
システム メンテナンスのために必須
LDAP
TCP 8404
CallManager の DC Directory(DCD)
SVCHOST
TCP 135
TCP 135
Windows Service Loader
NETBIOS-SSN
TCP 139
TCP 139
NETBIOS セッション サービス
HTTPS/SSL
TCP 433
SMB
TCP 445
TCP 445
Microsoft CIFS
TCP 789
TCP 789
WFEngineService プロセス
TCP 1039
TCP 1039
Windows タスク スケジューラ
MS SQL
TCP 1042
TCP 1042
SQL Server プロセス
RMI
TCP 1099
TCP 1099
RMI サービス
JDBC/SQL
TCP 1433
TCP 1433
CTI/QBE
TCP 2748
CallManager
JTAPI
HTTP
TCP 8080
TCP 8080
ユーザ Web ブラウザ/Web サーバ
HTTP Trigger/HTTP ステップ
RTP
UDP 16384 ~32767
UDP16384 ~32767
Voice Media
IPCC Enterprise VRU CTI(ICM/IVR メッセージ インターフェイス)
TCP 5000
IPCC Enterprise VRU PG
ポート番号は設定可能
Nuance
Nuance Proprietary
TCP/UDP
TCP/UDP
Nuance Rec Client
固定ポート番号の割り当てなし。実行時に OS ソケット インターフェイスが取得する最初の使用可能ポートを使用
Telnet
TCP 7823
UDP 7823
TCP 7823
UDP 7823
Nuance Watcher Daemon
IP-IVR メイン サーバと、ASR/TTS GFS サーバの両方で実行可能。このポートは、Nuance ASR と Nuance TTS サブシステムの両方のネットワーク監視コンポーネントで使用
HTTP
TCP 7080
UDP 7080
TCP 7080
UDP 7080
Nuance Watcher Daemon
このポートは、Web ブラウザから明示的に Watcher Daemon を監視したい場合にだけ使用
SNMP
TCP 7161
UDP 7161
TCP 7161
UDP 7161
Nuance Watcher Daemon
現在は未使用
Nuance Proprietary
UPD 8470
Nuance License Manager
IP-IVR メイン サーバ上でだけ実行
Nuance Proprietary
UPD 7777
Nuance Resource Manager
Nuance Proprietary
TCP 8200
TCP 8200
Nuance Recognition Server
IP-IVR メイン サーバと、ASR GFS サーバの両方で実行可能
Nuance Proprietary
TCP 10101+
TCP 10101+
Nuance Compilation Server
構成する Compilation Server(ASR Language)を 1 つ追加するごとに 1 ずつ増分するよう設定
Nuance Proprietary
TCP 32323+
TCP 32323+
Nuance Vocalizer 1.0/3.0 Server
構成する TTS サーバを 1 つ追加するごとに 1 ずつ増分するよう設定

Cisco IPCC Express のポート使用状況

適用対象の製品リビジョン:IPCC Express 3.x

表10 Cisco IPCC Express のポート使用状況

プロトコル
リモート
ソース ポート
宛先ポート
ソース ポート
リモート
デバイス
宛先ポート
リモート デバイス
Telnet
TCP 23
Telnet クライアント
デフォルトでオン
MS ターミナル サービス
TCP 3389
Windows ターミナル サービス
VNC HTTP Helper
TCP 580x
リモート制御
VNC ディスプレイ
TCP 690x
Virtual Network Computer ディスプレイ
リモート制御
Entercept HID Agent
TCP 5000
ホスト侵入検知コンソール
SMTP
TCP 25
電子メール POP サーバ
電子メール通知
HTTP
TCP 80
Administrator/Agent/Supervisor Web ブラウザ
システム メンテナンスのために必須
LDAP
TCP 8404
CallManager の DC Directory(DCD)
SVCHOST
TCP 135
TCP 135
Windows Service Loader
NETBIOS-SSN
TCP 139
TCP 139
NETBIOS セッション サービス
HTTPS/SSL
TCP 433
SMB
TCP 445
TCP 445
Microsoft CIFS
TCP 789
TCP 789
WFEngineService
プロセス
TCP 1039
TCP 1039
Windows タスク
スケジューラ
MS SQL
TCP 1042
TCP 1042
SQL Server プロセス
RMI
TCP 1099
TCP 1099
RMI サーバ
JDBC/SQL
TCP 1433
TCP 1433
CTI/QBE
TCP 2748
CallManager
JTAPI
HTTP
TCP 6293
Phone Agent、ユーザ Web ブラウザ
Phone ディスプレイを介した Cisco Agent Desktop エージェントのログインは、IPCC Express 上の HTTP Trigger にリンクする IP Phone サービス
RTP
UDP 16384 ~ 32767
UDP 16384 ~ 32767
Voice Media
IPCC Express CTI(CTI Server メッセージ インターフェイスのサブセット)
TCP 42027
Cisco Agent Desktop(CAD)
ポート番号は設定可能
SCCP
TCP 2000
CallManager
CallManager との通信に、電話で使用(メディアの停止とハードフォン)
Cisco Agent Desktop
チャット
TCP 59020
Cisco Desktop チャット サービス
Cisco Supervisor Desktop
チャット
TCP 59021
Cisco Desktop チャット サービス
RTP Streams
UDP 59010 ~ 59012
Cisco Desktop VoIP Monitor サービス
Cisco Desktop VoIP Monitor サービス
プライマリ サーバ ポート
TCP 59002
Cisco Desktop RASCAL Service、Cisco Supervisor Desktop
IP Discovery ポート
TCP 37606
Cisco Desktop RASCAL Service、Cisco Supervisor Desktop
Cisco Desktop チャット サービス
プライマリ サーバ ポート
TCP 59000
Cisco Desktop RASCAL Service、Cisco Supervisor Desktop、Cisco Desktop TAI Service
IP Discovery ポート
TCP 37350
Cisco Desktop RASCAL Service、Cisco Supervisor Desktop、Cisco Desktop TAI Service
Cisco Desktop Rascal Service
プライマリ サーバ ポート
TCP 59003
Cisco Agent Desktop、Cisco Supervisor Desktop
RTP Streams
UDP 59100 ~ 59169
Cisco Desktop VoIP Monitor サービス
Cisco Desktop TAI Service
TCP 59010
Cisco Desktop Administrator
Cisco Desktop Enterprise Service
TCP 59004
Cisco Desktop Administrator、
Cisco Agent Desktop、Cisco Desktop TAI Service
Cisco Desktop Sync Service
TCP 59011
Cisco Desktop Administrator
RPC、NetBIOS、SMB
UDP 135 ~ 139
UDP 445
TCP 135 ~ 139
TCP 445
Cisco Agent Desktop、Cisco Supervisor Desktop、Cisco Desktop Administrator、IPCC Express Server
CAD server Licensing Shared Network Drive
Nuance
Nuance Proprietary
TCP/UDP
TCP/UDP
Nuance Recognition Client
固定ポート番号の割り当てなし。実行時に OS ソケット インターフェイスが取得する最初の使用可能ポートを使用
Telnet
TCP 7823
UDP 7823
TCP 7823
UDP 7823
Nuance Watcher Daemon
IPCC Express メイン サーバと、ASR/TTS GFS サーバの両方で実行可能。このポートは、Nuance ASR と Nuance TTS サブシステムの両方のネットワーク監視コンポーネントで使用
HTTP
TCP 7080
UDP 7080
TCP 7080
UDP 7080
Nuance Watcher Daemon
このポートは、Web ブラウザから明示的に Watcher Daemon を監視したい場合にだけ使用
SNMP
TCP 7161
UDP 7161
TCP 7161
UDP 7161
Nuance Watcher Daemon
現在は未使用
Nuance Proprietary
UDP 8470
Nuance License Manager
IPCC Express メイン サーバ上でだけ実行
Nuance Proprietary
UDP 7777
Nuance Resource Manager
IPCC Express メイン サーバ上でだけ実行
Nuance Proprietary
TCP 8200
TCP 8200
Nuance Recognition Server
IPCC Express メイン サーバと、ASR GFS サーバの両方で実行可能
Nuance Proprietary
TCP 10101+
TCP 10101+
Nuance Compiliation Server
構成する Compilation Server(ASR Language)を 1 つ追加するごとに 1 ずつ増分するよう設定
Nuance Proprietary
TCP 32323+
TCP 32323+
Nuance Vocalizer 1.0/3.0 Server
構成する TTS サーバを 1 つ追加するごとに 1 ずつ増分するよう設定

付録:ポート使用状況の図とプロトコル別インスタンス詳細

この付録では、以下の製品について、インスタンス番号ごとのポート割り当てに関する詳細な情報を示します。

ICM/IPCC 6.0(0)

CTI OS 6.0(0)

図1 ポート割り当て図の凡例

 

図2 インスタンス番号ごとの DMP ポート割り当て

 

図3 CTI と クライアント AW との通信:インスタンス番号ごとのポート割り当て

 

図4 Distributor から Logger および Router への通信:インスタンス番号ごとのポート割り当て