Cisco ATA 190 Analog Telephone Adapter (SIP 用)アドミニストレーション ガイド バー ジョン 1.0
音声メニュー コード
音声メニュー コード
発行日;2015/06/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

音声メニュー コード

IVR へのアクセスと電話機の設定値の設定

音声メニュー コード

ここでは、自動音声応答(IVR)の利用方法について説明し、クイック リファレンスとして ATA 190 の音声設定メニュー オプションのリストを記載します。

IVR へのアクセスと電話機の設定値の設定

IVR にアクセスし、電話機の設定値を設定するには、次の手順を実行します。


) PIN は、Cisco Unified CM のユーザ オプション Web ページで変更できます。


手順


ステップ 1 IVR にアクセスするには、ライン 1 に接続された電話機をオフフックにして、ATA 190 の前面パネルで [設定(Set Up)] ボタンを押します。

IVR からパスワードの入力を求められます。


) ATA 190 でパスワードとして入力できるのは、数値のみです。


ステップ 2 数字キーパッドを押して PIN を入力し、最後に # ボタンを押します。

これで、IVR のメイン設定メニューに移動します。

ステップ 3 IVR の音声プロンプトに従います。IVR のナビゲート操作については 表 B-1 を参照してください。

ステップ 4 メイン設定メニューに戻るには、 # を押します。

ステップ 5 IVR を終了するには、コールを終了します。


 

表 B-1 に、IVR の設定メニューの各種オプションについて説明します。

 

表 B-1 IVR の設定メニューのナビゲート

操作
IVR コード
ナビゲートに関する注意事項

ネットワーク設定値を確認または設定する

1

DHCP が有効である場合、IVR によって各ネットワーク パラメータがアナウンスされます。

DHCP が無効である場合、IVR によって、新しい値を入力するための間隔を空けながら、各ネットワーク パラメータがアナウンスされます。

1. IVR によって、IP アドレスがアナウンスされます。電話機の IP アドレスを変更するには、キーパッドを使用して新しい IP アドレスを入力し、最後に # を押します。現在の IP アドレスを保持するには、 # を押します。

2. IVR によって、サブネット マスクがアナウンスされます。サブネット マスクを変更するには、キーパッドを使用して新しい IP アドレスを入力し、最後に # を押します。現在のサブネット マスクを保持するには、 # を押します。


) IP アドレスの各オクテットを区切るためにドット(.)を入力するには、* を押します。


3. IVR によって、デフォルト ゲートウェイがアナウンスされます。デフォルト ゲートウェイを変更するには、キーパッドを使用して新しい IP アドレスを入力し、最後に # を押します。現在のデフォルト ゲートウェイを保持するには、 # を押します。

TFTP サーバを確認または設定する

2

IVR によって、現在の TFTP 設定がアナウンスされます。

TFTP サーバを変更するには、キーパッドを使用して新しい IP アドレスを入力し、最後に # を押します。現在の TFTP サーバを保持するには、 # を押します。

手動で設定された TFTP サーバから、DHCP サーバによって設定された TFTP サーバにリセットするには、 * を押します。

を押します。

DHCP を有効または無効する

3

3 を押して、DHCP の有効と無効を切り替えます。

VLAN ID を確認または設定します。

4

管理者 VLAN ID を確認して設定するには 4 を押します。

工場出荷時の設定にリセットする

0

--

(注) すべての設定値が工場出荷時のデフォルト設定値にリセットされ、電話機もリセットされます。電話機の再登録にはしばらく時間がかかります。このオプションは必要な場合だけ選択してください。