Cisco VG350 Voice Gateway ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
インターフェイス番号および Cisco IOS ソフトウェアの基礎について
インターフェイス番号および Cisco IOS ソフトウェアの基礎について
発行日;2013/10/23 | 英語版ドキュメント(2012/12/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

インターフェイス番号および Cisco IOS ソフトウェアの基礎について

Cisco VG350 の識別

ポートの番号付け規則

Cisco IOS ソフトウェアの基礎について

ヘルプの利用方法

コマンド モード

コマンドまたは機能の取り消し

コンフィギュレーションの変更の保存

新しい Cisco IOS リリースへのアップグレード方法

次の作業

インターフェイス番号および Cisco IOS ソフトウェアの基礎について

この章では、Cisco VG350 Cisco VG350 Voice Gateway(VG)のインターフェイス番号の概要を説明します。また、Cisco IOS ソフトウェア コマンドの使用方法についても説明します。

この章では、次の主要なトピックを示します。

「Cisco VG350 の識別」

「ポートの番号付け規則」

「Cisco IOS ソフトウェアの基礎について」

「新しい Cisco IOS リリースへのアップグレード方法」

「次の作業」

Cisco VG350 の識別

図 1-1 は Cisco VG350 Voice Gateway のシャーシの前面パネルを示します。

図 1-1 Cisco VG350 の前面パネル

1

AC OK

3

ACT ステータス LED

2

SYS ステータス LED

4

PS1(右)、PS2(左)

ポートの番号付け規則

図 1-2 に背面パネルを示します。

図 1-2 Cisco VG350 の背面パネル

 

 

1

EHWIC スロット 1 0、1、2、および 3(0 が右端)

6

USB0 および USB1(1 が上)

2

RJ-45 シリアル コンソール ポート

7

アース

3

SFP1 および SFP2(2 が上)

8

CompactFlash 0 および 1(0 が右端)

4

10/100/1000 イーサネット ポート GE 0/1 および GE 0/2(GE 0/2 が上)

9

SM-D-72FXS サービス モジュール

5

10/100/1000 イーサネット ポート GE0/0

10

SM-D-48FXS-E サービス モジュール

Cisco IOS ソフトウェアの基礎について

この項では、CLI を使用してルータを設定する前に Cisco IOS ソフトウェアについて理解しておく必要のある事項について説明します。この章では、次の内容を説明します。

「ヘルプの利用方法」

「コマンド モード」

「コマンドまたは機能の取り消し」

「コンフィギュレーションの変更の保存」

「次の作業」

これらの概念を理解しておくと、円滑に CLI を使い始めることができます。Cisco IOS ソフトウェアの使用経験がまったくないか、更新情報が必要な場合は、次の章に進む前にこの章を読んでおいてください。

すでに Cisco IOS ソフトウェアを十分理解している場合は、「ホスト名とパスワードの設定」に進んでください。

ヘルプの利用方法

疑問符(?)と矢印キーを使用すると、コマンドの入力に役立ちます。

使用可能なコマンドの一覧を表示するには、次のように疑問符(?)を入力します。

Router> ?
 

コマンドを完成させるには、わかっている文字を数文字入力し、続けて疑問符を入力します(スペースなし)。

Router> s?
 

コマンド変数のリストを表示するには、コマンドに続けてスペースと疑問符を入力します。

Router> show ?
 

以前に入力したコマンドを再表示するには、↑キーを押します。↑キーを押し続けると、さらに前に入力したコマンドにさかのぼって、順に表示されます。

コマンド モード

Cisco IOS ユーザ インターフェイスは、多くのモードに分かれています。各コマンド モードで、ルータ上の異なるコンポーネントを設定できます。その時点で使用可能なコマンドは、現在どのモードにいるかによって異なります。プロンプトで疑問符( ? )を入力すると、各コマンド モードで使用できるコマンドの一覧が表示されます。 表 1-1 に、最も一般的なコマンド モードのリストを示します。

 

表 1-1 一般的なコマンド モード

コマンド モード
アクセス方法
表示されるルータ プロンプト
終了方法

ユーザ EXEC

ログインします。

Router>

logout コマンドを使用します。

特権 EXEC

ユーザ EXEC モードから、 enable コマンドを入力します。

Router#

ユーザ EXEC モードを終了するには、 disable exit 、または logout のいずれかのコマンドを使用します。

グローバル コンフィギュレーション

特権 EXEC モードで、 configure terminal コマンドを入力します。

Router (config)#

特権 EXEC モードを終了するには、 exit コマンドまたは end コマンドを使用するか、 Ctrl+Z を押します。

インターフェイス コンフィギュレーション

グローバル コンフィギュレーション モードから interface type number コマンドを入力します(例: interface serial 0/0 )。

Router (config-if)#

終了してグローバル コンフィギュレーション モードに戻るには、 exit コマンドを使用します。

特権 EXEC モードを直接終了するには、 Ctrl+Z を押します。


ワンポイント アドバイス 各コマンド モードで使用できるコマンドは、コマンドのサブセットに制限されています。コマンドの入力において問題が生じた場合は、プロンプトを確認するとともに、疑問符(?)を入力して使用できるコマンドのリストを表示してください。間違ったコマンド モードにいるか、間違った構文を使用している可能性があります。


次の例は、新しいコマンド モードを示す各コマンドの後でプロンプトがどのように変化するかを示しています。

Router> enable
Password: <enable password>
Router# configure terminal
Router(config)# interface serial 0/0
Router#
%SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 

最後のメッセージは正常で、エラーを示しているわけではありません。 Return キーを押して、 Router# プロンプトに切り替えます。


) どのモードでも、exit を入力して直前のモードに戻る代わりに、Ctrl+z を押すと、すぐにイネーブル モード(Router#)に戻ることができます。


コマンドまたは機能の取り消し

入力したコマンドを取り消すか、または機能を無効にするには、大半のコマンドの場合、コマンドの前に no キーワードを入力します(例: no ip routing )。

コンフィギュレーションの変更の保存

システムのリロードや停電の発生時に変更内容が失われないように、設定の変更を不揮発性 RAM(NVRAM)に保存するには、 copy running-config startup-config コマンドを入力する必要があります。例:

Router# copy running-config startup-config
Building configuration...
 

コンフィギュレーションが NVRAM に保存されるまでに、1 ~ 2 分を要する場合があります。設定が保存されると、次が表示されます。

[OK]
Router#

新しい Cisco IOS リリースへのアップグレード方法

新しい Cisco IOS リリースをインストールまたはアップグレードするためには、『 How to Update/Upgrade Cisco IOS Software 』を参照してください。

次の作業

これで、Cisco IOS ソフトウェアの基礎を理解できました。CLI を使用してルータの設定を開始することができます。

次の事項を確認してください。

コマンドの入力支援として、疑問符(?)と矢印キーを使用できます。

各コマンド モードは、一定のコマンド セットに制限されています。コマンドの入力で問題がある場合は、プロンプトを確認し、使用可能なコマンドのリストを見るために疑問符( ? )を入力します。間違ったコマンド モードにいるか、間違った構文を使用している可能性があります。

機能を無効にするには、一般的にコマンドの前にキーワード no を入力します(例: no ip routing )。

システムのリロードや停電が発生した際に変更内容が失われないように、設定の変更を NVRAM に保存する必要があります。

「ホスト名とパスワードの設定」に進み、ルータの設定を開始してください。