Cisco AS5350XM / AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
基本的なセットアップの確認
基本的なセットアップの確認
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

基本的なセットアップの確認

ギガビット イーサネットの設定

システム ブート ダイアログの分析

初期実行コンフィギュレーションの確認

メモリ使用率の確認

CPU 使用率の確認

ヘルス モニタを使用したコンポーネントのステータスの表示

インターフェイス キュー ウェッジ モニタの使用

次の作業

基本的なセットアップの確認

この章の内容は、Cisco AS5350XM および Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイ向けのものです。この章では、基本的なシステム コンポーネントが正常に動作しているかどうかを確認するための作業について詳しく説明します。

「ギガビット イーサネットの設定」

「システム ブート ダイアログの分析」

「初期実行コンフィギュレーションの確認」

「メモリ使用率の確認」

「CPU 使用率の確認」

「ヘルス モニタを使用したコンポーネントのステータスの表示」

「インターフェイス キュー ウェッジ モニタの使用」

「次の作業」

ギガビット イーサネットの設定

Cisco AS5350XM および AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイのイーサネット ポートは、ギガビット イーサネット ポートです(シャーシ上で GE0 および GE1 というラベルが付いています)。Cisco IOS ファームウェアおよびソフトウェアは、ファスト イーサネットの設定をユーザが変更せずに Cisco AS5350XM および AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイで使用できるように設計されています。

Cisco IOS コマンド write または copy running-config startup-config を使用して NVRAM(不揮発性 RAM)にコンフィギュレーションを保存している場合、参照されるイーサネット インターフェイスはすべて GigabitEther であり、IOS コマンド write terminal および show running configuration では常に GigabitEther が表示されます。

使用するいずれかのスクリプトで FastEther という単語を検索可能にする必要がある場合は、ROMMON コマンド ethertype fe を使用して、GigabitEther を FastEther に変更できます。 ethertype fe を入力すると、IOS イメージは FastEther だけを認識するようになります。GigabitEther は 認識されません

システム ブート ダイアログの分析

Cisco AS5350XM および Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイには、特有のブート シーケンスがあります。このブート シーケンスを端末セッションを介して調べるには、ユニバーサル ゲートウェイにコンソールを接続してから、ゲートウェイの電源を入れる必要があります。


) コンソール ポートにメッセージが届かない場合は、ボーレートの設定が正しいかどうかを確認してください。Cisco AS5350XM および Cisco AS5400XM のコンソール ポートは、115200 までのボーレートに対応します。


次のブート シーケンスが発生します。この例では、ブート シーケンスを説明するために、ステップ番号と注釈を加えています。


ステップ 1 次のセグメントで、ゲートウェイはシステム ブート イメージの圧縮を解除し、NVRAM の有効性をテストし、さらに Cisco IOS イメージの圧縮を解除します。

System Bootstrap, Version 12.3(12r)PI6, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 2004 by cisco Systems, Inc.
AS5400XM platform with 524288 Kbytes of main memory
 
Self decompressing the image : #################################################################################################################################################################################################################### [OK]
 

ステップ 2 Cisco IOS のリリース、使用可能メモリ、ハードウェア インターフェイス、およびモデム回線が表示されます。


) フィーチャ カードのタイプが認識されない場合は、最適な Cisco IOS ソフトウェア バージョンを実行しているかどうかを確認してください。オンラインでハードウェア/ソフトウェア互換性マトリックスを参照できます。
http://cco-sj-1.cisco.com/cgi-bin/front.x/Support/HWSWmatrix/hwswmatrix.cgiにアクセスしてください。


Restricted Rights Legend
 
Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
 
cisco Systems, Inc.
170 West Tasman Drive
San Jose, California 95134-1706
 
Cisco IOS Software, 5400 Software (C5400-JS-M), Version 12.3(14)T, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2005 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Sat 29-Jan-05 02:10 by yiyan
Image text-base: 0x60011068, data-base: 0x61F80000
 
Cisco AS5400XM (BCM) processor (revision 0x21) with 393215K/131072K bytes of memory.
Processor board ID JAB082904P4
SB-1 CPU at 750MHz, Implementation 1025, Rev 0.3, 256KB L2 Cache
Last reset from IOS reload
Manufacture Cookie Info:
EEPROM Version 0x4, Board ID 0x4BD,
Board Hardware Version 1.11, Item Number 800-6572289-01,
Board Revision 02, Serial Number JAB082904P4.
Processor 0x0, MAC Address badb.adba.d044
2 Gigabit Ethernet interfaces
6 Serial interfaces
648 terminal lines
1 Channelized T3 port
512K bytes of NVRAM.
125184K bytes of ATA External CompactFlash (Read/Write)
 

ステップ 3 ゲートウェイは未設定なので、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルを見つけることができません。したがって、ソフトウェアから [Would you like to enter the initial configuration dialog?[yes/no]] という問い合わせが出されます。

no を入力します。この例では、Cisco IOS ソフトウェアを手動で設定します。自動セットアップ スクリプトは使用しません。Cisco IOS ソフトウェアを手動で設定することにより、ユーザの知識が豊富になります。

yes を入力して、autoinstall を打ち切ります。

--- System Configuration Dialog ---
 
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: no

Would you like to terminate autoinstall? [yes]: yes
 

ステップ 4 次の例は、フィーチャ カードが未搭載の LAN インターフェイスおよびスロットを示しています。ユニバーサル ポート フィーチャ カード(従来の NextPort モジュール)ファームウェア バージョンが表示されています(バージョンは 1.1.6.81)。ゲートウェイは、より適切なクロック ソースに切り替えようとしますが、T1 トランクが未設定なので、適切なソースを見つけることができません。

00:00:03: %NP_MD-6-SLOT_INSERTED: Slot 1 (108 ports max) inserted
00:00:16: %CARRIER-3-NO_DFC: DFC is not present - DFC 3
00:00:16: %CARRIER-3-NO_DFC: DFC is not present - DFC 4
00:00:16: %CARRIER-3-NO_DFC: DFC is not present - DFC 5
00:00:16: %CARRIER-3-NO_DFC: DFC is not present - DFC 6
00:00:16: %CARRIER-3-NO_DFC: DFC is not present - DFC 7
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet0/0, changed state to up
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet0/1, changed state to up
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/0, changed state to down
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/1, changed state to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet0/0, changed state to up
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet0/1, changed state to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/0, changed state to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/1, changed state to down
00:00:23: %NP_BS-6-MODULE_STARTED: NextPort module 1/0/0 Started - 1.1.6.81
00:00:26: %NP_BS-6-MODULE_STARTED: NextPort module 1/0/1 Started - 1.1.6.81
00:00:30: %NP_MD-6-MODULE_UP: NextPort module 1/0/0 up
00:00:30: %NP_BS-6-MODULE_STARTED: NextPort module 1/0/2 Started - 1.1.6.81
00:00:33: %NP_MD-6-MODULE_UP: NextPort module 1/0/1 up
00:00:37: %NP_MD-6-MODULE_UP: NextPort module 1/0/2 up
00:01:05: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial0/0, changed state to administratively down
00:01:05: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet0/0, changed state to administratively down
00:01:05: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet0/1, changed state to administratively down
00:01:05: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial0/1, changed state to administratively down
00:01:06: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet0/0, changed state to down
00:01:10: %SYS-5-RESTART: System restarted --
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 5400 Software (C5400-JS-M), Version 12.3(14)T, RELEASE SOFTWARE (fc1)
TAC:Home:SW:IOS:Specials for info
Copyright (c) 2004 by cisco Systems, Inc.
Compiled Sun 09-Jul-00 07:06 by beliu
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 1 priority 205 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 2 priority 204 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 3 priority 205 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 4 priority 204 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 5 priority 205 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 6 priority 204 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-SWITCH: Switching to the clock on slot 2 port 7 priority 205 as the current primary has gone bad
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-BAD_CLOCKS: There are no good clocks in the system. Remain in HOLDOVER mode
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-BAD_CLOCKS: There are no good clocks in the system. Remain in HOLDOVER mode
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-BAD_CLOCKS: There are no good clocks in the system. Remain in HOLDOVER mode
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-BAD_CLOCKS: There are no good clocks in the system. Remain in HOLDOVER mode
00:01:10: %TRUNK_CLOCK-6-BAD_CLOCKS: There are no good clocks in the system. Remain in HOLDOVER mode

ステップ 5 show version コマンドを入力してシステム ハードウェア、Cisco IOS イメージ名、稼働時間、再起動の理由を調べます。

Router> show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 5400 Software (C5400-JS-M), Version 12.3(14)T, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 2004 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 19-Feb-04 04:10 by
Image text-base: 0x60008968, data-base: 0x61180000
 
ROM: System Bootstrap, Version 12.0(19991122:230447)
BOOTFLASH: 5350 Software (C5350-BOOT-M), Version 12.0(19991112:131]
 
AS5400 uptime is 1 day, 4 hours, 29 minutes
System returned to ROM by reload at 12:34:33 UTC Tue Nov 30 1999
System image file is "flash:c5350-js-mz.xm.Feb19"
 
cisco AS5400 (R7K) processor (revision L) with 131072K/65536K bytes of memory.
Processor board ID 99290068
R7000 CPU at 250Mhz, Implementation 39, Rev 1.0, 256KB L2, 2048KB L3 Cache
Last reset from warm-reset
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.
Primary Rate ISDN software, Version 1.1.
Manufacture Cookie Info:
EEPROM Type 0x0001, EEPROM Version 0x01, Board ID 0x31,
Board Hardware Version 1.21, Item Number 800-5171-01,
Board Revision 011, Serial Number 99290068,
PLD/ISP Version 0.0, Manufacture Date 2-Aug-1999.
Processor 0xFF, MAC Address 0x0503EFF5F4C
Backplane HW Revision FF.FF, Flash Type 5V
2 GigabitEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Serial network interface(s)
108 terminal line(s)
8 Channelized T1/PRI port(s)
512K bytes of non-volatile configuration memory.
16384K bytes of processor board System flash (Read/Write)
8192K bytes of processor board Boot flash (Read/Write)
 
Configuration register is 0x2102
 


 

表2-1 で、上記の例における重要な出力フィールドについて説明します。

 

表2-1 show version コマンド出力のフィールド

フィールド
説明
AS5400 uptime is....

このフィールドを調べることによって、予定外のリロードがないかを確認します。

System returned to ROM by reload at....

この行で、前回ゲートウェイがリロードされた理由がわかります。「power-on」とある場合は、電源の中断がリロードの原因です。

System image file is....

ゲートウェイはこのイメージ ロケーションから起動しています。

初期実行コンフィギュレーションの確認

Cisco IOS ソフトウェアによって初期実行コンフィギュレーションが作成されます。このコンフィギュレーションを調べ、デフォルトの設定値を把握してください。ユーザ入力は太字で示しています。

Router> enable
Password:
Router# show running-config
 
Building configuration...
 
Current configuration : 7653 bytes
!
version 12.1
no service single-slot-reload-enable
no service pad
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname Router
!
no boot startup-test
logging rate-limit console 10 except errors
!
!
resource-pool disable
!
!
voice-fastpath enable
ip subnet-zero
no ip routing
no ip finger
ip name-server 172.16.11.48
ip name-server 172.16.2.132
ip name-server 172.16.2.133
!
call rsvp-sync
!
!
fax interface-type modem
mta receive maximum-recipients 0
!
!
controller T1 1/0
!
controller T1 1/1
!
controller T1 1/2
!
controller T1 1/3
!
controller T1 1/4
!
controller T1 1/5
!
controller T1 1/6
!
controller T1 1/7
!
!
interface GigabitEthernet0/0
ip address 172.21.101.21 255.255.255.0
no ip route-cache
no ip mroute-cache
duplex auto
speed 100
no mop enabled
!
interface GigabitEthernet0/1
no ip address
no ip route-cache
no ip mroute-cache
shutdown
duplex auto
speed auto
!
interface Serial0/0
no ip address
no ip route-cache
no ip mroute-cache
shutdown
fair-queue
clockrate 2000000
!
interface Serial0/1
no ip address
no ip route-cache
no ip mroute-cache
shutdown
clockrate 2000000
!
interface Async4/00
no ip address
no ip route-cache
!
interface Async4/01
no ip address
no ip route-cache
!
interface Async4/02
no ip address
no ip route-cache
.
.
.
interface Async4/107
no ip address
no ip route-cache
!
interface Group-Async0
no ip address
no ip route-cache
no group-range
!
ip kerberos source-interface any
ip classless
no ip http server
!
!
line con 0
logging synchronous
transport input none
line aux 0
logging synchronous
line vty 0 4
password cisco
login
line 4/00 4/107
no flush-at-activation
modem InOut
!
scheduler allocate 10000 400
end
 

Cisco AS5350XM または Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイは、認識したすべての非同期インターフェイスを表示します。したがって、システムが多数の非同期インターフェイスを備えている場合、実行コンフィギュレーションは非常に長大になります。非同期インターフェイスを集約するには、 group-range コマンドを使用して、非同期インターフェイスを非同期グループ インターフェイスに割り当てる必要があります。「非同期グループ インターフェイスの設定」を参照してください。

非同期グループ インターフェイスは、ゲートウェイ上の複数の非同期インターフェイスの設定を制御するために使用するテンプレートです。各非同期インターフェイスはモデム回線と 1 対 1 で対応し、対応する回線と同じ番号を使用します。非同期インターフェイスを非同期グループ インターフェイスとして設定することにより、時間とコンフィギュレーション ファイルのサイズを節約できます。

メモリ使用率の確認

次の目的で、 show memory summary コマンドを使用します。

さまざまなプロセッサおよび I/O メモリ プロセスにメモリがどのように使用されているかを把握します。

メモリ フラグメンテーションおよびメモリ リークを調べます。

メモリ リーク ― リリースされず、プロセッサに戻されないメモリ。メモリ リークは、空きメモリが減少し続けることからわかります。ただし、メモリ リークを追跡する方法としては、Object-Identifier Management Information Base(OID MIB)の FreeMem 変数をモニタするのが最良です。

メモリ フラグメンテーション ― 最大メモリ ブロックが最下位ブロックと等しくないことからわかります。フラグメンテーションが増えると数字が上昇します。

Router# show memory summary
 
Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
Processor 61952B00 107664640 24210716 83453924 82827184 82866768
I/O 40000000 67108880 28952352 38156528 38156528 38156412
.
.
.
 

使用メモリと空きメモリの合計が総メモリです。 show memory summary コマンド出力の大部分は、わかりやすくするために省略してあります。


terminal length 0 コマンドがイネーブルのときに、show memory summary コマンドを入力しないでください。大量の出力画面によって、セッションが中断されることがあります。



) MIB(管理情報ベース)の詳細については、http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/にアクセスし、オンライン マニュアルを参照してください。
使用している Cisco IOS リリースを選択し、新機能に関するマニュアルから検索してください。


CPU 使用率の確認

show process cpu コマンドを入力し、さらに show process cpu history コマンドを入力すると、高い CPU 使用率を調べることができます。使用率が高いとネットワーク パフォーマンスにおいて問題が生じます。たとえば、どのようなときに、50% を超える使用率でルータが稼働しているかを把握しておくことが重要です。予想外のトラフィック バーストが発生した場合、または OSPF(Open Shortest Path First)の再計算が行われると、ルータはパケットを廃棄するようになります。CPU 使用率の引き下げには、高速スイッチングも有効です。

Router# show process cpu
 
CPU utilization for five seconds: 0%/0%; one minute: 1%; five minutes: 1%
PID Runtime(ms) Invoked uSecs 5Sec 1Min 5Min TTY Process
1 0 20232 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Load Meter
2 0 12 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 EST msg processing
3 305688 23808 12839 0.00% 0.39% 0.29% 0 Check heaps
4 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Chunk Manager
5 4 10 400 0.00% 0.00% 0.00% 0 Pool Manager
6 0 2 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Timers
7 112 20205 5 0.00% 0.00% 0.00% 0 ALARM_TRIGGER_SC
8 0 2 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Serial Background
9 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 RM PROCESS
10 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 RM PROCESS
11 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 RM PROCESS
12 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 RM PROCESS
13 0 2 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 CAS Process
14 220 2803 78 0.00% 0.00% 0.00% 0 ARP Input
15 0 5058 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 HC Counter Timer
16 0 2 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 DDR Timers
17 0 2 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Dialer event
18 4 2 2000 0.00% 0.00% 0.00% 0 Entity MIB API
19 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 SERIAL A'detect
20 0 1 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Critical Background
21 72 13826 5 0.00% 0.00% 0.00% 0 Net Background
PID Runtime(ms) Invoked uSecs 5Sec 1Min 5Min TTY Process
43 0 3 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 AAA Accounting
.
.
.
 
 

show processes cpu history コマンドでは、次の一定時間におけるルータの CPU 使用率の合計が ASCII グラフ形式で表示されます。1 分間、1 時間、72 時間の使用率が、それぞれ 1 秒、1 分、1 時間の累計で表示されます。最大使用率は 1 秒ごとに測定して記録され、平均使用率は 1 秒あたりで計算されます。

Router# show process cpu history
 
11111
44 11111 99999 33333
100
90
80
70
60
50
40
30
20 *****
10 *****
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
 
CPU% per second (last 60 seconds)
 
 
1
9244444444444444444344444444443443444444444443444444424444
100
90
80
70
60
50
40
30
20 *
10 *
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5
 
CPU% per minute (last 60 minutes)
* = maximum CPU% # = average CPU%
 
1
1 0
4444444444444444444449444440
100 *
90 *
80 *
70 *
60 *
50 *
40 *
30 *
20 * *
10 * *
0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....6....6....7.
0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0 5 0
 
CPU% per hour (last 72 hours)
* = maximum CPU% # = average CPU%
 

出力の先頭行に、使用率として 50% 以上などの大きい値が表示されている場合は、5Sec、1Min、および 5Min のカラムを調べてください。CPU パワーを最も使用しているプロセスを突き止めます。

ヘルス モニタを使用したコンポーネントのステータスの表示

ヘルス モニタを使用すると、ユニバーサル ゲートウェイのさまざまなコンポーネントの状態を確認できます。

show health-monitor summary コマンドにより、次のコンポーネントの状態が表示されます。

シャーシ:電源装置、温度、ファン

メモリ:プロセッサ、I/O メモリ

フィーチャ カード

show health-monitor summary コマンドは、コンポーネントの状態を要約して表示します。

show health-monitor コマンドは、サブコンポーネントの状態など、さらに詳しい情報を表示します。

次に、 show health-monitor コマンドの出力例を示します。

AS5400# show health-monitor
Chassis:
Power Supply Failure
Redundant Power System is present.
PS Input Voltage status: failure
PS Output Voltage status: failure
PS Fan status: normal
PS Thermal status: normal
PS OverVoltage status: normal
Temperature OK
Fans OK
 
Memory:
Free Memory processor OK
Memory Fragmentation Processor OK
Free Memory I/O OK
Memory Fragmentation I/O OK
Detailed summary:
Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
Processor 62EC07E0 219412512 67221920 152190592 142181548 139874020
I/O 40000000 67110380 46387964 20722416 20722416 20706928
 
DFC's:
Slot 1 (NP108 DFC) OK
Slot 2 (NP108 DFC) OK
Slot 3 (NP108 DFC) OK
Slot 4 (NP60 DFC) OK
Slot 5 (NP108 DFC) OK, 1 SPE's BAD
Slot 7 (CT3 DFC) OK
AS5400#
AS5400#
AS5400#
AS5400#
AS5400#show health-monitor summ
AS5400#show health-monitor summary ?
| Output modifiers
<cr>
 

次に、 show health-monitor summary コマンドの出力例を示します。

AS5400# show health-monitor summary
Chassis:
Power Supply Failure
Temperature OK
Fans OK
 
Memory:
Free Memory processor OK
Memory Fragmentation Processor OK
Free Memory I/O OK
Memory Fragmentation I/O OK
 
DFC's:
Slot 1 (NP108 DFC) OK
Slot 2 (NP108 DFC) OK
Slot 3 (NP108 DFC) OK
Slot 4 (NP60 DFC) OK
Slot 5 (NP108 DFC) OK
Slot 7 (CT3 DFC) OK

インターフェイス キュー ウェッジ モニタの使用

インターフェイス キュー ウェッジ モニタは、インターフェイス キューのウェッジ状態に関する情報と、この状態が発生する時間についての情報を表示します。(出力キューの場合)送信パケット カウント、または(入力キューの場合)受信パケット カウントが、キューの最大パケット カウント サイズ以上になると、インターフェイス キューはウェッジ状態になり、それ以上はパケットを送受信できなくなります。

インターフェイス キュー ウェッジ モニタをイネーブルまたはディセーブルにするコマンドは、次のとおりです。

interface-monitor enable

[no] interface-monitor enable

インターフェイス キュー ウェッジ モニタは、デフォルトではディセーブルに設定されています。

インターフェイス キュー ウェッジ モニタをイネーブルにすると、すべての入力および出力キュー ウェッジ インターフェイスがモニタされます。 show wedged-interfaces [ output / input ] コマンドは、キューがウェッジ状態になったインターフェイスを表示します。

show wedged-interfaces output コマンドでは、出力キュー ウェッジ インターフェイスと、それぞれのインターフェイスがウェッジ状態になってからの時間が表示されます。

show wedged-interfaces input コマンドでは、入力キュー ウェッジ インターフェイスと、それぞれのインターフェイスがウェッジ状態になってからの時間が表示されます。

インターフェイス キュー ウェッジ(出力)の手順

インターフェイス キュー ウェッジ モニタがイネーブルに設定され、インターフェイス(GigabitEthernet0/0 など)の出力キューがすでにウェッジ状態になっている場合、次のメッセージがコンソール、Syslog、およびバッファに出力されます。

Eg: 00:39:15: %HHM-3-INTFWEDGE: GigabitEthernet0/0 Output Queue Wedged
 

次に、ウェッジ状態のインターフェイス出力をイネーブルおよびディセーブルにして、結果を表示する例を示します。


ステップ 1 インターフェイス キュー ウェッジ モニタをイネーブルにします。

AS5400# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
AS5400#(config)# interface-monitor enable
AS5400#(config)# ^Z
AS5400#
 

ステップ 2 インターフェイスを表示します(この例では、一部のインターフェイスがすでにウェッジ状態になっています)。

AS5400# show wedged-interfaces output
Interface Name Time Since Wedge
Async4/00 00:23:33
Async4/01 00:23:26
Async4/02 00:23:21
Async4/03 00:23:15
GigabitEthernet0/0 00:24:35
GigabitEthernet0/1 00:24:50
Virtual-Access2 00:38:19
Virtual-Access3 00:38:19
AS5400#
 

ステップ 3 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを表示します。

AS5400# show proc cpu | i Intf
39 0 341 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Intf Wedge Monit
AS5400#
 

ステップ 4 インターフェイス モニタをディセーブルにします。

AS5400# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
AS5400#(config)# no interface-monitor enable
AS5400#(config)# ^Z
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 5 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを再び表示します(この時点では実行中のプロセスはありません)。

AS5400# show proc cpu | i Intf
AS5400#
 

ステップ 6 ウェッジ状態のインターフェイス出力を表示します(出力なし)。

AS5400# show wedged-interfaces output
Interface Name Time Since Wedge
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 7 インターフェイス キュー ウェッジ モニタを再びイネーブルにします。

AS5400# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
AS5400#(config)# interface-monitor enable
AS5400#(config)# ^Z
 
AS5400#
00:39:03: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/00 Output Queue Wedged
00:39:04: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
00:39:06: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/01 Output Queue Wedged
00:39:09: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/02 Output Queue Wedged
00:39:12: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/03 Output Queue Wedged
00:39:15: %HHM-3-INTFWEDGE: GigabitEthernet0/0 Output Queue Wedged
00:39:18: %HHM-3-INTFWEDGE: GigabitEthernet0/1 Output Queue Wedged
00:39:39: %HHM-3-INTFWEDGE: Virtual-Access2 Output Queue Wedged
00:39:42: %HHM-3-INTFWEDGE: Virtual-Access3 Output Queue Wedged
AS5400#
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 8 ウェッジ出力を表示します。

AS5400# show wedge output
Interface Name Time Since Wedge
Async4/00 00:25:26
Async4/01 00:25:20
Async4/02 00:25:15
Async4/03 00:25:08
GigabitEthernet0/0 00:26:29
GigabitEthernet0/1 00:26:44
Virtual-Access2 00:40:12
Virtual-Access3 00:40:12
AS5400#
 

ステップ 9 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを再び表示します(この時点ではプロセスが実行中です)。

AS5400# show proc cpu | i Intf
39 0 25 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Intf Wedge Monit
 


 

ウェッジ インターフェイス(入力)の手順

次に、ウェッジ状態のインターフェイス入力をイネーブルおよびディセーブルにして、結果を表示する例を示します。


ステップ 1 ウェッジ状態のインターフェイスを表示します(インターフェイスはすでにウェッジ状態です)。

AS5400# show wedged-interfaces input
Interface Time Since Wedge
Async4/00 00:21:58
Async4/01 00:21:51
Async4/02 00:21:26
Async4/03 00:21:21
GigabitEthernet0/0 11:58:28
GigabitEthernet0/1 11:58:46
Virtual-Access2 00:08:46
Virtual-Access3 00:08:46
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 2 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを表示します。

AS5400# show proc cpu | i Intf
39 0 21 0 0.00% 0.00% 0.00% 0 Intf Wedge Monit
AS5400#
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 3 インターフェイス モニタをディセーブルにします。

AS5400# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
AS5400#(config)# no interface-monitor enable
AS5400#(config)# ^Z
AS5400#
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 4 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを再び表示します(この時点では実行中のプロセスはありません)。

AS5400# show proc cpu | i Intf
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 5 ウェッジ状態のインターフェイス入力を表示します(入力なし)。

AS5400# show wedged-interfaces output
Interface Time Since Wedge
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 6 インターフェイス キュー ウェッジ モニタを再びイネーブルにします。

AS5400# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
AS5400#(config)# interface-monitor enable
AS5400#(config)# ^Z
AS5400#
AS5400#
 
AS5400#
12:00:50: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/00 Input Queue Wedge
12:00:53: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/01 Input Queue Wedge
12:00:56: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/02 Input Queue Wedge
12:00:59: %HHM-3-INTFWEDGE: Async4/03 Input Queue Wedge
12:01:02: %HHM-3-INTFWEDGE: GigabitEthernet0/0 Input Queue Wedge
12:01:05: %HHM-3-INTFWEDGE: GigabitEthernet0/1 Input Queue Wedge
12:01:26: %HHM-3-INTFWEDGE: Virtual-Access2 Input Queue Wedge
12:01:29: %HHM-3-INTFWEDGE: Virtual-Access3 Input Queue Wedge
AS5400#
AS5400#
 

ステップ 7 実行中のインターフェイス ウェッジ プロセスを再び表示します(この時点ではプロセスが実行中です)。

AS5400# show proc cpu | i Intf
39 8 110 72 0.00% 0.00% 0.00% 0 Intf Wedge Monit
AS5400#
 

ステップ 8 ウェッジ入力を表示します。

AS5400# show wedged-interfaces input
Interface Time Since Wedge
Async4/00 00:24:14
Async4/01 00:24:06
Async4/02 00:23:42
Async4/03 00:23:37
GigabitEthernet0/0 12:00:44
GigabitEthernet0/1 12:01:01
Virtual-Access2 00:11:02
Virtual-Access3 00:11:02
 


 

次の作業

次の作業に進んでください。

第 3 章「CLI を使用して行う基本設定」 ― Cisco AS5350XM または Cisco AS5400XM ユニバーサル ゲートウェイが稼働するようにします。

基本設定に関するその他の情報は、お使いの Cisco IOS ソフトウェア リリースの『 Cisco IOS Dial Technologies Configuration Guide 』および『 Cisco IOS Dial Technologies Command Reference 』を参照してください。さらに高度な設定については、お使いの Cisco IOS ソフトウェア リリースに応じた Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド、フィーチャ モジュール、およびコマンド リファレンスを参照してください。

トラブルシューティング情報については、ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースの『 System Error Messages 』および『 Debug Command Reference 』を参照してください。