CTI OS システム マネージャ ガイド for Cisco Unified ICM/Contact Center Enterprise & Hosted リリース 8.0(1a)
CTI OS セキュリティ
CTI OS セキュリティ
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

CTI OS セキュリティ

CTI OS セキュリティ証明書の設定

CTI OS Security Setup プログラム

自己署名型 CA を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名

自己署名型 CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名

サードパーティ CA を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名

サードパーティ CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名

CTI OS Security のパスワード

CTI OS Security のレジストリ キー

モニタ モードのセキュリティ

セキュリティ互換性

ワイヤ レベル暗号化

認証メカニズム

CTI OS セキュリティ

この章では、CTI OS セキュリティ証明書およびセキュリティ互換性の設定に関する情報を提供します。次のような構成になっています。

「CTI OS セキュリティ証明書の設定」

「CTI OS Security のレジストリ キー」

「セキュリティ互換性」

CTI OS セキュリティ証明書の設定

CTI OS セキュリティ証明書は、次の要素で構成されます。

CTI OS Security Setup プログラム

自己署名型の認証局(CA)を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名。

自己署名型 CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名。

サードパーティ CA を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名。

サードパーティ CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名。

ここでは、これらの各エントリについて詳しく説明します。


) 証明書失効リスト(CRL)と証明書チェーンのいずれも、CTI OS Security ではサポートされません。


CTI OS Security Setup プログラム

CTI OS を設定するため、3 つのセットアップ プログラムが実装されます。これらのセットアップ プログラムは Win32 CTI OS ツールキット インストールの一部であり、<drive>:¥Program Files¥Cisco Systems¥CTIOS Client¥CTIOS Security¥Utilities ディレクトリに配置されます。

1. 1 つ目のセットアップ プログラム CreateSelfSignedCASetupPackage.exe は、自己署名型認証局(CA)を作成します。お客様がサード パーティの代わりに自己署名型 CA の使用を希望している場合は、このプログラムを 1 度実行し、CreateSelfSignedCASetupPackage.exe の出力を安全な場所に保存する必要があります。このプログラムにより、CA 関連のファイルが作成されます。CtiosRoot.pem というファイルには、プライベート CA 情報が格納されます。このファイルは、安全な場所に保管してください。CtiosRootCert.pem というもう 1 つのファイルには、パブリック CA 情報が格納されます。このセットアップ プログラムを実行すると、CA のパスワード(8 文字以上 30 文字以内)の入力を求められます。このパスワードは、CTI OS 証明書要求に署名するときに使用します。

2. 2 つ目のセットアップ プログラム SecuritySetupPackage.exe は、CTI Toolkit Desktop Client および CTI OS サーバに対する証明書要求の生成に使用します。証明書要求が CTI OS サーバに対するものである場合、CtiosServerKey.pem および CtiosServerReq.pem が生成されます。これらのファイルは、サーバ証明書に署名するときに使用します。証明書要求が CTI Toolkit Desktop Client に対するものである場合、CtiosClientkey.pem および CtiosClientreq.pem が生成されます。これらのファイルは、クライアント証明書に署名するときに使用します。

3. 3 つ目のセットアップ プログラム SignCertificateSetupPackage.exe は、CTI Toolkit Desktop Client および CTI OS サーバの証明書の署名に使用します。このプログラムは、お客様が CTI Toolkit Desktop Client および CTI OS サーバの証明書に自己署名型 CA を使用して署名することに決定した場合のみ使用します。このプログラムは、CtiosRootCert.pem および CtiosRoot.pem と同じディレクトリに存在している必要があります。署名する証明書がクライアント用である場合、CtiosClient.pem ファイルが生成されます。署名する証明書がサーバ用である場合、CtiosServer.pem ファイルが生成されます。このプログラムを実行すると、次の情報の入力を求められます。

a. Ctios 認証局のパスワード。これは、自己署名型 CA を作成するときに使用したパスワードです。

b. CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求か CTI OS サーバ証明書要求のいずれかを選択します。

自己署名型 CA を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名

CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求に署名するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 自己署名型 CA が存在しない場合、CreateSelfSignedCASetupPackage.exe を実行し、CreateSelfSignedCASetupPackage.exe プログラムによって作成されたファイルをすべて安全な場所に保管します。

ステップ 2 CTI Toolkit Desktop Client マシンから、CtiosRoot.pem と CtiosRootCert.pem が存在するマシンに CtiosClientkey.pem ファイルおよび CtiosClientreq.pem ファイルをコピーします。CtiosClientkey.pem と CtiosClientreq.pem の両ファイルを CtiosRoot.pem および CtiosRootCert.pem と同じディレクトリにコピーする必要があります。

ステップ 3 CtiosClientkey.pem、CtiosClientreq.pem、CtiosRoot.pem、および CtiosRootCert.pem が存在するディレクトリから SignCertificateSetupPackage.exe を実行し、[CTIOS Client Certificate Request] を選択して、「Ctios 認証局パスワード」を入力します。この手順が成功すると CtiosClient.pem ファイルが生成され、失敗するとエラー メッセージが表示されます。

ステップ 4 CTI Toolkit Desktop Client がインストールされているマシンに CtiosClient.pem と CtiosRootCert.pem の両方をコピーし、<drive>:¥Program Files¥Cisco Systems¥CTIOS Client¥CTIOS Security ディレクトリに保存します。

ステップ 5 CTI Toolkit Desktop Client がインストールされているマシンから、CtiosClientkey.pem を削除します。

ステップ 6 SignCertificateSetupPackage.exe を実行したマシンから、CtiosClientkey.pem、CtiosClientreq.pem、および CtiosClient.pem を削除します。


 

自己署名型 CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名

CTI OS サーバ証明書要求に署名するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 自己署名型 CA が存在しない場合、CreateSelfSignedCASetupPackage.exe を実行し、CreateSelfSignedCASetupPackage.exe プログラムによって作成されたファイルをすべて安全な場所に保管します。

ステップ 2 CTI OS サーバ マシンから、CtiosRoot.pem と CtiosRootCert.pem が存在するマシンに CtiosServerKey.pem ファイルおよび CtiosServerReq.pem ファイルをコピーします。CtiosServerKey.pem と CtiosServerReq.pem の両ファイルを CtiosRoot.pem および CtiosRootCert.pem と同じディレクトリ(<drive>:¥icm¥<Instance name>¥CTIOS1¥Security)にコピーする必要があります。

ステップ 3 CtiosServerKey.pem、CtiosServerReq.pem、CtiosRoot.pem、および CtiosRootCert.pem が存在するディレクトリから SignCertificateSetupPackage.exe を実行し、[CTIOS Server Certificate Request] を選択して、「Ctios 認証局パスワード」を入力します。この手順が成功すると CtiosServer.pem ファイルが生成され、失敗するとエラー メッセージが表示されます。

ステップ 4 CTI OS サーバが存在するマシンに CtiosServer.pem および CtiosRootCert.pem をコピーして、<drive>:¥icm¥<Instance name>¥CTIOS1¥Security ディレクトリに保存します。

ステップ 5 CTI OS サーバがインストールされたマシンから CtiosServerkey.pem を削除します。

ステップ 6 SignCertificateSetupPackage.exe を実行したマシンから、CtiosServerKey.pem、CtiosServerReq.pem、および CtiosServer.pem を削除します。

ステップ 7 CTI OS サーバがピア サーバである場合は、次の作業を行います。

a. CTI OS サーバ マシンから、CtiosRoot.pem と CtiosRootCert.pem が存在するマシンに CtiosClientkey.pem ファイルおよび CtiosClientreq.pem ファイルをコピーします。CtiosClientkey.pem と CtiosClientreq.pem の両ファイルを CtiosRoot.pem および CtiosRootCert.pem と同じディレクトリにコピーする必要があります。

b. CtiosClientkey.pem、CtiosClientreq.pem、CtiosRoot.pem、および CtiosRootCert.pem が存在するディレクトリから SignCertificateSetupPackage.exe を実行し、[CTI Desktop Client Certificate Request] を選択して、「Ctios 認証局パスワード」を入力します。この手順が成功すると CtiosClient.pem ファイルが生成され、失敗するとエラー メッセージが表示されます。

c. CTI OS サーバが存在するマシンに CtiosClient.pem をコピーして、<drive>:¥icm¥<Instance name>¥CTIOS1¥Security ディレクトリに保存します。

d. CTI OS サーバがインストールされたマシンから CtiosClientkey.pem を削除します。

e. SignCertificateSetupPackage.exe を実行したマシンから、CtiosClientkey.pem、CtiosClientreq.pem、および CtiosClient.pem を削除します。


 

サードパーティ CA を使用した CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求の署名

CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求に署名するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 CTI Toolkit Desktop Client マシンから、サードパーティ CA が存在するマシンに CtiosClientreq.pem ファイルをコピーします。

ステップ 2 サードパーティ CA を使用して CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求(CtiosClientreq.pem)に署名することで、CTI Toolkit Desktop Client 証明書が生成されます。証明書の名前を CtiosClientCert.pem に変更します。

ステップ 3 サードパーティ CA では、証明書のパブリック情報がファイルに保存されます。このファイルの名前を CtiosRootCert.pem に変更します。

ステップ 4 CTI Toolkit Desktop Client が存在するマシンに CtiosClientCert.pem と CtiosRootCert.pem の両方をコピーし、<drive>:¥Program Files¥Cisco Systems¥CTIOS Client¥Security ディレクトリに保存します。

ステップ 5 CTI Toolkit Desktop Client マシンの CtiosClientCert.pem ファイル内のデータと CtiosClientkey.pem ファイル内のデータを CtiosClient.pem という 1 つのファイルにコピーします。順序は非常に重要であり、CtiosClient.pem には最初に CtiosClientCert.pem データ、次に CtiosClientkey.pem データが格納される必要があります。

ステップ 6 CTI Toolkit Desktop Client マシンから CtiosClientCert.pem および CtiosClientkey.pem を削除します。


 

サードパーティ CA を使用した CTI OS サーバ証明書要求の署名

CTI OS サーバ証明書要求に署名するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 CTI OS サーバ マシンから、サードパーティ CA が存在するマシンに CtiosServerReq.pem ファイルをコピーします。

ステップ 2 サードパーティ CA を使用して CTI OS サーバ証明書要求(CtiosServerReq.pem)に署名すると、CTI OS サーバ証明書が生成されます。証明書の名前を CtiosServerCert.pem に変更します。

ステップ 3 サードパーティ CA では、証明書のパブリック情報がファイルに保存されます。このファイルの名前を CtiosRootCert.pem に変更します。

ステップ 4 CTI OS サーバが存在するマシンに CtiosServerCert.pem および CtiosRootCert.pem をコピーして、<drive>:¥icm¥<Instance name>¥CTIOS1¥Security ディレクトリに保存します。

ステップ 5 CTI OS サーバ マシンの CtiosServerCert.pem ファイル内のデータと CtiosServerkey.pem ファイル内のデータを CtiosServer.pem と呼ばれる 1 つのファイルにコピーします。順序は非常に重要であり、CtiosServer.pem には最初に CtiosServerCert.pem データ、次に CtiosServerkey.pem データが格納される必要があります。

ステップ 6 CTI OS サーバ マシンから CtiosServerCert.pem および CtiosServerkey.pem を削除します。

ステップ 7 CTI OS サーバがピア サーバである場合は、次の作業を行います。

a. CTI OS サーバ マシンから、サードパーティ CA が存在するマシンに CtiosClientreq.pem ファイルをコピーします。

b. サードパーティ CA を使用して CTI Toolkit Desktop Client 証明書要求(CtiosClientreq.pem)に署名することで、CTI Toolkit Desktop Client 証明書が生成されます。証明書の名前を CtiosClientCert.pem に変更します。

c. CTI OS サーバが存在するマシンに CtiosClientCert.pem ファイルをコピーして、<drive>:¥icm¥<Instance name>¥CTIOS1¥Security ディレクトリに保存します。

d. CTI OS サーバ マシンの CtiosClientCert.pem ファイル内のデータと CtiosClientkey.pem ファイル内のデータを CtiosClient.pem と呼ばれる 1 つのファイルにコピーします。ファイルは必ずこの順序でコピーして、CtiosClient.pem に最初に CtiosClientCert.pem データ、次に CtiosClientkey.pem データが保存されるようにします。

e. CTI OS サーバ マシンから CtiosClientCert.pem および CtiosClientkey.pem を削除します。

CTI OS Security のパスワード

CTI OS Security には、次の 5 つのタイプのパスワードが導入されています。

1. CTI OS クライアント証明書パスワード:管理者またはインストーラは、CTI OS クライアント セキュリティをインストールするときに、このパスワードを入力します。このパスワードは、CTI OS クライアント証明書要求の秘密キーに使用され、任意の文字にすることができます。管理者およびインストーラはこのパスワードを覚えておく必要はありません。

2. CTI OS サーバ証明書パスワード:管理者またはインストーラは、CTI OS サーバ セキュリティをインストールするときに、このパスワードを入力します。このパスワードは、CTI OS サーバ証明書要求の秘密キーに使用され、任意の文字にすることができます。管理者およびインストーラはこのパスワードを覚えておく必要はありません。

3. CTI OS ピア証明書パスワード:管理者またはインストーラは、CTI OS サーバ セキュリティをインストールするときに、このパスワードを入力します。このパスワードは、CTI OS ピア サーバ証明書要求の秘密キーに使用され、任意の文字にすることができます。管理者およびインストーラはこのパスワードを覚えておく必要はありません。

4. モニタ モード パスワード:管理者またはインストーラは、CTI OS サーバ セキュリティをインストールするときに、このパスワードを入力します。このパスワードは、エージェントが AllAgents や AllCalls などの CTI OS モニタ モード アプリケーションを使用してセキュアな CTI OS サーバに接続するときに使用されます。このパスワードは、両方の CTI OS ピア サーバで同一である必要があり、管理者またはインストーラと、CTI OS モニタ モード アプリケーションのユーザはこのパスワードを覚えておく必要があります。

5. 認証局(CA)パスワード:管理者またはインストーラが自己署名型 CA を作成するときに、このパスワードを入力します。パスワードは任意の文字にすることができます。管理者またはインストーラは、この CA で証明書要求に署名するときに常にこのパスワードを使用するので、覚えておく必要があります。

CTI OS Security のレジストリ キー

[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥CiscoSystems, Inc.¥CTIOS¥<CTIOS_Instancename>¥CTIOS1¥Server¥Security] にあるレジストリ キーは、CTI OS サーバ セキュリティの設定を定義します。

表 7-1 に、これらのキーのレジストリ値を示します。

 

表 7-1 CTI OS サーバのレジストリ値

レジストリ値の名前
値の種類
説明
デフォルト
AuthenticationEnabled

DWORD 値

このマニュアルの 認証メカニズムの項を参照してください。

1

CAType

DWORD 値

インストール時に作成されます。値 1 は、選択された CA タイプが自己署名型であり、値 2 は選択した CA タイプがサード パーティであることを意味します。

1

NumBytesRenegotiation

DWORD 値

セッションの再ネゴシエーション、つまり、すでに確立された接続時におけるハンドシェイクの実行要求に使用されます。これにより、CTI OS クライアントの資格情報が再評価され、新しいセッションが作成されます。長時間の SSL 接続に対しては定期的にセッション キーを置換することが重要です。そうすることで、CTI OS サーバと CTI OS クライアントの接続の安全性が高まります。再ネゴシエーションは、CTI OS サーバが CTI OS クライアントに 10000000 バイトを送信した後で行われます。デフォルトは最小値の 10000000 です。

10000000

SecurityEnabled

DWORD 値

インストール時に作成されます。値 1 は CTI OS Security が有効であり、値 0 は CTI OS Security が無効であることを意味します。

0

MonitorModeDisableThreshold

DWORD 値

モニタ モードが無効になるまでの、モニタ モード機能へのアクセスの連続失敗回数を制御します。


) 詳細については、「モニタ モードのセキュリティ」の項を参照してください。


3(デフォルト)

MonitorModeDisableDuration

DWORD 値

モニタ モード機能へのアクセスに対して設定された連続失敗回数に達した後で、モニタ モード機能が無効になる時間の長さを制御します。


) 詳細については、「モニタ モードのセキュリティ」の項を参照してください。


15 分(デフォルト)

[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥CTI OS Client¥CtiOs] にあるレジストリ キーは CTI OS クライアント セキュリティの設定を定義します。 表 7-2 に、これらのキーのレジストリ値を示します。

 

表 7-2 CTI OS クライアントのレジストリ値

レジストリ値の名前
値の種類
説明
デフォルト
CAType

DWORD 値

インストール時に作成されます。値 1 は、選択された CA タイプが自己署名型であり、値 2 は選択した CA タイプがサード パーティであることを意味します。

1

HandShakeTime

DWORD 値

インストール時に作成されます。このキーは、SSL/TLS ハンドシェイク段階で CTI OS クライアントが待機する時間を定義します。

5

モニタ モードのセキュリティ

CTI OS サーバのセキュリティが有効である場合、サーバは、モニタ モード機能へのアクセスを取得しようとする不正な試みからサーバ自体を保護します。これには、モニタ モード機能へのアクセスの失敗回数を追跡します。モニタ モード機能へのアクセスに対して設定された連続失敗回数に達すると(デフォルトでは 3 回)、CTI OS サーバはモニタ モード機能を無効にします。その場合、モニタ モード機能へのアクセスはすべて失敗します。この状況は、最後にモニタ モード機能へのアクセスに失敗してから、設定された時間が経過するまで続きます。この時間は、デフォルトで 15 分に設定されます。

デフォルトを変更できるように、[MonitorModeDisableThreshold] レジストリ設定と [MonitorModeDisableDuration] レジストリ設定が HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥Ctios¥CTIOS<instance>¥<ServerName>¥Server¥Security に追加されました。

[MonitorModeDisableThreshold]:このレジストリ フィールドは DWORD です。モニタ モードが無効になるまでの、モニタ モード機能へのアクセスの連続失敗回数を制御します。

[MonitorModeDisableDuration]:このレジストリ フィールドは DWORD です。モニタ モード機能へのアクセスに対して設定された連続失敗回数に達した後で、モニタ モード機能が無効にある時間の長さを制御します。

セキュリティ互換性

ネットワーク上で安全にデータを受け渡しすることは、シスコにとってもお客様にとっても重要です。CTI OS 6.0 以前のリリースは、どのタイプのセキュリティもサポートしません。CTI OS 7.0 には、セキュリティを扱うため、次の 2 つの機能が実装されました。

ワイヤ レベル暗号化:トランスポート層セキュリティ(TLS)を使用する CTI OS サーバと CTI OS クライアント間のすべてのトラフィックを保護するのに役立ちます。このプロトコルは、トランスポート層(TCP)で暗号化と証明書を提供します。

認証メカニズム:IPCC および System IPCC に対してのみ、エージェントが適切なパスワードを入力した場合に限り、正常にログインできるようにします。


) このマニュアルに記載されている情報は、Cisco Unified System Contact Center Enterprise(Unified SCCE)の導入環境に関連する内容ではありません。Cisco IPCC Enterprise Web Administration Tool は Unified SCCE の管理に使用します。(Unified SCCE Release 7.5 は、8.0(1) ソリューションでサポートされます)。


ワイヤ レベル暗号化

ワイヤ レベル暗号化は、CTI OS サーバ 7.0 と CTI OS クライアント 7.0 間にのみ暗号化メカニズムを提供します。デフォルトでは、ワイヤ レベル暗号化はオフになります。[SecurityEnabled] レジストリ キーの値が 0 の場合、セキュリティ機能は無効です。[SecurityEnabled] レジストリ キーの値が 1 の場合、セキュリティ機能は有効です。このキーは、次の場所に存在します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥Ctios¥CTIOS_<InstanceName>¥CTIOS1¥Server¥Security
 

CTI OS サーバ 7.0 でセキュリティ機能が有効になっている場合、以前のバージョンの CTI OS クライアントとこのバージョンの CTI OS サーバ間の下位互換性は維持されません。また、CTI OS サーバでセキュリティ機能が有効になっている場合、.NET CIL、Java CIL、または Siebel Driver を使用する CTI OS 7.0 クライアントは CTI OS サーバに接続できません。ある CTI OS サーバでセキュリティ機能が有効であり、このサーバにピアが存在する場合は、ピア サーバでもセキュリティ機能を有効にする必要があります。 表 7-3 に、CTI OS ツールキットのリストを示します。

 

表 7-3 ワイヤ レベル暗号化:CTI OS ツールキットのリスト

C++ CIL ツールキット
COM CIL ツールキット
Java CIL ツールキット
.NET CIL ツールキット
ワイヤ レベル暗号化のサポート

Yes

Yes

No

No

表 7-4 に、CTI OS サーバ 8.0 と CTI OS クライアント 8.0 の間の互換性情報を示します。

 

表 7-4 ワイヤ レベル暗号化:CTI OS ツールキットのリスト

C++ CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
COM CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
Java CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
.NET CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
CTI OS サーバ 8.0(セキュリティ機能が有効)

Yes

Yes

No

No

CTI OS サーバ 8.0(セキュリティ機能が無効)

Yes

Yes

Yes

Yes

表 7-5 に、CTI OS サーバ 7.0 と CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョンの間の互換性情報を示します。

 

表 7-5 ワイヤ レベル暗号化:CTI OS サーバ 7.0 と CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン

C++ CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン
COM CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン
Java CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0
CTI OS サーバ 7.0(セキュリティ機能が有効)

No

No

No

CTI OS サーバ 7.0(セキュリティ機能が無効)

Yes

Yes

Yes

認証メカニズム

認証メカニズムは、IPCC 専用です。デフォルトではオンになります。[AuthenticationEnabled] レジストリ キーの値が 0 の場合、認証機能は無効です。[AuthenticationEnabled] レジストリ キーの値が 1 の場合、認証機能は有効です。このキーは、次の場所に存在します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥Ctios¥CTIOS_<InstanceName>¥CTIOS1¥Server¥Security

 

IPCC、System IPCC、または HIPCC 以外のすべてのペリフェラルについては、このレジストリ キーは使用されません。


) 認証機能が有効になっている場合に、エージェントをログインせずにエージェント モードを設定していると、CTI OS クライアント(CIL)はイベントをブロックします。これを回避するには、認証機能をオフにするか、エージェントを実際にログインします。この問題は、モニタ モードではなく、エージェント モードでのみ発生します。


表 7-6 に、CTI OS サーバ 8.0 と CTI OS クライアント 8.0 の間の互換性情報を示します。

 

表 7-6 認証メカニズム:CTI OS サーバ 8.0 と CTI OS クライアント 8.0

C++ CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
COM CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
Java CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
.NET CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 8.0
CTI OS サーバ 8.0(認証機能が有効)

Yes

Yes

Yes

Yes

CTI OS サーバ 8.0(認証機能が無効)

No

No

No

No

表 7-7 に、CTI OS サーバ 7.0 と CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョンの間の互換性情報を示します。

 

表 7-7 認証メカニズム:CTI OS サーバ 7.0 と CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン

C++ CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン
COM CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0 以前のバージョン
Java CIL ツールキットを使用する CTI OS クライアント 6.0
CTI OS サーバ 7.0(認証機能が有効)

Yes(*、**)

Yes(*、**)

Yes(*、**)

CTI OS サーバ 7.0(認証機能が無効)

Yes

Yes

Yes

* 当該のエージェントがまだログインしていなくても、CTI OS Agent Desktop、IPCC Supervisor Desktop、および BA Phone には常に「Agent with ID <ID> is already logged in to instrument <INSTRUMENT>」という CTI 警告が表示されます。この問題は、[WarnIfAlreadyLoggedIn] レジストリ キーを 0 に設定することで解決します。このキーは、次の場所に存在します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥Ctios¥CTIOS_<InstanceName>¥CTIOS1¥EnterpriseDesktopSettings¥All Desktops¥Login¥ ConnectionProfiles¥Name¥<ConnectionProfileName>

 

** 次のシナリオが想定されています。

エージェント A が CTI OS Agent Desktop、IPCC Supervisor Desktop、BA Phone のいずれかを使用してすでに CTIOS サーバにログインしている。

エージェント B が CTI OS Agent Desktop、IPCC Supervisor Desktop、BA Phone のいずれかを使用して CTI OS サーバに接続している。

エージェント B がエージェント A の ID と無効なパスワードを使用してログインしようとしている。

エージェント B が制御障害を受信したが、デスクトップでは [Login]、[Logout]、[Ready] の 3 つのボタンすべてが有効になっている(エージェント B はこれらのボタンを使用して、エージェント A のデスクトップを操作できます)。

エージェント B が [Ready] ボタンを押すと、ボタンの有効化が正常になる。また、エージェント B のデスクトップには、このエージェントがまだログインしていなくても、「Agent with ID <ID> is already logged in to instrument <INSTRUMENT>」という CTI 警告が表示されます。

この問題は、[WarnIfAlreadyLoggedIn] レジストリ キーを 0 に設定することで解決します。このキーは、次の場所に存在します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Cisco Systems, Inc.¥Ctios¥CTIOS_<InstanceName>¥CTIOS1¥EnterpriseDesktopSettings¥All Desktops¥Login¥ ConnectionProfiles¥Name¥<ConnectionProfileName>


また、デスクトップには、「The request specified an invalid agent password」という CTI 警告も表示されます。


) 1 つの CTI OS サーバがダウン状態のときに、6.0 以前のクライアントが最初にダウンした CTI OS サーバに接続しようとすると、ログインに失敗する可能性があります。この場合、エージェントは再びログインを試みます。デスクトップがアップ状態の CTI OS サーバに接続すると、適切な資格情報が入力されている限り、エージェントはログインされます。