TCL IVR API Version 2.0 プログラミング ガイド
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

改訂履歴

コマンド履歴

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

表記法

技術情報の入手方法

World Wide Web

Documentation CD-ROM(英語版)

マニュアルの発注方法(英語版)

シスコシステムズマニュアルセンター

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC(Technical Assistance Center)

Cisco TAC Web サイト

Cisco TAC Escalation Center

Japan TAC Web サイト

Developer Support

このマニュアルについて

November 17, 2006

このマニュアルでは、Tool Command Language(TCL)Interface Voice Response(IVR)Application Programming Interface(API)Version 2.0 について説明します。TCL IVR API を、シスコのゲートウェイに発着信する呼を制御する TCL スクリプトの作成に使用することができます。このマニュアルでは、TCL IVR スクリプトの例を注釈を付けて紹介し、また、TCL IVR スクリプトをテストおよびロードする方法を示します。

改訂履歴

リリース番号
変更点

12.3(14)T

Takeback および転送機能のための次のコマンドが、TCL IVR 2.0 に追加されました。

leg collectdigits コマンドの consumeDigit パラメータ

leg senddigit コマンド

leg sendhookflash コマンド

HTTP サポートのための次のコマンドが、TCL IVR 2.0 に追加されました。

新規および変更されたコマンド:

command export , media play (変更), media record (変更), modulespace , param read , param register

新規情報タグ:

ev_params, ev_module_handle, ev_module_subevent, ev_module_context

新規イベント:

ev_synthesizer

サポートされたスタンダード TCL 8.3.4 コマンド:

cd, close, eof, fconfigure, file, fileevent, flush, gets, glob, open, package, pwd, read, seek

サポートされた HTTP コマンド:

config, geturl, formatQuery, reset, status, size, code, ncode, data, error, cleanup

12.4(4)XC

内線割り当て機能のための次のコマンドが、TCL IVR 2.1 に追加されました。

phone assign コマンド

phone query コマンド

phone unassign コマンド

コマンド履歴

この項では、変更の一覧と、それに対する Cisco IOS リリースを示します。

 

Cisco IOS リリース
コマンド

12.2(11)T

leg vxmldialog

12.2(11)T

leg vxmlsend

12.2(11)T

command terminate

12.2(11)T

aaa authentication

12.2(11)T

aaa authorization

12.2(11)T

aaa accounting

12.2(11)T

clock

12.2(11)T

media play

12.2(11)YT

leg callerid

12.2(11)YT

leg consult abandon

12.2(11)YT

leg consult response

12.2(11)YT

leg consult request

12.2(11)YT

leg tranferdone

12.2(15)T

leg alert

12.2(15)T

leg disconnect_progind

12.2(15)T

leg setup_continue

12.2(15)T

leg progress

12.2(15)T

object create

12.2(15)T

object destroy

12.2(15)T

object append

12.2(15)T

object delete

12.2(15)T

object replace

12.2(15)T

object get

12.2(15)T

leg facility

12.2(15)T

log

12.2(15)T

media record

12.3(4)T

call close

12.3(4)T

handoff

12.3(4)T

handoff return

12.3(4)T

leg setup

12.3(4)T

sendmsg

12.3(4)T

service

12.3(4)T

set callinfo

12.3(4)T

subscription open

12.3(4)T

subscription close

12.3(4)T

subscription notify_ack

12.3(4)T

leg disconnect

12.3(4)T

call register

12.3(4)T

call unregister

12.3(4)T

call lookup

12.3(4)T

leg callerid

12.3(4)T

leg collectdigits

12.3(4)T

aaa accounting set status

12.3(4)T

aaa accounting get status

12.3(4)T

aaa accounting probe

12.3(4)T

timer left

12.3(4)T

timer start

12.3(4)T

timer stop

12.3(14)T

leg senddigit

12.3(14)T

leg sendhookflash

12.3(14)T

command export

12.3(14)T

modulespace

12.3(14)T

param read

12.3(14)T

param register

 

Cisco IOS リリース
callInfo パラメータ

12.2(11)T

guid

12.2(11)T

incomingGuid

12.2(11)YT

destinationNum

12.2(11)YT

originationNum

12.2(11)YT

accountNum

12.2(11)YT

redirectNum

12.2(11)YT

mode

12.2(11)YT

reroutemode

12.2(11)YT

transferConsultID

12.2(11)YT

notifyEvents

12.2(11)YT

originalDest

12.2(15)T

retryCount

12.2(15)T

interceptEvents

12.2(15)T

notifyEvents

12.2(15)T

previousCauseCode

12.3(14)T

consumeDigit

 

Cisco IOS リリース
情報タグ

12.2(11)T

leg_rgn_noa

12.2(11)T

leg_rgn_npi

12.2(11)T

leg_rgn_pi

12.2(11)T

leg_rgn_si

12.2(11)T

leg_rgn_num

12.2(11)T

leg_rni_ri

12.2(11)T

leg_rni_orr

12.2(11)T

leg_rni_rc

12.2(11)T

leg_rni_rr

12.2(11)T

leg_ocn_noa

12.2(11)T

leg_ocn_npi

12.2(11)T

leg_ocn_pi

12.2(11)T

leg_ocn_num

12.2(11)T

leg_chn_noa

12.2(11)T

leg_chn_npi

12.2(11)T

leg_chn_num

12.2(11)T

leg_rnn_noa

12.2(11)T

leg_rnn_inn

12.2(11)T

leg_rnn_npi

12.2(11)T

leg_rnn_num

12.2(11)T

leg_rnr

12.2(11)T

leg_cdi_nso

12.2(11)T

leg_cdi_rr

12.2(11)T

leg_gno_ni

12.2(11)T

leg_cnn_noa

12.2(11)T

leg_cnn_npi

12.2(11)T

leg_cnn_pi

12.2(11)T

leg_cnn_si

12.2(11)T

leg_cnn_num

12.2(11)T

leg_gea_type

12.2(11)T

leg_gea_noa

12.2(11)T

leg_gea_npi

12.2(11)T

leg_gea_cni

12.2(11)T

leg_gea_pi

12.2(11)T

leg_gea_si

12.2(11)T

leg_gea_num

12.2(11)T

leg_cpc

12.2(11)T

leg_oli

12.2(11)T

leg_cid_ton

12.2(11)T

leg_cid_cid

12.2(11)T

leg_tns_ton

12.2(11)T

leg_tns_nip

12.2(11)T

leg_tns_cc

12.2(11)T

leg_tns_ns

12.2(11)T

leg_pci_instr

12.2(11)T

leg_pci_tri

12.2(11)T

leg_pci_dat

12.2(11)T

leg_fdc_parm

12.2(11)T

leg_fdc_fname

12.2(11)T

leg_fdc_instr

12.2(11)T

leg_fdc_dat

12.2(11)T

ev_vxmlevent

12.2(11)T

ev_vxmlevent_params

12.2(11)T

ev_status

12.2(11)T

ev_iscommand_done

12.2(11)T

ev_legs

12.2(11)T

last_command_handle

12.2(11)T

leg_guid

12.2(11)T

leg_incoming_guid

12.2(11)T

aaa_new_guid

12.2(11)YT

evt_consult_info

12.2(11)YT

evt_feature_report

12.2(11)YT

evt_feature_type

12.2(11)YT

evt_redirect_info

12.2(11)YT

evt_transfer_info

12.2(11)YT

leg_display_info

12.2(11)YT

leg_dn_tag

12.2(15)T

evt_gtd

12.2(15)T

evt_endpoint_address

12.2(15)T

evt_service_control_count

12.2(15)T

evt_service_control

12.2(15)T

evt_address_resolve_reject_reason

12.2(15)T

evt_address_resolve_term_cause

12.2(15)T

evt_last_event_handle

12.2(15)T

evt_facility_id

12.2(15)T

evt_facility_report

12.2(15)T

evt_gtd

12.2(15)T

evt_progress_indication

12.2(15)T

evt_status

12.2(15)T

gtd_attr_exists

12.3(100)

leg_rni_ri(削除)

12.3(100)

leg_rni_orr(削除)

12.3(100)

leg_rni_rc(削除)

12.3(100)

leg_rni_rr(削除)

12.3(100)

leg_ocn_noa(削除)

12.3(100)

leg_ocn_npi(削除)

12.3(100)

leg_ocn_pi(削除)

12.3(100)

leg_ocn_num(削除)

12.3(100)

leg_chn_noa(削除)

12.3(100)

leg_chn_npi(削除)

12.3(100)

leg_chn_num(削除)

12.3(100)

leg_rnn_noa(削除)

12.3(100)

leg_rnn_inn(削除)

12.3(100)

leg_rnn_npi(削除)

12.3(100)

leg_rnn_num(削除)

12.3(100)

leg_rnr(削除)

12.3(100)

leg_cdi_nso(削除)

12.3(100)

leg_cdi_rr(削除)

12.3(100)

leg_gno_ni(削除)

12.3(100)

leg_cnn_noa(削除)

12.3(100)

leg_cnn_npi(削除)

12.3(100)

leg_cnn_pi(削除)

12.3(100)

leg_cnn_si(削除)

12.3(100)

leg_cnn_num(削除)

12.3(100)

leg_gea_type(削除)

12.3(100)

leg_gea_noa(削除)

12.3(100)

leg_gea_npi(削除)

12.3(100)

leg_gea_cni(削除)

12.3(100)

leg_gea_pi(削除)

12.3(100)

leg_gea_si(削除)

12.3(100)

leg_gea_num(削除)

12.3(100)

leg_cpc(削除)

12.3(100)

leg_oli(削除)

12.3(100)

leg_cid_ton(削除)

12.3(100)

leg_cid_cid(削除)

12.3(100)

leg_tns_ton(削除)

12.3(100)

leg_tns_nip(削除)

12.3(100)

leg_tns_cc(削除)

12.3(100)

leg_tns_ns(削除)

12.3(100)

leg_pci_instr(削除)

12.3(100)

leg_pci_tri(削除)

12.3(100)

leg_pci_dat(削除)

12.3(100)

leg_fdc_parm(削除)

12.3(100)

leg_fdc_fname(削除)

12.3(100)

leg_fdc_instr(削除)

12.3(100)

leg_fdc_dat(削除)

12.3(4)T

leg_proto_headers

12.3(4)T

evt_handoff proto_headers

12.3(4)T

evt_handoff dnis

12.3(4)T

evt_handoff ani

12.3(4)T

evt_handoff argstring

12.3(4)T

evt_proto_content

12.3(4)T

evt_proto_content_type

12.3(4)T

evt_proto_headers

12.3(4)T

evt_status

12.3(4)T

evt_subscription_id

12.3(4)T

mod_all_handles

12.3(4)T

mod_handle

12.3(4)T

mod_handle_service

12.3(4)T

evt_msg

12.3(4)T

evt_msg_source

12.3(4)T

subscription_context

12.3(4)T

subscription_info

12.3(4)T

subscription_server_ipaddress

12.3(4)T

evt_disc_rsi

12.3(4)T

evt_disc_iec

12.3(4)T

evt_feature_report

12.3(4)T

evt_feature_param

12.3(4)T

evt_feature_type

12.3(4)T

evt_last_iec

12.3(4)T

media_timer_factor

12.3(4)T

set iec

12.3(4)T

evt_dest_handle

12.3(4)T

evt_handoff_legs

12.3(4)T

leg_type

12.3(4)T

aaa_accounting_last_sent

12.3(4)T

evt_aaa_status_info

12.3(4)T

evt_timer_name

12.3(4)T

leg_remote_media_ip_address

12.3(4)T

leg_remote_signaling_ip_address

 

Cisco IOS リリース
イベント

12.2(11)T

ev_vxmldialog_done

12.2(11)T

ev_vxmldialog_event

12.2(11)T

leg_suppress_outgoing_auto_acct

12.2(11)YT

ev_consult_request

12.2(11)YT

ev_consult_response

12.2(11)YT

ev_consultation_done

12.2(11)YT

ev_transfer_request

12.2(11)YT

ev_transfer_status

12.2(15)T

ev_facility

12.2(15)T

ev_disc_prog_ind

12.2(15)T

ev_address_resolved

12.2(15)T

ev_alert

12.2(15)T

ev_connected

12.2(15)T

ev_proceeding

12.2(15)T

ev_progress

12.3(4)T

ev_accounting_status_ind

12.3(4)T

ev_named_timer

12.3(4)T

ev_feature

 

Cisco IOS リリース
ステータス コード

12.2(11)T

ls_016

12.2(11)T

vd_xxx--VoiceXML Dialog Completion Status

12.2(11)YT

cd_001 to cd_010

12.2(11)YT

cr_000 to cr_004

12.2(11)YT

cs_000 to cs_005

12.2(11)YT

ft_001 to ft_006

12.2(11)YT

ls_026

12.2(11)YT

ls_031 to ls_033

12.2(11)YT

ls_040 to ls_042

12.2(11)YT

ls_050 to ls_059

12.2(11)YT

ts_000 to ts_009

12.2(15)T

fa_000, fa_003, fa_007, fa_009, fa_010, fa_050 to fa_052

12.3(4)T

su_xxx, no_xxx, us_xxx, ul_xxx (000-010, 099)

対象読者

このマニュアルは、開発者が、Cisco AS5x00 シリーズ ユニバーサル アクセス サーバなどの Cisco 音声インターフェイスのための音声アプリケーション ソフトウェアを作成する場合の参考資料です。音声アプリケーションの開発者に含まれるのは、次のとおりです。

独立ソフトウェア ベンダー(ISV)

社内開発者

システム インテグレータ

相手先商標による製造会社(OEM)

このマニュアルの対象読者は、次のとおりです。

TCL プログラミングの知識と経験を持つユーザ

このマニュアルではTCL IVR スクリプトの作成法および使用法を例示して説明していますが、TCL スクリプトの作成法のチュートリアルではありません。

マニュアルの構成

このマニュアルには、次の章と付録があります。

第1章「概要」 では、Interactive Voice Response(IVR)、Tool Command Language(TCL)および TCL IVR Application Programming Interface(API)Version 2.0 の概要を説明しています。

第2章「TCL IVR スクリプトの使用方法」 では、TCL IVR スクリプトの作成法および使用法について説明します。

第3章「TCL IVR API のコマンド リファレンス」 では、TCL IVR API コマンドについてアルファベット順に説明します。

第4章「情報タグ」 では、コール レッグ、イベント、スクリプト、現在の設定、および RADIUS から戻された値に関する情報の取得に使用できる識別子について説明します。

第5章「イベントとステータス コード」 では、TCL IVR スクリプトが受け取ったイベントおよび戻したステータス コードについて説明します。

付録A「スクリプト例」 では、いくつかの TCL スクリプト例について説明します。

用語集は、このマニュアルで使用する共通用語についてアルファベット順に説明します。

関連資料

Configuring Interactive Voice Response for Cisco Access Platforms

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/access/acs_serv/as5400/sw_conf/ios_121/pull_ivr.htm

Service Provider Features for Voice over IP

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios120/120newft/120t/120t3/voip1203.htm

Voice over IP for the Cisco AS5300

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/access/nubuvoip/voip5300/index.htm

Voice over IP for the Cisco AS5800

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/access/nubuvoip/voip5800/index.htm

Voice over IP for the Cisco 2600/Cisco 3600 Series

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/access/nubuvoip/voip3600/index.htm

Configuring H.323 VoIP Gateway for Cisco Access Platforms

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/multi_c/mcprt1/mcdvoip.htm

Prepaid Distributed Calling Card via Packet Telephony

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/access/acs_serv/as5400/sw_conf/ios_121/pull0134.htm

RADIUS Vendor-Specific Attributes Implementation Guide

http://cco/univercd/cc/td/doc/product/access/acs_serv/vapp_dev/vsaig3.htm

TCL IVR API Version 1.0 Programmer's Guide

http://cco/univercd/cc/td/doc/product/access/acs_serv/vapp_dev/tclivrpg.htm

Interactive Voice Response Version 2.0 on Cisco VoIP Gateways

http://cco/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121newft/121t/121t3/dt_skyn.htm

Enhanced Multilanguage Guide

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122newft/122t/122t2/ftmultil.htm

Cisco IOS Security Configuration Guide, Release 12.2

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/fsecur_c/index.htm

Cisco IOS TCL and VoiceXML Application Guide

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122newft/122t/122t11/ivrapp/index.htm

Cisco VoiceXML Programmer's Guide

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/rel_docs/vxmlprg/index.htm

Introduction to writing TCL scripts:TCL and the TK Toolkit, by John Ousterhout(published by Addison Wesley Longman, Inc)

Developer Support Agreement

http://www.cisco.com/warp/public/779/servpro/programs/ecosystem/devsup

表記法

このマニュアルでは、手順および関連情報について説明する際、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワード

イタリック体

ユーザが値を指定する変数

[ ]

角カッコ内に表示されるキーワードもしくは引数は、省略可能です。

{x | y | z}

必須キーワードの選択は、波カッコで囲み、縦棒で区切って表示されます。必ず 1 つを選択する必要があります。

screen フォント

画面に表示される情報例

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報例

< >

パスワードのように出力されない文字は、状況によりイタリック体を使用できない場合、山カッコで囲んで表示されます。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで表示されます。


注釈です。役立つ情報や、追加情報などの参照資料を紹介しています。



ワンポイント・アドバイス 時間を節約する方法です。ここに紹介している方法で作業を行うと、時間を短縮できます。



注意 要注意の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ヒント 問題の解決に役立つ情報を示しています。トラブルシューティングもしくはその方法ではありませんが、ワンポイント アドバイスと同じく便利な情報です。


技術情報の入手方法

この項では、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

World Wide Web

World Wide Web 上の次の URL から、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

また、シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

シスコ製品の最新資料の日本語版は、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp

Documentation CD-ROM(英語版)

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属の Cisco Documentation CD-ROM パッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROM は毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。この CD-ROM パッケージは、1 回単位または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法(英語版)

シスコのマニュアルは、次の方法で入手できます。

シスコ直販のお客様の場合、Networking Products MarketPlace からシスコ製品の英文マニュアルを発注できます。次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com 登録ユーザの場合、Documentation CD-ROM をオンラインの Subscription Store から発注できます。

http://www.cisco.com/go/subscription

Cisco.com に登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合せください。

シスコシステムズマニュアルセンター

シスコシステムズマニュアルセンターでは、シスコ製品の日本語マニュアルの最新版を PDF 形式で公開しています。また、日本語マニュアル、および日本語マニュアル CD-ROM もオンラインで発注可能です。ご希望の方は、次の URL にアクセスしてください。

http://www2.hipri.com/cisco/

また、シスコシステムズマニュアルセンターでは、日本語マニュアル中の誤記、誤植に関するコメントをお受けしています。次の URL の「製品マニュアル内容不良報告」をクリックすると、コメント入力画面が表示されます。

http://www2.hipri.com/cisco/

なお、技術内容に関するお問い合せは、この Web サイトではお受けできませんので、製品を購入された各代理店へお問い合せください。

テクニカル サポート

シスコでは、あらゆる技術上の支援のための窓口として Cisco.com を運営しています。お客様およびパートナーは Cisco Technical Assistance Center(TAC)Web サイトからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例をオンライン ツールで入手できます。Cisco.com にご登録済みのお客様は、Cisco TAC Web サイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。

Cisco.com

Cisco.com は、いつでもどこからでも、シスコの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにただちに自由にアクセスできる対話形式のネットワーク サービスの基盤です。

Cisco.com は、高度に統合されたインターネット アプリケーションで、次の目的に役立つ機能およびサービスを豊富に用意する、強力で使いやすいツールです。

ビジネス プロセスの合理化と生産性の向上

オンライン テクニカル サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料や製品の発注

オンラインでのスキル査定、トレーニング、認定プログラムへの登録

Cisco.com に登録されると、各ユーザに合った情報やサービスが得られます。Cisco.com には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com

TAC(Technical Assistance Center)

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TAC をご利用いただくことができます。Cisco TAC では、2 種類のサポートを提供しています。Cisco TAC Web サイトと Cisco TAC Escalation Center です。

TAC へのお問い合せは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル 4(P4):シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

プライオリティ レベル 3(P3):ネットワークの動作パフォーマンスが低下している。ネットワーク機能に軽微な障害が発生しているが、ほとんどの業務運用は継続できる。

プライオリティ レベル 2(P2):ネットワークの機能が著しく低下したため、業務に重大な影響を及ぼした。回避策がない。

プライオリティ レベル 1(P1):ネットワークがダウンした状態で、サービスが早急に回復しなかった場合、業務に致命的な損害が発生する。回避策がない。

どの Cisco TAC リソースをご利用になるかは、問題の緊急性とサービス契約(該当する場合)に記載された条件によって決まります。

Cisco TAC Web サイト

Cisco TAC Web サイトでは、ユーザは P3 および P4 レベルの問題をユーザ自身で解決でき、費用と時間を節約することができます。このサイトでは、オンライン ツール、知識ベース、ソフトウェアに 24 時間アクセスできます。Cisco TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、Cisco TAC Web サイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco TAC Web サイトには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログイン ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com の登録ユーザは、Cisco TAC Web サイトで技術上の問題を解決できなかった場合、次の URL から TAC Case Open ツールのオンライン サービスを利用することができます。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットを利用する場合、P3 および P4 の問題については、Cisco TAC Web サイトのサービスを利用することをお勧めします。

Cisco TAC Escalation Center

Cisco TAC Escalation Center では、P1 および P2 レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。Cisco TAC Escalation Center にお問い合せいただいた P1 または P2 の問題には、TAC エンジニアが対応します。

TAC フリーダイヤルの国別電話番号は、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどの契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、または Network Supported Accounts(NSA; ネットワーク サポート アカウント)など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register

Developer Support

Cisco Developer Support Program についてご紹介します。このプログラムは、開発プロジェクトにおいて Cisco のインターフェイスを利用する間、信頼性の高いサポートを一貫したレベルで提供します。


ヒント このプログラムへ加入するには、Developer Support Agreement の承認が必要です。詳細については、
http://www.cisco.com/go/developersupport にアクセスするか、developer-support@cisco.com まで電子メールでお問い合せください。