Cisco Unified Customer Voice Portal Reporting Server
Cisco Unified Customer Voice Portal Reporting Server

Cisco Unified Customer Voice Portal Reporting Server

この章には、Unified Voice Portal Reporting Server を設定するために実行する必要がある設定手順が含まれます。

Courtesy Callback を使用し、Unified CVP IVR コールバック アプリケーション レポートを実行するカスタマーには、Unified CVP Reporting VM が必要です。

CVP OAMP での CVP Reporting Server の設定

手順
    ステップ 1   Unified CVP OAMP サーバで、[スタート(Start)] > [プログラム(Programs)] > [Cisco Unified Customer Voice Portal] > [Operations Console] に進みます。
    ステップ 2   [Operations Console] ページが開いたら、ログインします。
    ステップ 3   [デバイス管理(Device Management)] > [Unified CVP Reporting Server] に進みます。
    ステップ 4   [新規追加(Add New)] をクリックします。
    ステップ 5   Reporting Server の IP アドレスとホスト名を入力します。
    ステップ 6   すべての Unified CVP コール サーバを [使用可能(Available)] から [選択済み(Selected)] に移動します。
    ステップ 7   [保存して展開(Save and Deploy)] をクリックします。

    Unified CVP レポーティング ユーザ

    LDAP ユーザ用の Active Directory サーバのセットアップ

    Unified CVP レポーティング ユーザが自分のドメイン内で定義されているユーザ名とパスワードで Unified Intelligence Center レポーティング アプリケーションにログインできるように、管理コンソールで [Active Directory] タブを設定します。

    手順
      ステップ 1   管理アプリケーションで、[クラスタ設定(Cluster Configuration)] > [レポート設定(Reporting Configuration)] に移動し、[Active Directory] タブを選択します。
      ステップ 2   このページのすべてのフィールドに入力します。ガイダンスについては、オンライン ヘルプを参照してください。
      ステップ 3   [接続のテスト(Test Connection)] をクリックします。
      ステップ 4   接続を確認したら、[保存(Save)] をクリックします。

      Cisco Unified Customer Voice Portal レポート テンプレートの取得

      Packaged CCE の場合は、コールバック レポートのみをインポートします。

      Unified CVP レポート テンプレートをインポートするには、次の手順を実行します。

      手順
        ステップ 1   Unified CVP Reporting Server で、[スタート(Start)] をクリックします。
        ステップ 2   検索ボックスで、%CVP_HOME%\CVP_Reporting_Templates を入力して、Enter キーを押します。
        ステップ 3   zip フォルダにコールバック レポートだけを圧縮し、Unified Intelligence Center Administraton を実行するシステムにコピーします。

        Cisco Unified CVP レポート データのデータ ソースの作成

        データ ソースを作成するには、次の手順を実行します。

        手順
          ステップ 1   https://<CUIC パブリッシャのホスト アドレス>:8444/cuic で Unified Intelligence Center にログインします。
          ステップ 2   [データ ソース(Data Sources)] ドロワを選択して、[データ ソース(Data Sources)] ページを開きます。
          ステップ 3   [作成(Create)] をクリックして、[データ ソースの追加(Add Data Source)] ウィンドウを開きます。
          ステップ 4   このページの各フィールドに次のように入力します。

          フィールド

          名前(Name)

          データ ソースの名前を入力します。

          レポート作成者およびレポート定義作成者は、[データ ソース(Data Sources)] ページにアクセスできませんが、作成したカスタム レポートのデータ ソースのリストを表示することができます。 これらのユーザにわかりやすいように、新しいデータ ソースに意味のある名前を付けることです。

          説明(Description)

          このデータ ソースの説明を入力します。

          タイプ(Type)

          [Informix] を選択します。

          (注)     

          [タイプ(Type)] は、編集モードでは無効になります。

          データベース ホスト(Database Host)

          サーバの IP アドレスまたはドメイン ネーム システム(DNS)名を入力します。

          ポート(Port)

          ポート番号を入力します。 通常、ポートは 1526 です。

          このポートを CVP Reporting Server のファイアウォールで開くことが必要な場合があります([Window ファイアウォール(Window Firewall)] > [受信の規則(Inbound rules)] > [新規ルール(new rule)])。

          データベース名(Database name)

          ストック コールバック レポートには、データベース名 callback を使用します。

          インスタンス(Instance) 

          目的のデータベースのインスタンス名を指定します。 デフォルトでは、これは cvp です。

          タイムゾーン(Timezone)

          データベースに保管されているデータに正しいタイムゾーンを選択します。 [標準時(Standard Time)] から [夏時間(Daylight Savings Time)] に変更された場所では、このタイム ゾーンは自動的に更新されます。

          データベース ユーザ ID(Database User ID) 

          Unified CVP レポーティング データベースにアクセスするように Operations Console で設定されたレポーティング ユーザのユーザ ID を入力します。

          [パスワード(Password)] および [パスワードの確認(Confirm Password)]

          データベース ユーザのパスワードを入力して確認します。

          文字セット(Charset)

          [UTF-8] を選択します。

          デフォルト権限(Default Permissions)

          [マイ グループ(My Group)] および [すべてのユーザ(All Users)] グループについて、このデータソースに対する権限を表示または編集します。

          ステップ 5   [接続のテスト(Test Connection)] をクリックします。

          ステータスがオンラインでない場合、エラー メッセージを確認して原因を判別し、それに従ってデータ ソースを編集します。

          ステップ 6   [保存(Save)] をクリックして、[データ ソースの追加(Add Data Source)] ウィンドウを閉じます。

          新しいデータ ソースが、[データ ソース(Data Sources)] リストに表示されます。


          Unified Intelligence Center への CVP レポート テンプレートのインポート

          Packaged CCE は、Callback レポートのみをサポートしています。 他のレポートはインポートしないでください。

          手順
            ステップ 1   https://<CUIC パブリッシャの HOST ADDRESS>:8444/cuic で Unified Intelligence Center Web アプリケーションを起動します。
            ステップ 2   [レポート(Reports)] をクリックします。
            ステップ 3   上の Reports フォルダを右クリックし、[サブカテゴリの作成(Create Sub-Category)] を選択します。
            ステップ 4   新しいサブカテゴリに、Unified CVP レポートのコンテナとして名前を付けます。 [OK] をクリックします。
            ステップ 5   [レポートのインポート(Import Report)] をクリックします。
            ステップ 6   Unified CVP Reporting テンプレート ファイルをコピーした場所を参照し、callback.zip ファイルを選択します。 [OK] をクリックします。
            ステップ 7   [保存先(Save To)] フィールドで、ステップ 3 で行ったサブカテゴリに移動し、選択します。
            ステップ 8   [インポート(Import)] をクリックします。
            ステップ 9   [レポート定義のデータソース(Data source for Report Definition)] ドロップダウン リストから、Unified CVP Reporting データベースにアクセスするために作成したデータ ソースを選択します。
            ステップ 10   [インポート(Import)] をクリックします。