Cisco VG248 Analog Phone Gateway ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 1.3(1)
索引
B
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

B

Basic、コール制御モード  1-6

C

CDP

サポート  1-27

有効化  2-13, 2-15

Cisco CallManager

エラーの解決  6-15

追加、MWI ポートの  5-15, 5-31

追加、VG248 の

自動登録  5-2

手作業  5-4

Cisco CallManager エクステンション モビリティ

設定チェックリスト(表)  5-17, 5-23, 5-32

Cisco EnvMon MIB、サポート  1-27

Cisco Memory Pool MIB、サポート  1-27

Cisco Process MIB、サポート  1-27

D

DHCP

再設定、IP アドレスの  2-7

サポート  1-24

有効化  2-7

Disconnect 通知、設定  4-21

DNS サーバ

目的  2-11

割り当て  2-11

F

FAX 機器、サポート  1-11

Feature、コール制御モード  1-5

FTP、サポート  1-24

H

HTTP、サポート  1-24

I

IGMP プロトコル、サポートされる  1-24

IP プロトコル、サポートされる  1-24

IPアドレス

再設定  2-7

目的  2-8

割り当て  2-8

K

keep alive number、設定  4-20

M

Malicious Call Identification、デフォルトの機能コード  1-7

MIB、サポートされるタイプ  1-26

MWI タイプ

説明  1-4

選択  3-13

MWI ポートの追加、Cisco CallManager への  5-15, 5-31

P

PLAR 電話、サポート  1-10

R

RFC 1213、サポート  1-26

RMON、サポート  1-27

RTP、サポート  1-24

S

Skinny client control protocol、サポート  1-24

SMDI

Async 1 ポート、説明  4-2

Async 2 ポート、説明  4-3

解決、エラーの  6-15

確認、設定の  6-24

接続、VG248 へのリンクの  4-2

設定

Disconnect 通知  4-21

keep alive number  4-20

SMDI 番号の長さ  4-16

最初の音声メール ポート番号  4-6

パイロット ディレクトリ番号  4-5

番号、SMDI ポートの  4-6

メッセージ デスク番号  4-15

設定の選択  1-17

停止、ポート アクティビティの  6-18

SMDI 設定

基本  1-17

多重  1-21

チェーン  1-19

SNMP

サポート  1-25

SNMP 設定値

コミュニティ ストリング  2-19

設定  2-19

設定、トラップ レシーバ ステーションの  2-23

トラップ設定値の指定  2-22

認証トラップの有効化  2-22

連絡先名の設定  2-20

ロケーションの設定  2-21

Standard、コール制御モード  1-5

Syslog サーバの割り当て  6-37

System Status

表示  6-25

目的  6-25

T

Telnet、使用方法  2-3

TFTP サーバ

目的  3-2

割り当て  3-2

TFTP プロトコル、サポートされる  1-24

V

VG248

再起動  2-4

追加、Cisco CallManager への  5-2, 5-4

有効化、ポートの  3-10

アナログ電話、サポート  1-10

移動、メイン メニューの  2-3

イネーブル パスワード

設定  2-18

目的  2-18

エラー

解決  6-15

解決、SMDI での  6-15

エラー メッセージ、解決  6-40

音声メールのコール、デフォルトの機能コード  1-7

音声メール、Cisco CallManager 3.3 の設定  5-9

音声メール、Cisco CallManager 4.0 の設定  5-22

会議、デフォルトの機能コード  1-8

概要

コール制御モード  1-4

確認、SMDI 設定の  6-24

機能コード

全コール自動転送  1-7

Malicious Call Identification  1-7

音声メールのコール  1-7

会議  1-8

コール ウェイティング  1-7

最後の会議参加者の削除  1-8

短縮ダイヤル  1-7

ピックアップ  1-7

ブラインド転送  1-8

保留  1-8

無効化、全コール自動転送の  1-7

リダイヤル  1-7

割り当て  3-4

基本設定、SMDI 設定の  1-17

国別コード  3-6

コール ウェイティング、デフォルトの機能コード  1-7

コール制御モード

Feature  1-5

Standard  1-5

アクセス、機能への  1-7

一般的なヒント  1-5

概要  1-4

基本  1-6

選択  3-4

コミュニティ ストリング

設定  2-19

目的  2-19

固有呼び出し音、有効化  3-40

コンソール、使用方法  2-2

再起動、VG248 の  2-4

最後の会議参加者の削除、デフォルトの機能コード  1-8

最初の音声メール ポート番号  4-6

最初の音声メール ポート番号、設定  4-6

サブネット マスク

割り当て  2-9

サポートされるデバイス

FAX 機器  1-11

PLAR 電話  1-10

アナログ電話  1-10

スピーカホン  1-10

モデム  1-11

サポートされるテレフォニー機能  1-3

自動登録

VG248 の、Cisco CallManager への  5-2

出力ゲイン、設定  3-17

スーパービジョン解除、有効化  3-15

スピーカホン、サポート  1-10

設置場所、設定  2-21

設定

Disconnect 通知  4-21

keep alive number  4-20

SMDI 番号の長さ  4-16

SNMP 設定値  2-19

イネーブル パスワード  2-18

テレフォニー機能  3-1

パイロット ディレクトリ番号  4-5

番号、SMDI ポートの  4-6

メッセージ デスク番号  4-15

ログイン パスワード  2-17

設定、現在の表示  6-31

対象読者、本書の  xv

タイプ、MWI の  1-4

多重設定、SMDI 設定の  1-21

短縮ダイヤル、デフォルトの機能コード  1-7

チェーン設定、SMDI の  1-19

データおよび音声プロトコル、サポートされる  1-24

デフォルト ルータ、割り当て  2-10

テレフォニー機能

アクセス、コール制御モードでの  1-7

サポートされる  1-3

設定  3-1

ドメイン名、割り当て  2-12

トラップ

サポートされるタイプ  1-25

トラップ レシーバ ステーション、設定  2-23

トラップ設定値、指定  2-22

トラブルシューティング

SMDI エラー  6-15

入力ゲイン、設定  3-16

認証トラップ、有効化  2-22

ネットワーク統計情報

表示  6-26

目的  6-26

パイロット ディレクトリ番号

設定  2-19

目的  2-19

パイロット ディレクトリ番号、設定  4-5

パスワード

イネーブル  2-18

設定  2-17

ログイン  2-17

発信者 ID

有効化  3-12

発信者 ID、有効化  3-12

ピックアップ、デフォルトの機能コード  1-7

表示

System Status  6-25

現在の設定  6-31

ネットワーク統計情報  6-26

ポート ステータス  6-27

フック フラッシュ タイマー、変更  3-38

ブラインド転送、デフォルトの機能コード  1-8

プロトコル

IGMP  1-24

IP  1-24

ポート

設定、ロギングをオンに  6-39

有効化、VG248 での  3-10

ポート イネーブル ポリシー、設定  3-7

ポート ステータス、表示  6-27

ホスト名

目的  2-8

割り当て  2-8

保留、デフォルトの機能コード  1-8

マニュアル、構成  xvi

無効化、全コール自動転送の、デフォルトの機能コード  1-7

メイン メニュー

移動  2-3

メッセージ デスク番号、設定  4-15

モデム、サポート  1-11

モニタリング、リモート  6-35

有効化

CDP  2-13, 2-15

DHCP  2-7

認証トラップ  2-22

発信者 ID  3-12

ユーザ相互対話、テレフォニー機能との  1-7

読み取り専用コミュニティ ストリング、設定  2-19

読み取りと書き込みのコミュニティ ストリング、設定  2-19

リダイヤル、デフォルトの機能コード  1-7

連絡先名、設定  2-20

ロギング レベルの選択  6-39

ログイン

使用方法、Telnet の  2-3

使用法、コンソール ポートの  2-2

ログイン パスワード

設定  2-17

目的  2-17

割り当て

DNS サーバ  2-11

IPアドレス  2-8

syslog サーバ  6-37

TFTP サーバ  3-2

機能コード  3-4

サブネット マスク  2-9

デフォルト ルータ  2-10

ドメイン名  2-12

ホスト名  2-8