Cisco Packaged Contact Center Enterprise インストレーション/アップグレード ガイド、リリース 10.0(1)
Unified Customer Voice Portal
Unified Customer Voice Portal

Unified Customer Voice Portal

この章では、A 側と B 側に Cisco Unified CVP コールおよび OAMP サーバを設定するために実行する必要がある手順について説明します。

Unified CVP のネットワーク カードの検証

すべての CVP サーバについて、これを実行します。

手順
    ステップ 1   [スタート(Start)] を選択し、[ネットワーク(Network)] を右クリックします。
    ステップ 2   [プロパティ(Properties)] を選択します。 次に、[アダプタの設定の変更(Change Adapter Settings)] を選択します。
    ステップ 3   [ローカル エリア接続(Local Area Connection)] を右クリックして、[プロパティ(Properties)] を選択します。
    ステップ 4   [インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)(Internet Protocol Version 6 (TCP/IPV6))] をオフにします。
    ステップ 5   [インターネット プロトコル バージョン 4(Internet Protocol Version 4)] をオンにして、[プロパティ(Properties)] を選択します。
    ステップ 6   テンプレートのビジブル IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ、および優先 DNS サーバおよび代替 DNS サーバのデータを確認します。
    ステップ 7   [OK] をクリックします。

    Unified CVP コール サーバの設定

    Unified CVP サーバ上でコール サーバ コンポーネントを設定するには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   Unified CVP OAMP サーバで、[スタート(Start)] > [すべてのプログラム(All Programs)] > [Cisco Unified Customer Voice Portal] に進みます。
      ステップ 2   [Operations Console] をクリックして、ログインします。
      ステップ 3   [デバイス管理(Device Management)] > [Unified CVP Call Server] に移動します。
      ステップ 4   [新規追加(Add New)] をクリックします。
      ステップ 5   [一般(General)] タブで、Cisco Unified CVP サーバの IP アドレスとホスト名を入力します。 [ICM]、[IVR]、および [SIP] をオンにします。 [次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 6   [SIP] タブをクリックします。
      1. [アウトバウンド プロキシを有効にする(Enable outbound proxy)] フィールドで、[いいえ(No)] を選択します。
      2. [DNS SRV タイプ クエリーの使用(Use DNS SRV type query)] フィールドで、[はい(Yes)] を選択します。
      3. [SRV レコードをローカルに解決(Resolve SRV records locally)] をオンにします。
      ステップ 7   (任意)[インフラストラクチャ(Infrastructure)] タブをクリックします。 [Syslog 設定(Configuration Syslog Settings)] ペインで、次のようにフィールドを設定します。
      1. syslog サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
      2. syslog サーバのポート番号として 514 を入力します。
      3. レポーティング サーバがログ メッセージを書き込むバックアップ サーバの名前を入力します。
      4. [バックアップ サーバ ポート番号(Backup server port number)] フィールドに、バックアップ syslog サーバのポート番号を入力します。
      ステップ 8   [保存して展開(Save & Deploy)] をクリックします。
      ステップ 9   次の 3 つの Unified CVP サーバについて、この手順を繰り返します。

      Unified CVP VXML サーバの設定

      Cisco Unified CVP サーバ上で VXML サーバ コンポーネントを設定するには、次の手順を実行します。
      手順
        ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[デバイス管理(Device Management)] > [Unified CVP VXML Server] に移動します。
        ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
        ステップ 3   [一般(General)] タブで、Cisco Unified CVP サーバの IP アドレスとホスト名を入力します。
        ステップ 4   プライマリとバックアップの CVP コール サーバを次のように設定します。
        1. CVP-1A の場合、プライマリ コール サーバは CVP-1A、バックアップ コール サーバは CVP-1B です。
        2. CVP-2A の場合、プライマリ コール サーバは CVP-2A、バックアップ コール サーバは CVP-2B です。
        3. CVP-1B の場合、プライマリ コール サーバは CVP-1B、バックアップ コール サーバは CVP-1A です。
        4. CVP-2B の場合、プライマリ コール サーバは CVP-2B、バックアップ コール サーバは CVP-2A です。
        ステップ 5   [保存して展開(Save & Deploy)] をクリックします。
        ステップ 6   すべての CVP サーバについて、この手順を繰り返します。

        ゲートウェイの設定

        手順
          ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[デバイス管理(Device Management)] > [ゲートウェイ(Gateway)] に移動します。
          ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
          ステップ 3   [一般(General)] タブで、次のように設定します。
          1. IP アドレスを入力します。
          2. ホスト名を入力します。
          3. デバイス タイプを選択します。
          4. [ユーザ名とパスワード(Username and Passwords)] ペインに、ユーザ名とパスワードを入力し、パスワードを有効にします。
          ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。
          ステップ 5   すべてのゲートウェイに対して繰り返し行ってください。

          Unified CVP Media Server の設定

          手順
            ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[デバイス管理(Device Management)] > [メディア サーバ(Media Server)] に移動します。
            ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
            ステップ 3   [一般(General)] タブで、Unified CVP サーバの IP アドレスとホスト名を入力します。
            ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。
            ステップ 5   すべての CVP サーバに対してステップ 1 ~ 4 を繰り返します。
            ステップ 6   [デフォルト メディア サーバ(Default Media Server)] を [なし(None)] からいずれかの Unified CVP サーバに変更します。 [設定(Set)] をクリックします。
            ステップ 7   [展開(Deploy)] をクリックします。

            スクリプトおよびメディア ファイルの転送

            通知先を作成し、すべての Unified CVP デバイスに展開します。
            手順
              ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ファイル転送(File Transfer)] > [スクリプト & メディア(Scripts & Media)] に移動します。
              ステップ 2   [デバイス タイプの選択(Select device type)] フィールドで、[ゲートウェイ(Gateway)] を選択します。
              ステップ 3   すべてのゲートウェイを [選択済み(Selected)] に移動します。
              ステップ 4   [デフォルト ゲートウェイ(Default Gateway)] のファイルをクリックします。
              ステップ 5   [転送(Transfer)] をクリックし、ポップアップ ウィンドウで [OK] を選択します。
              ステップ 6   [ファイル転送ステータス(File Transfer Status)] をクリックして転送の進捗状況をモニタします。

              ライセンス ファイルの転送

              手順
                ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ファイル転送(File Transfer)] > [ライセンス(Licenses)] に移動します。
                ステップ 2   [参照(Browse)] をクリックして、アップロードするライセンス ファイルを選択します。
                ステップ 3   [転送(Transfer)] をクリックします。 次に、確認のメッセージで [OK] をクリックします。
                ステップ 4   [ファイル転送ステータス(File Transfer Status)] をクリックします。
                ステップ 5   各ファイル転送の [ステータス(Status)] 列に [成功(Success)] と表示されていることを確認します。
                ステップ 6   [システム(System)] > [コントロール センター(Control Center)] に移動します。
                ステップ 7   正常にシャットダウンしてから、リストの各コール サーバを起動します。

                これによって、新しいラインセンスが有効になります。


                SNMP の設定


                (注)  


                この手順は任意です。 詳細については、簡易ネットワーク管理プロトコルを参照してください。


                手順
                  ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[SNMP] > [V1/V2c] > [コミュニティ ストリング(Community String)] に移動します。
                  ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
                  1. コミュニティ ストリングに名前を付けます。
                  2. [デバイス(Devices)] タブを選択し、SNMP コミュニティ ストリングをデバイスに割り当てます。
                  3. [保存して展開(Save and Deploy)] をクリックします。
                  ステップ 3   通知先を作成し、すべての Unified CVP デバイスに展開します。
                  1. [SNMP] > [V1/V2c] > [通知の送信先(Notification Destination)] に移動します。
                  2. フィールドに入力します。
                  3. [デバイス(Devices)] タブを選択し、SNMP 通知先をデバイスに割り当てます。
                  4. [保存して展開(Save and Deploy)] をクリックします。

                  SIP サーバ グループの設定

                  SIP サーバ グループは、Cisco Unified Communications Manager およびゲートウェイで必要となります。

                  手順
                    ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[システム(System)] > [SIP サーバ グループ(SIP Server Group)] に移動します。
                    ステップ 2   Cisco Unified Communications Manager デバイス用のサーバ グループを作成します。
                    1. [一般(General)] タブで、[新規追加(Add New)] をクリックします。
                    2. [SRV ドメイン名 FQDN(SRV Domain Name FQDN)] フィールドに、Communications Manager のエンタープライズ パラメータの Cluster FQDN 設定でも使用される値を入力します。 たとえば、cucm.cisco.com のようになります。
                    3. [IP アドレス/ホスト名(IP Address/Hostname)] フィールドに、Unified Communications Manager ノードの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
                    4. [追加(Add)] をクリックします。
                    5. Unified Communications Manager サブスクライバごとにステップ c と d を繰り返します。 [保存(Save)] をクリックします。
                      (注)     

                      サーバ グループにパブリッシャ ノードを挿入しないでください。

                      Communications Manager から SCC モデルの CVP に作成された直接 SIP トランクがないので、SCC の展開には Communications Manager の SIP サーバ グループは必要ありません。

                    FQDN は、Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ パラメータに設定される Cluster FQDN 設定に設定された FQDN に一致する必要があります。 完全修飾ドメイン名の設定を参照してください。

                    ステップ 3   ゲートウェイ デバイス用にサーバ グループを作成します。
                    1. [一般(General)] タブで、[新規追加(Add New)] をクリックします。
                    2. [SRV ドメイン名 SQDN(SRV Domain Name FQDN)] フィールドに、SRV ドメイン名の FQDN を入力します。 たとえば、vxmlgw.cisco.com のようになります。
                    3. [IP アドレス/ホスト名(IP Address/Hostname)] フィールドに、各ゲートウェイの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
                    4. [追加(Add)] をクリックします。
                    5. ゲートウェイに対してステップ c と d を繰り返します。 [保存(Save)] をクリックします。

                      展開と分岐に応じてすべての VXML ゲートウェイを追加します。 すべての VXML ゲートウェイをサーバ グループに追加すると、すべてのメンバ サーバ グループ ゲートウェイに対してコールのロード バランスが行われます。

                    ステップ 4   これらのサーバ グループをすべての Unified CVP コール サーバに関連付けます。
                    1. [コール サーバの展開(Call Server Deployment)] タブで、すべての Unified CVP コール サーバを [使用可能(Available)] リストから [選択済み(Selected)] リストに移動します。
                    2. [保存して展開(Save and Deploy)] をクリックします。

                    ダイヤル番号パターンの設定

                    ダイヤル番号パターンは、次の場合に必要です。
                    • エージェント デバイス
                    • ネットワーク VRU
                    • 呼出音
                    • エラー
                    手順
                      ステップ 1   Unified CVP Operations Console で、[システム(System)] > [ダイヤル番号パターン(Dialed Number Pattern)] に移動します。
                      ステップ 2   次の表のダイヤル番号パターンごとに、次の手順を実行します。
                      1. [新規追加(Add New)] をクリックします。
                      2. [ダイヤル番号パターン(Dialed Number Pattern)] フィールドに、ダイヤル番号パターンを入力します。
                      3. [説明(Description)] フィールドに、ダイヤル番号パターンの説明を入力します。
                      4. [ダイヤル番号パターンのタイプ(Dialed Number Pattern Types)] ペインで、指定したダイヤル番号パターンのタイプを確認します。
                      5. [保存(Save)] をクリックします。
                      ステップ 3   すべてのダイヤル番号パターンを設定した後、[展開(Deploy)] をクリックします。
                      ステップ 4   [展開ステータス(Deployment Status)] をクリックして、設定が適用されていることを確認します。

                      ダイヤル番号パターン

                      説明

                      ダイヤル番号パターンのタイプ

                      91*

                      呼出音

                      [ローカル スタティック ルートを有効にする(Enable Local Static Route)] をオンにします。

                      SIP サーバ グループ、および IP アドレス/ホスト名/サーバ グループ名へのルートは、いずれも VXML ゲートウェイです(たとえば、vxmlgw.cisco.com)。

                      [発信元へのコールの送信を有効にする(Enable Send Calls to Originator)] をオンにします。

                      92*

                      エラー

                      [ローカル スタティック ルートを有効にする(Enable Local Static Route)] をオンにします。

                      SIP サーバ グループ、および IP アドレス/ホスト名/サーバ グループ名へのルートは、いずれも VXML ゲートウェイです(たとえば、vxmlgw.cisco.com)。

                      [発信元へのコールの送信を有効にする(Enable Send Calls to Originator)] をオンにします。

                      エージェント拡張パターン。 たとえば、エージェント内線の範囲が 5001 ~ 500999 の場合は 500* と入力します。

                      エージェント デバイス。 SCC の配置モデルには適用されません。

                      [ローカル スタティック ルートを有効にする(Enable Local Static Route)] をオンにします。

                      SIP サーバ グループ、および IP アドレス/ホスト名/サーバ グループ名へのルートは、いずれも Unified Communications Manager ゲートウェイです。

                      [Enable RNA Timeout for Outbound Calls] をオンにします。 タイムアウトは 15 秒です。

                      777*

                      ネットワーク VRU ラベル

                      [ローカル スタティック ルートを有効にする(Enable Local Static Route)] をオンにします。

                      SIP サーバ グループ、および IP アドレス/ホスト名/サーバ グループ名へのルートは、いずれも VXML ゲートウェイです(たとえば、vxmlgw.cisco.com)。

                      [発信元へのコールの送信を有効にする(Enable Send Calls to Originator)] をオンにします。


                      Location-Based コール アドミッション制御

                      この付録のこのトピックを参照してください:Unified CM サービス設定の設定