Cisco Finesse サーバのインストール
Cisco Finesse サーバのインストール

Cisco Finesse サーバのインストール

Cisco Finesse サーバは仮想マシン(VM)にインストールされます。 インストールは、ISO イメージから実行し、OVA テンプレートを使用します。


(注)  


Finesse の新規インストールの場合、最新の ES から直接インストールします。 ベース バージョンをインストールしてから、最新の ES を適用する必要はありません。



(注)  


ターゲット VM の仮想 CD/DVD ドライブでデータストア ISO ファイルを設定し、Finesse をインストールします。


インストールには約 1 時間かかります。 その大半の時間で、無人モードで実行できます。 インストールのほとんどで実行するユーザ側の操作は必要ありません。 ユーザ入力が必要な場合、次のキーボード ナビゲーションと選択操作を使用します。 インストール ウィザードの画面ではマウスまたはタッチパッドを認識しません。

次の手順を実行します。

キーを押す

次のフィールドへ移動する

タブ

前のフィールドへ移動する

Alt+Tab

オプションを選択する

スペースキー

一覧を上下へスクロールする

上下の矢印キー

前の画面に移動する

バックタブおよびスペースキーを押す

画面に関する情報を取得する

Tab to Help およびスペースキーを押す

インストール タスク フロー

次の表に、Cisco Finesse をインストールするためにユーザが行う作業の概要を示します。 タスクは、リストされている順序で実行する必要があります。

1

プライマリ ノードで Finesse をインストールします。

プライマリ ノードでの Finesse のインストールを参照してください。

2

CTI サーバ設定を指定します。

Contact Center Enterprise CTI サーバの設定の指定を参照してください。

3

データベース設定を設定します。

Contact Center Enterprise 管理サーバおよびデータ サーバの設定の指定を参照してください。

4

セカンダリ ノードのクラスタ設定を設定します。

クラスタ設定の指定を参照してください。

5

プライマリ ノードで Cisco Tomcat を再起動します。

Cisco Tomcat の再起動を参照してください。

6

セカンダリ ノードで Finesse をインストールします。

セカンダリ ノードでの Finesse のインストールを参照してください。

7

複製が 2 ノード間で機能しているか確認します。

複製ステータスの確認を参照してください。

8

言語パックをインストールします(任意)。

言語パックのインストールを参照してください。

プライマリ ノードでの Finesse のインストール

手順
    ステップ 1   OVA README.txt ファイル内の手順に従って、OVA をインポートして展開し、VM 設定を編集し、VM の電源を投入してコンソールで BIOS 設定を編集します。
    (注)     

    Cisco Finesse をホストする VM を作成するときに、シン プロビジョニングまたは VM スナップショットを使用しないでください。 シン プロビジョニングまたはスナップショットの使用は、Cisco Finesse 管理のパフォーマンスに悪影響を与える場合があります。

    インストール前のスクリプトの実行中にメッセージが表示されます。 インストール前のスクリプトの最後に [DVD Found] 画面が表示されます。

    ステップ 2   [DVD Found] 画面で [Yes] を選択し、メディアの完全性とレポートのハードウェア チェック検証を開始します。

    メディア チェックに合格した場合は、[OK] を選択して [Product Deployment Selection] 画面を開きます。 ステップ 3 に進みます。

    メディア チェックが失敗すると、インストールは終了します。

    ステップ 3   [Product Deployment Selection] 画面に、Cisco Finesse 製品スイートがインストールされることが示されます。 この画面で選択できるのは、[OK] のみです。

    [OK] を選択して [Proceed with Install] 画面を開きます。

    ステップ 4   [Proceed with Install] 画面には、現在インストールされている製品のバージョン(存在する場合)、およびこの ISO の製品バージョンが表示されます。 初回インストールでは、現在インストールされているバージョンには NONE が表示されます。

    [Proceed with Install] 画面で [Yes] を選択して [Platform Installation Wizard] 画面を開きます。

    ステップ 5   [Platform Installation Wizard] 画面で、[Proceed] を選択して [Basic Install] 画面を開きます。
    ステップ 6   [Basic Install] 画面で [Continue] を選択し、[Basic Install] ウィザードを開きます。

    [Basic Install] ウィザードには、プラットフォームおよびセットアップの設定に関する現在の質問およびオプションを表示する一連の画面が表示されます。 ウィザードの各画面で [Help] を利用可能です。

    [Basic Install] ウィザードの最初の画面は、[Timezone Configuration] です。

    ステップ 7   [Timezone Configuration] 画面で以下を行います。
    1. 上下の矢印を使用してサーバの場所に最も近いローカル タイム ゾーンを探します。 また、タイム ゾーンの最初の文字を入力してリストの項目に移動することもできます。 [Timezone] フィールドは、国や都市に基づいて表示され、必須項目です。 設定が正しくないと、システムの動作に影響することがあります。
    2. [OK] を選択して [Auto Negotiation Configuration] 画面を開きます。
    ステップ 8   [Auto Negotiation Configuration] 画面で、[Yes] を選択してイーサネット ネットワーク インタフェース カード(NIC)の設定の自動ネゴシエーションを使用します。

    [Yes] を選択すると、[MTU Configuration] 画面が開きます。

    ステップ 9   [MTU Configuration] 画面で [No] を選択して、最大伝送単位をデフォルト設定(1500)のままにします。
    (注)     

    Finesse は MTU のみで 1500 のデフォルト設定をサポートします。 他の値はサポートされません。

    [No] を選択すると、[Static Network Configuration] 画面が表示されます。

    ステップ 10   [Static Network Configuration] 画面で、次のように固定ネットワーク設定値を入力します。必要に応じてコンフィギュレーション ワークシートを参照してください。
    1. [Host Name] を入力します。
    2. [IP Address] を入力します。
    3. [IP Mask] を入力します。
    4. [GW Address] を入力します。
    5. [OK] を選択して [Domain Name System (DNS) Client Configuration] 画面を開きます。
    ステップ 11   [DNS Client Configuration] 画面で、[Yes] を選択して DNS クライアント情報を指定します。
    重要:

    Cisco Finesse では、DNS クライアント設定が必須です。 この画面で [Yes] を選択します。 [No] を選択すると、インストールが完了した後、エージェントはデスクトップにサインインできなくなり、Finesse を再インストールしなければならなくなります。

    ステップ 12   DNS クライアント情報を次のように指定します。必要に応じてコンフィギュレーション ワークシートを参照してください。
    1. [Primary DNS] を入力します(必須)。
    2. [Secondary DNS] を入力します(任意)。
    3. [Domain] を入力します(必須)。
    4. [OK] を選択して [Administrator Login Configuration] 画面を開きます。
    ステップ 13   [Administrator Login Configuration] 画面で以下を行います。
    1. 管理者の認証情報を入力します。
    2. [OK] を選択して [Certificate Information] 画面を開きます。
    ステップ 14   [Certificate Information] 画面で以下を行います。
    1. [Organization]、[Unit]、[Location]、[State]、[Country] を入力して、証明書署名要求を作成します。
    2. [OK] を選択して [First Node Configuration] 画面を開きます。
    ステップ 15   [First Node Configuration] 画面で、[Yes] を選択すると最初のノードを設定することが示されます。

    [Yes] を選択すると、[Network Time Protocol Client Configuration] 画面が開きます。

    ステップ 16   [Network Time Protocol Client Configuration] 画面で、少なくとも 1 つの外部 NTP サーバの IP アドレス、NTP サーバ名、または NTP サーバ プール名を入力します。
    ステップ 17   NTP の設定が完了したら、[OK] を選択します。 これにより、[Security Configuration] 画面が開きます。
    ステップ 18   [Security Configuration] 画面で、Database Access Security のパスワードを入力し、[OK] を選択します。
    ステップ 19   [Application User Configuration] 画面で、アプリケーション ユーザの資格情報を入力します。

    [OK] を選択して [Platform Configuration Confirmation] 画面を開きます。 この画面には、プラットフォームの設定が完了したことが表示されます。

    ステップ 20   [Platform Configuration Confirmation] 画面で [OK] を選択します。

    インストールが開始されます。

    インストールは完了まで 1 時間ほどかかることがあり、インストール中の大半で無人モードで実行できます。

    インストール中、モニタには、次のように一連のプロセスが表示されます。

    • フォーマット進行状況バー
    • ファイルのコピー進行状況バー
    • パッケージ インストールの進行状況バー
    • インストール後の進行状況バー
    • RPM アーカイブ投入進行状況バー
    • アプリケーション インストールの進行状況バー(複数の [Component Install] 画面、セキュリティ チェック)
    • 情報画面には、システムを一時的に再起動してインストールを続行することが示されます。
      次の仮想マシンの質問が表示された場合は、[Yes] を選択し、[OK] をクリックしてください。
      図 1. 仮想マシン メッセージ



    • システムの再起動 再起動時にモニタに複数のメッセージが表示されます。 一部のメッセージでは、キーを押すように指示されます。 キーを押してこれらのプロンプトに応答しないでください
    • Application Pre Install 進行状況バー
    • Configure and Setup Network 経過表示バー
      (注)     

      Configure and Setup Network プロセス中に [Network Connectivity Failure] 画面が表示された場合は、[Review] をクリックし、[Errors] 画面で [OK] をクリックします。 プロンプトに従い、エラーの原因となった情報を再入力します。 接続情報が完了すると、インストールが続行されます。

    • セキュリティ設定

    インストールが終了し、ログイン プロンプトが表示されます。

    The installation of Cisco Finesse has completed successfully.
    
    Cisco Finesse <version number>
    <hostname> login: _

    次の作業

    CTI サーバ、Administration & Database サーバおよびクラスタ設定の設定のため、プライマリ Finesse サーバ(http://プライマリ Finesse サーバの IP アドレス/cfadmin)で Finesse Administration Console にサインインします。

    セカンダリ ノードでの Finesse のインストール

    プライマリおよびセカンダリ Finesse ノードの両方で同じバージョンの Finesse をインストールします。


    (注)  


    ターゲット VM の仮想 CD/DVD ドライブでデータストア ISO ファイルを設定し、Finesse をインストールします。



    (注)  


    Finesse 管理タスクはプライマリ Finesse サーバでしか実行できません。 セカンダリ サーバをインストールしたら、プライマリ サーバの Administration Console にサインインして管理タスク(理由コードの設定やコール可変レイアウトの設定など)を実行します。


    はじめる前に
    • セカンダリ サーバで Finesse をインストールします。
    • プライマリ Finesse サーバの Finesse Administration Console を使用して CTI サーバ、管理、データベース サーバおよびクラスタを設定します。
    • DNS サーバでプライマリ ノードとセカンダリ ノードの両方で順方向および逆方向 DNS が設定されていることを確認します。
    手順
      ステップ 1   OVA README.txt ファイル内の手順に従って、OVA をインポートして展開し、VM 設定を編集し、VM の電源を投入してコンソールで BIOS 設定を編集します。

      インストール前のスクリプトの実行中にメッセージが表示されます。 インストール前のスクリプトの最後に [DVD Found] 画面が表示されます。

      ステップ 2   [DVD Found] 画面で [Yes] を選択し、メディアの完全性とレポートのハードウェア チェック検証を開始します。

      メディア チェックに合格した場合は、[OK] を選択して [Product Deployment Selection] 画面を開きます。 ステップ 3 に進みます。

      メディア チェックが失敗すると、インストールは終了します。

      ステップ 3   [Product Deployment Selection] 画面に、Cisco Finesse 製品スイートがインストールされることが示されます。 この画面で選択できるのは、[OK] のみです。

      [OK] を選択して [Proceed with Install] 画面を開きます。

      ステップ 4   [Proceed with Install] 画面には、現在インストールされている製品のバージョン(存在する場合)、およびこの ISO の製品バージョンが表示されます。 初回インストールでは、現在インストールされているバージョンには NONE が表示されます。

      [Proceed with Install] 画面で [Yes] を選択して [Platform Installation Wizard] 画面を開きます。

      ステップ 5   [Platform Installation Wizard] 画面で、[Proceed] を選択して [Basic Install] 画面を開きます。
      ステップ 6   [Basic Install] 画面で [Continue] を選択し、[Basic Install] ウィザードを開きます。

      [Basic Install] ウィザードには、プラットフォームおよびセットアップの設定に関する現在の質問およびオプションを表示する一連の画面が表示されます。 ウィザードの各画面で [Help] を利用可能です。

      [Basic Install] ウィザードの最初の画面は、[Timezone Configuration] です。

      ステップ 7   [Timezone Configuration] 画面で以下を行います。
      1. 上下の矢印を使用してサーバの場所に最も近いローカル タイム ゾーンを探します。 また、タイム ゾーンの最初の文字を入力してリストの項目に移動することもできます。 [Timezone] フィールドは、国や都市に基づいて表示され、必須項目です。 設定が正しくないと、システムの動作に影響することがあります。
      2. [OK] を選択して [Auto Negotiation Configuration] 画面を開きます。
      ステップ 8   [Auto Negotiation Configuration] 画面で、[Yes] を選択してイーサネット ネットワーク インタフェース カード(NIC)の設定の自動ネゴシエーションを使用します。

      [No] を選択すると、[MTU Configuration] 画面が開きます。

      ステップ 9   [MTU Configuration] 画面で [No] を選択して、最大伝送単位をデフォルト設定(1500)のままにします。
      (注)     

      Finesse は MTU のみで 1500 のデフォルト設定をサポートします。 他の値はサポートされません。

      [No] を選択すると、[Static Network Configuration] 画面が表示されます。

      ステップ 10   [Static Network Configuration] 画面で、次のように固定ネットワーク設定値を入力します。必要に応じてコンフィギュレーション ワークシートを参照してください。
      1. [Host Name] を入力します。
      2. [IP Address] を入力します。
      3. [IP Mask] を入力します。
      4. [GW Address] を入力します。
      5. [OK] を選択して [Domain Name System (DNS) Client Configuration] 画面を開きます。
      ステップ 11   [DNS Client Configuration] 画面で、[Yes] を選択して DNS クライアント情報を指定します。

      重要:Cisco Finesse では、DNS 設定が必須です。 この画面で [Yes] を選択します。 [No] を選択すると、インストールが完了した後、エージェントはデスクトップにサインインできなくなり、Finesse を再インストールしなければならなくなります。

      ステップ 12   DNS クライアント情報を次のように指定します。必要に応じてコンフィギュレーション ワークシートを参照してください。
      1. [Primary DNS] を入力します(必須)。
      2. [Secondary DNS] を入力します(任意)。
      3. [Domain] を入力します(必須)。
      4. [OK] を選択して [Administrator Login Configuration] 画面を開きます。
      ステップ 13   [Administrator Login Configuration] 画面で以下を行います。
      1. 管理者の認証情報を入力します。
      2. [OK] を選択して [Certificate Information] 画面を開きます。
      ステップ 14   [Certificate Information] 画面で以下を行います。
      1. [Organization]、[Unit]、[Location]、[State]、[Country] を入力して、証明書署名要求を作成します。
      2. [OK] を選択して [First Node Configuration] 画面を開きます。
      ステップ 15   [First Node Configuration] 画面で、[No] を選択するとセカンダリ ノードを設定することが示されます。

      続行する前に、最初のノードにまずサーバを設定する必要があることを示す警告メッセージが表示されます。 すでに最初のノードを設定している場合は、[OK] を選択します。

      ステップ 16   [Network Connectivity Test Configuration] 画面で、[No] を選択し、接続が確認された後にインストレーションを進めます。
      ステップ 17   [First Node Configuration] 画面で、次のように、最初のノードに関する情報を指定してください。
      1. プライマリ SMTP サーバの [Host Name] を入力します。
      2. プライマリ DHCP サーバの [IP Address] を入力します。
      3. プライマリ Finesse サーバの [Security Password] を入力します。
      4. [Security Password] を確認します。
      ステップ 18   [OK] を選択して [Platform Configuration Confirmation] 画面を開きます。
      ステップ 19   [Platform Configuration Confirmation] 画面で [OK] を選択します。

      インストールが開始されます。

      インストールは完了まで 1 時間ほどかかることがあり、インストール中の大半で無人モードで実行できます。


      次の作業

      複製が正しく動作していることを確認するには、複製ステータスを確認します。


      (注)  


      2 ノード間の複製を完全に確立するのに 10 ~ 20 分かかります。


      インストールのトラブルシューティング

      トラブル

      解決策

      インストールは失敗します。

      インストールが失敗すると、デバイスの診断情報をコピーするかどうかを尋ねる画面が表示されます。

      この場合、最初から再インストールする必要がありますが、最初に VM にシリアル ポートを接続してください。 次に、VM のシリアル ポートにインストール ログをダンプします。

      シリアル ポートを接続しインストール ログをダンプする方法に関する詳細については DocWiki ページの「How to Dump Install Logs to the Serial Port of the Virtual Machine(仮想マシンのシリアル ポートにインストール ログをダンプする方法)」を参照してください。