Cisco VG350 Voice Gateway ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco VG350 音声ゲートウェイの電源投入
Cisco VG350 音声ゲートウェイの電源投入
発行日;2013/11/01 | 英語版ドキュメント(2012/12/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco VG350 音声ゲートウェイの電源投入

電源投入のチェックリスト

電源投入の手順

トラブルシューティング

Cisco VG350 音声ゲートウェイの電源投入

Cisco VG350 音声ゲートウェイに電源を投入するには、必要に応じて、リストされている順序で次のタスクを実行します。

「電源投入のチェックリスト」

「電源投入の手順」

「トラブルシューティング」

電源投入のチェックリスト

次で説明されている要件を満たすと、Cisco VG350 音声ゲートウェイに電源を投入できます。
:

シャーシにしっかり取り付けられている。

電源コードが接続されている。

インターフェイス ケーブルが接続されている。

電源投入の手順

Cisco VG350 音声ゲートウェイに電力を供給するためにこの手順を実行し、初期化とセルフ テストが実行されていることを確認します。これが終了すると、Cisco VG350 音声ゲートウェイを設定できます。


警告 この装置には複数の電源装置が接続されている場合があります。すべての接続を取り外し、装置の電源を遮断する必要があります。ステートメント 1028



警告 装置は現地および国の電気規則に従って設置する必要があります。ステートメント 1074


Cisco VG350 音声ゲートウェイに電源を投入するには、次を実行します。


ステップ 1 端末または PC に電源を投入し、9600 bps、8 データ ビット、1 ストップ ビット、パリティなしに設定します。

ステップ 2 オンの位置に Cisco VG350 音声ゲートウェイ電源スイッチを切り替えます。

補助ポートの横にある緑色の LED が点灯し、ファンが動作します。このようにならない場合、「トラブルシューティング」を参照してください。

次のメッセージが、ブート メッセージの末尾に表示されます。

--- System Configuration Dialog ---
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:
 

ステップ 3 CLI を使用して手動設定を進める場合は no を入力します。

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: no
Would you like to terminate autoinstall? [yes]
 

ステップ 4 Return を押して自動インストールを終了し、手動設定を続行します。

いくつかのメッセージが表示され、次のような行で終わります。

...
Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
Compiled <date> <time> by <person>
 

ステップ 5 Return を押すと Router> プロンプトが表示されます。

...
flashfs[4]: Initialization complete.
Router>
 

ステップ 6 特権 EXEC モードを開始します。

Router> enable
Router#
 

ステップ 7 「トラブルシューティング」に進みます。


rommon 1> プロンプトが表示される場合、システムは ROM モニタ モードでブートされています。ROM モニタについては、Cisco IOS ソフトウェア リリースに対応する『Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide』のルータの再起動および ROM モニタの情報を参照してください。



 

トラブルシューティング

ここでは、メカニカルな問題と解決方法について説明します。


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 1030



警告 スイッチ内部にはユーザが保守できる部品はありません。カバーを取り外さないでください。ステートメント 1073


異常であるように思われる場合は、最初にすべてのケーブルと接続を確認します。正常である場合は、特定の問題と解決方法について 表 5-1 を参照してください。

設定の問題については、『 Cisco VG350 Voice Gateway Software Configuration Guide 』を参照してください。

 

表 5-1 Cisco VG350 音声ゲートウェイのトラブルシューティング

症状
考えられる原因
修正措置

電源 LED およびファンがオフである

電源が切られている

電源をオンにする

電源ケーブルに障害がある

電源コードを検査/交換する

電源に障害がある

入力電力を検査/修正する

内部電源に障害がある

シスコ1またはシスコの販売代理店に連絡する

電源 LED がオンでファンがオフである

Cisco VG350 に障害がある

シスコ 1 のテクニカル サービス センターまたはシスコの販売代理店に連絡する

電源 LED がオフでファンがオンである

Cisco VG350 に障害がある

シスコ 1 またはシスコの販売代理店に連絡する

Cisco VG350 から初期化応答がない

モデムのコンソール端末に障害がある

モデム/端末を検査/交換する

端末への配線に障害がある

ケーブルを検査/交換する

Cisco VG350 に障害がある

シスコ 1 またはシスコの販売代理店に連絡する

ユニットが一定期間動作した後で停止する

過熱している

換気を調べる

Cisco VG350 に障害がある

シスコ 1 またはシスコの販売代理店に連絡する

コンソール画面がフリーズする

コンソールに障害がある

コンソールをリセット/交換する

ソフトウェアに障害がある

電源投入の手順を繰り返す

Cisco VG350 に障害がある

シスコ 1 またはシスコの販売代理店に連絡する

1.を参照してください。