Cisco Packaged Contact Center Enterprise 9.0(x) のインストールと設定
アップグレード
アップグレード
発行日;2013/02/15   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

アップグレード

適用される場合は、リリースの存続期間中に、新しい機能を追加して既存の機能を修正または簡素化するパッチが使用可能になります。 ここでは、Packaged CCE の最初のリリースからのアップグレードについて記載します。 各パッチの詳細については、『Packaged CCE Release Notes』を参照してください。

  • 2012 年 9 月にリリースされた Unified CCE 9.0(2) パッチは、Packaged CCE ソフトウェアをリリース 9.0(1) からリリース 9.0(2) にアップグレードします。
  • エンジニアリング スペシャル(ES アップグレード)は、Unified CCE 9.0(2) パッチの後で適用する必要があり、Packaged CCE が Cisco Unified Intelligence Center 9.0(x) ソフトウェアを受け入れるように準備します。

リリース 9.0(2) へのアップグレード

Packaged CCE 9.0(1) を使用しており、Packaged CCE 9.0(2) にアップグレードすることを決定したカスタマーは、Cisco.com の [サポート(Support)] > [ダウンロード(Downloads)] 領域から UCCE 9.0(2) パッチを取得する必要があります。 両方の CCE コール サーバ、両方の CCE データ サーバ、および任意の外部 HDS サーバにこのパッチをインストールする必要があります。

これを行う前に、すでに Unified CCE Version 9.0.2 であることを確認します。

Unified CCE のバージョンは、Unified CCE 管理 Web ツールの [ホーム(Home)] メニューの [一般(General)] タブに表示されます。

9.0(2) ES のアップグレード インストール

9.0(2) ES アップグレードのダウンロード

エンジニアリング スペシャル(ES)は、Cisco Unified Intelligence Center 9.0(x) ソフトウェアを受け入れるように Packaged CCE システムを準備するソフトウェア パッチです。 このパッチは、Unified Intelligence Center 8.5(4) から Unified Intelligence Center 9.0(2) にアップグレードする前に、Packaged CCE バージョン 9.0(2) にインストールする必要があります。


(注)  


現在 Packaged CCE 9.0(1) を使用しているカスタマーは、ES パッチをインストールする前に、Packaged CCE 9.0(2) にアップグレードする必要があります。 詳細については、リリース 9.0(2) へのアップグレードを参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​software/​special/​release.html?config=ccb0346afcc054dc96877de42648e393 から、Packaged CCE ES パッチおよびインストール手順をダウンロードします。