Configuration Manager
Configuration Manager

Configuration Manager

ほとんどの Packaged CCE 設定は、Unified CCE Web Administration ガジェットで実行します。 レガシー Configuration Manager ツールセットで実行される設定は限られています。 このセクションは、Configuration Manager のツールを示し、Packaged CCE に対してこれらのツールにアクセスする方法とその理由について説明します。

メディア ルーティング ドメインの一覧

マルチチャネル ルーティングを使用する場合は、それらに 1 つまたは複数のメディア ルーティング ドメイン(MRD)を設定する必要があります。 システムでは MRD を使用して、異なるメディアからの要求がどのようにエージェントにルーティングされるかが整理されます。 Configuration Manager で MRD を追加した後は、それらの MRD が Dialed Number ツールの [メディア ルーティング ドメインを選択(Select Media Routing Domain)] ポップアップ ウィンドウに入力されます。 MRD がすでに設定されている場合、このツールにアクセスして [キュー内の最大時間(Max time in queue)] や [サービス レベルのしきい値(Service Level Threshold)] などの設定を変更することも必要です。

手順
    ステップ 1   Configuration Manager を起動し、[ツール(Tools)] > [一覧ツール(List Tools)] > [メディア ルーティング ドメインの一覧(Media Routing Domain List)] に移動します。
    ステップ 2   [取得(Retrieve)] をクリックします。 デフォルトでは、[Cisco_Voice] が設定されます。
    ステップ 3   [追加(Add)] をクリックします。
    ステップ 4   MRD の名前を入力します。
    ステップ 5   [メディア クラス(Media Class)] ドロップダウン メニューから、MRD の目的に応じて CIM_BC、CIM_WIM、または CIM_EIM のいずれかのメディア クラス(または、追加した場合はカスタム メディア クラス)を選択します。 通常は、メディア クラスごとに 1 つ以上の MRD を設定します。
    (注)     

    サービス レベルしきい値はスキル グループの設定に使用されるシステム デフォルトです。

    ステップ 6   必須フィールドに入力します。 フィールドの説明については、[メディア ルーティング ドメインの一覧(Media Routing Domain List)] のオンライン ヘルプを参照してください。
    ステップ 7   設定を保存します。

    永続的な削除

    一部のオブジェクトは、Unified CCE Administration で「削除済みにマーク」のみにされています。 それらのオブジェクトは、報告およびレコード保持の目的で、システムに残っています。 完全に削除するには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   Configuration Manager を開きます。
      ステップ 2   [ツール(Tools)] > [その他のツール(Miscellaneous Tools)] > [削除するオブジェクト(Deleted Objects)] を選択します。
      ステップ 3   削除するオブジェクトのテーブル名をクリックします。 このアクションによって、そのテーブルで削除のマークが付けられたすべてのレコードを表示するパネルが開きます。
      ステップ 4   1 つ、数個、またはすべてのレコードを選択します。
      ステップ 5   [完全に削除(Delete Permanently)] をクリックします。