Cisco Unified Communications Manager 音声ゲートウェイの概要
Cisco Unified Communications Manager 音声ゲートウェイの概要

目次

Cisco Unified Communications Manager 音声ゲートウェイの概要

この章では、Cisco Unified Communications Manager が IP 非対応の通信デバイスと通信できるようにする Cisco Unified Communications ゲートウェイについて説明します。 Cisco Unified Communications Manager はいくつかのタイプの音声ゲートウェイをサポートしています。

ゲートウェイの設定

ゲートウェイは、多数の異なる機能を使用して設定できます。 ネットワーク エンジニアは、ゲートウェイの機能を理解し、いつどの機能を使用するのか選択して、ゲートウェイを設定できる必要があります。 また、エンジニアは、適切なコール フローを確保するために、ダイヤルピアの機能と設定を十分に理解する必要があります。 さらに、セキュリティと冗長性の問題に対応することも求められます。

ゲートウェイの基本的な機能は、異なるタイプのネットワーク間で変換を行うことです。 データ環境において、ゲートウェイは、たとえば、フレーム リレー ネットワークとイーサネット ネットワークの間で変換を行います。 VoIP 環境では、音声ゲートウェイが VoIP ネットワークと公衆電話交換網(PSTN)、構内電話交換機(PBX)、または FAX マシンなどのアナログ デバイスとの間のインターフェイスになります。 最もシンプルな形態では、音声ゲートウェイに IP インターフェイスとレガシー電話があり、伝送形式とプロトコルの間の変換に関係する多数のタスクが処理されます。

ゲートウェイは、Cisco Unified Communications Manager を有効化し、SIP を介して IP 以外の通信デバイスやインターネット サービス プロバイダーと通信します。 また、ゲートウェイが適切に設定されていて Cisco Unified Communications Manager に到達不能な場合は、多数のゲートウェイによって処理を引き継ぐことができます。 次に、Cisco Unified Communications Manager でゲートウェイを設定するために必要ないくつかの一般的な手順を示します。
手順
    ステップ 1   IP 接続が確立するように、ネットワークに音声ゲートウェイをインストールして設定します。
    ステップ 2   Cisco Unified Communications Manager で動作するようゲートウェイを設定するために必要なプロトコル(MGCP/H.323/SIP/SCCP)に関する情報を収集します。
    ステップ 3   ゲートウェイで、選択したプロトコルに対応する必要な設定手順を実行します。
    ステップ 4   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、ゲートウェイを追加して設定します。
    ステップ 5   選択したプロトコルが MGCP または SCCP である場合は、ゲートウェイにポートを追加して設定します。
    ステップ 6   FXS ポートの場合は、必要に応じて電話番号を追加します。
    ステップ 7   Cisco Unified Communications Manager でコールを PSTN またはその他の宛先にルーティングするために、ゲートウェイ用のダイヤル プランを設定します。 この設定には、Cisco Unified Communications Manager でのゲートウェイ用のルート グループ、ルート リスト、およびルート パターンのセットアップが含まれる場合があります。また、H.323 や SIP などのプロトコルの場合は、ゲートウェイ自体でのダイヤル プランの設定も含まれます。
    ステップ 8   ゲートウェイをリセットして、設定値を適用します。
    ヒント   

    多数のゲートウェイ デバイス用のデフォルトの Web ページに到達するには、そのゲートウェイの IP アドレスを使用できます。 ハイパーリンクの URL を http://x.x.x.x/ にしてください。ここで、x.x.x.x は、デバイスのドット形式の IP アドレスです。 各ゲートウェイの Web ページには、そのゲートウェイのデバイス情報とリアルタイムの状況が記載されています。


    ISDN PRI ゲートウェイの設定

    ISDN コールのフローは、アナログのフローとは異なります。 PRI および BRI 回路は、D チャネルで Q.921 および Q.931 シグナリング メッセージを運びます。 MGCP ゲートウェイはレイヤ 2 Q.921 シグナルに応答しますが、Q.931 コール制御信号を解釈しようとはしません。 代わりに、コールを設定する必要がある場合、ゲートウェイは Q.931 レイヤ 3 メッセージを Cisco Unified Communications Manager に送信します。 ゲートウェイは、MGCP バックホールを使用し、TCP ポート 2428 経由でこれらの信号を Cisco Unified Communications Manager に送信します。

    一例として、次の手順に従って Cisco Unified Communications Manager で ISDN-PRI ゲートウェイを設定します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Software Advisor Tool を使用して、Cisco IOS ソフトウェアまたは Cisco Catalyst オペレーティング システムのプラットフォームとバージョンが、Unified Communications Manager 用 MGCP と互換性があることを確認します。
      ステップ 2   IP 接続が確立するように、ネットワークに音声ゲートウェイをインストールして設定します。
      ステップ 3   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [ゲートウェイ(Gateway)] の順に選択し、[新規追加(Add New)] をクリックします。
      ステップ 4   ルータのモデルに対応する適切な MGCP ゲートウェイを選択します。 [次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 5   プロトコルのドロップダウン メニューから [MGCP] を選択します。 [次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 6   MGCP ゲートウェイの設定で関連する詳細を設定します。 関連するスロット、VIC およびエンドポイントを選択します。
      ステップ 7   MGCP エンドポイントの設定で関連する詳細を設定します。 関連する [デバイスプール(Device Pool)]、[ロケーション(Location)]、[PRIプロトコルタイプ(PRI Protocol Type)]、[プロトコル側(Protocol Side)]、[チャネル選択順序(Channel Selection Order)]、および [PCMタイプ(PCM Type)] を選択します。
      ステップ 8   Cisco IOS の設定では、MGCP ゲートウェイの設定に必要なコマンドは次の 2 つだけです。 TFTP サーバの IP アドレスが 10.10.10.10 であるとします (PRI/BRI 設定手順は含まれていません)。

      ccm-manager config

      ccm-manager config server 10.10.10.10

      ステップ 9   設定を適用し、ゲートウェイをリセットして各種設定を適用します。

      シスコ音声ゲートウェイ

      Cisco Unified Communications Manager は、いくつかのタイプの Cisco Unified Communications ゲートウェイをサポートしています。 ゲートウェイはコール制御プロトコルを使用して、PSTN やその他の IP 非対応の通信デバイス(構内交換機(PBX)、主要システム、アナログ電話機、ファクス機、モデムなど)と通信します。

      トランク インターフェイスは、ゲートウェイが時分割多重(TDM)シグナリングを使用して PSTN またはその他の外部デバイスと通信する方法を指定します。 Cisco Unified Communications Manager とシスコのゲートウェイは、さまざまな TDM インターフェイスを使用しますが、サポートされる TDM インターフェイスはゲートウェイ モデルによって異なります。

      MGCP ゲートウェイを使用する Cisco Unified Communications Manager で使用可能なインターフェイスは、次のとおりです。

      • Foreign Exchange Office(FXO)

      • Foreign Exchange Station(FXS)

      • T1 チャネル連携信号(CAS)recEive and transMit または Ear & Mouth(E&M)

      • 基本速度インターフェイス(BRI)Q.931

      • T1 PRI:北米の ISDN 1 次群速度インターフェイス(PRI)

      • E1 PRI:欧州の ISDN 1 次群速度インターフェイス(PRI)

      H.323 ゲートウェイを使用する Cisco Unified Communications Manager で使用可能なインターフェイスは、次のとおりです。

      • FXO

      • FXS

      • E&M

      • アナログ ダイヤルイン(DID)

      • Centralized Automatic Message Accounting(CAMA)

      • BRI Q.931

      • BRI QSIG:ISDN 標準に基づく Q シグナリング プロトコル

      • T1 CAS FXS、FXO、および E&M

      • T1 FGD

      • T1/E1 PRI

      • T1 PRI NFAS

      • T1/E1 QSIG

      • E1 R2

      • J1

      SCCP ゲートウェイを使用する Cisco Unified Communications Manager で使用可能なインターフェイスは、次のとおりです。

      • FXS

      Cisco Unified Communications Manager では、E1 CAS をサポートしている H.323 ゲートウェイを使用できます。ただし、ゲートウェイ上で E1 CAS インターフェイスを設定する必要があります。

      スタンドアロン音声ゲートウェイ

      ここでは、Cisco Unified Communications Manager 連携させて使用する目的でサポートされている、アプリケーション固有のスタンドアロン型ゲートウェイ モデルについて説明します。

      Cisco VG224 Analog Phone Gateway

      Cisco VG224 Analog Phone Gateway は、17 インチ ラックに設置されるスタンドアロン型 24-FXS ポート製品です。このゲートウェイを使用すると、複数の構内アナログ電話機やファクス機、モデム、スピーカフォンなどを Cisco Unified Communications Manager に登録できます。

      このゲートウェイは、H.323、MGCP、SCCP、SIP、および T.38 ファクス リレーをサポートしています。

      Cisco Voice Gateway 200

      Cisco Unified Communications Voice Gateway(VG200)は、データ ネットワークとの接続用に 10/100BaseT イーサネット ポートを備えています。 使用可能なテレフォニー接続は、次のとおりです。

      • セントラル オフィス、または PBX との接続用の 1 ~ 4 個の FXO ポート

      • POTS テレフォニー デバイスとの接続用の 1 ~ 4 個の FXS ポート

      • PSTN との接続用の、1 個または 2 個の Digital Access T1 ポート

      • PSTN との接続用の、1 個または 2 個の Digital Access PRI ポート

      • Cisco Unified Communications Manager への MGCP または H.323 インターフェイス

        • MGCP モードは、T1/E1 PRI、T1 CAS、FXS、FXO をサポートします (ユーザ側のみが BRI をサポート)。

        • H.323 モードは、E1/T1 PRI、E1/T1 CAS、FXS、および FXO をサポートします。 H.323 モードは、E&M、ファクス リレー、および G.711 モデムをサポートします。

      MGCP VG200 と従来のボイスメッセージ システムとの連動により、Cisco Unified Communications Manager は、ポートをボイスメールボックスおよび接続に関連付けることができます。

      MGCP BRI コール接続

      これまで、ゲートウェイは、Cisco Unified Communications Manager への H.323 シグナリングを使用して、BRI ISDN 接続の公衆電話交換網(PSTN)インターフェイスとして機能していました。

      現在、Cisco Unified Communications Manager は、メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)ゲートウェイを使用することで、PSTN への BRI ISDN 接続を処理することや、一元管理のゲートウェイ インターフェイスとして機能することが可能になっています。 Cisco Unified Communications Manager は論理接続を使用して、ゲートウェイとの間で MGCP メッセージおよび ISDN Q.931 メッセージを交換します。 この接続では、MGCP メッセージの交換にユーザ データグラム プロトコル(UDP)論理接続を使用し、バックホール ISDN Q.931 メッセージの交換に伝送制御プロトコル(TCP)を使用します。

      次の図は、PSTN に接続されたリモートサイトの BRI トランク ゲートウェイに関するコール処理を一元化する一般的なシナリオを示しています。 BRI トランク上で PSTN に対してコールが送信または受信される場合、Cisco Unified Communications Manager とゲートウェイ(IOS ルータ ベース)は、ISDN Q.931 メッセージを WAN 経由で交換します。

      図 1. MGCP BRI インターフェイスを使用するトポロジのシナリオ




      (注)  


      BRI ゲートウェイは、BRI トランクに対して MGCP BRI バックホールだけをサポートしています。 BRI 電話機またはステーションはサポートしていません。 IOS ゲートウェイは、Skinny Client Control Protocol を使用する BRI 電話機をサポートしています。


      スイッチベース ゲートウェイ

      Cisco Catalyst 4000 および Catalyst 6000 ファミリ スイッチのいくつかのテレフォニー モジュールは、テレフォニー ゲートウェイの役割を果たします。 次の音声ゲートウェイ モジュールを使用すると、既存の Cisco Catalyst 4000 または Cisco Catalyst 6000 ファミリ デバイスを使用して、ネットワーク内で IP テレフォニーを実装できるようになります。

      • ラインカードである Catalyst 6000 音声ゲートウェイ モジュールは、任意の Cisco Catalyst 6000、または Catalyst 6500 シリーズ スイッチに取り付けます。

      • Catalyst 4000 アクセス ゲートウェイ モジュールは、任意の Catalyst 4000 または Catalyst 4500 シリーズ スイッチに取り付けます。

      Cisco Catalyst 6000 8-Port Voice T1/E1 and Services Module

      Cisco Catalyst 6000 8-Port Voice T1/E1 and Services Module は、次の機能を備えています。

      • 次の機能を提供するための 8 つのポート

        • PSTN とのデジタル T1/E1 接続(T1/E1 PRI または T1 CAS)

        • トランスコーディングと会議用のデジタル シグナル プロセッサ(DSP)リソース

      • Cisco Unified Communications Manager への MGCP インターフェイス

      • ボイスメッセージ システムへの接続(T1 CAS を使用)

      ユーザは、T1 モジュール上のポートを T1 接続に使用するか、音声サービス用のネットワーク リソースとして使用するかを自由に選択できます。 同様に、E1 モジュールのポートは、E1 接続に使用するか、またはネットワーク リソースとして使用できます。 ポートは、T1/E1 インターフェイスとして機能するか、またはトランスコーディングや会議をサポートします。


      (注)  


      どちらのモジュールも、任意のポート上で DSP 機能をサポートします。しかし、T1 モジュールは、E1 ポート用に設定できません。また、E1 モジュールは、T1 ポート用に設定できません。


      FXS ポートを備え MGCP によって制御されるシスコ ゲートウェイと同様に、Cisco 6608 T1 CAS ゲートウェイは、フックフラッシュ転送をサポートします。 フックフラッシュ転送は、ボイスメッセージ システムなどのデバイスが別の宛先に転送できるようにするシグナリング手順を定義します。 このデバイスは、T1 CAS ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager に接続されていますが、フックフラッシュ手順を実行してコールを別の宛先に転送します。 Cisco Unified Communications Manager は、ブラインド転送を使用してコールを移動することによってフックフラッシュに応答します。 コール転送が完了すると、元のコールをそのデバイスに接続した音声チャネルが解放されます。


      (注)  


      フックフラッシュ転送をサポートしているのは、E&M T1 ポートだけです。


      Cisco Catalyst 6000 24 Port FXS Analog Interface Module

      Cisco Catalyst 6000 24 Port FXS Analog Interface Module は、次の機能を備えています。

      • 24 ポート RJ-21 FXS モジュール

      • V.34/V.90 モデム、ボイスメッセージ システム、IVR、POTS

      • シスコ ファクス リレー

      • Cisco Unified Communications Manager への MGCP インターフェイス

      Catalyst 6000 24 Port FXS Analog Interface Module は、アナログ電話機、会議室のスピーカフォン、およびファクス機との接続用に、24 個の FXS ポートを備えています。

      FXS モジュールは、従来のアナログ デバイスを IP ネットワークに接続できるようにします。 アナログ デバイスは、トール バイパス アプリケーション用の IP ネットワーク インフラストラクチャを利用し、SCCP IP Phone や H.323 エンド ステーションなどのデバイスと通信できます。 FXS モジュールは、IP WAN 上でファクスの圧縮伝送を可能にするファクス リレーもサポートし、他のデータ アプリケーション用に貴重な WAN 帯域幅を保持します。

      Cisco Catalyst 4000 Access Gateway Module

      Cisco Catalyst 4000 Access Gateway Module は、Cisco Unified Communications Manager への MGCP または H.323 ゲートウェイ インターフェイスを提供します。 このモジュールには、次のインターフェイスおよびサービス モジュールを設定できます。

      • FXS および FXO 用の 6 個のポート

      • Digital Access PRI および Digital Access T1 用の 2 個の T1/E1 ポート

      Cisco Catalyst 4224 Voice Gateway Switch

      Cisco Catalyst 4224 Voice Gateway Switch は、小規模な営業所向けのシングルボックス ソリューションを提供します。 Catalyst 4224 は、オンボード デジタル シグナル プロセッサ(DSP)を使用して、スイッチング、IP ルーティング、および PSTN 音声ゲートウェイ サービスを提供します。 Catalyst 4224 には、マルチフレックス音声および WAN インターフェイス カードを設定できる 4 つのスロットがあり、最大 24 のポートを提供します。 これらのポートは、次の音声機能をサポートします。

      • POTS テレフォニー デバイス用の FXS ポート

      • PSTN 接続用の FXO ポート

      • Digital Access PRI および Digital Access T1 サービス用の T1 または E1 ポート

      Cisco Catalyst 4224 Access Gateway Switch は、Cisco Unified Communications Manager への MGCP または H.323 インターフェイスを提供します。

      H.323 ゲートウェイ

      H.323 デバイスは、H.323 通信標準に準拠し、LAN およびその他のパケット交換網を介したビデオ会議を可能にします。 H.323 をサポートするサードパーティ製 H.323 デバイス、またはその他の シスコ デバイス(たとえば、Cisco 2900 シリーズ、3900 シリーズ、または VG350 シリーズのゲートウェイ)をビデオ会議に追加できます。

      Cisco IOS H.323 ゲートウェイ

      Cisco 2900、3900、2800、3800、4451、1861、ASR1000、VG200 および VG350 などの Cisco IOS H.323 ゲートウェイは、全機能を装備したルーティング機能を提供します。 サポートされている音声ゲートウェイの機能と設定については、ゲートウェイ タイプごとの資料を参照してください。

      発信 FastStart コール接続

      大規模な WAN トポロジ上で IP Phone から発信されたコールの場合、着信側がオフフックにしてコールに応答すると、音声クリッピングが発生する可能性があります。 H.323 トランクまたはゲートウェイが Cisco Unified Communications Manager サーバから分離されている場合、コールのセットアップ時に交換される多数の H.245 メッセージのために、大幅な遅延が発生することがあります。

      FastStart 機能を使用すると、2 者間でメディア接続を完了するのに必要な情報が、コール セットアップの H.225 部分で交換されます。また、この交換により、H.245 メッセージが不要になります。 接続する際は、コールのセットアップ時に 1 回の往復 WAN 遅延が発生します。また、着信側がコールに応答しても、発呼側は音声クリッピングを受信しません。

      Cisco Unified Communications Manager は、H.323 発信 FastStart コールを確立するためにメディア ターミネーション ポイント(MTP)を使用します。 Cisco Unified Communications Manager は、MTP を割り当て、受信チャネルを開くことによって発信 FastStart コールを開始します。 次に、H.323 Fast Connect 手順により、FastStart 要素を含む SETUP メッセージが着信側エンドポイントに送信されます。 FastStart 要素には、MTP の受信チャネルに関する情報が含まれています。

      着信側エンドポイントが H.323 Fast Connect 手順を許可し、FastStart 要素を含む CALL PROCEEDING、PROGRESS、ALERT、または CONNECT メッセージを送信します。 Cisco Unified Communications Manager は FastStart 要素を受信するとすぐにメディアを接続して、通常の H.245 メッセージ交換で発生する遅延を回避します。

      着信側エンドポイントで H.323 Fast Connect 手順を拒否するには、CONNECT メッセージおよびそれ以前のすべてのメッセージで FastStart 要素を返さないようにします。 この場合、Cisco Unified Communications Manager はそのコールを通常コールとして処理し、以後のメディア カットスルーに MTP を使用します。

      Outbound FastStart 機能には MTP が必要です。 コールのセットアップ時に MTP を使用できない場合、コールは FastStart および補足サービスを使用せずに継続されます。 すべてのコールで FastStart だけを使用するには、"Fail call if MTP allocation fails" というサービス パラメータを設定します。このパラメータは、Cisco Unified CallManager サービスのサービス パラメータの Cluster Wide Parameters(Device-H323)部分にあります。 このパラメータを [True] に設定した場合、MTP を使用できないときは、システムがコールを拒否します。

      MGCP ゲートウェイ

      MGCP では、コール制御とメディア変換の機能を 2 つの独立したデバイスに分離しています。

      • 音声ゲートウェイがメディア変換を処理します。
      • コール エージェントがコール制御を処理します。

      次に、MGCP がどのように機能するのか、また Cisco Unified Communications Manager をコール エージェントとして使用し、これらの機能をどのように実装するのかを簡単に説明します。

      MGCP ゲートウェイは、Cisco Unified Communications Manager からの指示に対応してコールをルーティングします。 これらのコールは、PSTN 上の電話機との間、あるいは WAN からリモート サイトの IP またはアナログ電話との間で発信できます。 ゲートウェイは、コール ルーティングの決定を行いません。 コールを処理する前に Cisco Unified Communications Manager に到達できる必要があります。 MGCP ゲートウェイを使用している場合、すべてのダイヤル プラン ナレッジは、Cisco Unified Communications Manager 上に存在します。 H.323 や SIP とは異なり、ダイヤル ピアを設定する必要はありません。 ただし、ゲートウェイが Cisco Unified Communications Manager に到達できない場合は、コールをルーティングできない状態のままになります。

      Cisco Unified Communications Manager はバージョン 0.1 だけをサポートしますが、シスコのゲートウェイは他のコール エージェントでバージョン 1.0 を使用できます。

      Cisco Unified Communications Manager では、公衆電話交換網(PSTN)、レガシーの構内電話交換機(PBX)、ボイスメール システム、および基本電話サービス(POTS)の電話機への接続について、ポートごとに制御することができます。 これにより、Cisco Unified Communications Manager からダイヤル プランを詳細に制御できるようになり、ゲートウェイ管理を集中化し、スケーラブルな IP テレフォニーの配置を実現します。

      1 つのゲートウェイで複数のエンドポイントをサポートできます。 エンドポイント名には、ローカル ID とゲートウェイ ID の 2 つのコンポーネントがあります。 名前全体はローカル ID で構成され、@ 記号とゲートウェイ ID が後に続きます。 次に例を示します。

      local_identifier@gateway_identifier.domain_name

      ゲートウェイ ID は、MGCP-router などの設定されたホスト名です。 ゲートウェイがドメイン名で設定されている場合は、MGCP-router.cisco.com のように、ホスト名の末尾に追加されます。

      ローカル ID の形式は、インターフェイスのタイプにより異なります。 アナログ ポートのローカル ID には、次の構文が使用されます。

      Endpoint type/Slot #/Subunit #/Port #

      MGCP は、設定およびコール制御インテリジェンスのほとんどが Cisco Unified Communications Manager などのコール エージェントに存在する集中型アーキテクチャ用に作成されました。 MGCP ゲートウェイの従来の役割はメディア変換です。 Foreign Exchange Office(FXO)、Foreign Exchange Station(FXS)、PRI 回線などの PSTN 接続は通常、ゲートウェイで終端されます。 次に、ゲートウェイは、PSTN と IP ネットワーク間で変換を行います。

      音声ゲートウェイ モデルの要約

      次の表では、Cisco Unified Communications Manager がサポートしているシスコ音声ゲートウェイを要約しています。また、サポートされているシグナリング プロトコル、トランク インターフェイス、およびポート タイプについての情報も記載しています。

      表 1 サポートされている音声ゲートウェイ、プロトコル、トランク インターフェイス、およびポート タイプの概要
      ゲートウェイ モデル サポートされているシグナリング プロトコル トランク インターフェイス ポート タイプ
      Cisco IOS 統合ルータ
      Cisco 1861 H.323 および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      E&M
      FXS-DID FXS-DID
      CAMA
      BRI
      BRI QSIG 基本コールのみ
      T1 CAS(E&M、FXS、FXO)
      T1 FGD
      E1 CAS
      E1 R2
      T1/E1 QSIG 基本コールのみ
      T1/E1 PRI
      T1 PRI NFAS
      T1 PRI(Megacom/SDN)
      MGCP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      T1 CAS(E&M)
      T1/E1 QSIG 補足サービス
      T1/E1 PRI
      T1 PRI(Megacom/SDN) コールごと
      SCCP FXS 補足サービス
        BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      Cisco 2801、2811、2821、2851、3825、3845 サービス統合型ルータ H.323 および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
        FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      E&M
      FXS-DID FXS-DID
      CAMA
      BRI
      BRI QSIG 基本コールのみ
      T1 CAS(E&M、FXS、FXO)
      T1 FGD
      E1 CAS
      E1 R2
      T1/E1 QSIG 基本コールのみ
      T1/E1 PRI
      T1 PRI NFAS
      T1 PRI(Megacom/SDN)
      MGCP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      T1 CAS(E&M)
      T1/E1 QSIG 補足サービス
      T1/E1 PRI
      T1 PRI(Megacom/SDN) コールごと
      SCCP FXS 補足サービス
      BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      2901、2911、2921、2951、3925、3945、3925E、3945E H.323 および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      E&M
      FXS-DID
      BRI
      BRI QSIG 基本コールのみ
      T1 CAS(E&M、FXS、FXO)
      T1 FGD
      E1 CAS
      E1 R2
      T1/E1 QSIG 基本コールのみ
      T1/E1 PRI
      T1 PRI NFAS
      T1 PRI(Megacom/SDN)
      MGCP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート
      BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      T1 CAS(E&M)
      T1/E1 QSIG 補足サービス
      T1/E1 PRI
      T1 PRI(Megacom/SDN) コールごと
      SCCP FXS 補足サービス
      BRI ユーザ側のみ。QSIG サポートなし
      Cisco Unified Border Element ASR 1000 シリーズ H.323 および SIP 該当なし SIP トランクと異なるデバイス間
      Cisco Analog Gateway        
      Cisco VG224 Analog Gateway H.323、MGCP、および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      SCCP FXS 補足サービス
      Cisco VG350 Analog Gateway H.323、MGCP、および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ(SM-D-72FXS および SM-D-48FXS-E モジュール)
      FXO ループ スタートまたはグラウンド スタート (VIC2-xFXO カード使用)
      FXS-DID (VIC3-xFXS/DID および VIC3-2FXS-E/DID[ループ長])
      SCCP FXS 補足サービス(SM-D-72FXS および SM-D-48FXS-E モジュール)
      Cisco VG 202 および 204 ゲートウェイ H.323、MGCP、および SIP FXS ループ スタートまたはグラウンド スタート 基本コールのみ
      SCCP FXS 補足サービス

      ゲートウェイ、ダイヤル プラン、およびルート グループ

      ゲートウェイはダイヤル プランを使用して、PSTN、ルート グループ、およびグループ特有のゲートウェイにアクセスまたはコールします。 シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューション内で使用されるゲートウェイが異なると、ダイヤル プランが設定される場所が異なります。

      • Skinny ゲートウェイと MGCP ゲートウェイの両方のダイヤル プラン情報は、Cisco Unified Communications Manager 内に設定します。

      • H.323 ベースの Cisco IOS ソフトウェア ゲートウェイにアクセスするためのダイヤル プランは、Cisco Unified Communications Manager 内に設定します。 ダイヤル ピアの場合は、H.323 ベースのゲートウェイ内に設定して、コールをゲートウェイ外にパスします。

      ルート グループは、1 つ以上のゲートウェイを指し、初期設定に基づいてコール ルーティング用のゲートウェイを選択できます。 ルート グループはトランク グループとして機能し、すべてのコールをプライマリ デバイスに伝送して、プライマリが使用できないときは、セカンダリ デバイスを使用します。 1 つ以上のルート リストが、同じルート グループを指すことができます。

      所定のルート グループ内のすべてのデバイスは、パスや数字の処理などの同じ特性を共有します。 Cisco Unified Communications Manager では、同一のルート グループに組み込めるゲートウェイと同一のルート リストに組み込めるルート グループが制限されています。

      ルート グループが実行する数字処理は、ルート パターンで実行された数字処理を上書きすることができます。 ゲートウェイに関連した設定情報により、実際のコール発信方法が指定されます。この設定情報は、ルート パターン内にある設定情報を上書きできます。

      H.323 ゲートウェイではなく H.323 トランクを、ゲートキーパーによって制御されるように設定できます。 つまり、H.323 デバイスにコールが発信される前に、そのデバイスを、ゲートキーパーに正常に照会しておく必要があります。

      着信コールと発信コール用の複数のクラスタは、H.323 トランクを共用できます。しかし、MGCP ベース、および Skinny ベースのゲートウェイは、1 つの Cisco Unified Communications Manager クラスタに専用のままです。

      ゲートウェイとそのルート グループおよび電話番号の依存関係レコード

      特定のゲートウェイまたはゲートウェイ ポートがどのルート グループまたは電話番号を使用しているかを検索するには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウに表示される [依存関係レコード(Dependency Records)] をクリックします。 [依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウに、ゲートウェイまたはポートを使用しているルート グループおよび電話番号に関する情報が表示されます。 ルート グループまたは電話番号について詳細な情報を検索するには、ルート グループまたは電話番号をクリックして [依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウを表示します。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。

      ゲートウェイとローカル ルート グループ機能

      発信側デバイスのローカル ルート グループのデバイス プールの設定に基づいて、特殊な仮想ローカル ルート グループを実際のルート グループに別々にバインドすることができます。 そのため、電話機など、別個のロケールにある複数のデバイスで、同一のルート リストおよびルート パターンを使用できます。ただし、Cisco Unified Communications Manager は、それ自体のローカル エンドに対して正しいゲートウェイを選択します。

      ローカル ルート グループ機能が使用されている場合は、ゲートウェイの設定が変更されます。具体的には、ゲートウェイに関する次のフィールドの設定です。

      • [着信側トランスフォーメーションCSS(Called Party Transformation CSS)]

      • [デバイスプールの着信側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Called Party Transformation CSS)]

      ゲートウェイと発呼側正規化機能

      E.164 標準に従い、発呼側を正規化すると、一部の電話機のダイヤル機能が拡張され、コールが地理的に異なる複数の場所にルーティングされる場合の折り返し機能が向上します。つまり、この機能により、着信側は、電話機のコール ログ ディレクトリ内の電話番号を修正する必要なく、確実にコールを返すことができます。 さらに、発呼側の正規化によって電話番号のグローバル化やローカライズが可能になるため、適切な発呼番号が電話機に表示されます。

      発呼側の正規化を設定すると、コールが IP WAN を経由して複数の場所にルーティングされる場合のトール バイパスに関する問題が軽減されます。 さらに、Cisco Unified Communications Manager では、コールの起点を識別して、電話ユーザのために発呼側番号をグローバル化またはローカライズします。

      SIP トランクおよび MGCP ゲートウェイは、コールごとに国際エスケープ文字 + の送信をサポートできます。 H.323 プロトコルでは国際エスケープ文字 + がサポートされていないため、H.323 ゲートウェイまたはトランクでは + はサポートされません。 + をサポートするゲートウェイを経由した発信コールの場合、Cisco Unified Communications Manager は、+ およびダイヤルされた番号をゲートウェイまたはトランクに送信できます。 + をサポートしないゲートウェイまたはトランク経由の発信コールの場合、Cisco Unified Communications Manager がゲートウェイまたはトランクにコール情報を送信すると、国際エスケープ文字 + が除去されます。

      SIP は、番号タイプをサポートしていないため、SIP トランク経由のコールは、着信発呼者の不明番号(プレフィックスと桁除去)の設定値だけをサポートします。

      国際エスケープ文字 + を設定することで、発呼側番号をグローバル化できます。 国際エスケープ文字 + については、国際エスケープ文字の使用を参照してください。

      H.323 トランクを経由した着信コールへの国際エスケープ文字の適用

      H.323 プロトコルでは、国際エスケープ文字 + はサポートされていません。 国際エスケープ文字 + を含めた正しいプレフィックスが、H.323 ゲートウェイまたはトランク経由での着信コールに適用されるようにするには、サービス パラメータ、デバイス プール、H.323 ゲートウェイ、または H.323 トランクのウィンドウで着信の着呼側設定を設定する必要があります。つまり、着信の着呼側設定を設定することにより、着信コールが H.323 ゲートウェイまたはトランクから着信したときに、Cisco Unified Communications Manager によって着信側番号がトランクまたはゲートウェイにもともと送信された値に変換されるようになります。

      たとえば、H.323 ゲートウェイまたはトランクを介した着信コールに対する SAF またはコール制御ディスカバリにおいて、正しい DN パターンが使用されるようにするには、サービス パラメータ、デバイス プール、または H.323(ゲートキーパー制御でない)トランクのウィンドウで着信の着呼側設定を設定する必要があります。 詳細については、次の例を参照してください。

      • 発信者が +19721230000(Cisco Unified Communications Manager A)にコールを発信します。

      • Cisco Unified Communications Manager A は +19721230000 を受信し、コールを H.323 トランクに送信する前にその番号を 55519721230000 に変換します。 この場合、設定は国際タイプのコールについて、国際エスケープ文字 + を除去して 555 を前に付加することを指定しています。

      • トランクからのこの着信コールの場合、Cisco Unified Communications Manager B は 55519721230000 を受信し、発信者が送信した値を番号分析で使用できるように、番号を +19721230000 に戻します。 この場合、着信の着呼側設定項目の設定は、国際タイプの着信側番号に対して、555 を除去して +1 を前に付加することを指定しています。

      サービス パラメータでは、Cisco CallManager サービスがサポートされています。 サービス パラメータを設定するには、Cisco CallManager サービスの [サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウで [詳細設定(Advanced)] をクリックして、[H.323] ペインで次のパラメータを検索します。

      • [着信の着呼側国内番号プレフィックス(Incoming Called Party National Number Prefix)](H.323)

      • [着信の着呼側国際番号プレフィックス(Incoming Called Party International Number Prefix)](H.323)

      • [着信の着呼側の加入者番号プレフィックス(Incoming Called Party Subscriber Number Prefix)](H.323)

      • [着信の着呼側不明番号プレフィックス(Incoming Called Party Unknown Number Prefix)](H.323)

      これらのサービス パラメータを使用すると、着信コールに対して、番号タイプ フィールドに基づいて着信側番号にプレフィックス番号を付加できます。 また、プレフィックスを適用する前に、先頭の一定数の桁を削除することもできます。 これらのパラメータ フィールドを設定することによって、プレフィックスの付加および特定の桁数の削除を行うには、x:y という式を使用します。x は、着信側番号に追加するプレフィックスを、y は削除する桁数を表します。プレフィックスと削除桁数はコロンで区切ります。 たとえば、このフィールドに 91010:6 と入力すると、6 桁が削除された後、着信側番号の先頭に 901010 が追加されます。 この例では、国内コール 2145551234 は 910101234 となります。 削除できる桁数は最大 24 桁で、追加できるプレフィックスの桁数は最大 16 桁です。

      ゲートウェイのフェールオーバーとフォールバック

      この項では、シスコ音声ゲートウェイが Cisco Unified Communications Manager のフェールオーバーとフォールバックの状況を処理する方法について説明します。

      MGCP ゲートウェイ

      Cisco Unified Communications Manager のフェールオーバーの状況を処理するために、MGCP ゲートウェイは、Cisco Unified Communications Manager グループに従って配置され、そのゲートウェイに割り当てられたデバイス プールに対して定義されている Cisco Unified Communications Manager のリストを受信します。 Cisco Unified Communications Manager グループには、ゲートウェイが使用する優先順にリストされた 1 つ、2 つ、または 3 つの Cisco Unified Communications Manager を含めることができます。 リスト内のプライマリ Cisco Unified Communications Manager に障害が発生した場合は、セカンダリ Cisco Unified Communications Manager が使用されます。 プライマリとセカンダリの Cisco Unified Communications Manager に障害が発生した場合は、3 番目の Cisco Unified Communications Manager が使用されます。

      フォールバックとは、ゲートウェイがセカンダリまたは三次の Cisco Unified Communications Manager にフェールオーバーしたときに、優先順位の高い Cisco Unified Communications Manager を回復するプロセスです。 Cisco MGCP ゲートウェイは、優先順位の高い Cisco Unified Communications Manager のステータスを定期的に取得します。 優先順位の高い Cisco Unified Communications Manager が作動可能になると、再び使用可能のマークが付けられます。 次にゲートウェイは、すべてのコールがアイドル状態になるか、24 時間以内のどちらかの早い時点で、優先順位が最も高く、使用可能な Cisco Unified Communications Manager に戻ります。 管理者は、優先順位の低い Cisco Unified Communications Manager を停止するか(コールは保持される)、ゲートウェイを再起動するか(コールは保持される)、または Cisco Unified Communications Manager をリセットする(コールは終了する)ことによって、フォールバックを強制的に実行できます。


      (注)  


      Skinny Client Control Protocol(SCCP)ゲートウェイは、MGCP ゲートウェイと同じ方法で、Cisco Unified Communications Manager の冗長性、フェールオーバー、およびフォールバックを処理します。


      IOS H.323 ゲートウェイ

      Cisco IOS ゲートウェイもまた、Cisco Unified Communications Manager のフェールオーバーの状況を処理します。 Cisco IOS リリース 12.1(2)T では、dial-peer および voice class コマンドへのいくつかの機能拡張を使用して、冗長化された Cisco Unified Communications Manager を Cisco IOS ゲートウェイがサポートできるようになりました。 h225 tcp timeout seconds コマンドは、Cisco IOS ゲートウェイが H.323 コールのセットアップ用に H.225 制御接続を確立するのに要する時間を指定します。 Cisco IOS ゲートウェイは、プライマリの Cisco Unified Communications Manager への H.225 接続を確立できない場合、別の dial-peer ステートメントで定義されているセカンダリの Cisco Unified Communications Manager を試行します。 Cisco IOS ゲートウェイは、次に高い preference 設定値を指定する dial-peer ステートメントに移動します。

      次の例は、H.323 ゲートウェイのフェールオーバー設定を示しています。

      interface FastEthernet0/0ip address 10.1.1.10 255.255.255.0
      dial-peer voice 101 voip
      destination-pattern 1111
      session target ipv4:10.1.1.101
      preference 0
      voice class h323 1
      dial-peer voice 102 voip
      destination-pattern 1111
      session target ipv4:10.1.1.102
      preference 1
      voice class h323 1
      voice class h323 1
      h225 timeout tcp establish 3
      

      (注)  


      トラブルシューティングとファイアウォールの設定を簡単にするため、コールの設定時に H.323 に常に特定のソース IP アドレスを使用させるよう、新しい voip-gateway voip bind srcaddr コマンドを使用することをお勧めします。 このコマンドを使用しない場合、設定時に使用されるソース アドレスが、プロトコル(RAS、H.225、H.245、または RTP)に応じて異なる場合があります。


      ゲートウェイ間でのコールの転送

      Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用すると、[ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] を使用するか、クラスタ全体のサービス パラメータを設定することで、ゲートウェイを OnNet(内部)ゲートウェイまたは OffNet(外部)ゲートウェイとして設定できます。 この設定では、クラスタ全体のサービス パラメータである Block OffNet to OffNet Transfer を併用して、ゲートウェイ経由のコール転送が可能かどうかを判別します。

      同一のゲートウェイを使用して OnNet コールと OffNet コールの両方をルーティングするには、ゲートウェイを 2 つの異なるルート パターンに関連付けます。 1 つのゲートウェイを OnNet に、もう一方を OffNet にし、それぞれの [デバイスの上書きを許可(Allow Device Override)] チェックボックスをオフにします。

      ゲートウェイの設定を使用した転送機能

      Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] を使用すると、ゲートウェイを [オフネット(OffNet)] または [オンネット(OnNet)] として設定できます。 システムは、そのゲートウェイを経由してネットワークに転送されたコールを、それぞれ OffNet または OnNet と見なします。 [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウの [コールの分類(Call Classification)] フィールドを使用して、ゲートウェイを [オフネット(OffNet)]、[オンネット(OnNet)]、または [システムデフォルトの使用(Use System Default)] として設定します。 これらの設定の説明については、下の表を参照してください。

      [ルート パターンの設定(Route Pattern Configuration)] ウィンドウには、ルート パターンを [オフネット(OffNet)] または [オンネット(OnNet)] として設定できる、[コールの分類(Call Classification)] というドロップダウン リスト ボックスが用意されています。 [コールの分類(Call Classification)] を [オフネット(OffNet)] に設定し、[デバイスの上書きを許可(Allow Device Override)] チェックボックスをオフにすると、このルート パターンを使用する発信コールは OffNet と見なされます([オンネット(OnNet)] に設定し、チェックボックスをオフにすると、発信コールは OnNet と見なされます)。

      同一のゲートウェイを使用して OnNet コールと OffNet コールの両方をルーティングするには、ゲートウェイを 2 つの異なるルート パターンの OnNet と OffNet に関連付け、それぞれの [デバイスの上書きを許可(Allow Device Override)] チェックボックスをオフにします。 発信コールの場合、発信デバイスの設定により [デバイスの上書きを許可(Allow Device Override)] チェックボックスがオンになっているかが判別され、コールが OnNet または OffNet として分類されます。

      ルート パターン設定において、[コールの分類(Call Classification)] を [オンネット(OnNet)] として設定し、[デバイスの上書きを許可(Allow Device Override)] チェックボックスをオンにして、ルート パターンを OffNet ゲートウェイに関連付けた場合、発信コールは OffNet と見なされます。

      表 2 [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] の [コールの分類(Call Classification)] 設定

      設定名

      説明

      [オフネット(OffNet)]

      この設定は、ゲートウェイを外部ゲートウェイとして識別します。 OffNet として設定されているゲートウェイからコールが転送されると、外部呼び出し音が宛先デバイスに送信されます。

      [オンネット(OnNet)]

      この設定は、ゲートウェイを内部ゲートウェイとして識別します。 OnNet として設定されているゲートウェイからコールが転送されると、内部呼び出し音が宛先デバイスに送信されます。

      [システムデフォルトの使用(Use System Default)]

      この設定は、Cisco Unified Communications Manager のクラスタ全体のサービス パラメータ Call Classification を使用します。

      Call Classification サービス パラメータを使用した転送機能の設定

      すべてのゲートウェイを OffNet(外部)または OnNet(内部)として設定するには、次の 2 つの手順を実行します。

      手順
        ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager のクラスタ全体のサービス パラメータ Call Classification を使用します。
        ステップ 2   [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウにある [コールの分類(Call Classification)] フィールドで、個々のゲートウェイを [システムデフォルトの使用(Use System Default)] に設定します。

        サービス パラメータを使用した転送機能のブロック

        ブロック転送を使用すると、外部デバイス間の転送を制限できるため、不正なアクティビティが防止されます。 次のデバイスをオンネット(内部)またはオフネット(外部)として Cisco Unified Communications Manager に設定できます。

        • H.323 ゲートウェイ

        • MGCP FXO トランク
        • MGCP T1/E1 トランク
        • クラスタ間トランク
        • SIP トランク

        オフネット コールが外部デバイス(オフネットとして設定されているデバイス)に転送されないようにする場合は、Cisco Unified Communications Manager クラスタ全体のサービス パラメータである Block OffNet to OffNet Transfer を [True] に設定します。

        ブロック済みとして設定されている OffNet ゲートウェイにユーザがコールを転送しようとすると、コール転送できないことを示すメッセージがユーザの電話機に表示されます。

        ゲートウェイの H.235 のサポート

        この機能により、Cisco Unified Communications Manager ゲートウェイは 2 つの H.235 エンドポイント間で共有秘密キー(Diffie-Hellman キー)やその他の H.235 データを透過的にパススルーできるようになるため、これらの 2 つのエンドポイントで安全なメディア チャンネルを確立できます。