Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイ シャーシ インストレーション ガイド
Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの設置
Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの設置
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの設置

シャーシの設置

デスクトップにシャーシを設置する手順

ゴム製の脚の取り付け

シャーシのラックマウント

必要な工具および機器

ブラケットの取り付け

ラックへの設置

シャーシ アースの接続

ネットワークへの接続

イーサネット ネットワークへの接続

WAN への接続

コンソール ポートおよび補助ポートへの接続

コンソール ポートへの接続

補助ポートへのモデムの接続

BITS ポートへの信号ジェネレータの接続

アラーム ポートへのアラームの接続

電源装置の接続

AC 電源コードの接続

DC 電源装置の配線

次の作業

Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの設置

この章では、Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの設置手順について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「シャーシの設置」

「ネットワークへの接続」

「コンソール ポートおよび補助ポートへの接続」

「BITS ポートへの信号ジェネレータの接続」

「アラーム ポートへのアラームの接続」

「電源装置の接続」

「次の作業」


警告 この装置の設置または交換は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。



警告 この装置は、アースされていることが前提になっています。通常の使用時には必ず装置がアースされているようにしてください。



警告 この装置または接続装置を兼用コンセントに接続する場合、不適切に接続すると危険な状況を引き起こす恐れがあります。


シャーシの設置

このシャーシは、デスクトップまたはラックに設置できます。ネットワークの条件に適した設置手順を参照してください。

デスクトップにシャーシを設置する手順

シャーシのラックマウント


警告 装置を設置または交換するときには、必ずアースを最初に接続し、最後に取り外します。



警告 この装置は、出入りが制限された場所に設置されることを想定しています。出入りが制限された場所とは、特殊なツール、ロックおよびキー、または他のセキュリティ手段を使用しないと入室できない場所を意味します。


デスクトップにシャーシを設置する手順

システムを正常に稼働させるには、シャーシを適切な場所に設置することが重要です。装置を互いに近付けすぎると、十分な換気が得られず、システムの誤動作や停止が起こりやすくなるだけでなく、パネルに手が届きにくいためにシステムのメンテナンス作業にも支障が出ます。シャーシの設置場所を選ぶ際は、次の点を考慮してください。

シャーシの前面パネルおよび背面パネルの両方に、手が届くようにしてください。

シャーシを設置する室内の換気に注意してください。電気機器は熱を発生させます。室内の換気が不十分な場合、室温が上昇すると、適切な動作温度まで装置を冷却できなくなることがあります。

ゴム製の脚の取り付け

シャーシにゴム製の脚を取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシを慎重に裏返して、ゴム製の脚取り付け用の 4 つの小さなくぼみが見えるようにします(図3-1 を参照)。ゴム製の脚は、ユニバーサル ゲートウェイに付属のアクセサリ キットに含まれています。

ステップ 2 それぞれのゴム製の脚の底部からワックス ペーパーを取り外し、シャーシ底部の小さなくぼみにゴム製の脚を押し込みます(図3-1 を参照)。

図3-1 ゴム製の脚の取り付け

 


 

シャーシのラックマウント

ここでは、シャーシをラックに設置する手順について説明します。ユニバーサル ゲートウェイには、19 インチ(48.26 cm)ラック用の取り付けブラケット、および 23 または 24 インチ(58.429 または 60.96 cm)ラック用の少し大きい取り付けブラケットが付属しています(図3-2を参照)。

ラックへの設置方法を検討する際は、次の点に注意してください。

密閉型のラックを使用する場合は、十分な換気が必要です。それぞれの装置が熱を発生させるので、ラック内に装置を詰め込みすぎないようにしてください。密閉型のラックには、側面に冷気を取り込むためのルーバ扉およびファンが必要です。ラックの下段にある装置から発生した熱が上昇して、上段に設置された装置の吸気口から吸い込まれる可能性があります。

開放型のラックにシャーシを設置する場合は、吸気口または排気口がラックの枠で塞がれないように注意してください。シャーシをスライドの上に置く場合は、シャーシをラックに設置したあと、シャーシの位置を確認してください。

バッフルは、排気と吸気を分離するほか、冷気をシャーシ全体に供給します。バッフルの最適な取り付け位置は、ラック内のエアフロー パターンによって異なります。さまざまな位置を試してみて、適切な場所に置いてください。


警告 シャーシを取り扱うとき、または電源装置の近くで作業をするときは、AC 装置の場合は電源コードを外し、DC 装置の場合は回路ブレーカーで電源を切断してから、作業を開始してください。


必要な工具および機器

シャーシをラックに設置する際に必要な工具および機器は、次のとおりです。

No. 2 プラス ドライバ(付属していません)

中型のマイナス ドライバ(付属していません)

シャーシをラックに固定するネジ(付属していません)

標準ラック取り付けブラケット(付属しています)

ブラケットをシャーシに固定するネジ(付属しています)

図3-2 標準ラック 取り付けブラケット

 

ブラケットの取り付け

シャーシに取り付けブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシを平らな面に置きます(図3-3 を参照)。


) 前面または背面パネルが手前を向くようにしてシャーシを取り付けできます。


ステップ 2 標準の 19 インチ(48.26 cm)または 23 インチ(58.42 cm)ラック ブラケットをシャーシの側面に取り付けます。取り付けブラケットに付属のネジを使用します(図3-3 を参照)。


) シャーシの両側面には、取り付け穴が 3 組あります。前、後ろ、または中間の取り付け穴にブラケットを取り付けます。


図3-3 標準ブラケットの取り付け方--前面パネルが手前

 


 

ラックへの設置


注意 Dial Feature Card(DFC; ダイヤル フィーチャ カード)上のハンドルを使用してシャーシを持ち上げないでください。

装置ラックにシャーシを設置する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシに取り付けブラケットを取り付けた状態で、シャーシを支えてブラケットの穴とラックのネジ穴を合わせます(図3-4 を参照)。

ステップ 2 ユーザ側で用意したネジでラックにシャーシを取り付けます(図3-4 を参照)。

図3-4 19 インチ ラックへのシャーシの取り付け--背面パネルが手前

 


 

シャーシ アースの接続

シャーシは、アース端子(同梱)とサイズ AWG 6(13 mm 2 )ワイヤを使用して、信頼性の高いアースに接続する必要があります。

シャーシ アースを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アース線の一端をはがし、コンダクタの約 0.75 インチ(20 mm)をむき出しにします。

ステップ 2 適切なサイズの圧着工具を使用して、アース線をアース端子に取り付けます

ステップ 3 アース端子をシャーシに取り付けます(図3-5 を参照)。中型のマイナス ドライバおよびアース端子に付属のネジを使用します。8 ~ 10 インチ ポンド(0.9 ~ 1.1 ニュートン メーター)のトルクでネジを締めます。

ステップ 4 アース線のもう一方の端を、設置場所の適切なアース ポイントに接続します。

図3-5 Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイのアース端子の取り付け

 


 

ネットワークへの接続

ここでは、Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイをネットワークに接続する手順について説明します。ユニバーサル ゲートウェイをネットワークに接続するときに必要なケーブルは、付属していません。発注についての情報は、カスタマー サービスにご連絡ください。ケーブルおよびポートのピン割り当てについては、「テクニカル サポート」または 付録 C「ケーブル仕様」 を参照してください。


警告 感電事故を防ぐため、Safety Extra-Low Voltage(SELV; 安全超低電圧)回路を Telephone-Network Voltage(TNV; 電話網電圧)回路に接続しないでください。LAN ポートには SELV 回路があり、WAN ポートには TNV 回路があります。一部の LAN ポートおよび WAN ポートでは、いずれも RJ-45 コネクタが使用されているので、ケーブルの接続には十分注意してください。



警告 雷が発生しているときには、システムに手を加えたり、ケーブルの接続や取り外しを行わないでください。



注意 ユニバーサル ゲートウェイに搭載している DFC が 3 つ未満の場合には、未使用のスロットに必ずブランク スロット カバーを取り付けて、適正なエアフローを確保してください。


) Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイは、すべてのキャリア カードおよび DFC が搭載された状態で出荷されます(カードをスペア品として個別に発注した場合を除きます)。カードの取り付け手順についての詳細は、『Cisco AS5350XM and Cisco AS5400XM Universal Gateways Card Installation Guide』を参照してください。このマニュアルは、Cisco.com で利用できます( マニュアルの入手方法を参照)。


イーサネット ネットワークへの接続

Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイ ギガビット イーサネット ポートをイーサネット ハブに接続するには、ストレート RJ-45/RJ-45 イーサネット ケーブルを使用します(図3-6 を参照)。


注意 GR-1089-CORE Issue III, October 2002 の建物内雷サージ要件に適合するためには、Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイ イーサネット ポートのいずれかに接続する場合、シールド ケーブルを使用する必要があります。ケーブルは、両端がシールド コネクタで終端するシールド ケーブルで構成され、ケーブル シールドの材質は両方のコネクタに接合されている必要があります。

図3-6 イーサネット ハブへの接続(10/100BASE-T の場合)

 

1

GE1 10/100/1000BASE-T ポート

2

イーサネット ハブ

3

ストレート イーサネット ケーブル

WAN への接続


警告 次の場合には、電話線を取り外す必要があります。1)主電源のコネクタを取り外す前。2)シャーシを開けている間。



警告 ルータ電源のオン/オフにかかわらず、WAN ポートには危険なネットワーク電圧がかかっています。感電事故を防ぐために、WAN ポートの周辺で作業を行う場合は十分に注意してください。ケーブルを外すときには、先にルータ側から外すようにしてください。



警告 この装置の取り付けおよび保守は、AS/NZS 3260 Clause 1.2.14.3 Service Personnel に定められている保守担当者が行ってください。



警告 火災防止のため、No. 26 AWG 以上の電話線を使用してください。


次の方法で Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイを WAN に接続します。

ストレートRJ-45/RJ-45ケーブルで各 T1/PRI ポートを RJ-45 ジャックに接続します(図3-7および図3-8を参照)。

図3-7 RJ-45(T1)ジャックへの 2 ポートまたは 4 ポート DFC の接続

 

図3-8 RJ-45(T1)ジャックへの 8 ポート DFC の接続

 


) 特定のポート、およびそのポート上でのライン終端を選択するには、ソフトウェア コマンドを使用します。ソフトウェア コマンドの詳細については、『Cisco AS5350XM and Cisco AS5400XM Universal Gateways Software Configuration Guide』を参照してください。このマニュアルは、Cisco.com で利用できます( マニュアルの入手方法を参照)。



) 75 Ωの入力インピーダンスのポートを選択した場合は、RJ-45/75 Ω同軸ケーブル アダプタをそのポートに使用してください。


ストレート RJ-45/RJ-45 ケーブルを使用して RJ-45 ジャックに各 E1/PRI ポートを接続します(図3-9および図3-10を参照)。


警告 E1 インターフェイス カードを搭載できるのは、ACA 認定の顧客側宅内装置または ACA の認定要件を免除されている Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)だけです。顧客側宅内装置は、ユーザが宅内装置の過電圧に触れないように、ネジ下げ式のふたの付いたキャビネットに収容する必要があります。宅内装置には、電話網電圧がかかっている可能性のある回路が組み込まれています。


図3-9 RJ-45 ジャックへの 2 ポートまたは 4 ポート DFC の接続

 

図3-10 RJ-45 ジャックへの 8 ポート DFC の接続

 

シリアル トランジション ケーブルを使用して、モデムまたは CSU/DSU に同期シリアル ポートを接続します(図3-11 を参照)。

図3-11 CSU/DSU への接続

 

コンソール ポートおよび補助ポートへの接続

コンソール端末を使用して、ユニバーサル ゲートウェイへのローカルからのアクセスを管理することができます。端末は、コンソール ポートにのみ接続可能です。ユニバーサル ゲートウェイにリモートからアクセスする場合には、補助ポートを使用して端末またはモデムを接続します。

コンソール ポートへの接続

Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイのコンソール ポートに端末(ASCII 端末または端末エミュレーション ソフトウェアを実行する PC)を接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 RJ-45 ロールオーバー ケーブルおよび RJ-45/DB-25 または RJ-45/DB-9 アダプタを使用して、コンソール ポートに端末を接続します。シスコ提供のアダプタには、TERMINAL というラベルが付いています。アダプタとロールオーバー ケーブルは、ユニバーサル ゲートウェイに付属のアクセサリ キットに含まれています(図3-12 を参照)。


) ロールオーバー ケーブルのピン割り当てについては、付録 C「ケーブル仕様」を参照してください。


ステップ 2 端末または PC 端末エミュレーション ソフトウェアを、9600 ボー、8 データ ビット、パリティなし、2 ストップ ビットに設定します。

ステップ 3 コンソール ポートを設定します。『 Cisco AS5350XM and Cisco AS5400XM Universal Gateways Software Configuration Guide 』を参照してください。このマニュアルは、Cisco.com で利用できます( マニュアルの入手方法を参照)。

図3-12 コンソール端末の接続

 


 

補助ポートへのモデムの接続

補助ポートにモデムを接続するには、RJ-45/DB-25 アダプタ付きの RJ-45 ロールオーバー ケーブルを使用します。シスコ社提供のアタプタには、MODEMというラベルが付いています。アダプタとロールオーバー ケーブルは、ユニバーサル ゲートウェイに付属のアクセサリ キットに含まれています(図3-13 を参照)。


) 伝送速度(38400 ボーが標準)、および Data Carrier Detect(DCD; データ キャリア検出)/Data Terminal Ready(DTR; データ ターミナル レディ)動作によるハードウェア フロー制御について、モデムと Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの補助ポートが同じ設定値になっていることを確認します。


図3-13 補助ポートへのモデムの接続

 

BITS ポートへの信号ジェネレータの接続

同軸ケーブルを使用して、BITS ポートに Timing Signal Generator(TSG; タイミング信号発生器)を接続します。BITS ポートは、外部クロッキングに使用します(図3-14 を参照)。

図3-14 BITS ポートへの接続

 

アラーム ポートへのアラームの接続

アラーム ポートにアラーム装置を接続する手順は、次のとおりです。


) アラーム コネクタは 3 線コネクタで、シャーシの背面にあるレセプタクルに差し込みます。コネクタは、Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイのアクセサリ キットに付属しています。



ステップ 1 アラーム ポートの端子ブロックに、3 ピンのアラーム ポート コネクタ(アクセサリ キットに付属)を差し込みます。

ステップ 2 より線ワイヤの端から最低 1/4 インチ(0.625 cm)をむき出しにして、アラーム コネクタに接続します。むき出し部分の長さは、最大 0.31 インチ(0.78 cm)とします。


) アラーム ポートは、22 AWG 以上の大きさの銅線を使用して、SELV 電源にのみ接続します。SELV 定格電力は、最大 30 ボルト AC(RMS)、最大 60 ボルト DC、および最大 50 VA です。アラーム ポートは、最大電流 2.0 アンペアに定められています。


ステップ 3 コネクタのネジを使用して、ワイヤをアラーム コネクタに固定します。アラーム ポートのピン割り当てについては、 付録 C「ケーブル仕様」 を参照してください。


注意 ネジを締め付けるトルクは、最大 7 インチ ポンド(0.79 ニュートン メーター)とします。

ステップ 4 シャーシに 2 つのケーブル タイを取り付け、ワイヤをケーブル タイで固定します(図3-15 を参照)。

ステップ 5 アラーム ワイヤをアラーム装置に接続します。

図3-15 アラーム ポートへの接続

 


 

電源装置の接続

電源システムは、単一入力 AC または DC 電源装置、または二重入力(冗長)AC または DC 電源装置で構成されます。電源システムについての詳細は、「電源装置」および「電源に関する考慮事項」を参照してください。


) Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイのアース アーキテクチャは、独立したDC 戻り線(DC-I)です。



警告 電源コードが接続されているときは、電源装置に手を触れないでください。電源スイッチを備えたシステムの場合、電源スイッチがオフになっていても、電源コードが接続されていれば、電源装置内部に入力電圧がかかっています。電源スイッチのないシステムの場合、電源コードが接続されていれば、電源装置内部に入力電圧がかかっています。



警告 この製品は設置する建物に回路短絡(過電流)保護機構が備わっていることを前提に設計されています。このため、屋内配線には必ず、米国では 120 VAC、15 A、その他の国では 240 VAC、10 A 以下のヒューズまたは回路ブレーカーを使用してください。



警告 この装置は TN 電源システムで動作するように設計されています。


AC 電源コードの接続

電源コードを接続する手順は、次のとおりです。


) 冗長 AC 電源装置には非標準コネクタが使用されています。ユニバーサル ゲートウェイに付属の電源コードを使用してください。



ステップ 1 AC 電源コードの一端を Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイの背面パネルの電源コネクタに接続します(図3-16または図3-17を参照)。

ステップ 2 AC 電源コードのもう一方の端を、電源コンセントに接続します。


警告 いつでも装置の電源を切断できるように、プラグおよびソケットにすぐに手が届く状態にしておいてください。


図3-16 AC 電源コードの接続

 

図3-17 冗長電源装置への AC 電源コードの接続

 

ステップ 3 ユニバーサル ゲートウェイの電源を入れます。

内蔵電源装置のファンが作動します。


 

DC 電源装置の配線

DC 電源装置を搭載した Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイをお求めになった場合、端子ブロックを配線する手順は、次のとおりです。


) Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイのアース アーキテクチャは、独立したDC 戻り線(DC-I)です。



警告 以下の作業を行う前に、DC 回路に電気が流れていないことを確認します。



警告 アース コードまたは電源コードをシャーシに接続またはシャーシから切り離す前に、DC 回路に電気が流れていないことを確認します。すべての電源を確実に切断するには、配電盤上で DC 回路に対応している回路ブレーカーを OFF の位置に切り替え、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルを OFF の位置のままテープで固定します。



) この製品は、出入りが制限された場所に設置されることを想定しており、12 または 14 AWG 銅線による接続のみが認められています。該当するすべての規則に従って設置する必要があります。


端子ブロックを配線する手順は、次のとおりです(図3-18または図3-19を参照)。


ステップ 1 DC 電源装置の向きに注意します。 電源装置のコードは、48 VDC 戻り線、-48 VDC、保安接地(グリーンのワイヤ)の 3 本が揃っていなければなりません。


) 冗長電源装置を取り付けている場合、アースおよび入力コードのむき出しになった端に、適切なサイズのスペード端子を取り付ける必要があります。


ステップ 2 保護アース線、+48 VDC、および -48 VDC 入力線の端を、それぞれ 1/4 インチ(0.625)cm ほどむき出しにします。


警告 次の図に、DC 電源装置の端子ブロックを示します。この図に示すように、ワイヤの端に適切な処置を施すか、または端子を取り付けない状態で、DC 電源装置の配線を行ってください。配線は、アース線とアース線、プラス線とプラス線、マイナス線とマイナス線の順に行います。アース線は、必ず最初に接続し、最後に外します。


図3-18 DC 電源装置の接続--単一電源装置

 


警告 次の図に、DC 電源装置の端子ブロックを示します。この図に示すように、ワイヤの端に適切な処置を施すか、または端子を取り付けない状態で、DC 電源装置の配線を行ってください。配線は、アース線とアース線、プラス線とプラス線、マイナス線とマイナス線の順に行います。アース線は、必ず最初に接続し、最後に外します。


図3-19 DC 電源装置の接続--冗長電源装置

 


注意 端子ブロックのネジは、固く締めすぎないように注意してください。推奨するトルクは、4.5 インチ ポンド(0.50 ニュートン メーター)です。

ステップ 3 DC コネクタのアース コネクタに保安接地(グリーンのワイヤ)を差し込み、ネジを締めます。ワイヤのむき出し部分が露出していないことを確認します。

ステップ 4 DC コネクタのプラス コネクタ(+)に 48 VDC 戻り線を差し込み、ネジを締めます。ワイヤのむき出し部分が露出していないことを確認します。

ステップ 5 DC コネクタのマイナス コネクタ(-)に -48 VDC 線を差し込み、ネジを締めます。ワイヤのむき出し部分が露出していないことを確認します。

ステップ 6 電源コードは、必ず DC 電源装置のストレイン レリーフ クランプにケーブル タイで固定します。


警告 DC 電源装置を接続したあとで、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルに貼ったテープをはがし、回路ブレーカーのハンドルを ON の位置に切り替えて通電状態にします。


ステップ 7 ユニバーサル ゲートウェイの電源を入れます。

内蔵電源装置のファンが作動します。


 

次の作業

Cisco AS5350XM ユニバーサル ゲートウェイに初めて電源を入れると、コンソール画面に一連のメッセージが表示されます。設定手順については、『 Cisco AS5350XM and Cisco AS5400XM Universal Gateways Software Configuration Guide 』を参照してください。このマニュアルは、Cisco.com で利用できます( マニュアルの入手方法を参照)。

このマニュアルでは以降、スペア部品の交換方法、トラブルシューティング、およびケーブルの独自製作について説明します。

第 4 章「トラブルシューティング」

付録 A「メモリ コンポーネントの交換」

付録 B「電源装置の交換」

付録 C「ケーブル仕様」