Cisco ATA 190 Analog Telephone Adapter (SIP 用)アドミニストレーション ガイド バー ジョン 1.0
Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor の概要
Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor の概要
発行日;2015/06/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor の概要

セッション開始プロトコルの概要

SIP 機能

SIP のコンポーネント

SIP クライアント

SIP サーバ

ハードウェアの概要

ソフトウェアの機能

セキュア リアルタイム転送プロトコル

NSE ベースのパススルー

トランスポート層セキュリティ プロトコル

T.38 FAX リレー

サポートされる音声コーデック

サポートされるその他のプロトコル

ATA 190 の SIP サービス

モデム標準

FAX サービス

サポートされる方式

付加サービス

設置および設定の概要

Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor の概要

ここでは、Cisco ATA 190 Analog Telephone Adaptor(ATA 190)のハードウェアおよびソフトウェアの特徴と、セッション開始プロトコル(SIP)の概要について説明します。

ATA 190 Analog Telephone Adaptor は、通常のアナログ電話を IP ベースのテレフォニー ネットワークで動作できるようにするハンドセット/イーサネット間アダプタです。ATA 190 は 2 つの音声ポートをサポートし、それぞれに個別の電話番号を割り当てることができます。また、ATA 190 には RJ- 45 10/100BASE-T データ ポートもあります。

ここで説明する内容は次のとおりです。

「セッション開始プロトコルの概要」

「ハードウェアの概要」

「ソフトウェアの機能」

「設置および設定の概要」

図 1-1 Cisco アナログ電話アダプタ(ATA)

 

シスコの音声パケット ゲートウェイで動作する ATA190 は、デジタル加入者線(DSL)、固定ワイヤレス ケーブル モデム、その他のイーサネット接続を介して配備されたブロードバンド パイプを利用します。

図 1-2 SIP ネットワーク内のエンドポイントとしての ATA 190

 

セッション開始プロトコルの概要

セッション開始プロトコル(Session Initiation Protocol、SIP)は、インターネット プロトコル(IP)を介してリアルタイムのコールおよび電話会議を行うための Internet Engineering Task Force(IETF)標準です。SIP は ASCII をベースとしたアプリケーション層の制御プロトコルであり(RFC3261 で規定)、これを使用すると 2 つ以上のエンドポイント間でマルチメディア セッションやコールを確立、維持、および終了できます。

他の Voice over IP(VoIP)プロトコルと同様に、SIP はパケット テレフォニー ネットワーク内でシグナリングとセッション管理の機能を扱うように設計されています。シグナリングによって、ネットワーク境界を越えてコール情報を伝送することが可能になります。セッション管理とは、エンドツーエンド コールの属性を制御する機能を提供することです。


) ATA 190 の SIP は RFC2543 に準拠しています。


ここでは、次の内容について説明します。

「SIP 機能」

「SIP のコンポーネント」

SIP 機能

SIP には次の機能があります。

ターゲット エンドポイントのアベイラビリティを判別します。ターゲット エンドポイントが利用不可であるためにコールを確立できない場合、SIP は、着信側が通話中であったのか、それとも割り当てられた呼び出し回数内に応答しなかったのかを判別します。その後、SIP はターゲット エンドポイントが利用不可である理由を示すメッセージを返します。

ターゲット エンドポイントの場所を判別します。SIP は、アドレス解決、名前のマッピング、コール リダイレクトをサポートします。

ターゲット エンドポイントのメディア機能を判別します。SIP はセッション記述プロトコル(SDP)を使用して、エンドポイント間で共通する最下位レベルのサービスを判別します。会議を確立する際には、すべてのエンドポイントでサポートされるメディア機能だけが使われます。

発信側エンドポイントとターゲット エンドポイントの間のセッションを確立します。コールを確立できる場合、SIP はエンドポイント間のセッションを確立します。SIP は通話中の変更もサポートします。たとえば、別のエンドポイントを会議に追加したり、メディアの特性やコーデックを変更したりできます。

コールの転送および終了を処理します。SIP は、1 つのエンドポイントから別のエンドポイントへのコール転送をサポートします。コール転送時に、SIP は、転送される通話者と(転送元が指定する)新しいエンドポイントとの間でセッションを確立し、転送される通話者と転送元の間のセッションを終了させます。コールが終了した時点で、SIP はすべての通話者間のセッションを終了します。会議は 2 人以上のユーザで構成されます。会議を確立するには、マルチキャスト セッションまたは複数のユニキャスト セッションを使用できます。

SIP のコンポーネント

SIP はピアツーピア プロトコルです。セッションでのピアはユーザ エージェント(UA)と呼ばれます。ユーザ エージェントは、次のいずれかの役割として機能します。

ユーザ エージェント クライアント(UAC):SIP 要求を開始するクライアント アプリケーション。

ユーザ エージェント サーバ(UAS):SIP 要求を受信するとユーザに通知し、ユーザに代わって応答を返すサーバ アプリケーション。

通常、SIP エンドポイントは UAC と UAS のどちらの機能も実行できますが、各トランザクションではいずれか一方としてのみ機能します。エンドポイントが UAC として機能するか、UAS として機能するかは、要求を開始した UA によって決まります。

また、アーキテクチャの観点から、SIP ネットワークの物理コンポーネントをクライアント、サーバの 2 つのカテゴリに分類することもできます。図 1-3 に、SIP ネットワークのアーキテクチャを示します。


) SIP サーバは、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバ、データベース アプリケーション、拡張マークアップ言語(XML)アプリケーションなどの他のアプリケーション サービスと対話できます。これらのアプリケーション サービスは、ディレクトリ サービス、認証サービス、課金対象サービスなどのバックエンド サービスを提供します。


図 1-3 SIP アーキテクチャ

 

SIP クライアント

SIP クライアントには、次のものがあります。

ゲートウェイ:コールを制御します。ゲートウェイはさまざまなサービスを提供しますが、最も一般的なものは、SIP 会議エンドポイントと他の端末タイプとの間の変換機能です。この機能には、伝送フォーマット間の変換や通信プロシージャ間の変換が含まれます。また、ゲートウェイは音声コーデック間の変換、ビデオ コーデック間の変換、および LAN 側と交換回線網側の両方でのコール設定や切断も行います。

電話機:UAS または UAC のいずれかとして機能します。ATA 190 は、SIP 要求を開始することも、要求に応答することもできます。

SIP サーバ

SIP サーバには、次のものがあります。

プロキシ サーバ:プロキシ サーバは、クライアントからの SIP 要求を受信し、クライアントに代わってそれらの要求を転送する中間デバイスです。プロキシ サーバは SIP メッセージを受け取り、それをネットワーク内の次の SIP サーバに転送します。プロキシ サーバは、認証、許可、ネットワーク アクセス コントロール、ルーティング、信頼性の高い要求再転送、セキュリティなどの機能を備えています。

リダイレクト サーバ:SIP 要求を受信し、要求からアドレスを抽出し、そのアドレスにマッピングできる他のアドレスがアドレス テーブルに含まれるかどうか確認した後、アドレス マッピングの結果をクライアントに返します。リダイレクト サーバは、メッセージの次の行き先となる 1 つ以上のホップに関する情報をクライアントに提供します。クライアントはネクスト ホップ サーバまたは UAS に直接接続します。

登録サーバ:UAC の現在位置の登録を求める、UAC からの要求を処理します。登録サーバは、多くの場合、リダイレクト サーバやプロキシ サーバと同じ場所に置かれます。

ハードウェアの概要

ATA 190 は小型で設置しやすいデバイスです。図 1-4 に、ATA 190 の背面パネルを示します。

図 1-4 ATA 190:背面図

 

このユニットには、次のコネクタとインジケータが装備されています。

12Vb 電源コネクタ。

2 つの RJ-11FXS(Foreign Exchange Station)ポート。ATA 190 はに、任意の標準アナログ電話デバイスに接続できる、2 つの独立した RJ-11 ポートがあります。各ポートは音声コールまたは FAX セッションのいずれかをサポートし、両方のポートを同時に使用できます。

ATA 190 には、ネットワーク ポートとして RJ- 45 10/100BASE-T データ ポートが 1 つ装備されており、コンピュータなどのイーサネット対応デバイスをネットワークに接続できます。


) ATA 190 は、自動ネゴシエーションによって通信方式(半二重/全二重)および通信速度を決定し、10/100 Mbps、全二重通信に対応可能です。


ソフトウェアの機能

ATA 190 がサポートしているプロトコル、サービス、方式は次のとおりです。

「セキュア リアルタイム転送プロトコル」

「NSE ベースのパススルー」

「トランスポート層セキュリティ プロトコル」

「T.38 FAX リレー」

「サポートされる音声コーデック」

「サポートされるその他のプロトコル」

「ATA 190 の SIP サービス」

「モデム標準」

「FAX サービス」

「サポートされる方式」

「付加サービス」

セキュア リアルタイム転送プロトコル

セキュア リアルタイム転送プロトコルは、ネットワーク上の音声会話のセキュリティを確保して、リプレイ アタックから保護します。

NSE ベースのパススルー

NSE(Named Signaling Event)ベースのパススルーとは、単に G.711 コーデックを使用して FAX 通信やモデム通信を転送することです。

ATA 190 は NSE ベースのモデム パススルーをサポートしていません。

トランスポート層セキュリティ プロトコル

トランスポート層セキュリティ プロトコル(TLS)は、インターネット上での電子メールなどのデータ通信を保護する暗号化プロトコルです。TLS の機能は、セキュア ソケット レイヤ(SSL)と同等です。

T.38 FAX リレー

T.38 FAX リレー機能を使用するとデバイスは FAX 機を使って IP ネットワーク経由でファイルを送信できます。一般に、受信された FAX はイメージに変換されてから T.38 FAX デバイスに送信され、最終的に元のアナログ FAX 信号に変換されます。音声ゲートウェイを使って設定された T.38 FAX リレーは、FAX 信号を復号化または復調してから IP で転送します。SIP コール制御プロトコルでは、初期 SIP INVITE メッセージ内の SDP(Security Description) エントリによって T.38 FAX リレーが示されます。初期 SIP INVITE メッセージの後、コールが確立されて、音声モードから T.38 モードに切り替わります。Cisco Unified Communications 管理ページを使用すると、T.38 FAX 通信をサポートする SIP プロファイルを設定できます。

サポートされる音声コーデック

ATA 190 でサポートされる音声コーデックは次のとおりです(他のネットワーク デバイスがサポートしているコーデックについては、それぞれのデバイスを確認してください)。

G.711µ-law

G.711A-law

G.729A

G.729B

G.729AB

サポートされるその他のプロトコル

ATA 190 では次のプロトコルもサポートされます。

802.1Q VLAN タギング

Cisco Discovery Protocol(CDP)

ドメイン ネーム システム(DNS)

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)

インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)

インターネット プロトコル(IP)

リアルタイム転送プロトコル(RTP)

伝送制御プロトコル(TCP)

トリビアル ファイル転送プロトコル(TFTP)

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)

ATA 190 の SIP サービス

これらのサービスには、次の機能が含まれます。

IP アドレス割り当て(DHCP による割り当て、または静的設定)

Cisco Unified Communications Manager コンフィギュレーション インターフェイスによる ATA 190 の設定

VLAN の設定

Cisco Discovery Protocol(CDP)

低ビット レートのコーデック選択

ユーザ認証

設定可能なトーン(ダイヤル トーン、ビジー トーン、アラート トーン、リオーダー トーン、コール待機トーン)

ダイヤル プラン

SIP プロキシ サーバの冗長性

プライバシー機能

ユーザ設定可能な、コール待機の固定デフォルト設定

G.711 使用時の無音期間中のコンフォート ノイズ

拡張音声モード

発信者 ID 形式

呼び出し音調形式

サイレンス サプレッション

フックフラッシュ検出タイミングの設定

設定可能なオンフック遅延

音声およびシグナリング イーサネット パケット用のタイプ オブ サービス(ToS)の設定

デバッグおよび診断ツール

モデム標準

ATA 190 は次のモデム標準をサポートしています。

V.90

V.92

V.44

K56Flex

ITU-T V.34 Annex 12

ITU-T V.34

V.32bis

V.32

V.21

V.22

V.23

FAX サービス

ATA 190 は、G.711 コーデックを使って FAX 信号を送信する FAX サービスに関して、次の 2 つのモードをサポートしています。

FAX パススルー モード:受信側で着信側ステーション ID(CED)トーンを検出し、G.711A-law/G.711µ-law を自動的に切り替えます。

T.38 FAX リレー モード:T.38 FAX リレー機能を使用すると、デバイスは FAX 機を使って IP ネットワーク経由でファイルを送信できます。一般に、受信された FAX はイメージに変換されてから T.38 FAX デバイスに送信され、最終的に元のアナログ FAX 信号に変換されます。音声ゲートウェイを使って設定された T.38 FAX リレーは、FAX 信号を復号化または復調してから IP で転送します。


) FAX 送信が成功するかどうかは、ネットワーク条件とその条件に対する FAX モデムの許容度によって決まります。ネットワークでのネットワーク ジッタ、ネットワーク遅延、およびパケット損失率は、ある程度低くなければなりません。


サポートされる方式

ATA 190 は、次の方式をサポートしています。詳細については、RFC3261(SIP: Session Initiation Protocol)を参照してください。

REGISTER

REFER

INVITE

BYE

CANCEL

NOTIFY

OPTIONS

ACK

SUBSCRIBE

付加サービス

SIP 付加サービスを使用すると、電話サービスを拡張できます。これらのサービスの使用方法については、「SIP 補足サービスの使用」 を参照してください。

ATA 190 は、次の SIP 付加サービスをサポートしています。

発信者 ID

コール待機中発信者 ID

ボイス メール表示

会議通話の開始

コール待機

コール転送

発信回線 ID

自動転送

在席転送

共有回線

スピード ダイヤル

ミートミー

ピックアップ

リダイヤル

設置および設定の概要

表 1-1 に、ATA 190 を設置および設定するための基本的な手順を記載します。多数の ATA 190 を配置しなければならない標準的な SIP 環境で動作可能にするには、この手順に従うことができます。 

 

表 1-1 ATA 190 を設置/設定して動作可能にするために必要な手順の概要 

操作
参考資料

1. ネットワークおよび ATA 190 の設定を計画します。

2. イーサネット接続を配備します。

3. 他のネットワーク デバイスを設置して設定します。

4. ATA 190 を設置します。ただし、この時点ではまだ ATA 190 の電源をオンにしません。

「ATA 190 の設置」

5. ATA 190 の電源をオンにします。