Cisco Packaged Contact Center Enterprise インストレーション/アップグレード ガイド、リリース 10.0(1)
Unified CCE コール サーバ
Unified CCE コール サーバ

Unified CCE コール サーバ

この章には、A 側と B 側の Unified CCE コール サーバに対して実行する必要がある設定手順が含まれます。

Unified CCE ルータの設定

手順
    ステップ 1   [Unified CCE Web セットアップ(Unified CCE Web Setup)] を起動します。
    ステップ 2   ローカルの管理者権限を持つドメイン ユーザとしてサインインします。
    ステップ 3   [インスタンス管理(Instance Management)] をクリックし、[追加(Add)] をクリックします。
    ステップ 4   [インスタンスの追加(Add Instance)] ダイアログボックスで、お客様のファシリティとインスタンスを選択します。
    ステップ 5   [インスタンス番号(Instance Number)] フィールドに 0 と入力します。 [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 6   [コンポーネント管理(Component Management)] > [ルータ(Routers)] を選択します。
    ステップ 7   [追加(Add)] をクリックして Call Router をセットアップします。
    ステップ 8   [展開(Deployment)] ページで、該当する側をクリックします。
    ステップ 9   [デュプレックス(Duplexed)] をクリックします。 [次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 10   [ルータ接続(Router Connectivity)] ページで、プライベート インターフェイスとパブリック(表示)インターフェイスを設定します。 [次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 11   [Peripheral Gateway の有効化(Enable Peripheral Gateways)] ページで、[Peripheral Gateway を有効にする(Enable Peripheral Gateways)] フィールドに 1-2 と入力します。 [次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 12   [ルータ オプション(Router Options)] ページで、[Quality of Service(QoS)を有効にする(Enable Quality of Service (QoS))] チェックボックスをオンにし、[次へ(Next)] をクリックします。
    (注)     

    この手順は、A 側のみに適用します。

    ステップ 13   [ルータ QoS(Router Quality of Service)] ウィンドウで、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 14   [サマリー(Summary)] ページで、ルータ サマリーが正しいことを確認し、[完了(Finish)] をクリックします。

    Generic PG の追加

    Generic PG は、最初に追加する PG である必要があります。 PG1 の PG ID が割り当てられます。

    手順
      ステップ 1   [スタート(Start)] > [すべてのプログラム(All Programs)] > [Cisco Unified CCE ツール(Cisco Unified CCE Tools)] > [Peripheral Gateway のセットアップ(Peripheral Gateway Setup)] を選択します。
      ステップ 2   [インスタンス コンポーネント(Instance Components)] ペインで [追加(Add)] をクリックし、[コンポーネントの選択(Component Selection)] ダイアログボックスから [Peripheral Gateway] を選択します。
      ステップ 3   [Peripheral Gateway プロパティ(Peripheral Gateway Properties)] ダイアログボックスで、次を実行します。
      1. [実稼働モード(Production mode)] をオンにします。
      2. [システムの起動時に自動的に起動する(Auto start system startup)] をオンにします。
      3. [デュプレックス Peripheral Gateway(Duplexed Peripheral Gateway)] をオンにします。
      4. [PG ノードのプロパティ ID(PG node Properties ID)] フィールドで、[PG1] を選択します。
      5. 適切な側([A 側(Side A)] または [B 側(Side B)])を選択します。
      6. [クライアント タイプ(Client Type)] ペインで、選択したタイプに [CUCM] および [VRU] を追加したます。
      7. [次へ(Next)] をクリックします。

      PIM1 の追加(CUCM PIM)

      手順
        ステップ 1   [Peripheral Gateway コンポーネント プロパティ(Peripheral Gateway Component Properties)] ダイアログボックスの [ペリフェラル インターフェイス マネージャ(Peripheral Interface Manager)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
        ステップ 2   [CUCM] および [PIM1] を選択します。 [OK] をクリックします。
        ステップ 3   [有効(Enabled)] をオンにします。
        ステップ 4   [Peripheral 名(Peripheral name)] フィールドに CM と入力します。
        ステップ 5   [Peripheral ID] フィールドに 5000 と入力します。
        ステップ 6   [エージェントの内線番号長(Agent extension length)] フィールドに、この展開の内線番号の長さを入力します。
        ステップ 7   [Unified Communications Manager パラメータ(Unified Communications Manager Parameters)] ペインで、次のように設定します。
        1. [サービス(Service)] フィールドに、Unified Communications Manager サブスクライバのホスト名を入力します。
        2. [ユーザ ID(User ID)] フィールドに pguser と入力します。
        3. [ユーザ パスワード(User Password)] フィールドに、Unified Communications Manager に作成するユーザのパスワードを入力します。
        4. [モバイル エージェントのコーデック(Mobile Agent Codec)] フィールドで、[G711 ULAW/ALAW] または [G.729] を選択します。
        ステップ 8   [OK] をクリックします。

        PIM2 の追加(最初の VRU PIM)

        手順
          ステップ 1   [Peripheral Gateway コンポーネント プロパティ(Peripheral Gateway Component Properties)] ダイアログボックスの [ペリフェラル インターフェイス マネージャ(Peripheral Interface Manager)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
          ステップ 2   [VRU のクライアント タイプ(Client Type of VRU)] および [PIM2] を選択します。 [OK] をクリックします。
          ステップ 3   [有効(Enabled)] をオンにします。
          ステップ 4   [Peripheral 名(Peripheral name)] フィールドに CVP1 と入力します。
          ステップ 5   [Peripheral ID] フィールドに 5001 と入力します。
          ステップ 6   [VRU ホスト名(VRU hostname)] フィールドに CVP1(A 側)のホスト名を入力します。
          ステップ 7   [VRU 接続ポート(VRU Connect port)] フィールドに、5000 と入力します。
          ステップ 8   [再接続間隔(秒)(Reconnect interval (sec))] フィールドに、10 と入力します。
          ステップ 9   [ハートビート間隔(秒)(Heartbeat interval (sec))] フィールドに、5 と入力します。
          ステップ 10   [DSCP] フィールドで [CS3(24)] を選択します。
          ステップ 11   [OK] をクリックします。

          PIM3 の追加(2 番目の VRU PIM)

          手順
            ステップ 1   [Peripheral Gateway コンポーネント プロパティ(Peripheral Gateway Component Properties)] ダイアログボックスの [ペリフェラル インターフェイス マネージャ(Peripheral Interface Manager)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
            ステップ 2   [VRU のクライアント タイプ(Client Type of VRU)] および [PIM3] を選択します。 [OK] をクリックします。
            ステップ 3   [有効(Enabled)] をオンにします。
            ステップ 4   [Peripheral 名(Peripheral name)] フィールドに CVP2 と入力します。
            ステップ 5   [Peripheral ID] フィールドに 5002 と入力します。
            ステップ 6   VRU ホスト名に CVP1(B 側)の IP アドレスを入力します。
            ステップ 7   [VRU 接続ポート(VRU Connect port)] フィールドに、5000 と入力します。
            ステップ 8   [再接続間隔(秒)(Reconnect interval (sec))] フィールドに、10 と入力します。
            ステップ 9   [ハートビート間隔(秒)(Heartbeat interval (sec))] フィールドに、5 と入力します。
            ステップ 10   [DSCP] フィールドで [CS3(24)] を選択します。
            ステップ 11   [OK] をクリックします。

            PIM4 の追加(3 番目の VRU PIM)

            手順
              ステップ 1   [Peripheral Gateway コンポーネント プロパティ(Peripheral Gateway Component Properties)] ダイアログボックスの [ペリフェラル インターフェイス マネージャ(Peripheral Interface Manager)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
              ステップ 2   [VRU のクライアント タイプ(Client Type of VRU)] および [PIM4] を選択します。 [OK] をクリックします。
              ステップ 3   [有効(Enabled)] をオンにします。
              ステップ 4   [Peripheral 名(Peripheral name)] フィールドに CVP3 と入力します。
              ステップ 5   [Peripheral ID] フィールドに 5003 と入力します。
              ステップ 6   VRU ホスト名に CVP2(A 側)の IP アドレスを入力します。
              ステップ 7   [VRU 接続ポート(VRU Connect port)] フィールドに、5000 と入力します。
              ステップ 8   [再接続間隔(秒)(Reconnect interval (sec))] フィールドに、10 と入力します。
              ステップ 9   [ハートビート間隔(秒)(Heartbeat interval (sec))] フィールドに、5 と入力します。
              ステップ 10   [DSCP] フィールドで [CS3(24)] を選択します。
              ステップ 11   [OK] をクリックします。

              PIM5 の追加(4 番目の VRU PIM)

              手順
                ステップ 1   [Peripheral Gateway コンポーネント プロパティ(Peripheral Gateway Component Properties)] ダイアログボックスの [ペリフェラル インターフェイス マネージャ(Peripheral Interface Manager)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
                ステップ 2   [VRU のクライアント タイプ(Client Type of VRU)] および [PIM4] を選択します。 [OK] をクリックします。
                ステップ 3   [有効(Enabled)] をオンにします。
                ステップ 4   [Peripheral 名(Peripheral name)] フィールドに CVP4 と入力します。
                ステップ 5   [Peripheral ID] フィールドに 5004 と入力します。
                ステップ 6   VRU ホスト名に CVP2(B 側)の IP アドレスを入力します。
                ステップ 7   [VRU 接続ポート(VRU Connect port)] フィールドに、5000 と入力します。
                ステップ 8   [再接続間隔(秒)(Reconnect interval (sec))] フィールドに、10 と入力します。
                ステップ 9   [ハートビート間隔(秒)(Heartbeat interval (sec))] フィールドに、5 と入力します。
                ステップ 10   [DSCP] フィールドで [CS3(24)] を選択します。
                ステップ 11   [OK] をクリックします。

                PIM の作成後

                [Peripheral Gateway Component Properties] ページでこのタスクを実行します。

                手順
                  ステップ 1   [論理コントローラ ID(Logical Controller ID)] フィールドに 5000 と入力します。
                  ステップ 2   [CTI コール後処理データ遅延(CTI Call Wrapup Data delay)] フィールドに 0 と入力します。
                  ステップ 3   [VRU レポート(VRU Reporting)] ペインで、[サービス制御(Service Control)] をクリックし、[キュー レポート(Queue Reporting)] をオンにします。 [次へ(Next)] をクリックして [デバイス管理プロトコルのプロパティ(Device Management Protocol Properties)] ダイアログボックスを開きます。
                  ステップ 4   [デバイス管理プロトコルのプロパティ(Device Management Protocol Properties)] ダイアログボックスで、すべてのインターフェイス フィールドに値を入力します。
                  1. [A 側を優先(Side A Preferred)] フィールド:
                    • [A 側のプロパティ(Side A Properties)] パネルに、Call Router is local と入力します。
                    • [B 側のプロパティ(Side B Properties)] パネルに、Call Router is remote (WAN) と入力します。
                  2. [B 側を優先(Side B Preferred)] フィールド:
                    • [A 側のプロパティ(Side A Properties)] パネルに、Call Router is remote (WAN) と入力します。
                    • [B 側のプロパティ(Side B Properties)] パネルに、Call Router is local と入力します。
                  3. 両方の場合:
                    • [使用可能な帯域幅(kbps)(Usable Bandwidth (kbps))] フィールドで、デフォルトの値を受け入れます。
                    • [ハートビート間隔(100 ミリ秒)(Heartbeat Interval (100ms))] フィールドで、デフォルトの値を受け入れます。
                  4. [次へ(Next)] をクリックします。
                  ステップ 5   [Peripheral Gateway ネットワーク インターフェイス(Peripheral Gateway Network Interfaces)] ダイアログボックスで、すべてのインターフェイス フィールドに値を入力します。
                  1. プライベート インターフェイスとパブリック(表示)インターフェイスを入力します。
                  2. A 側の表示インターフェイスのセクション内にある [QoS] ボタンをクリックします。 [PG プライベート リンク QoS 設定(PG Private Link QoS Settings)] で、[QoS を有効にする(Enable QoS)] をオンにし、[OK] をクリックします。
                  3. A 側のパブリック インターフェイスのセクション内にある [QoS] ボタンをクリックします。 [PG 表示リンク QoS 設定(PG Visible Link Qos Settings)] で、[QoS を有効にする(Enable QoS)] をオンにし、[OK] をクリックします。
                  4. [次へ(Next)] をクリックします。
                  ステップ 6   [セットアップ情報の確認(Check Setup Information)] ダイアログボックスで、[次へ(Next)] をクリックします。
                  ステップ 7   [セットアップの完了(Setup Complete)] ダイアログボックスで、[完了(Finish)] をクリックします。

                  CTI サーバの設定

                  手順
                    ステップ 1   [スタート(Start)] > [すべてのプログラム(All Programs)] > [Cisco Unified CCE ツール(Cisco Unified CCE Tools)] > [Peripheral Gateway のセットアップ(Peripheral Gateway Setup)] を選択します。
                    ステップ 2   [コンポーネントのセットアップ(Components Setup)] ダイアログボックスの [インスタンス コンポーネント(Instance Components)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。
                    ステップ 3   [コンポーネントの選択(Component Selection)] ダイアログボックスで [CTI サーバ(CTI Server)] をクリックします。
                    1. [実稼働モード(Production mode)] をオンにします。
                    2. [システムの起動時に自動的に起動する(Auto start at system startup)] をオンにします。
                    3. [デュプレックス CTI サーバ(Duplexed CTI Server)] をオンにします。
                    4. [CG ノードのプロパティ(CG node properties)] ペインの [ID] フィールドで、[CG1] を選択します。
                    5. [CG ノードのプロパティ(CG node properties)] の [ICM システム ID(ICM system ID)] フィールドに 1 と入力します。
                    6. 適切な側をクリックします。
                    7. [次へ(Next)] をクリックします。
                    ステップ 4   [サーバ コンポーネントのプロパティ(Server Component Properties)] ダイアログボックスで、次のように設定します。
                    1. A 側については、[クライアント接続ポート番号(Client Connection Port Number)] フィールドに 42027 と入力します。
                    2. B 側については、[クライアント接続ポート番号(Client Connection Port Number)] フィールドに 43027 と入力します。
                    ステップ 5   [次へ(Next)] をクリックします。
                    ステップ 6   [ネットワーク インターフェイスのプロパティ(Network Interface Properties)] ダイアログボックスでは、すべてのインターフェイス フィールドを入力し、[次へ(Next)] をクリックします。
                    ステップ 7   [セットアップ情報の確認(Check Setup Information)] ページで、[次へ(Next)] をクリックします。
                    ステップ 8   [セットアップ完了(Setup Completed)] ダイアログボックスで、[完了(Finish)] をクリックします。
                    ステップ 9   [セットアップを終了する(Exit Setup)] をクリックします。

                    JTAPI のインストール

                    手順
                      ステップ 1   Unified CCE コール サーバのブラウザで Unified Communications Manager を起動し(https://{callmanager-hostname/ccmadmin})、サインインします。
                      ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [プラグイン(Plugins)] に移動します。 [検索(Find)] をクリックします。
                      ステップ 3   Windows 対応の Cisco JTAPI 32-bit Client をダウンロードします。
                      ステップ 4   ダウンロードしたファイルをインストールし、すべてのデフォルト設定を受け入れます。
                      ステップ 5   プロンプトで、Unified Communications Manager TFTP サーバの IP アドレスを入力します。
                      ステップ 6   [終了(Finish)] をクリックします。

                      メディア ルーティング Peripheral Gateway の設定

                      CCE Media Routing Peripheral Gateway をセットアップするには、次の手順を実行します。 MR PG が必要な場合、設定する必要があります。

                      Media Routing Peripheral Gateway は、任意で 2 つの PM(マルチチャネル PIM(PIM1)、およびアウトバウンド PIM(PIM2))を持つことができます。 マルチチャネル PIM は、Unified WIM および Unified EIM または SocialMiner に設定できます。 これらの機能を使用する場合は、これらの PIM を設定できます。


                      (注)  


                      アウトバウンド PIM およびマルチチャネル PIM の追加の手順については、URL http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps12586/​prod_​maintenance_​guides_​list.html の機能ガイドを参照してください。


                      メディア ルーティング PG の追加

                      MR PG は、PG2 の PG ID が割り当てられるようにユーザが追加する 2 番目の PG である必要があります。

                      手順
                        ステップ 1   [スタート(Start)] > [プログラム(Programs)] > [Cisco Unified CCE ツール(Cisco Unified CCE Tools)] > [Peripheral Gateway セットアップ(Peripheral Gateway Setup)] を選択します。
                        ステップ 2   [インスタンス コンポーネント(Instance Components)] ペインで [追加(Add)] をクリックし、[コンポーネントの選択(Component Selection)] ダイアログボックスから [Peripheral Gateway] を選択します。
                        ステップ 3   [Peripheral Gateway プロパティ(Peripheral Gateway Properties)] ダイアログボックスで、次を実行します。
                        1. [実稼働モード(Production Mode)] をオンにします。
                        2. [システムの起動時に自動的に起動する(Auto start system startup)] をオンにします。
                        3. [デュプレックス Peripheral Gateway(Duplexed Peripheral Gateway)] をオンにします。
                        4. [PG ノード プロパティ ID(PG node Properties ID)] フィールドで [PG2] を選択します。
                        5. 適切な側をクリックします。
                        6. [クライアント タイプ(Client Type)] ペインで、選択したタイプに [メディア ルーティング(Media Routing)] を追加したます。
                        7. [次へ(Next)] をクリックします。
                        ステップ 4   [論理コントローラ ID(Logical Controller ID)] フィールドに 5001 と入力します。
                        ステップ 5   [CTI コール後処理データ遅延(CTI Call Wrapup Data delay)] フィールドに 0 と入力します。 [次へ(Next)] をクリックします。
                        ステップ 6   [デバイス管理プロトコルのプロパティ(Device Management Protocol Properties)] ダイアログボックスで、次のように設定します。
                        1. [A 側を優先(Side A Preferred)] フィールド:
                          • [A 側のプロパティ(Side A Properties)] パネルに、Call Router is local と入力します。
                          • [B 側のプロパティ(Side B Properties)] パネルに、Call Router is remote (WAN) と入力します。
                        2. [B 側を優先(Side B Preferred)] フィールド:
                          • [A 側のプロパティ(Side A Properties)] パネルに、Call Router is remote (WAN) と入力します。
                          • [B 側のプロパティ(Side B Properties)] パネルに、Call Router is local と入力します。
                        3. 両方の場合:
                          • [使用可能な帯域幅(kbps)(Usable Bandwidth (kbps))] フィールドで、デフォルトの値を受け入れます。
                          • [ハートビート間隔(100 ms)(Heartbeat Interval (100ms))] フィールドに 4 と入力します。
                        4. [次へ(Next)] をクリックします。
                        ステップ 7   [Peripheral Gateway ネットワーク インターフェイス(Peripheral Gateway Network Interfaces)] ダイアログボックスで、プライベート インターフェイスと表示インターフェイスを入力します。
                        1. プライベート インターフェイスのセクション内にある [QoS] ボタンをクリックします。 [PG プライベート リンク QoS 設定(PG Private Link Qos Settings)] で、チェックボックス [QoS を有効にする(Enable QoS)] をオンにし、[OK] をクリックします。
                        2. 表示インターフェイスのセクション内にある [QoS] ボタンをクリックします。 [PG 表示リンク QoS 設定(PG Visible Link Qos Settings)] で、チェックボックス [QoS を有効にする(Enable QoS)] をオンにし、[OK] をクリックします。
                        3. [次へ(Next)] をクリックします。
                        ステップ 8   [セットアップ情報の確認(Check Setup Information)] ダイアログボックスで、[次へ(Next)] をクリックします。
                        ステップ 9   [セットアップの完了(Setup Complete)] ダイアログボックスで、[完了(Finish)] をクリックします。
                        ステップ 10   [セットアップを終了する(Exit Setup)] をクリックします。

                        CTI OS サーバの設定


                        (注)  


                        お客様がエージェント デスクトップに対して Finesse を使用する場合、この手順は必要ありません。


                        手順
                          ステップ 1   Unified CCE コール サーバのローカル ドライブに CTIOS ISO イメージをマウントするか、CTIOS インストーラをコピーします。
                          ステップ 2   CTIOS のメンテナンス リリースが提供されている場合は、そのメンテナンス リリースを Unified CCE コール サーバのローカル ドライブにコピーします。
                          ステップ 3   CTIOS Server に移動し、setup.exe を実行します。 SNMP サービスが停止され、インストールの完了後に再び起動されることを示す警告に対して [はい(Yes)] をクリックします。
                          ステップ 4   ソフトウェア使用許諾契約に同意します。
                          ステップ 5   最新のメンテナンス リリースがある場合は、その場所を参照します。 [次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 6   [CTI OS インスタンス(CTI OS Instance)] ダイアログボックスで、[CTI OS インスタンス リスト(CTI OS Instance List)] ペインをクリックします。 [CTIOS サーバ インスタンスの追加(Add CTIOS Server Instance)] ウィンドウでは、インスタンス名を入力し、[OK] をクリックします。
                          ステップ 7   [CTI OS サーバ リスト(CTI OS Server List)] ペインで、[追加(Add)] をクリックします。 [OK] をクリックします。
                          ステップ 8   [デスクトップ ドライブの入力(Enter Desktop Drive)] ダイアログボックスで、ドライブ C を選択します。 [OK] をクリックします。
                          ステップ 9   [CTI サーバ名(CTI Server Information)] ダイアログボックスでは、コール サーバのホスト名、A 側のポート(42027)、および B 側のポート(43027)を入力します。 次に、[次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 10   [Peripheral ID(Peripheral Identifier)] ダイアログボックスで、すべてのデフォルトを受け入れ、[次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 11   [接続情報(Connect Information)] ダイアログボックスで、すべてのデフォルトを受け入れ、[次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 12   [統計情報(Statistics Information)] ダイアログボックスで、デフォルトを受け入れ、[次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 13   [IPCC サイレント モニタ タイプ(IPCC Silent Monitor Type)] ダイアログ ボックスで、[サイレント モニタ タイプ(Silent Monitor Type)] を [CCM ベース(CCM Based)] に設定し、[次へ(Next)] をクリックします。
                          ステップ 14   [ピア CTIOS サーバ(Peer CTIOS Server)] ダイアログボックスで、次のように設定します。
                          1. [デュプレックス CTIOS インストール(Duplex CTIOS Install)] をオンにします。
                          2. A 側を設定している場合、ピア CTI OS サーバをコール サーバの A 側のホスト名に設定します。 B 側を設定している場合、ピア CTI OS サーバをコール サーバの B 側のホスト名に設定します。
                          3. [ポート(Port)] フィールドに、42028 と入力します。
                          ステップ 15   [終了(Finish)] をクリックします。
                          ステップ 16   [Cisco CTIOS サーバ セキュリティ(Cisco CTIOS Server Security)] ダイアログボックスで、[セキュリティを有効にする(Enable Security)] をオフにします。 [OK] をクリックします。
                          ステップ 17   [CTI OS セキュリティ セットアップの完了(CTI OS Security Setup Complete)] ダイアログボックスで、[完了(Finish)] をクリックします。
                          ステップ 18   コンピュータを再起動することを要求するプロンプトが表示されたら、[はい(Yes)] をクリックします。 メンテナンス リリースが存在する場合は、そのインストールが自動的に開始されます。
                          ステップ 19   メンテナンス リリースが存在する場合は、すべての指示に従ってメンテナンス リリースをイストールします。
                          ステップ 20   メンテナンス リリースのインストールが完了したら、[完了(Finish)] をクリックし、指示に従って再起動します。
                          ステップ 21   レジストリ エディタにアクセスします([スタート(Start)] > [ファイル名を指定して実行(Run)] > regedit)。
                          ステップ 22   [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,Inc.\Ctios\CTIOS_<instance name>\CTIOS1\Server\Agent] に移動します。
                          ステップ 23   [forceLogoutOnSessionClose] 1 に設定します。