Cisco VG248 Analog Phone Gateway ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 1.3(1)
VG248 のトラブルシューティ ング
VG248 のトラブルシューティング
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

VG248 のトラブルシューティング

ハードウェア エラーのトラブルシューティング

ハードウェアの状態の表示

ファン障害の判別

電源装置障害の判別

内部動作温度のモニタリング

VG248 への制限数以上の電話の接続

その他のハードウェア エラーの解決

ソフトウェア エラーのトラブルシューティング

ネットワークのエラーおよびシステム エラーの解決

CiscoCallManager のエラーの解決

アナログ エラーの解決

音声メールのエラーと警告の解決

ソフトウェア イメージのアップグレードまたは復元

音声メール ポート アクティビティのサスペンド

メイン イメージのアップグレード

ブート ローダーのアップグレード

不完全なアップグレードの解決

出荷時デフォルト値の復元

接続性の確認

ネットワーク接続性の確認

SMDI 接続と設定の確認

状況と設定値の表示

System Status の表示

ネットワーク統計情報の表示

ポート ステータスの表示

詳細なポート ステータスの表示

ポート統計情報の表示

現在の設定の表示

VG248 デバイス設定の表示

ポート設定の表示

ソフトウェア バージョンの表示

CPU 使用率のモニタリング

System Status のリモート モニタリング

イベント ログの利用

Syslog サーバの指定

Syslog の有効化

特定の Syslog サーバの指定

ロギング レベルとログ対象ポートの選択

最近のメッセージの表示

VG248 のサブシステムの概要

イベント ログ内の不正確な日時の解決

VG248 のトラブルシューティング

VG248 には、トラブルシューティングと診断機能が組み込まれています。次の項では、トラブルシューティングについて詳しく説明します。

「ハードウェア エラーのトラブルシューティング」

「ソフトウェア エラーのトラブルシューティング」

「ソフトウェア イメージのアップグレードまたは復元」

「接続性の確認」

「状況と設定値の表示」

「System Status のリモート モニタリング」

「イベント ログの利用」

ハードウェア エラーのトラブルシューティング

VG248 では、ファン、電源装置、動作温度、その他のハードウェア システムの問題を判別することができます。

次の項では、起り得る問題を VG248 がどのように判別するかを示し、その解決の方法を説明します。

「ハードウェアの状態の表示」

「ファン障害の判別」

「電源装置障害の判別」

「内部動作温度のモニタリング」

「VG248 への制限数以上の電話の接続」

「その他のハードウェア エラーの解決」

ハードウェアの状態の表示

ハードウェア障害の兆候が検出されると、メイン インターフェイス ウィンドウに警告メッセージが表示されます。しかし、そうなる前に、VG248 の現在の稼働環境をモニタリングすることもできます。

手順

現在の稼働環境をモニタリングする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Show environment を選択します。

VG248 に関する次の情報が表示されます。

内部温度

1.8 V 電源

3.3 V 電源

5.0 V 電源

12.0 V 電源

48.0 V 電源

96.0 V 電源

シャーシ ファンの状態

電圧と温度については、実際の値が、「okay」、「too high」、または「too low」というコメント付きで表示されます。ファンの状態は「okay」または「faulty」で示されます。


 

ファン障害の判別

ファン障害が表示された場合、機能していないファンが 1 つ(または 2 つ以上)あることを示します。デバイスの背面の穴が塞がれていないことを確認します。デバイスを開けたり、ファンを移動したりしないでください。デバイスを開けたり、ファンを移動する場合は、シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

電源装置障害の判別

内部 DC 電源の電圧はセットで測定されています(+1.8v、+3.3v、+5.0v、+12.0v、-48v、-96v)。

1.8v と 3.3v の電圧は平常値の +/- 6% 以内、その他は平常値の +/- 10% 以内でなければなりません。いずれかの値が範囲外となった場合、VG248 は電源装置障害を表示します。

電話の電源装置(-48v と -96v)が障害を起こしたとき、VG248 の過負荷を示す場合があります。各回線について最大 REN(Ringer Equivalence Number)負荷を超えていないことを確認します。最大 REN 負荷は 3 です。デバイスによっては、2 以上の REN 負荷がかかるため、必ずしも、3 台のデバイスをチェーンに接続する必要はありません。

他の電源装置のいずれかが障害を起こした場合は、シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

内部動作温度のモニタリング

VG248 は内部温度をモニタリングし、指定された範囲内の温度で稼働していることを確認します(動作温度は 0 ~ 40 ºC(32 ~ 104 ºF)でなければなりません)。内部温度が低すぎるか、または高すぎると VG248 が識別した場合、VG248 は警告メッセージを生成します。この範囲外で稼働し続けると(高低どちらの場合も)、VG248 は破損することがあります。

VG248 の動作温度が低すぎると、デバイス内に結露する危険性があります。結露を防ぐには、デバイスを暖かい場所に移動します。

VG248 の動作温度が高すぎる場合は、デバイスを換気のよい涼しい場所に移動します。VG248 の内部ファンは、内部温度を周囲温度と同じに保ちます。したがって、室温の高い場所に VG248 を設置すると、内部温度も限界値を超えやすくなります。

高温アラートには、次の 2 つのレベルがあります。

イエロー アラート:エラーを生成してログを出力するが、デバイスは引き続き作動可能である。

レッド アラート:すべての電話を即時に遮断する。その結果、コールはドロップし、コールは発信できません。VG248 を手作業で再起動するには、 Configure > Restart の順に選択するか、VG248 の電源接続をはずします。

VG248 への制限数以上の電話の接続

VG248 の回線あたりの最大 REN(Ringer Equivalence Number) 負荷は 3 であり(共有ディレクトリ番号を使用)、2 台のみのデバイスに 1 回オフフックできます。デバイスによっては、2 以上の REN 負荷がかかるため、必ずしも、3 台のデバイスをチェーンに接続する必要はありません。この要件を無視すると、アナログ電話では次に示すような品質低下が起る場合があります。

発信者の声がよく聞こえない:オフフックの電話数が多すぎる。回線ごとに、同時にオフフックする電話が 2 台を超えないようにします。

コール ウェイティングでのダイヤリングと発信者 ID が正しく機能しない:オフフックの電話数が多すぎる。回線ごとに、同時にオフフックする電話が 2 台を超えないようにします。

着信音が正常に鳴らない、またはまったく鳴らない:REN 負荷の超過。回線あたりの REN である 3 を超えないようにします。

電話の電源装置(-48v と -96v) が故障:REN 負荷の超過。回線あたりの REN である 3 を超えないようにします(詳細は、「電源装置障害の判別」を参照)。

その他のハードウェア エラーの解決

表 6-1 では、VG248 の画面またはイベント ログに表示されるエラーと警告のうち、ハードウェアの障害によって発生するものを説明します(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。この表の情報によりエラーを解決します。

 

表 6-1 ハードウェア エラーと警告の説明

システム
エラー
説明
処置

DSP

DSP X on SIM Y has failed

VG248 内部の DSP(Digital Signal Processor)チップのいずれかが故障した。

シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

DSP

DSP X, SIM Y failed to boot

OS

Ethernet has gone down

イーサネットが物理層レベルで停止した。

VG248 にイーサネット ケーブルが正しく接続されていること、VG248 が接続されているハブまたはスイッチが正常に動作していることを確認する。

SCCP

Failed to update real-time clock

VG248 のオンボード リアルタイム クロックが Cisco
CallManager からの時刻の設定に失敗した。

シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

SLIC

EDSP failure warning received

SLIC(アナログ テレフォニー インターフェイスを動作させるハードウェア)内の一時的な障害が検出された。

このメッセージが続く場合は、シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

SLIC

Over-temperature warning received

SLIC

PCM synchronization failure warning received

ソフトウェア エラーのトラブルシューティング

VG248 では、情報メッセージとエラーが、画面またはイベント ログに表示されます。その中には、設定ミス、タイムアウト、到達不能サーバなどの潜在的なソフトウェアの問題などがあります(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。

次の項では、このようなエラーの解決方法について詳しく説明します。

「ネットワークのエラーおよびシステム エラーの解決」

「音声メールのエラーと警告の解決」

「アナログ エラーの解決」

「音声メールのエラーと警告の解決」

ネットワークのエラーおよびシステム エラーの解決

表 6-2 では、VG248 の画面またはイベント ログに表示されるエラーおよび警告のうち、ネットワークやハードウェアの設定値の設定ミスによって発生するエラーおよび警告を説明します(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。この表の情報によりエラーを解決します。

 

表 6-2 ネットワークとシステムのエラーと警告の説明

システム
エラー
説明
処置

DHCP

Invalid TFTP information received from DHCP server

VG248 が DHCP サーバから TFTP 情報を受信したが、無効なものだった。

VG248 の情報が、テレフォニー ポート設定の検索または Cisco CallManager への登録に十分でない場合がある。

DHCP サーバの設定をチェックする。エラーが続く場合は、TFTP サーバ用にスタティック IP アドレスを割り当て、設定値を手入力します(スタティック IP アドレスの割り当ての詳細は、「ネットワーク設定値の指定」を参照)。

DHCP

IP address cannot be allocated

要求に DHCP サーバが応答しない。

DHCP サーバの設定をチェックする。エラーが続く場合は、スタティック IP アドレスを割り当てます(スタティック IP アドレスの割り当ての詳細は、「ネットワーク設定値の指定」を参照)。

DHCP

IP address conflict with device <address>

DHCP サーバが VG248 に割り当てた IP アドレスが、ネットワーク上の他のデバイスですでに使用されている。

1. DHCP サーバ設定をチェックし、割り当てられたアドレスがスタティック IP 用に予約されていないことを確認する。

2. ネットワークに誤って設定されているデバイスがないかチェックする。

DHCP

IP address refused

DHCP サーバが VG248 の IP アドレス要求を拒否した。

DHCP サーバの設定をチェックする。エラーが続く場合は、スタティック IP アドレスを割り当てます(スタティック IP アドレスの割り当ての詳細は、「ネットワーク設定値の指定」を参照)。

DHCP

Network interface will be shut down

直前のエラーによってネットワーク インターフェイスの遮断が発生した。

発生したエラーをイベント ログでチェックする。

DHCP

Static IP address conflict with device <address>

VG248 のスタティック IP アドレスは、ネットワーク上の他のデバイスにすでに割り当てられている。

VG248 または競合するデバイスのどちらかに別のスタティック IP アドレスを割り当てる(スタティック IP アドレスの割り当ての詳細は、「ネットワーク設定値の指定」を参照)。

DNS

No response from primary server

DNS サーバが VG248 からの 1 つまたは複数の要求への応答に失敗した。

1. VG248 がスタティック IP アドレスを持つ場合は、DNS サーバが設定されていることを確認する(詳細は、「DNS サーバの設定」を参照)。

2. DNS サーバが正常に動作していることを確認する。

DNS

Server address not configured

DNS 照会を試みたが、DNS サーバが設定されていない。

1. VG248 がスタティック IP アドレスを持つ場合は、DNS サーバが設定されていることを確認する(詳細は、「DNS サーバの設定」を参照)。

2. DHCP を使用している場合は、
DHCP サーバから DNS サーバが提供されていない。DHCP サーバの設定をチェックします。

DSP

DTMF tone transmit buffer overflow

DTMF トーンを VG248 のアナログ ポートから再生する場合、このためのキューに入れられる DTMF トーンの数は限定されている。DTMF トーンの再生にはそれぞれ 200 ミリ秒が必要です。また、トーン再生の命令は、イーサネット インターフェイス経由の方がはるかに高速に到着する可能性があります。したがって、VG248 には再生すべきトーンをすべて保管できない場合があります。

処置は必要がない。この状況が発生すると、廃棄されたトーンがあることを示す警告が表示されます。

DSP

DTMF tone transmit buffer reactivated

オーバーフロー状況が終了して、DTMF トーンは接続されているアナログ デバイスに送信されている。

処置は必要がない。これは情報メッセージです。

FTP

Invalid password entered

FTP 経由で無効なパスワードを使用して VG248 に接続しようとした。

入力したパスワードが、現在設定されている最も高いセキュリティ レベルのものであることを確認する。ログイン パスワードとイネーブル パスワードの両方を設定している場合、FTP を使用するときにはイネーブル パスワードを使用する必要がある

(詳細は、「パスワードの設定」を参照)。

FTP

Partial download aborted

VG248 にファイルをダウンロードしようとしたが、ファイル全体が転送される前に中断された。

中断によって残ったファイルの一部は VG248 のファイル システムから削除されます。

ファイル転送を再度実行する。

FTP

Required password absent

パスワードが必須であるにも関わらず、パスワードなしで VG248 へ FTP 経由の接続を試みた。

ログイン パスワードとイネーブル パスワードの両方を設定している場合、FTP を使用するときにはイネーブル パスワードを使用する必要がある

(詳細は、「パスワードの設定」を参照)。

OS

Ethernet failed to restart

イーサネット ケーブルが、VG248、ハブ、またはスイッチに正しく接続されていない。

イーサネット ケーブルをチェックし、VG248、ハブ、またはスイッチに接続し直す。エラーが続く場合は、ケーブルを変えます。

OS

Ethernet failed to start

OS

Incorrect password entered

ユーザが Telnet、コンソール、または FTP を使用して VG248 に接続しようとしたが、入力したパスワードが正しくない。

パスワードをチェックし、正しいパスワードを使用していることを確認する。

権限のないログインが試みられた疑いがある場合は、パスワードを変更します(詳細は、「パスワードの設定」を参照)。

SNMP

Attempt to use Get with invalid community name "<name>"

VG248 が無効な読み取り専用コミュニティ名(パスワード)の入った SNMP 要求を受信した。

VG248 のコミュニティ ストリング設定をチェックし、ネットワーク管理システムに正しいパスワードが設定されていることを確認する(詳細は、「SNMP 設定値の指定」を参照)。

SNMP

Attempt to use Set with invalid community name "<name>"

VG248 が無効な読み取りと書き込みコミュニティ名(パスワード)の入った
SNMP 要求を受信した。

VG248 のコミュニティ ストリング設定をチェックし、ネットワーク管理システムに正しいパスワードが設定されていることを確認する(詳細は、「SNMP 設定値の指定」を参照)。

SNMP

Received invalid packet

SNMP サーバが無効な
SNMP 要求を受信した。

ネットワーク管理システムが正しく設定されていることを確認する。

TFTP

TFTP:Rx error

VG248 が TFTP を使用してファイルを取得できない。

ネットワークがビジーの場合にこのエラーが発生することがある。ネットワークの負荷が軽減されると、このエラーは自然に解決します。

TFTP

Timeout

Cisco CallManager のエラーの解決

表 6-3 では、VG248 の画面またはイベント ログに表示されるエラーおよび警告のうち、Cisco CallManager システムの設定値の設定ミスおよびコミュニケーション ミスによって発生するものを説明します(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。この表の情報によりエラーを解決します。

 

表 6-3 Cisco CallManager のエラーと警告の説明

システム
エラー
説明
処置

SCCP

Attempt to use; currently disabled

ユーザが VG248 ポートに接続されている受話器を使用しようとしたが、無効になっている。

コールの受発信を可能にするには、受話器を接続したポートを有効にして Cisco CallManager に登録できるようにする

(詳細は、「ポート イネーブル ポリシーの設定」を参照)。

SCCP

SCCP:Failed to connect to SRST provider

SRST プロバイダーを設定したが、VG248 は SRST サーバとして応答しているようには見えない。SRST を使用していてこの警告が表示された場合、Cisco CallManager への接続が切断されているならば、VG248 による SRST サービスの使用に問題があるかもしれません。

SRST デバイスの設定と状態をチェックする。

SCCP

SCCP:Failed to resolve SRST provider host name

SRST プロバイダー名が設定されているが、VG248 はその名前を IP アドレスに変換できない。

設定した名前を変更する。あるいは(DNS の問題が発生したことがある場合は) SRST プロバイダーのメニュー エントリを、ホスト名ではなく、IP アドレスに変更します。

SCCP

No TFTP server address

TFTP サーバが設定されていない。

1. DHCP を使用して TFTP サーバを取得している場合は、DHCP サーバ設定をチェックする。

2. 固定の TFTP サーバを使用する場合は、VG248 に設定する必要がある(TFTP サーバの割り当ての詳細は、「Cisco CallManager TFTP サーバの指定」を参照)。

SCCP

Registration failed:X

このメッセージは特定のポート(1 ~ 48)に関連付けられており、そのポートの
Cisco CallManager への登録に問題があることを示している。

ポートが正しく登録されていないと、そのポートを使用して電話をかけることができない。

Cisco CallManager への登録が失敗した理由はメッセージに示されています。

ポートが正常に登録されない場合は、そのポートが Cisco CallManager に正しく設定されていることを確認します

(詳細は、「Cisco CallManager を使用した VG248 ポートの設定」を参照)。

SCCP

Registration failures; last reason X

SCCP

SCCP:SRST in use

1 つまたは複数のポートが、通常の Cisco CallManager
サーバではなく SRST プロバイダーに登録されている。Cisco CallManager クラスタへの接続が少なくとも部分的に切断されています。

Cisco CallManager クラスタ状況および Cisco CallManager クラスタ
VG248 との間のネットワーク接続をチェックします。

SCCP

TFTP failed; using last known good configuration

VG248 上のポートが TFTP を使用した設定の取得に失敗した。VG248 が使用している設定は、この設定ではなく、最後に Cisco CallManager にポートが正常に登録されたときにストアされたものです。

処置は必要がない。ただし、このメッセージは TFTP サーバへの接続性に関する潜在的な問題を示している場合があります。TFTP サーバが動作していることを確認します。

SCCP

Unable to resolve TFTP server name

VG248 は TFTP サーバを探すことができなかった。

Display > System Status の順に選択して、VG248 が見つけようとしている TFTP サーバの名前を確認します。

DHCP を使用している場合は、DHCP サーバ上の設定をチェックして、VG248 に有効な TFTP サーバ名が戻されていることを確認します。

固定の TFTP サーバを使用している場合は、 Configure >
Telephony > CallManager TFTP server
の順に選択して、設定されているサーバ名を確認します。

アナログ エラーの解決

表 6-4 では、VG248 の画面またはイベント ログに表示されるエラーと警告のうち、アナログ電話や機能の設定ミスによって発生するものを説明しています(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。この表の情報によりエラーを解決します。

 

表 6-4 アナログ エラーと警告の説明

システム
エラー
説明
処置

POTS

Feature codes:X same as Y

ある操作(短縮ダイヤルなど)のコードに、別の操作(自動転送など)のコードと同じ電話機能コードを設定した。

ユーザはどちらの操作も使用できません。各操作に対して一意の機能を設定する必要がある。

ユーザに実行を許可しない操作については、機能コードを空に設定します「機能コードの割り当て」を参照してください。

POTS

Feature codes:X precludes Y

ある操作のコードが別の操作のコードをマスクするような電話機能コードを設定した。たとえば、短縮ダイヤル 1 用の機能コードが ***、短縮ダイヤル 2 用の機能コードが **** である場合、短縮ダイヤル 2 は使用できません。その代わり、3 番目の * をダイヤルすると、短縮ダイヤル 1 がアクティブになります。

他の操作をマスクする可能性のある機能コードを割り当てないようにする

(詳細は、「機能コードの割り当て」を参照)。

音声メールのエラーと警告の解決

表 6-5 では、VG248 の画面またはイベント ログに表示されるエラーと警告のうち、音声メールが問題で発生するものを説明します(イベント ログの詳細は、「イベント ログの利用」を参照)。この表の情報によりエラーを解決します。

 

表 6-5 音声メールのエラーと警告の説明

システム
メッセージ
説明
処置

SCCP

CallManager MWI off directory number not defined

VG248 が Cisco CallManager に接続している電話に対して MWI 操作の実行を試みたが、必要な Cisco CallManager ディレクトリ番号が設定されていなかった。

MWI 設定を入力し、Cisco
CallManager のディレクトリ番号をクリアする必要があります(詳細は、「Cisco CallManager の MWI 設定用のディレクトリ番号の指定」および「Cisco CallManager の MWI クリア用のディレクトリ番号の指定」を参照)。

SCCP

CallManager MWI on directory number not defined

SCCP

MWI off attempt failed-directory number may be incorrect

VG248 が特定の内線番号に対して MWI(Message Waiting
Indicator)を設定またはクリアしようとしたが失敗した。

正しい MWI 設定を入力したことを確認し、Cisco CallManager のディレクトリ番号をクリアする(詳細は、「Cisco CallManager の MWI 設定用のディレクトリ番号の指定」および「Cisco CallManager の MWI クリア用のディレクトリ番号の指定」を参照)。

SCCP

MWI on attempt failed-directory number may be incorrect

VM

Async 1 now active

現在、当該の非同期ポート経由で別のシステムに接続していること、つまりその接続が稼働していないことを VG248 が検出した。

これらは情報メッセージである。

VM

Async 1 now inactive

VM

Async 2 now active

VM

Async 2 now inactive

VM

First voice mail port number / Number of VM ports invalid

音声メールの着信コール メッセージの生成時に、ポート番号設定の問題を検出した。たとえば、SMDI プロトコルでは、ポート数は 4 桁形式による最大 9999 に制限されています。最初の音声メール ポート番号を 9990 に、音声メール ポート数を 10 に設定した場合、VG248 の最後の音声メール ポートは音声メール システムのポート 10000 に対応することになり、無効となります。

使用する音声メール プロトコルのガイドラインに従って、音声メール ポート数と最初の音声メール ポート番号を設定していることを確認する。

その他の情報については、「音声メール ポートの番号の割り当て」および「最初の音声メール ポート番号の指定」を参照してください。

VM

Required Async 1 link has gone down

特定の音声メール設定値が非同期ポートの片方または両方を使用する必要があります。たとえば、 Number of Voice
mail ports
が 1 以上の場合、
Async 1 ポートがアクティブでなければなりません。
Forward MWIs to Async 2
が有効な場合は、Async 2 ポートがアクティブでなければなりません。

必要な非同期ポートが、ボックスが起動したときにアクティブにならなかったか、またはその動作中のある時点で停止した。

Async 1 ポートと Async 2 ポートのケーブルをチェックして、どちらも接続されていることを確認します。

VM

Required Async 1 link has not come up

VM

Required Async 2 link has gone down

VM

Required Async 2 link has not come up

VM

VM:Suspending Async 1 port transmission due to overflow

VG248 には、その非同期リンクの 1 つに送るには多すぎるデータがあり、バックログがクリアされるまで新しいデータを伝送のためにキューイングするのを中断している。

通常、これらのメッセージは表示されないが、シリアル通信を示すものである。

VM

VM:Suspending Async 2 port transmission due to overflow

VM

Voice mail number format too long

音声メール番号形式の設定値では、Cisco CallManager 音声メール ボックス番号、またはディレクトリ番号の桁数を追加できます。

VG248 は、音声メール システムに渡されたメールボックス番号の長さよりも長い番号形式を使用するように依頼された。

使用しているシステムのメールボックスをサポートする番号形式を設定していることを確認する(詳細は、「番号形式の設定」を参照)。

ソフトウェア イメージのアップグレードまたは復元

VG248 には メインのソフトウェア イメージとブート ローダーの 2 つのソフトウェア イメージがあります。必要に応じて、この 2 つのソフトウェア イメージをアップグレードできます。また、ソフトウェアの設定値をデフォルト値にリセットすることもできます。

「音声メール ポート アクティビティのサスペンド」

「メイン イメージのアップグレード」

「ブート ローダーのアップグレード」

「不完全なアップグレードの解決」

「出荷時デフォルト値の復元」

音声メール ポート アクティビティのサスペンド

チェーン設定を使用していて、VG248 デバイスのうちの 1 台を一時的に取り外す場合、または VG248 上のソフトウェアをアップグレードする場合は、VG248 の遮断や再起動の前に、音声メール ポート上のアクティビティをサスペンドする必要があります。

アクティビティのサスペンドによって、VG248 はポートがアイドルになるまで待機します。その後、VG248 は、アイドルになったポートを Cisco CallManager から暫定的に削除してポートの活動をサスペンドし、いったんポート上でアクティビティが起こらないようにします。すべてのポートがサスペンドすると、Async 1 ポートからのトラフィックもまた VG248 上でサスペンドします。この VG248 がサスペンドしている間、チェーンの直前にある VG248 からの Async 2 ポート経由の音声メール トラフィックは、キューに入れられます。VG248 のサスペンド状態はポートが有効であるかどうかには影響しません。サスペンドの前にポートが有効であれば、再開後も有効なままです。

始める前に

次の手順の実行後に VG248 が直ちにサスペンドしない場合、ポートにまだアクティブなコールがあるか、または保留の MWI コマンドが Cisco CallManager システム上にある場合があります。個々のポートをチェックするには、Esc キーを押して「Suspending...」メッセージを終了し、メイン メニューから Display > Port Status の順に選択します。

手順

音声メール アクティビティを停止する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン メニューから Configure を選択します。

ステップ 2 Suspend を選択します。

デバイスをサスペンド中であること示すメッセージが表示されます。

ステップ 3 必要に応じて、VG248 上のソフトウェアを遮断、再起動、またはアップグレードします(詳細は、「ソフトウェア イメージのアップグレードまたは復元」を参照)。

ステップ 4 音声メール チェーンから VG248 デバイスを削除する場合は、音声メールのケーブル接続も変更する必要があります。

ステップ 5 アクティビティを再開するには、 Configure > Resume を選択します。


 

メイン イメージのアップグレード

バグ修正や機能拡張で新しいリリースが CCO で使用可能になった場合、メイン ソフトウェア イメージを更新する必要があります。


注意 FTP を使用して VG248 に新しいソフトウェア イメージを送信すると、現在のイメージは自動的に削除されます。新しいファイルが VG248 にコピーされる前に FTP 転送が終了すると、VG248 が起動できなくなることがあります(「不完全なアップグレードの解決」を参照)。

始める前に

VG248 をアナログ音声メールシステムと統合して使用している場合は、VG248 のソフトウェア イメージをアップグレードする前に、必ず、「音声メール ポート アクティビティのサスペンド」 に説明されている手順に従ってください。

手順

メイン ソフトウェア イメージをアップグレードする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次の形式の名前を持つ設定ファイルを入手します。 vgc-main. <version> .tar 。ここで、 <version> は 1-0-1 などのリリース番号を示します。

ステップ 2 FTP を使用して VG248 に接続します。

ステップ 3 FTP を使用して設定ファイルを VG248 に送信します。

ステップ 4 VG248 を再起動し、新しいイメージを有効にします。

ステップ 5 VG248 のメイン メニューから Display を選択します。

ステップ 6 Version を選択し、更新されたバージョンをインストールしたことを確認します。


 

ブート ローダーのアップグレード

ブート ローダーは初期始動イメージです。シスコの代理店のサポート担当者から依頼があった場合のみ、このイメージを更新してください。


注意 シスコの代理店のサポート担当者から依頼があった場合のみ、ブート ローダーをアップグレードしてください。このアップグレード中に電源切断などの問題が発生すると、VG248 が起動できなくなることがあります。

手順

ブート ローダー イメージをアップグレードする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次の形式の名前を持つ設定ファイルを入手します。 vgc-load. <version> .bin ここで、 <version> は 1-0-1 などのリリース番号を示します。

ステップ 2 FTP を使用して VG248 に接続します。

ステップ 3 FTP を使用して設定ファイルを VG248 に送信します。

「boot:」で始まる宛先名を使用する必要があります。たとえば、次のようにします。

put vgc-load.<version>.bin boot:loader

注意 このステップ中に VG248 への電源供給が途絶えたり、障害が発生したりすると、VG248 が起動しないことがあります。この場合は、シスコの代理店のサポート担当者に連絡してください。

ステップ 4 FTP コマンドが正常に終了したら、VG248 を再起動して変更を有効にします。

ステップ 5 VG248 を再起動した後に、 Display > Version の順に選択して、更新されたバージョンがインストールされていることを確認します。


 

不完全なアップグレードの解決

メイン ソフトウェア イメージのアップグレードを開始したものの、新しいイメージの FTP 転送が完了しなかった場合、VG248 が起動しないことがあります。

このような事態の後で VG248 を起動すると、次のいずれかが発生します。

ブート ローダーがロードされるが、VG248 は Pausing for FTP プロンプトで待機した状態のまま停止する

VG248 は部分的にメイン イメージをロードし、一時停止した後、再起動する

どちらの(VG248 ブート ローダーに接続中の)エラーを解決するにも、コンソール ポートを使用して FTP セッションを確立し、「メイン イメージのアップグレード」 の各ステップに従ってメイン イメージ ファイルを再度転送します。

出荷時デフォルト値の復元

始める前に

デフォルトでは、VG248 は DHCP を使用して IP アドレスを入手します。VG248 にスタティック IP アドレスを割り当てた場合、ネットワークへの接続性が失われることがあります。

手順

VG248 の設定値をデフォルト値にリセットする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン メニューから Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Restore to factory configuration を選択します。


 

接続性の確認

次の項を参照して、VG248 がネットワークに接続できること、および音声メール チェーンが適切に接続されていることを確認します。

「ネットワーク接続性の確認」

「SMDI 接続と設定の確認」

ネットワーク接続性の確認

VG248 がネットワークに接続し、ネットワーク内で通信していることを確認するには、ネットワーク上の他のデバイスに PING コマンドを試みます。

手順

VG248 から他のデバイスに PING する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Ping network host を選択します。

ステップ 3 デバイスの IP アドレスまたはホスト名を入力します。

VG248 は、毎秒 1 回、そのデバイスへの到達を試みます。

ステップ 4 Esc キーを押して終了します。


 

SMDI 接続と設定の確認

ユーザが SMDI プロトコルを使用している場合は、ユーザは SMDI 設定の状況を評価し、VG248、およびチェーン設定されている他の VG248 デバイスの設定ミスを診断できます。ただし、この診断では、Cisco CallManager、従来型 PBX、または個々の内線の音声メール ボックス番号に関する設定の問題を検出することはできません。

この診断では、MWI 自動転送チェーンの切断、Async 1 ポートと Async 2 ポートの配線ミス、Cisco CallManager MWI ディレクトリ番号文字列などの設定項目の欠落などの設定上の矛盾です。

始める前に

診断プロセスで必要となるのは、アナログ音声メール システムと接続されているすべての従来型 PBX の両方に、シリアル リンクを通したメッセージを送信することです。診断を実行すると、通常の音声メール システムの動作が一時的に干渉されることがあります。

手順

SMDI 設定を確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン メニューから Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Validate SMDI configuration を選択します。

エラーや警告を示す診断の結果がウィンドウに表示されます。


 

状況と設定値の表示

次の項では、VG248 と VG248 の接続についての現在の状況および設定値に関して説明します。

「System Status の表示」

「ネットワーク統計情報の表示」

「ポート ステータスの表示」

「詳細なポート ステータスの表示」

「ポート統計情報の表示」

「現在の設定の表示」

「ソフトウェア バージョンの表示」

「CPU 使用率のモニタリング」

System Status の表示

System Status では、VG248 上の現在のネットワーク設定値の概要が示されます。次の手順で、ネットワーク設定値と接続性に関する情報を迅速にチェックできます。

手順

System Status を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 System status を選択します。

システム状況では次のような情報が表示されます。

稼働時間

リアルタイム クロック

シリアル番号

イーサネット MAC アドレス

IP アドレス

サブネット マスク

デフォルト ルータ

DNS サーバ

TFTP サーバ

Syslog サーバ

ドメイン

イーサネットの速度と二重方式

Async 1

Async 2


 

ネットワーク統計情報の表示

ネットワーク統計情報を使用して、VG248 の IP 接続を通るネットワーク トラフィックとパケット エラーを監視します。

手順

ネットワーク統計情報を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 Network statistics を選択します。

次の統計情報が表示されます。

オクテット

ユニキャスト パケット

ユニキャスト以外のパケット

廃棄されたパケット


 


ヒント 表示中にネットワーク統計情報をリセットするには、Tab キーを押します。


ポート ステータスの表示

ポート ステータスには、VG248 の各ポートに関する詳細な情報が表示されます。

手順

ポート ステータスを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 Port status を選択します。

ステップ 3 表 6-6 では、表示されたポート ステータスを説明します。


 

 

表 6-6 ポート ステータス

ステータス
説明
受話器の状態

OnHook

現在使用されていない。

OffHook

ユーザが受話器を上げている。

Ringing

このポートへの着信コール。

OnCall

コールが確立されて音声パケットがネットワーク上を移動中。

リンク状態

Up

リンクが正常に動作している状態(音声メール仮想ポートのみ)。

Down

リンクが動作していない(ポートが有効でないか、または一時的な障害のため)。

Register

ポートを Cisco CallManager に登録中。

<directory number>

このポートのディレクトリ番号が表示され、ポートが稼働中で使用可能であることを示す。

Unregister

Cisco CallManager への登録解除中。ポートが無効またはリセットされた場合に表示されます。

PeerInUse

このポートのディレクトリ番号は、ディレクトリ番号を共有する他の電話が使用中。他の電話でコールがアクティブな間、このポートは使用できません。

KeepCall

Cisco CallManager リンクは停止したが、アクティブなコールは継続される。

詳細なポート ステータスの表示

ポート ステータスでは、Cisco CallManager リンクに関する統計情報が表示されます。

手順

詳細なポート ステータスを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 Port status を選択します。

ステップ 3 矢印キーを使用してポートのいずれかを選択し、Enter キーを押します。

ステップ 4 表 6-7 では、表示されたポート ステータスを説明します。


 

 

表 6-7 Cisco CallManager ポート ステータス

種類
説明

CallManager link

Cisco CallManager への接続状況

TFTP server

TFTP サーバのホスト名または IP アドレス

Device name

Cisco CallManager に表示されるポートのデバイス名

Directory number

このポートに接続されたアナログ デバイスに割り当てられた内線番号

Forwarded to

コールの自動転送先のディレクトリ番号

Call state

ユーザから見たポート ステータス

Remote party

発信者のディレクトリ名と番号

Remote address

発信者の IP アドレスとポート

Codec in use

Cisco CallManager で使用されるコーデック

G.729A

G.711 mu-law

G.711 a-law

MWI

このポートの MWI がオン/オフのどちらであるかを示す

CallManager name

Cisco CallManager ホストの DNS 名

CallManager IP address

Cisco CallManager の IP アドレス

CallManager state

Cisco CallManager への接続状況

Active:この Cisco CallManager に接続し、それによって SCCP 通信を行っている。

Connecting:この Cisco CallManager への接続の途中である。

Idle:この Cisco CallManager は使用されていない。

Standby:この Cisco CallManager に接続されているが、現在この接続は使用されていない。アクティブな接続に障害が発生した場合に使用可能です。

Pending:この Cisco CallManager を早急にアクティブな接続にしようとしている。

CallManager type

Cisco CallManager システムのタイプ

Normal:通常の Cisco CallManager システム

Failover:フェールオーバー状況のための予備の Cisco CallManager システム

ポート統計情報の表示

ポート統計情報には、現行コールまたは最新のコールに関する詳細な情報が表示されます。

手順

ポート統計情報を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 Port status を選択します。

ステップ 3 矢印キーを使用してポートのいずれかを選択し、Enter キーを押します。

ステップ 4 キーボード上の Space バーを押します。

現在のコールについて統計情報が表示されます。アクティブなコールがない場合は、直近のコールについて表示されます。

Tx パケット

Rx パケット

コール時間

Rx シーケンス エラー

Rx ヘッダー エラー

Rx パケット遅延

Rx パケット早期

コール履歴について、次の統計情報が表示されます。

着信コール

発信コール

接続済みコール

Cisco CallManager と Async 2 ポートについて、次の MWI 統計情報が表示されます。

完了

失敗

再試行

キューイング済み

廃棄

エラー応答統計情報には、次の情報が表示されます。

受信

自動転送

廃棄

音声メール パケット統計情報には、次の情報が表示されます。

Async 1:受信、送信、廃棄

Async 2:受信、送信、廃棄


 

現在の設定の表示

VG248 とそのポートの設定を表示して、現在有効な設定値をすぐに参照することができます。

VG248 デバイス設定の表示

Web ベースのインターフェイスを使用して、ネットワーク、音声メール、およびテレフォニー機能の現在の設定値を参照できます。

始める前に

現在の設定は、VG248 のメイン コマンド インターフェイスから Diagnostics >
Show configuration
の順に選択して表示することもできます。

手順

デバイス レベルの設定を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 VG248 Web インターフェイスを開きます(詳細は、「System Status のリモート モニタリング」を参照)。

ステップ 2 次のいずれかのオプションをクリックします。それぞれの項を参照して表示された情報を解釈します。

Network and System:「System Status の表示」および「ネットワーク設定値の指定」を参照。

Telephony:「VG248 でのテレフォニー設定値の指定」を参照。

Voice Mail:「音声メール設定値の設定」を参照。


 

ポート設定の表示

Web ベースのインターフェイスを使用すると、各ポートに固有の設定を参照できます。音声メール統合に使用されているポートには、音声メール固有の設定に関する詳細情報が、アナログ デバイスに使用されているポートには、テレフォニー固有の設定に関する詳細情報が各々表示されます。

音声メール設定はデバイス レベルで適用されていることに注意してください。したがって、ポート固有の音声メール情報は表示されません。一方、テレフォニー機能の多くは、ポート単位に適用されます。したがって、この設定値に関する情報も取得できます。

手順

ポート設定を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 VG248 Web インターフェイスを開きます(詳細は、「System Status のリモート モニタリング」を参照)。

ステップ 2 電話アイコンをクリックしてポートの設定を表示します。

ステップ 3 次の項を参照して表示された情報を解釈します。

音声メール ポートには次の情報が表示されます。

CallManager ステータス:「VG248 でのテレフォニー設定値の指定」を参照。

CallManager リスト:「詳細なポート ステータスの表示」を参照。

音声メール統計情報:「ポート統計情報の表示」を参照。

音声メールの設定:「音声メール設定値の設定」を参照。

アナログ ポートには次の情報が表示されます。

CallManager ステータス:「VG248 でのテレフォニー設定値の指定」を参照。

CallManager リスト:「詳細なポート ステータスの表示」を参照。

コール統計情報:「詳細なポート ステータスの表示」を参照。

ポート設定:「ポート パラメータの設定」を参照。


 

ソフトウェア バージョンの表示

VG248 で使用している現在のソフトウェアのバージョンを表示する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 メイン画面から Display を選択します。

ステップ 2 Version を選択します。


 

CPU 使用率のモニタリング

プロセッサの使用状況をモニタリングして、特定のタスクによる CPU の占有率を判別できます。たとえば、VG248 の動作が遅く感じられたら、この診断を使用して原因を判別することができます。

手順

CPU 使用率をモニタリングする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン メニューから Diagnostics を選択します。

ステップ 2 CPU utilization を選択します。

複数のサブシステムとそれぞれの CPU 使用率が表示されます。


 

System Status のリモート モニタリング

VG248 には Web サーバが含まれており、Web ブラウザ アプリケーションを使用してリモートから System Status をモニタリングできます。使用可能なオプションは VG248 のメイン インターフェイスを使用する場合と似ていますが、Web インターフェイスからは設定値を変更できません。

手順

System Status をリモートでモニタリングする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Web ブラウザのウィンドウから、VG248 の IP アドレスまたはホスト名を入力します。

ステップ 2 パスワードの入力を要求されたら、割り当てられているログイン パスワードを入力します(詳細は、「ログイン パスワードの設定」を参照)。

VG248 用の Web インターフェイスが表示されます。

ステップ 3 電話アイコンをクリックしてポート状況を表示します。次の項を参照して、表示された情報を解釈します。

「ポート ステータスの表示」

「詳細なポート ステータスの表示」

「ポート統計情報の表示」

ステップ 4 その他の使用可能なオプションについては、 表 6-8 で説明します。


 

 

表 6-8 VG248 Web インターフェイス オプション

フィールド
詳細情報
設定/状況

Network and System

「System Status の表示」および「ネットワーク設定値の指定」を参照してください。

Telephony

「VG248 でのテレフォニー設定値の指定」および「ポート設定の表示」を参照してください。

Voice Mail

「音声メール設定値の設定」を参照してください。

SNMP

「SNMP 設定値の指定」を参照してください。

Port Status

「ポート ステータスの表示」および「詳細なポート ステータスの表示」を参照してください。

統計情報

Network

「ネットワーク統計情報の表示」を参照してください。

Voice Mail

「ポート統計情報の表示」を参照してください。

Version Information

「ソフトウェア バージョンの表示」を参照してください。

Environment

「内部動作温度のモニタリング」を参照してください。

Event Log

「イベント ログの利用」を参照してください。

イベント ログの利用

イベント ログを使用すると、VG248 からエラー、警告、その他の情報メッセージを得ることができます。通常、イベント ログを使用するのは複雑な問題をトラブルシューティングする場合だけであり、ほとんどの場合はシスコの代理店のサポート担当者が一緒にイベント ログを使用します。

ただし、デフォルト設定値とイベント ログを使用すると、ユーザ自身でエラーを解決できる場合があります。

「Syslog サーバの指定」

「ロギング レベルとログ対象ポートの選択」

「最近のメッセージの表示」

「VG248 のサブシステムの概要」

「イベント ログ内の不正確な日時の解決」

Syslog サーバの指定

最大 5 台の Syslog サーバを指定して、イベント ログを自動的に取り込んで受信し、リモート ネットワーク管理に役立てることができます。

Syslog の有効化

DHCP を使用するか、特定の Syslog サーバを指定して、VG248 に Syslog サーバを割り当てることができます。

手順

Syslog を有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Event log を選択します。

ステップ 3 Syslog を選択します。

ステップ 4 次のオプションから選択します。

inactive :Syslog が無効

use server from DHCP :DHCP によって決定された Syslog サーバ

use specified server :Syslog サーバの指定が必要(「特定の Syslog サーバの指定」を参照)


 

特定の Syslog サーバの指定

特定の Syslog サーバを使用する場合の IP アドレスを入力する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Event log を選択します。

ステップ 3 Syslog server を選択します。

ステップ 4 Syslog サーバとして指定するネットワーク管理システムの IP アドレスまたはホスト名を入力します。

IP アドレスまたはホスト名をカンマまたはセミコロンで区切って、最大 5 台のサーバを入力します。


 

ロギング レベルとログ対象ポートの選択

VG248 のロギング レベル(情報、エラー、または警告)を設定できます。または、特定のポートについてのみログを収集するよう制限することもできます。

通常、このオプションはシスコの代理店のサポート担当者と協業するときのみ設定します。このレベル設定は、問題の難易度によって必要な情報量が異なるためです。

手順

ログレベルの設定またはポートの選択の手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Event log を選択します。

ステップ 3 Set logging levels または Set logged ports を選択します。

ステップ 4 シスコの代理店のサポート担当者と相談して、選択、入力に最適なオプションを決定します。


 

最近のメッセージの表示

VG248 から最近のメッセージを表示すると、設定の問題を解決できる場合があります。

手順

最近のメッセージを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 メイン画面から Diagnostics を選択します。

ステップ 2 Event log を選択します。

ステップ 3 View recent を選択し、最近のメッセージを表示します。

ステップ 4 これらのエラーの解決方法の詳細は、「VG248 のサブシステムの概要」を参照してください。


ヒント また、すべてのエラーを表示するには View all を、新しいエラーのみを表示するには View new を各々選択します。



 

VG248 のサブシステムの概要

VG248 では、ソフトウェア内の複数のサブシステムから情報メッセージ、警告メッセージ、エラーを生成します。このようなメッセージのほとんどはユーザの介入を必要とせず、VG248 がユーザに変更や更新について通知するだけのものです。それ以外のエラーや警告には、さらにトラブルシューティングや設定が必要になります。

表 6-9 では、情報メッセージや警告メッセージを生成する VG248 上の複数のサブシステムについての概要を説明します。

 

表 6-9 VG248 サブシステム

システム
説明

DHCP

DHCP サーバと通信

イーサネット

ネットワーク リンクの信頼性が低いレベル

OS

VG248 の低いレベルのサービスの動作

FTP

VG248 に新しいソフトウェア イメージを送信するために使用

DNS

IP アドレスに対応するホスト名を解決

TFTP

Cisco CallManager ポート設定の取得を処理

SLIC

アナログ受話器からのイベントを検出

DSP

デジタル信号処理の実行

POTS

アナログと IP テレフォニーとの間のブリッジ

SCCP

IP ネットワークにテレフォニー イベントを送受信し、Cisco 
CallManager と通信

SNMP

SNMP 通信の調整

VM

音声メール通信の実行

イベント ログ内の不正確な日時の解決

VG248 にはリアルタイム クロックが組み込まれていて、定期的に Cisco
CallManager と同期して正確な日時を取得します。この日付が正しく同期していることを確認するには、有効で Cisco CallManager に登録されている VG248 のポートが少なくとも 1 つ必要です。ポートの有効化と Cisco CallManager への登録の詳細は、「特定のポートの有効化」を参照してください。