Cisco Unified Communications Manager システム ガイド、リリース 10.0(1)
システム設定の概要
システム設定の概要

システム設定の概要

この章では、Cisco Unified Communications ネットワークを構成するコンポーネントを設定する順序、つまり Cisco Unified Communications システムを設定する際の全体的なフローについて説明します。

Cisco Unified Communications システム全体を設定する際は、まずシステムレベルのコンポーネントの設定から始め、個々のデバイスの設定へと作業を進めます。 たとえば、デバイス プール、ルート リスト、ロケーション、コーリング サーチ スペースなどの関連コンポーネントを設定後、これらの設定済みのコンポーネントを使用して電話機および回線を設定します。

システムの設定

IP テレフォニー システム全体を設定するときに必要になる一般的な作業手順は次のとおりです。 特定の機能やコンポーネントを使用しない場合は、その手順は省略してください。 以下に示す設定手順では、多少の柔軟性を持たせてあるため、場合によっては、複数のステップを交互に実行したり、あるステップに何度か戻ったりして、順序を変えて設定作業を進めることも可能です。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager ソフトウェアを 1 つのサーバにインストールします。 このサーバはデータベース サーバとして機能します。
    ステップ 2   データベース サーバ上で、必要に応じてサービスを有効にします。
    ステップ 3   システムレベルの設定項目を設定します。
    • [Cisco Unified CM(Cisco Unified Communications Manager)](自動登録の有効化や開始電話番号(DN)の設定など、Cisco Unified Communications Manager 固有の要素が必要なことに注意してください)

    • [日時グループ(Date/Time Group)]

    • [リージョン(Region)]

    • [ソフトキーテンプレート(Softkey Template)](ソフトキー テンプレートはデバイス プール設定の必須フィールドを示しますが、標準テンプレート オプションも提供します)

    • [デバイスのデフォルト(Device Defaults)]

    • [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)]

    • [ロケーション(Locations)]

    ステップ 4   ダイヤル プランを設計し、設定します。
    • [AARグループ(AAR Group)]

    • [アプリケーションダイヤルルール(Application Dial Rule)](オプションで、Cisco Unified Communications Manager Assistant および Cisco Web Dialer で使用します)

    • [パーティション(Partition)]

    • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

    • [ルートフィルタ(Route Filter)]

    • [ルートグループ(Route Group)] および [回線グループ(Line Group)]

    • [ルート(Route)] および [ハントリスト(Hunt List)]

    • [ルートパターン(Route Pattern)](ルート パターンをゲートウェイに割り当てる場合は、ルート パターンをゲートウェイ用に設定する前にゲートウェイを作成する必要があります)

    • [トランスレーションパターン(Translation Pattern)]

    ステップ 5   メディア リソースを設定します。
    • [会議ブリッジ(Conference Bridges)]

    • [トランスコーダ(Transcoder)]

    • [アナンシエータ(Annunciator)]

    • [メディアターミネーションポイント(Media Termination Point)]

    • [保留音オーディオ ソース(Music On Hold Audio Source)]

    • [保留音サーバ(Music On Hold Server)]

    • [メディアリソースグループ(Media Resource Group)]

    • [メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]

    ステップ 6   [デバイスプール(Device Pool)] の設定値を設定します。
    • [Cisco Unified CMグループ(Cisco Unified Communications Manager Group)]

    • [日時グループ(Date/Time Group)]

    • [リージョン(Region)]

    • [ソフトキーテンプレート(Softkey Template)]

    • [SRST参照先(SRST Reference)]

    • [自動登録用コーリングサーチスペース(Calling Search Space for Auto-registration)]

    • [メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]

    • [ネットワーク保留MOH音源(Network Hold MOH Audio Source)]

    • [ユーザ保留MOH音源(User Hold MOH Audio Source)]

    • [ネットワークロケール(Network Locale)]

    • [ユーザロケール(User Locale)]

    ステップ 7   次のボイスメッセージ システムをインストールして設定します。
    • Cisco Unity Connection ボイスメッセージ システム

    ステップ 8   [ミートミー番号/パターン(Meet-Me Number/Pattern)] を設定します。
    ステップ 9   [メッセージ受信番号(Message Waiting Numbers)] を設定します。
    ステップ 10   次の機能を設定します。
    • コール パーク、ダイレクト コール パーク

    • コール ピックアップ、グループ コール ピックアップ、他グループ ピックアップ、ダイレクト コール ピックアップ、ビジー ランプ フィールド(BLF)コール ピックアップ

    • 割り込み

    • 即転送

    • Cisco Unified IP Phone サービス

    • Cisco Extension Mobility

    ステップ 11   ゲートウェイをインストールして設定します。
    ステップ 12   Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用してエンドユーザを追加します(LDAP サーバとの同期が無効になっている場合)。

    エンド ユーザのクレデンシャルを管理します。

    Cisco Unity Connection ボイスメールボックスを作成します。

    ステップ 13   電話機を設定およびインストールしてから、ユーザを電話機に関連付けます。 また、電話ボタン テンプレートとソフトキー テンプレートを設定します。
    ステップ 14   コンピュータ テレフォニー統合(CTI)アプリケーションのサポートを使用可能にし、必要な CTI アプリケーションをインストールおよび設定します。