Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイ シャーシ インストレーション ガイド
ケーブル仕様
ケーブル仕様
発行日;2012/01/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ケーブル仕様

コンソール/補助ポートのケーブルおよびピン割り当て

ロールオーバー ケーブルの見分け方

コンソール ポートのケーブルおよびピン割り当て

補助ポートの信号およびピン割り当て

イーサネット ポートのピン割り当て

BITS ケーブルおよびポートのピン割り当て

アラーム ポートのピン割り当て

バンタム ジャック ポートのピン割り当て

ケーブル仕様

この付録では、Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイのケーブルおよびピン割り当てについて説明します。内容は次のとおりです。

「コンソール/補助ポートのケーブルおよびピン割り当て」

「イーサネット ポートのピン割り当て」

「BITS ケーブルおよびポートのピン割り当て」

「アラーム ポートのピン割り当て」

「バンタム ジャック ポートのピン割り当て」


) この付録では、使用しているピンについてのみピン割り当てを紹介しています。表に記載されていないピンは、結線されていません。


コンソール/補助ポートのケーブルおよびピン割り当て

ユニバーサル ゲートウェイには、コンソール/補助ケーブル キットが付属しています。このキットには、ユニバーサル ゲートウェイにコンソール(ASCII 端末または端末エミュレーション ソフトウェアを実行する PC)またはモデムを接続するためのケーブルおよびアダプタが入っています。コンソール/補助ケーブル キットの内容は、次のとおりです。

RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル(詳細についてはロールオーバー ケーブルの見分け方を参照)。

RJ-45/DB-9 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)

RJ-45/DB-25 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)

RJ-45/DB-25 オス DCE アダプタ(ラベル:MODEM)

コンソールの接続については「コンソール ポートのケーブルおよびピン割り当て」を参照してください。モデムの接続については「補助ポートの信号およびピン割り当て」を参照してください。

ロールオーバー ケーブルの見分け方

ロールオーバー ケーブルを見分けるには、両端のモジュールを比べます。コネクタのタブを後ろ側にして、左右に並べて持ちます。左のプラグの外側にあるピンに接続されているワイヤが、右のプラグの外側にあるピンに接続されているワイヤと同じ色になっているはずです(図C-1 を参照)。シスコ製のケーブルの場合、一方のコネクタではピン 1、もう一方のコネクタではピン 8 が白です(ロールオーバー ケーブルでは、ピン 1 と 8、2 と 7、3 と 6、4 と 5 が、それぞれ反転しています)。

図C-1 ロールオーバー ケーブルの見分け方

 

コンソール ポートのケーブルおよびピン割り当て

端末エミュレーション ソフトウェアが稼働する PC をコンソール ポートに接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルおよび RJ-45/DB-9 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)を使用します。図C-2 に、コンソール ポートと PC の接続方法を示します。 表C-1 に、非同期シリアル コンソール ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、および RJ-45/DB-9 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)のピン割り当てを示します。

図C-2 コンソール ポートと PC の接続

 

 

表C-1 コンソール ポートの信号およびケーブル接続 ― DB-9 アダプタを使用

コンソール ポート(DTE)
RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-9
端末アダプタ
コンソール装置
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-9 ピン
信号

RTS

1 1

8

8

CTS

DTR

2

7

6

DSR

TxD

3

6

2

RxD

GND

4

5

5

GND

GND

5

4

5

GND

RxD

6

3

3

TxD

DSR

7

2

4

DTR

CTS

8 1

1

7

RTS

1.ピン 1 は内部でピン 8 に接続されています。

コンソール ポートを端末に接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルおよび RJ-45/DB-25 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)を使用します。図C-3 に、コンソール ポートと端末の接続方法を示します。 表C-2 に、非同期シリアル コンソール ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、および RJ-45/DB-25 メス DTE アダプタ(ラベル:TERMINAL)のピン割り当てを示します。

図C-3 コンソール ポートと端末の接続

 

 

表C-2 コンソール ポートの信号およびケーブル接続 ― DB-25 アダプタを使用

コンソール ポート(DTE) 2
RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-25
端末アダプタ
コンソール装置
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-25 ピン
信号

RTS

1 3

8

5

CTS

DTR

2

7

6

DSR

TxD

3

6

3

RxD

GND

4

5

7

GND

GND

5

4

7

GND

RxD

6

3

2

TxD

DSR

7

2

20

DTR

CTS

8 1

1

4

RTS

2.同じケーブルで、コンソールと補助ポートを接続できます。

3.ピン 1 は内部でピン 8 に接続されています。

補助ポートの信号およびピン割り当て

補助ポートをモデムに接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルおよび RJ-45/DB-25 オス DCE アダプタ(ラベル:MODEM)を使用します。図C-4 に、補助ポートとモデムの接続方法を示します。 表C-3 に、非同期シリアル補助ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、および RJ-45/DB-25 オス DCE アダプタ(ラベル:MODEM)のピン割り当てを示します。

図C-4 補助ポートとモデムの接続

 

 

表C-3 補助ポートの信号およびケーブル接続 ― DB-25 アダプタを使用

補助ポート(DTE)
RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-25
モデム アダプタ
モデム
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-25 ピン
信号

RTS

1

8

4

RTS

DTR

2

7

20

DTR

TxD

3

6

3

TxD

GND

4

5

7

GND

GND

5

4

7

GND

RxD

6

3

2

RxD

DSR

7

2

8

DCD

CTS

8

1

5

CTS

イーサネット ポートのピン割り当て

表C-4 に、イーサネット ポートのピン割り当てを示します。


注意 GR-1089-CORE, Issue II, October 2002 の建物内の雷サージに関する要件に適合するために、Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイのイーサネット ポートのいずれかに接続する場合にはシールド ケーブルを使用する必要があります。ケーブルは、ケーブル シールド材が両方のコネクタに連結されていて、両端をシールド コネクタで終端されたシールド ケーブルで構成されている必要があります。

 

表C-4 10/100BASE-Tポートのピン割り当て

RJ-45 ピン
説明

1

TXD+

2

TXD-

3

RXD+

4

-

5

-

6

RXD-

7

-

8

-

BITS ケーブルおよびポートのピン割り当て

図C-5 に BITS ポートの接続方法を、 表C-5 に BITS ポートのピン割り当てを示します。

図C-5 BITS ポートの接続

 

 

表C-5 BITS ポートのピン割り当て

ピン
説明

1

BITS 信号

2

アース

アラーム ポートのピン割り当て

表C-6 に、アラーム ポートのピン割り当てを示します。

 

表C-6 アラーム ポートのピン割り当て

ピン
説明

1

通常は開いています。

2

ポーリング

3

通常は閉じています。

バンタム ジャック ポートのピン割り当て

表C-7 に、8 ポート T1 または E1 DFC および T3 DFC のバンタム ジャック ポートのピン割り当てを示します。

 

表C-7 バンタム ジャック ポートのピン割り当て

ピン
説明

1

チップ

2

リング