Cisco ATA 190 Analog Telephone Adapter (SIP 用)アドミニストレーション ガイド バー ジョン 1.0
はじめに
はじめに
発行日;2015/06/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

はじめに

概要

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

シスコ製品のセキュリティの概要

表記法

はじめに

概要

『Cisco ATA 190 Analog Telephone Adapter(SIP 用)アドミニストレーション ガイド バージョン 1.0』では、セッション開始プロトコル(SIP)ネットワーク上に Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor を設置して設定し、管理するために必要な情報を示します。

対象読者

このガイドの対象読者は、ATA 190 を使用した Voice over IP(VoIP)サービスを管理するネットワーク管理者およびサービス プロバイダーです。このガイドで説明されている作業のほとんどは、ATA 190 のエンド ユーザーを対象としたものではありません。これらの作業の多くはネットワーク上での ATA 190 の機能に影響を与えるため、IP ネットワーキングおよびテレフォニーの概念に関する知識が必要となります。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

 

第 1 章「Cisco ATA 190 アナログ電話アダプタの概要」

ATA 190 のハードウェアおよびソフトウェア機能と、SIP の概要について説明します。

第 2 章「ネットワークに ATA 190 を設置するための準備」

ATA 190 と Cisco Unified Communications Manager その他のデバイスとの間の相互作用について説明します。また、ATA 190 の電源供給オプションについても説明します。

第 3 章「ATA 190 の設置」

ATA 190 ハードウェアを接続して QED およびファームウェア ファイルをロードする方法について説明します。

第 4 章「SIP 用 ATA 190 の設定」

セッション開始プロトコル(SIP)を使って動作するように ATA 190 を設定する方法について説明します。

第 5 章「FAX サービスの設定とデバッグ」

FAX 送信をサポートするように ATA 190 の両方のポートを設定する手順を説明します。

付録 D「トラブルシューティングとメンテナンス」

ATA 190 の基本的なテストおよびトラブルシューティング手順を説明します。

「SIP 補足サービスの使用」

通話前および通話中のサービスに関するエンド ユーザ向け情報を提供します。

音声メニュー コード

クイック リファレンスとして、ATA 190 の音声設定メニュー オプションのリストを記載します。

付録 A「ATA 190 仕様」

ATA 190 の物理的な仕様をリストします。

付録 B「SIP コール フロー」

SIP シナリオでの ATA 190 コール フローを説明します。

付録 C「各国の ATA 190 トーン パラメータ推奨値」

国別のトーン パラメータをリストします。

用語集

よく使われる用語の定義をリストします。

索引

参照先をリストします。

関連資料

ATA 190 または Cisco Unified Communications Manager に関する追加情報については、次の資料を参照してください。

Cisco ATA 190 アナログ電話アダプタ

RFC 3261(SIP:セッション開始プロトコル)

RFC 2543(SIP:セッション開始プロトコル)

Cisco ATA SIP 準拠に関する参照情報

http://www-vnt.cisco.com/SPUniv/SIP/documents/CiscoATASIPComplianceRef.pdf

RFC 768(ユーザ データグラム プロトコル)

RFC 2198(RTP Payload for Redundant Audio Data)

RFC 2833(RTP Payload for DTMF Digits, Telephony Phones and Telephony Signals)

RFC 2327(SDP: セッション記述プロトコル)

RFC 4730( A Session Initiation Protocol (SIP) Event Package for Key Press Stimulus (KPML)

RFC 3515 ( The Session Initiation Protocol (SIP) Refer Method )

Read Me First - ATA Boot Load Information

Cisco ATA 190 Analog Telephone Adapter At a Glance

Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ATA 190

Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor Release Notes

Cisco Unified Communications Manager

これらの資料は、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Unified Communications Manager Business Edition

これらの資料は、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7273/tsd_products_support_series_home.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨エイリアスや一般的なシスコのマニュアルについては、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation(シスコ製品マニュアルの更新情報)』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

シスコ製品のセキュリティの概要

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を 順守する責任があります。本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。米国および他の国の法律を順守できない場合は、 本製品を至急送り返してください。

米国の輸出規制の詳細については、 次の URL で参照できます。 http://www.access.gpo.gov/bis/ear/ear_data.html

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワードは 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で表記されています。

[   ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

<   >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

 


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。