Cisco Finesse 管理ガイド Release 10.0(1)
デスクトップ レイアウトの管理
デスクトップ レイアウトの管理

デスクトップ レイアウトの管理

[Desktop Layout] タブで Finesse デスクトップのレイアウトを定義できます。

重要:

Finesse デスクトップにアクセスするクライアントの必要条件(プロセッサ速度や RAM など)は異なる場合があります。 複数のエージェントに対するイベントを受信するデスクトップ(他のエージェントやスキル グループについての情報が含まれる Live Data レポートを実行するエージェントおよびスーパーバイザのデスクトップ)には、単一のエージェントに対するイベントを受信するデスクトップよりも高い処理能力が必要です。

クライアントに必要なパワーを決定する要因には次のようなものがありますが、これらに限定されません。

  • コンタクト センター トラフィック
  • デスクトップに統合されるその他のガジェット(Live Data レポートやサードパーティ ガジェットなど)
  • クライアントで実行するその他のアプリケーションおよび Finesse デスクトップとの共有リソース

Finesse デスクトップ レイアウト XML

[Finesse Layout XML] では Finesse デスクトップのレイアウト(各タブに表示されるタブ名やガジェットなど)を定義します。

[Manage Desktop Layout] ガジェットを使用して、エージェントおよびスーパーバイザ用の Finesse デスクトップのレイアウトを定義する XML ファイルをアップロードします。

[Manage Desktop Layout] ガジェットでのアクションは次のとおりです。

  • [Finesse Default Layout XML]:展開すると、デフォルトの Finesse デスクトップのレイアウト XML が表示されます。
  • [Restore Default Layout]:Finesse デスクトップをデフォルトのレイアウトに復元します。
  • [Save]:構成変更を保存します。
  • [Revert]:直近に保存したデスクトップのレイアウトを取得し、適用します。

デフォルトのデスクトップ レイアウトの更新

Finesse デスクトップのレイアウトを変更した場合は、10 秒後に変更がデスクトップに反映されます。 ただし、変更時にサインインしていたエージェントのデスクトップには、サインアウトして再びサインインするまで変更が反映されません。


(注)  


コール制御ガジェットはページ レベルのみでサポートされます。 コール制御ガジェット(<gadget>/desktop/gadgets/CallControl.jsp</gadget>)が "page" タグ内に配置されている必要があります。 "tab" タグ内にこのガジェットを配置することはサポートされていません。


手順
    ステップ 1   [Finesse Layout XML] 領域で、必要に応じて XML を変更します。

    例:

    新しいタブ [Reports] を追加する場合は、<role>Agent</role> タグの下にある tabs タグ内に次の XML を追加します。

    <tab>
    				<id>reports</id>
    				<label>Reports</label>
    			</tab>
    
    

    このタブをスーパーバイザのデスクトップに追加する場合は、<role>Supervisor</role> タグの下にある tabs タグ内に XML を追加します。

    タブにガジェットを追加するには、gadgets タグ内のそのタブに対するガジェットの XML を追加します。

    <gadgets>
        <gadget>http://<ipAddress>/gadgets/<gadgetname>.xml</gadget>
    </gadgets>
    
    

    <ipAddress> をガジェットが存在するサーバの IP アドレスに置き換えます。

    ステップ 2   [Save] をクリックします。

    Finesse は XML ファイルを検証し、有効な XML 構文であり、Finesse スキーマに準拠していることを確認します。

    ステップ 3   変更を保存した後で、最後に保存したデスクトップのレイアウトに戻すには、[Revert] をクリックします。 デフォルトのデスクトップ レイアウトに戻すには、[Restore Default Layout] をクリックします。

    Finesse デフォルト XML レイアウトは次のとおりです。

    <finesseLayout xmlns="http://www.cisco.com/vtg/finesse">
        <layout>
            <role>Agent</role>
            <page>
                <gadget>/desktop/gadgets/CallControl.jsp</gadget>
            </page>
            <tabs>
                <tab>
                    <id>home</id>
                    <label>finesse.container.tabs.agent.homeLabel</label>
                    <gadgets>
    <!--
        The following Gadgets are for LiveData.  They are *ONLY* supported in a Packaged CCE Deployment.  
        If you are using Packaged CCE and wish to show LiveData Reports, then do the following:
            1) Uncomment out each Gadget you wish to show.
            2) Replace all instances of "my-cuic-server" with the Fully Qualified Domain Name of your Intelligence Center Server.
            3) [OPTIONAL] Adjust the height of the gadget by changing the "gadgetHeight" parameter.
    
        IMPORTANT NOTES:
            - In order for these Gadgets to work, you must have performed all documented pre-requisite steps.
            - The use of HTTP/HTTPS *must* match what your Users use for the Finesse Desktop (HTTP or HTTPS).
            - If you wish to use HTTP, then HTTP must be enabled on both Finesse and Intelligence Center.
            - Do *NOT* change the viewId (unless you have built a custom report and know what you are doing).
            - The "teamName" will be automatically replaced with the Team Name of the User logged into Finesse.
    -->
                    <!-- HTTPS Version of LiveData Gadgets -->
                        <!-- "Agent" Report --> 
                        <!-- <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent Skill Group" Report --> 
                        <!-- <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     9AB7848B10000141000001C50A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent All Fields" Report --> 
                        <!-- <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     9A08E23510000141000001230A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent Skill Group All Fields" Report -->
                        <!-- <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     A30EC25810000141000003A60A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                    <!-- HTTP Version of LiveData Gadgets -->
                        <!-- "Agent" Report -->  
                        <!-- <gadget>http://my-cuic-server:8081/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent Skill Group" Report --> 
                        <!-- <gadget>http://my-cuic-server:8081/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     9AB7848B10000141000001C50A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent All Fields" Report -->
                        <!-- <gadget>http://my-cuic-server:8081/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     9A08E23510000141000001230A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                        <!-- "Agent Skill Group All Fields" Report -->
                        <!-- <gadget>http://my-cuic-server:8081/cuic/gadget/LiveData/
                                     LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=
                                     A30EC25810000141000003A60A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget> -->
                    </gadgets>                
                </tab>
                <tab>
                    <id>manageCall</id>
                    <label>finesse.container.tabs.agent.manageCallLabel</label>
                </tab>
            </tabs>
        </layout>
        <layout>
            <role>Supervisor</role>
            <page>
                <gadget>/desktop/gadgets/CallControl.jsp</gadget>
            </page>
            <tabs>
                <tab>
                    <id>home</id>
                    <label>finesse.container.tabs.supervisor.homeLabel</label>
                    <gadgets>
                        <gadget>/desktop/gadgets/TeamPerformance.jsp</gadget>
                        <gadget>/desktop/gadgets/QueueStatistics.jsp</gadget>
                    </gadgets>
                </tab>
                <tab>
                    <id>manageCall</id>
                    <label>finesse.container.tabs.supervisor.manageCallLabel</label>
                </tab>            
            </tabs>
        </layout>
    </finesseLayout>
    

    XML スキーマ定義

    アップロードする XML が Finesse の XML スキーマ定義に準拠していることを確認する必要があります。 Finesse の XML スキーマ定義は次のとおりです。

    
    <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1" ?>
    <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
        targetNamespace="http://www.cisco.com/vtg/finesse" 
                xmlns="http://www.cisco.com/vtg/finesse" 
                elementFormDefault="qualified">
    
    <!-- definition of role type -->
    <xs:simpleType name="role">
      <xs:restriction base="xs:string">
          <xs:enumeration value="Agent"/>
          <xs:enumeration value="Supervisor"/>
          <xs:enumeration value="Admin"/>
      </xs:restriction>
    </xs:simpleType>
    
    <!-- definition of simple elements -->
    <xs:element name="id">
      <xs:simpleType>
        <xs:restriction base="xs:string">
          <xs:pattern value="[a-zA-Z]([-_:\.a-zA-Z0-9])*"/>
        </xs:restriction>
      </xs:simpleType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="label">
       <xs:simpleType>
            <xs:restriction base="xs:string">
                <xs:minLength value="1" />
            </xs:restriction>
        </xs:simpleType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="gadget">
       <xs:simpleType>
            <xs:restriction base="xs:anyURI">
                <xs:minLength value="1" />
            </xs:restriction>
        </xs:simpleType>
    </xs:element>
    <xs:element name="role" type="role"/>
    
    <xs:element name="gadgets">		<!-- Grouping of a set of gadgets -->
      <xs:complexType>
          <xs:sequence maxOccurs="unbounded">
          <!-- No limit to number of gadget URIs for now -->
          <xs:element ref="gadget"/>	<!-- URI of the gadget xml -->
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="page">		<!-- Grouping of a set of persistent gadgets -->
      <xs:complexType>
          <xs:sequence maxOccurs="unbounded">
          <!-- No limit to number of gadget URIs for now -->
          <xs:element ref="gadget"/>	<!-- URI of the gadget xml -->
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="tab">
      <xs:complexType>
          <xs:sequence>
          <xs:element ref="id"/>		<!-- Id of the tab selector in the desktop --> 
          <xs:element ref="label"/>		<!-- Label of the tab selector -->
          <xs:element ref="gadgets" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="tabs">		<!-- Grouping of tabs -->
      <xs:complexType>
          <xs:sequence maxOccurs="unbounded">
          <!-- No limit to number of tabs for now -->
          <xs:element ref="tab"/>
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="layout">
      <xs:complexType>
          <xs:sequence>
          <xs:element ref="role"/>		<!-- Type of the role -->
          <xs:element ref="page"/>		<!-- List of page gadgets -->
          <xs:element ref="tabs"/>		<!-- Grouping of tabs for this particular role -->
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>
    </xs:element>
    
    <xs:element name="finesseLayout">	<!-- Layout of the desktop -->
      <xs:complexType>
          <xs:sequence maxOccurs="3">
          <!-- only support 3 roles for now -->
          <xs:element ref="layout" />
          </xs:sequence>
      </xs:complexType>  
    </xs:element>
    
    </xs:schema>

    Live Data レポート

    Cisco Unified Intelligence Center は、Finesse デスクトップに追加できる Live Data のリアルタイム レポートを提供します。


    (注)  


    Finesse は Packaged Contact Center Enterprise でのみ Live Data レポートをサポートします。


    Live Data の前提条件

    デスクトップに Live Data データ レポートを追加する前に、次の前提条件を満たす必要があります。

    • Cisco Unified Intelligence Center で Live Data データ レポートを設定し、実行している必要があります。
    • Cisco Unified Intelligence Center と Finesse の両方に HTTP または HTTPS を使用する必要があります。 いずれかに HTTP を使用し、もう一方に HTTPS を使用することはできません。 新規インストール後のデフォルト設定はいずれも HTTPS です。 HTTP を使用する場合は、Cisco Unified Intelligence Center と Finesse の両方で有効にする必要があります。 Cisco Unified Intelligence Center の HTTP の有効化については、『Administration Console User Guide for Cisco Unified Intelligence Center(Cisco Unified Intelligence Center 用の管理コンソールのユーザガイド)』を参照してください。
    • Cisco Unified Intelligence Center に対してユーザの同期が有効になっていることを確認します。 詳細については、『Administration Console User Guide for Cisco Unified Intelligence Center(Cisco Unified Intelligence Center 用の管理コンソールのユーザガイド)』を参照してください。
    • 展開で HTTPS を使用する場合、Finesse サーバおよび Cisco Unified Intelligence Center サーバにセキュリティ証明書をアップロードする必要があります。 Finesse と Cisco Unified Intelligence Center の両方が自己署名証明書とともにインストールされます。 ただし、自己署名証明書を使用する場合、[Live Data] ガジェットを使用できるようにするには、エージェントとスーパーバイザがサインイン時に Finesse デスクトップで証明書を受け入れる必要があります。 この要件を回避するには、代わりに CA 証明書を指定します。 サードパーティ証明書のベンダーから CA 証明書を取得するか、組織内で生成することができます。

    Finesse への Live Data レポートの追加

    ここでは、Finesse デスクトップに Live Data レポートを追加する方法について説明します。 手順は、展開によって異なります。 次の表で、それぞれの手順をどのような場合に使用するかについて説明します。

    手順

    使用するケース

    デフォルトのデスクトップ レイアウトへの Live Data レポートの追加

    新規インストール後、またはデフォルトのデスクトップのレイアウトをカスタマイズしていない場合はアップグレード後に Live Data レポートを Finesse デスクトップに追加する場合は、この手順を使用します。

    カスタム デスクトップ レイアウトへの Live Data レポートの追加

    Finesse デスクトップのレイアウトをカスタマイズしている場合は、この手順を使用します。

    チームのレイアウトへの Live Data レポートの追加

    特定のチームのみのデスクトップのレイアウトに Live Data レポートを追加する場合は、この手順を使用します。

    デフォルトのデスクトップ レイアウトへの Live Data レポートの追加

    Finesse デフォルト レイアウト XML には、Finesse デスクトップで Live Data レポート ガジェット用のコメントされた XML コードが含まれています。 これらのガジェットは、HTTPS バージョンの Live Data レポート ガジェットと HTTP バージョンの Live Data レポート ガジェットの 2 つのカテゴリーに分類されます。

    この手順では、デフォルトのデスクトップ レイアウトに Live Data レポート ガジェットを追加する方法について説明します。 Finesse の新規インストール後にこの手順を使用します。 Finesse をアップグレードしたものの、カスタム デスクトップ レイアウトがない場合は、[Manage Desktop Layout] ガジェットで [Restore Default Layout] をクリックし、この手順に従ってください。

    手順
      ステップ 1   Finesse Administration Console にサインインします。
      ステップ 2   [Desktop Layout] タブをクリックします。
      ステップ 3   デスクトップのレイアウトに追加する各レポートからコメント文字(<!-- および -->)を削除します。 エージェントが Finesse デスクトップにアクセスするために使用する方法に合わせてレポートを選択してください(HTTP または HTTPS)。
      ステップ 4   my-cuic-server を Cisco Unified Intelligence サーバの完全修飾ドメイン名に置き換えます。
      ステップ 5   オプションで、このガジェットの高さを変更します。

      例:

      Live Data ガジェットの URL で指定されている高さは 310 ピクセルです。 高さを変更する場合は、URL の gadgetHeight パラメータを目的の値に変更します。 たとえば、ガジェットの高さを 400 ピクセルにする場合、次のようにコードを変更します。

      <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=400&viewId=
             99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
      
      

      ガジェットの高さを指定しない場合(URL から 310 を削除する場合)、デフォルトでは 170 ピクセルになります。

      ステップ 6   [Save] をクリックします。
      (注)     

      ガジェットを追加したら、Finesse デスクトップにサインインして、適切に表示されることを確認します。 多数のカラムがあるレポートを使用する場合、レポートが見やすくなり、スクロールしなくても画面に多くの行が表示されるように、デスクトップへのアクセスに使用するコンピュータ上でガジェットの高さや画面解像度を調整します。

      デスクトップのレイアウトの変更時にサインインしていたエージェントのデスクトップには、サインアウトして再びサインインするまで変更が反映されません。


      カスタム デスクトップ レイアウトへの Live Data レポートの追加

      Finesse デフォルト レイアウト XML には、Finesse デスクトップで Live Data レポート ガジェット用のコメントされた XML コードが含まれています。 これらのガジェットは、HTTPS バージョンの Live Data レポート ガジェットと HTTP バージョンの Live Data レポート ガジェットの 2 つのカテゴリーに分類されます。

      この手順では、カスタム デスクトップ レイアウトに Live Data レポート ガジェットを追加する方法について説明します。

      手順
        ステップ 1   Finesse Administration Console にサインインします。
        ステップ 2   [Desktop Layout] タブをクリックします。
        ステップ 3   デフォルト レイアウト XML を表示するには、[Finesse Default Layout XML] をクリックします。
        ステップ 4   Finesse のデフォルト レイアウト XML から追加するレポートの XML コードをコピーします。 エージェントが HTTP を使用して Finesse にアクセスする場合、HTTP レポートの XML コードをコピーします。 HTTPS を使用する場合は、HTTPS レポートの XML コードをコピーします。

        例:

        HTTPS 用エージェント レポートを追加するには、次のコードをコピーします。

        <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=
                310&viewId=99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
        
        
        ステップ 5   この XML コードを表示するタブのタグ内に貼り付けます。

        例:

        レポートをエージェント デスクトップの [home] タブに追加するには、次のように貼り付けます。

          <layout>
                <role>Agent</role>
                <page>
                    <gadget>/desktop/gadgets/CallControl.jsp</gadget>
                </page>
                <tabs>
                    <tab>
                        <id>home</id>
                        <label>finesse.container.tabs.agent.homeLabel</label>
                        <gadgets>
                           <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?
                                   gadgetHeight=310&viewId=99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=
                                   agent.id=CL%20teamName</gadget>
                        </gadgets>                
                    </tab>
                    <tab>
                        <id>manageCall</id>
                        <label>finesse.container.tabs.agent.manageCallLabel</label>
                    </tab>
                </tabs>
            </layout>
        
        ステップ 6   my-cuic-server を Cisco Unified Intelligence サーバの完全修飾ドメイン名に置き換えます。
        ステップ 7   オプションで、このガジェットの高さを変更します。

        例:

        Live Data ガジェットの URL で指定されている高さは 310 ピクセルです。 高さを変更する場合は、URL の gadgetHeight パラメータを目的の値に変更します。 たとえば、ガジェットの高さを 400 ピクセルにする場合、次のようにコードを変更します。

        <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=400&viewId=
               99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
        
        

        ガジェットの高さを指定しない場合(URL から 310 を削除する場合)、デフォルトでは 170 ピクセルになります。

        ステップ 8   [Save] をクリックします。
        (注)     

        ガジェットを追加したら、Finesse デスクトップにサインインして、適切に表示されることを確認します。 多数のカラムがあるレポートを使用する場合、レポートが見やすくなり、スクロールしなくても画面に多くの行が表示されるように、デスクトップへのアクセスに使用するコンピュータ上でガジェットの高さや画面解像度を調整します。

        デスクトップのレイアウトの変更時にサインインしていたエージェントのデスクトップには、サインアウトして再びサインインするまで変更が反映されません。


        チームのレイアウトへの Live Data レポートの追加

        Finesse デフォルト レイアウト XML には、Finesse デスクトップで Live Data レポート ガジェット用のコメントされた XML コードが含まれています。 これらのガジェットは、HTTPS バージョンの Live Data レポート ガジェットと HTTP バージョンの Live Data レポート ガジェットの 2 つのカテゴリーに分類されます。

        この手順では、特定のチームのデスクトップ レイアウトに Live Data レポート ガジェットを追加する方法について説明します。

        手順
          ステップ 1   Finesse Administration Console にサインインします。
          ステップ 2   [Desktop Layout] タブをクリックします。
          ステップ 3   デフォルト レイアウト XML を表示するには、[Finesse Default Layout XML] をクリックします。
          ステップ 4   Finesse のデフォルト レイアウト XML から追加するレポートの XML コードをコピーします。 エージェントが HTTP を使用して Finesse にアクセスする場合、HTTP レポートの XML コードをコピーします。 HTTPS を使用する場合は、HTTPS レポートの XML コードをコピーします。

          例:

          HTTPS 用エージェント レポートを追加するには、次のコードをコピーします。

          <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=
                  310&viewId=99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
          
          
          ステップ 5   [Team Resources] タブをクリックします。
          ステップ 6   レポートを追加するチームのリストからチームを選択します。
          ステップ 7   [Resources for <team name>] 領域で、[Desktop Layout] タブをクリックします。
          ステップ 8   [Override System Default] チェックボックスをオンにします。
          ステップ 9   この XML コードを表示するタブのタグ内に貼り付けます。

          例:

          レポートをエージェント デスクトップの [home] タブに追加するには、次のように貼り付けます。

             <layout>
                  <role>Agent</role>
                  <page>
                      <gadget>/desktop/gadgets/CallControl.jsp</gadget>
                  </page>
                  <tabs>
                      <tab>
                          <id>home</id>
                          <label>finesse.container.tabs.agent.homeLabel</label>
                          <gadgets>
                             <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?
                                     gadgetHeight=310&viewId=99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=
                                     agent.id=CL%20teamName</gadget>
                          </gadgets>                
                      </tab>
                      <tab>
                          <id>manageCall</id>
                          <label>finesse.container.tabs.agent.manageCallLabel</label>
                      </tab>
                  </tabs>
              </layout>
          
          ステップ 10   my-cuic-server を Cisco Unified Intelligence サーバの完全修飾ドメイン名に置き換えます。
          ステップ 11   オプションで、このガジェットの高さを変更します。

          例:

          Live Data ガジェットの URL で指定されている高さは 310 ピクセルです。 高さを変更する場合は、URL の gadgetHeight パラメータを目的の値に変更します。 たとえば、ガジェットの高さを 400 ピクセルにする場合、次のようにコードを変更します。

          <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=400&viewId=
                 99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
          
          

          ガジェットの高さを指定しない場合(URL から 310 を削除する場合)、デフォルトでは 170 ピクセルになります。

          ステップ 12   [Save] をクリックします。
          (注)     

          ガジェットを追加したら、Finesse デスクトップにサインインして、適切に表示されることを確認します。 多数のカラムがあるレポートを使用する場合、レポートが見やすくなり、スクロールしなくても画面に多くの行が表示されるように、デスクトップへのアクセスに使用するコンピュータ上でガジェットの高さや画面解像度を調整します。

          デスクトップのレイアウトの変更時にサインインしていたエージェントのデスクトップには、サインアウトして再びサインインするまで変更が反映されません。


          Finesse の Live Data ストック レポートの変更

          この手順では、Cisco Unified Intelligence Center で Live Data ストック レポートを変更し、修正されたレポートを Finesse デスクトップのレイアウトに追加する方法について説明します。


          (注)  


          変更されたガジェットが Finesse Desktop で表示されるようにするには、Cisco Unified Intelligence Center でレポートに対する適切な権限を与える必要があります。


          手順
            ステップ 1   Finesse のデフォルト レイアウト XML から変更するレポートのガジェット URL をコピーし、テキスト エディタに貼り付けます。

            例:

            HTTPS 用エージェント レポートを変更する場合は、次の URL をテキスト エディタにコピーしてください。

            <gadget>https://my-cuic-server:8444/cuic/gadget/LiveData/LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=
                    310&viewId=99E6C8E210000141000000D80A0006C4&filterId=agent.id=CL%20teamName</gadget>
            
            ステップ 2   Cisco Unified Intelligence Center では、レポートの [Edit] ビューで、選択、ガジェットの URL を作成するビューを選択し、[Links] をクリックします。

            [Html Link] フィールドに、カスタマイズしたレポート のパーマリンクが表示されます。

            ステップ 3   [Html Link] フィールドからカスタマイズしたレポートのパーマリンクをコピーし、テキスト エディタに貼り付け、このリンクから viewID 値をコピーします。


            例:

            この例で、レポートのパーマリンクから、下線の付いた viewID をコピーします。

            https://<Server Name>:8444/cuic/permalink/PermalinkViewer.htmx?
            viewId=5C90012F10000140000000830A4E5B33&linkType=htmlType&viewType=Grid
            
            ステップ 4   ガジェットの URL の viewID 値を、カスタマイズしたレポートのパーマリンクの viewID 値に置き換えます。
            ステップ 5   my-cuic-server を Cisco Intelligence Center サーバの FQDN に置き換えます。
            ステップ 6   [Manage Desktop Layout] で、カスタマイズされたガジェットの URL を デフォルトのレイアウト XML に追加し、[Save] をクリックします。
            (注)     

            ガジェットを追加したら、Finesse デスクトップにサインインして、適切に表示されることを確認します。 多数のカラムがあるレポートを使用する場合、レポートが見やすくなり、スクロールしなくても画面に多くの行が表示されるように、デスクトップへのアクセスに使用するコンピュータ上でガジェットの高さや画面解像度を調整します。

            デスクトップのレイアウトの変更時にサインインしていたエージェントのデスクトップには、サインアウトして再びサインインするまで変更が反映されません。