Cisco Unified Communications Manager システム ガイド、リリース 10.0(1)
コンピュータ テレフォニー統合
コンピュータ テレフォニー統合

コンピュータ テレフォニー統合

この章では、電話コールの発信、受信、および管理を行うと同時に、コンピュータ処理機能を活用することができるコンピュータ テレフォニー統合(CTI)について説明します。 CTI アプリケーションを使用すると、発信者 ID によって指定された情報に基づいて、データベースからカスタマー情報を取得するなどのタスクを実行できます。 また、CTI アプリケーションにより、対話型音声応答(IVR)システムによって取り込まれた情報を使用することもできるため、コールを適切な顧客サービス担当者にルーティングでき、それらの情報がコールを受信するユーザに提供されます。

CTI の設定

コンピュータ テレフォニー統合(CTI)により、コンピュータ処理機能を活用しながら、電話コールの発信、受信、および管理を行うことができます。 CTI アプリケーションを使用すると、発信者 ID によって指定された情報に基づいて、データベースからカスタマー情報を取得するなどのタスクを実行できます。 また、CTI アプリケーションにより、対話型音声応答(IVR)システムによって取り込まれた情報を使用することもできるため、コールを適切な顧客サービス担当者にルーティングでき、それらの情報がコールを受信するユーザに提供されます。

Cisco CTI アプリケーションについては、コンピュータ テレフォニー統合アプリケーションを参照してください。

CTI アプリケーション用に Cisco Unified Communications Manager を設定するには、次の手順を実行します。


(注)  


CTI アプリケーションを安全にするには、CTI 用に認証および暗号化を設定します。


手順
    ステップ 1   CTIManager および Cisco CallManager の適切なサービス パラメータを設定します。
    ステップ 2   CTI アプリケーションごとに IP Phone、CTI ルート ポイント、またはポートを追加して設定します。
    ステップ 3   CTI デバイス用の電話番号を設定します。
    ステップ 4   アプリケーションが使用するすべてのデバイスを、適切な Cisco Unified Communications Manager グループに(デバイス プールを介して)関連付けます。
    ステップ 5   CTI アプリケーションを使用するエンド ユーザとアプリケーション ユーザを設定します。 CTI アプリケーションで使用されるデバイス(IP Phone、CTI ポートなど)を [エンドユーザの設定(End User Configuration)] および [アプリケーションユーザの設定(Application User Configuration)] ウィンドウにある [制御するデバイス(Controlled Devices)] リストに追加します。
    ステップ 6   エンド ユーザとアプリケーション ユーザを Standard CTI Enabled ユーザ グループに追加します。
    (注)     

    すべての CTI ユーザが確実に Standard CTI Enabled ユーザ グループに含まれるようにしますが、CTI ユーザはその他の CTI ユーザ グループに属することもできます。

    ステップ 7   該当するサーバ上で CTIManager サービスをアクティブにします(まだアクティブになっていない場合)。
    ステップ 8   アプリケーションをインストールして設定します。
    ステップ 9   アプリケーション エンジンを再起動します(必要な場合)。

    コンピュータ テレフォニー統合アプリケーション

    次のリストでは、使用可能ないくつかの Cisco CTI アプリケーションについて説明しています。

    • Cisco IP Communicator:デスクトップ アプリケーションである Cisco IP Communicator は、コンピュータを多機能型の電話機に変換し、コール追跡、デスクトップ コラボレーション、オンライン ディレクトリからのワンクリック ダイヤリングなどの利点を追加します。 また、Cisco IP CommunicatorCisco Unified IP Phone と連携して使用することにより、デスクトップ PC からコールを発信、受信、および制御することもできます。 すべての機能が両方のオペレーション モードで機能します。

    • Cisco Unified Communications Manager Auto-AttendantCisco Unified Communications Manager Auto-Attendant アプリケーションは、Cisco Unified Communications Manager と連携して特定の内線電話番号でコールを受信し、発信者が適切な内線番号を選択できるようにします。

    • Cisco WebDialerCisco Unified Communications Manager サーバにインストールされ、Cisco Unified Communications Manager と連携して使用される Cisco WebDialer を使用すると、Cisco Unified IP Phone ユーザは Web およびデスクトップ アプリケーションからコールを発信できます。

    • Cisco Unified Communications Manager AssistantCisco Unified Communications Manager Assistant 機能を使用すると、マネージャとそのアシスタントがより効果的に協力して作業できます。 この機能は、コール ルーティング サービス、マネージャおよびアシスタント用の電話機拡張機能、および主にアシスタントが使用するアシスタント コンソール インターフェイスから構成されています。


    (注)  


    どの Cisco Unified Communications Manager CTI アプリケーションが SIP IP Phone をサポートしているかを確認するには、アプリケーション固有のマニュアルを参照してください。 Cisco SIP サポートの詳細については、Session Initiation Protocolを参照してください。


    CTIManager

    CTIManager と呼ばれるプログラムには、Cisco Unified Communications Manager から分離されたアプリケーションとインターフェイスする CTI コンポーネントが含まれています。 CTIManager サービスは、Cisco Unified Communications Manager の通信フレームワークである System Distribution Layer(SDL)を使用して Cisco Unified Communications Manager と通信します。 CTIManager プログラムのインストールは、Cisco Unified Communications Manager のインストール中に Cisco Unified Communications Manager サーバ上で実行されます。 個々のサーバ上に存在できる CTIManager は 1 つだけです。 アプリケーション(JTAPI/TAPI)は、複数の CTIManager に同時に接続できます。ただし、アプリケーションがメディア ターミネーションを含むデバイスを開くために一度に使用できる接続は 1 つだけです。 次の図を参照してください。

    図 1. アプリケーションに CTI サービスを提供するために使用される Cisco Unified Communications Manager コンポーネント



    CTIManager には、CTI スーパープロバイダー機能とともに使用される、次の 2 つの詳細なクラスタ全体のサービス パラメータが用意されています。

    • Maximum Devices Per Provider:このパラメータは、1 つの CTI アプリケーションが開くことのできるデバイスの最大数を指定します。 デフォルト値は 2000 デバイスです。

    • Maximum Devices Per Node:このパラメータは、Cisco Unified Communications Manager システム内の任意の CTIManager ノード上ですべての CTI アプリケーションが開くことのできるデバイスの最大数を指定します。 デフォルト値は 800 デバイスです。

    設定した限度を超えた場合、CTI がアラームを生成しますが、アプリケーションは追加デバイスの処理を続行します。 CTI スーパープロバイダーの詳細については、ユーザ管理と CTI で制御するデバイスを参照してください。

    メディア ターミネーション ポイント

    CTI アプリケーションは、次の方法で CTI ポートおよび CTI ルート ポイントでメディアを終端できます。

    • スタティック IP アドレスおよびポート番号:デバイスが開かれるときに、メディア IP アドレスおよびポート番号を指定します。 この場合、そのデバイス上のすべてのコールで、メディアが常に同じ IP アドレスおよびポートで終端するようになります。 この方法でメディアを終端できるのは、1 つのアプリケーションだけです。

    • ダイナミック IP アドレスまたはポート番号:コール単位で、メディア IP アドレスまたはポート番号を指定します。 メディア ターミネーションを必要とするコールごとに、メディア ターミネーション情報を要求する通知がアプリケーションに送信されます。 その後、アプリケーションは、メディアが終端できるように、IP アドレスまたはポート番号を送り返す必要があります。 コール単位で指定できるのは、IP アドレスまたはポート番号だけです。 引き続き、デバイスの機能は、デバイスが開かれるときに静的に指定することができます。 ダイナミック メディア ターミネーションでは、各アプリケーションが指定する機能が同じ状態である限り、複数のアプリケーションがメディア ターミネーションに対してデバイス(CTI ポートまたはルート ポイント)を開くことができます。

    CTI によって制御されるデバイス

    CTI によって制御されるデバイスには、次のタイプが存在します。

    • Cisco Unified IP Phone(SCCP および SIP)


      (注)  


      CTI アプリケーションは、SIP を実行する一部の電話機だけをサポートします。たとえば、Cisco Unified IP Phone 7940 および 7960 はサポートされません。


    • CTI ポート

    • CTI ルート ポイント


    (注)  


    電話番号(DN)が回線グループまたはハント リストのメンバーである場合は、その DN を使用するデバイス(CTI ポート、CTI ルート ポイント、SCCP を実行している電話機、または SIP を実行している電話機)を CTI ユーザに関連付けないでください。



    (注)  


    CTI デバイスは、マルチキャスト保留音機能をサポートしていません。 CTI デバイスのメディア リソース グループ リストでマルチキャスト MOH デバイスが設定されている場合は、コール制御に関する問題が発生する可能性があります。 CTI デバイスは、マルチキャスト メディア ストリーミングをサポートしていません。


    Cisco Unified IP Phone

    CTI によって制御される Cisco Unified IP Phone は、CTI アプリケーションが制御できる、SCCP を実行している電話機で構成されています。 CTI は、CTI インターフェイスの JTAPI および TAPI から、いくつかの制限付きで Cisco Unified IP Phone(7911、7941、7961、7970、および 7971)上の SIP をサポートします。 CTI アプリケーションは、CTI によって制御またはモニタされる SCCP を実行している電話機と同じ方法で、SIP を実行している電話機を制御およびモニタします。

    SCCP を実行している電話機の場合、発信ダイヤリングでは enbloc 収集(電話機は、すべての桁を収集してからそれをルーティングのために Cisco Unified Communications Manager に渡す)または桁単位の収集がサポートされています。 ダイヤリングが桁単位で実行される場合、CTI ダイヤリングのコール状態通知は、電話機がオフフックになり、発信コールの最初の桁が押された時点で電話機に送信されます。 enbloc 発信ダイヤリングの場合、ダイヤリングのコール状態通知は、電話機がすべての桁を収集し、それをルーティングのために Cisco Unified Communications Manager に送信するまで遅延されます。

    SCCP デバイスで発信コールが保留中でまだ接続されていない場合、Cisco Unified Communications Manager は最初のコールが接続されるまで、そのデバイスのコール設定要求を処理しません。 発信ダイヤリングで CTI アプリケーションを使用している場合、発信コールの間隔を設定して、新たなコール要求が開始される前に保留中のコールが接続されるようにすることをお勧めします。

    SIP を実行している電話機の場合は、ユーザがまずオフフックにしてから番号をダイヤルした場合でも、常に enbloc ダイヤリングが使用されます。電話機は、すべての桁が収集されるまで待ってから、それらの桁を Cisco Unified Communications Manager に送信します。 つまり、ダイヤリングのコール状態通知は、設定されているダイヤリング パターンのいずれかに一致するだけの十分な桁数が電話機で押された後でのみ生成されます。 いずれの場合も、ダイヤリングの状態通知は、常に(SCCP を実行している電話機の場合と同様に)コールが宛先にルーティングされる前に生成されます。

    SIP を実行している電話機は、リオーダー音をいつ、どれだけ長く再生するかを制御します。 SIP を実行している電話機は、リオーダー音を再生する要求を受信すると、Cisco Unified Communications Manager からリソースを解放してリオーダー音を再生します。 したがって、コールは、リオーダー音が電話機上でいつ再生されるかに関係なく、CTI アプリケーションからはアイドル状態として認識されます。 これらのシナリオでは、リオーダー音が電話機で再生されるかどうかには関係なく、アプリケーションは電話機からのコールを受信および発信することができます。 リソースは Cisco Unified Communications Manager 上で解放されているので、コールはビジー トリガー カウンタや最大コール数カウンタ([電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで設定)にカウントされません。


    (注)  


    トランスポート モードとして(TCP ではなく)UDP を使用するよう設定された Cisco Unified IP Phone(SIP を使用するもの)は、デバイス データ パススルー機能をサポートしません。そのため、たとえば、データ パススルー機能を必要とする品質レポート ツール(QRT)は、UDP で設定された IP Phone で使用できません。


    CTI ポート

    仮想デバイスとしての CTI ポートは 1 つ以上の仮想回線を備えることが可能であり、Cisco IP SoftPhoneCisco Unified Communications Manager Auto-Attendant、Cisco Unified IP 対話型音声応答(IVR)などのソフトウェア ベースの Cisco Unified Communications Manager アプリケーションによって使用されます。 CTI ポートは、電話機を設定するために使用するのと同じ Cisco Unified Communications Manager の管理ページウィンドウを使用して設定します。 最初の通話者のコールを制御するために、アクティブな音声回線ごとに CTI ポートを追加する必要があります。

    CTI ルート ポイント

    CTI ルート ポイント仮想デバイスは、アプリケーションによって制御されるリダイレクトのための複数の同時コールを受信できます。 ユーザがアプリケーションにアクセスするためにコールできる CTI ルート ポイント上で 1 つ以上の回線を設定できます。 アプリケーションはルート ポイントでコールに応答することができ、コールを CTI ポートまたは IP Phone にリダイレクトすることもできます。 CTI アプリケーションがリダイレクト API を使用してコールをリダイレクトすることを要求した場合、Cisco Unified Communications Manager は、リダイレクト先の通話者のために回線/デバイス コーリング サーチ スペースの設定を使用します。

    ルート ポイントは、複数のコールを同時受信できるため、コールのメディアをルート ポイントで終端するアプリケーションは、コール単位でコールのメディアおよびポートを指定する必要があります。 CTI ルート ポイントは、次の機能をサポートします。

    • コールへの応答

    • 複数のアクティブなコールの発信および受信

    • コールのリダイレクト

    • コールの保留

    • コールの保留解除

    • コールのドロップ

    コールがルート ポイントに着信したら、アプリケーションは、指定された時間内にそのコールを処理する(受け入れるか、応答するか、リダイレクトする)必要があります。 コールへの応答のために許可される時間を設定するには、Cisco CallManager の CTI New Call Accept Timer サービス パラメータを使用します。 ルート ポイント上のアクティブな同時コールの数を設定するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウを使用します。


    (注)  


    TAPI アプリケーションを使用し、Cisco CallManager Telephony Service Provider(TSP)を使用して CTI ポート デバイスを制御することを計画している場合は、CTI ポート デバイスごとに 1 つの回線を設定するだけで済みます。


    ユーザとして識別されているアプリケーションは、CTI デバイスを制御できます。 あるデバイスを制御しているユーザは、そのデバイスの特定の設定値(コールの応答や自動転送など)を制御できます。

    CTI デバイス(CTI ポート、CTI ルート ポイント)は、それらのデバイスに適格な Cisco Unified Communications Manager のリストを含むデバイス プールに関連付けられる必要があります。

    CTI デバイスに障害が発生した場合(たとえば、Cisco Unified Communications Manager の障害中)、Cisco Unified Communications Manager は、デバイス間ですでに接続されているメディア ストリームを保持します(この機能をサポートしているデバイスの場合)。 また、Cisco Unified Communications Manager は、セットアップ中または変更中(転送、会議、リダイレクトなど)のコールを破棄します。

    ユーザ管理と CTI で制御するデバイス

    CTI アプリケーションがデバイスを制御またはモニタできるようにするには、その CTI アプリケーションに関連付けられているエンド ユーザまたはアプリケーション ユーザに、そのデバイスを確実に割り当てるようにします。 それには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウまたは [アプリケーションユーザの設定(Application User Configuration)] ウィンドウを使用します。 管理者は、ユーザの設定ウィンドウの [デバイスの割り当て(Device Associations)] ペインで、対象となるデバイスを [制御するデバイス(Controlled Devices)] リストに関連付けます。

    CTI アプリケーションが特定の CTI 機能にアクセスできるようにするには、そのアプリケーションに関連付けられているエンド ユーザまたはアプリケーション ユーザを、次の 1 つ以上の CTI 関連ユーザ グループへ追加する必要があります。

    • Standard CTI Allow Call Monitoring:アプリケーションは、コールをモニタできます。

    • Standard CTI Allow Call Park Monitoring:アプリケーションは、コールがすべてのコール パーク電話番号にパーク/パーク解除されているときに通知を受信できます。

    • Standard CTI Allow Call Recording:アプリケーションは、コールを録音できます。

    • Standard CTI Allow Calling Number Modification:アプリケーションは、サポートされている CTI アプリケーションで発呼側番号を変更できます。

    • Standard CTI Allow Control of All Devices:アプリケーションは、CTI で制御可能なシステム内の任意のデバイスを制御またはモニタできます。

    • Standard CTI Allow Reception of SRTP Key Material:アプリケーションは、暗号化されたメディア ストリームを復号化するために必要な情報を受信できます。 通常、このグループは記録およびモニタのために使用されます。

    • Standard CTI Enabled:すべての CTI アプリケーションに必要なユーザ グループであり、アプリケーションは Cisco Unified Communications Manager に接続して CTI 機能にアクセスできます。

    • Standard CTI Secure Connection:Cisco Unified Communications Manager クラスタのセキュリティが有効になっている場合、アプリケーションがこのグループに含まれるには、そのアプリケーションに Cisco Unified Communications Manager へのセキュアな(TLS)CTI 接続が必要です。


    (注)  


    CTI アプリケーションは、割り当て先の指定されたユーザ グループをサポートしている必要があります。



    (注)  


    Standard CTI Allow Control of All Devices ユーザ グループに関連付けられているユーザは、Standard CTI Secure Connection ユーザ グループにも関連付けることをお勧めします。


    CTI で制御可能なすべてのデバイスをモニタおよび制御するアプリケーション

    CTI アプリケーションは、アプリケーション ユーザを Standard CTI Allow Control of All Devices ユーザ グループに追加することによって、Cisco Unified Communications Manager システムで設定されている CTI で制御可能なすべてのデバイスを制御できます。 そのようなアプリケーションは、スーパー プロバイダー アプリケーションとも呼ばれます。 CTI スーパー プロバイダー アプリケーションは、アプリケーション制御リストに対するデバイスの割り当て/割り当て解除を動的に行います。そのため、このデバイス リスト/セットを、可変のリスト/セットにすることができます。

    システム管理者は、アプリケーション ユーザまたはエンド ユーザを Standard CTI Allow Control of All Devices ユーザ グループに追加することによって、CTI スーパー プロバイダー機能を設定します。 管理者は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ユーザグループの設定(User Group Configuration)] ウィンドウを使用して、ユーザをユーザ グループに追加します。

    CTI で制御可能なデバイスについては、CTI によって制御されるデバイスを参照してください。

    スーパー プロバイダー機能を持つ CTI アプリケーションはすべて、システム内の CTI で制御可能なすべてのデバイスを制御します。 デバイスのステータスだけを認識する必要がある場合、アプリケーションは、そのデバイスを開いてステータスを取得します。 CTI スーパー プロバイダーはすべてのデバイスを制御するため、CTI スーパー プロバイダーの制御からいずれかのデバイスを除外することはできません。 CTI アプリケーションが制御できるデバイスの最大数は、CTI システムの制限によって決定されます。 CTI の上限については、CTIManagerを参照してください。 この上限を超えると、CTI によってアラームが生成されます。

    CTI アプリケーションがコール パーク番号をモニタする場合は、そのアプリケーションを Standard CTI Allow Call Park Monitoring ユーザ グループに追加する必要があります。

    CTI アプリケーションがコールをモニタする場合は、そのアプリケーションを Standard CTI Allow Call Monitoring ユーザ グループに追加する必要があります。 CTI アプリケーションがコールを録音する場合は、そのアプリケーションを Standard CTI Allow Call Recording ユーザ グループに追加する必要があります。


    ヒント


    システム内の CTI でモニタされる回線の数を計算するには、次の式を使用します。



    ヒント


    パイロット ポイントの DN の数 + (開かれているクライアントの数 X 電話機ごとの電話番号の数) + (パークされている電話番号の数 X 開かれているクライアントの数) = CTI でモニタされる回線の数


    IPv6 と CTI

    コンピュータ テレフォニー統合(CTI)では、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスをサポートできる JTAPI および TAPI インターフェイスを通して IP アドレス情報が提供されます。 IPv6 をサポートするには、アプリケーションは、IPv6 をサポートする JTAPI /TAPI クライアント インターフェイス バージョンを使用する必要があります。

    依存関係レコード

    特定の CTI ルート ポイントが使用している電話番号を見つけるには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [CTIルートポイントの設定(CTI Route Point Configuration)] および [CTIポートの設定(CTI Port Configuration)] ウィンドウに表示される [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択します。 [依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウに、ルート ポイントを使用している電話番号に関する情報が表示されます。 電話番号に関するより詳細な情報を見つけるには、電話番号をクリックして [依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウを表示します。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。

    CTI の冗長化

    CTI では、クラスタ内の Cisco Unified Communications Manager ノードの障害、および CTIManager の障害による障害状態を回復します。 ここでは、次のコンポーネントのフェールオーバーおよびフォールバック機能について説明します。

    • Cisco Unified Communications Manager

    • CTIManager

    • アプリケーション(TAPI/JTAPI)

    Cisco Unified Communications Manager

    クラスタ内の Cisco Unified Communications Manager ノードに障害が発生した場合、CTIManager は、影響を受けた CTI ポートおよびルート ポイントを別の Cisco Unified Communications Manager ノード上で再度開くことによって、これらのデバイスを回復します。 アプリケーションで電話機が開かれている場合も、その電話機が別の Cisco Unified Communications Manager にフェールオーバーすると CTIManager はその電話機を再度開きます。 Cisco Unified IP Phone が別の Cisco Unified Communications Manager にフェールオーバーしない場合、CTIManager は、その電話機または電話機上の回線を開くことができません。 CTIManager は、デバイス プールに割り当てられている Cisco Unified Communications Manager グループを使用して、アプリケーションによって開かれた CTI デバイスと電話機を回復するためにどの Cisco Unified Communications Manager を使用するかを決定します。

    CTIManager は、Cisco Unified Communications Manager の障害を最初に検出すると、その Cisco Unified Communications Manager 上のデバイスが作動停止状態になったことをアプリケーション(JTAPI/TAPI)に通知します。 グループ内の他の Cisco Unified Communications Manager がいずれも使用できない場合、デバイスは作動停止状態のままです。 これらのデバイスが別の Cisco Unified Communications Manager に正常にリホームすると、CTIManager は、デバイスが作動状態に戻ったことをアプリケーションに通知します。

    障害が発生した Cisco Unified Communications Manager ノードが作動状態に戻ると、CTIManager は、影響を受けた CTI ポートおよびルート ポイントを元の Cisco Unified Communications Manager にリホームします。 このリホーム プロセスが開始するのは、影響を受けたデバイス上のコールの処理が終了するか、またはアクティブでなくなったときです。 コールが処理されているか、またはアクティブである間はデバイスをリホームできないため、特に多数の同時コールを処理できるルート ポイントの場合は、長時間にわたってリホーム プロセスを実行できない可能性があります。

    Cisco Unified Communications Manager グループ内のどの Cisco Unified Communications Manager も使用できない場合、CTIManager は Cisco Unified Communications Manager が作動状態に戻るまで待ってから CTI デバイスを再度開こうとします。 何らかの理由により、Cisco Unified Communications Manager が作動状態に戻ってもデバイスまたは関連付けられた回線を開けない場合、CTIManager はそのデバイスと回線を閉じます。

    CTIManager

    CTIManager に障害が発生した場合、その CTIManager に接続されているアプリケーションは、これらのデバイスを別の CTIManager 上で再度開くことによって、影響を受けたリソースを回復できます。 アプリケーションは、そのアプリケーションの設定時にプライマリとバックアップとして定義された CTIManager に基づいて、どの CTIManager を使用するかを決定します(そのアプリケーションによってサポートされている場合)。 アプリケーションは、新しい CTIManager に接続すると、以前に開かれたデバイスと回線を再度開くことができます。 アプリケーションは、Cisco Unified IP Phone が新しい Cisco Unified Communications Manager にリホームする前に、その電話機を再度開くことができます。ただし、そのリホームが完了するまで、その電話機を制御できません。


    (注)  


    プライマリ CTIManager が作動状態に戻っても、アプリケーションはその CTIManager にリホームしません。 アプリケーションがプライマリ CTIManager にフォールバックするのは、そのアプリケーションを再起動するか、またはバックアップ CTIManager に障害が発生した場合です。


    アプリケーションの障害

    Application Heartbeat Maximum Interval および Application Heartbeat Minimum Interval 詳細サービスパラメータでは、CTIManager が 2 つの連続した間隔内にアプリケーションからのメッセージの受信を予測する間隔を定義します。 アプリケーション(TAPI/JTAPI、または CTIManager に直接接続されているアプリケーション)に障害が発生した場合、CTIManager はそのアプリケーションを閉じ、CTI ポートおよびルート ポイントでまだ終了していないコールを、設定された Call Forward On Failure(CFOF)番号にリダイレクトします。 CTIManager はまた、そのアプリケーションが回復してこれらのデバイスを再登録するまで、これらの CTI ポートおよびルート ポイントへの後続のコールを、設定された Call Forward No Answer(CFNA)番号にルーティングします。