VPN プロファイルの設定
VPN プロファイルの設定

VPN プロファイルの設定

この章では、VPN プロファイルの設定について説明します。


(注)  


[VPN] メニューとそのオプションは、U.S. 輸出無制限バージョンの Cisco Unified Communications Manager では使用できません。


VPN プロファイルの設定について

[VPNプロファイル(VPN Profile)] ウィンドウを使用して、[共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)] ウィンドウで Cisco Unified IP Phone に割り当てるプロファイルを作成します。

VPN プロファイルの検索

VPN プロファイルを検索するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [VPN] > [VPNプロファイル(VPN Profile)] の順に選択します。

    [VPNプロファイルの検索/一覧表示(Find and List VPN Profiles)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウには、アクティブな(前の)クエリーのレコードが表示される場合もあります。

    ステップ 2   データベース内のすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空になっていることを確認し、ステップ 3 に進みます。

    レコードをフィルタリングまたは検索するには、次の手順を実行します。

    1. 最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。
    2. 2 番めのドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
    3. 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
      (注)     

      別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。

    ステップ 3   [検索(Find)] をクリックします。

    一致するすべてのレコードが表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

    ステップ 4   表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。
    (注)     

    ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。

    選択した項目がウィンドウに表示されます。


    VPN プロファイルの設定

    VPN プロファイルを追加、更新、またはコピーするには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [VPN] > [VPNプロファイル(VPN Profile)] の順に選択します。
      ステップ 2   次のいずれかの手順を実行します。
      1. 新しいプロファイルを追加するには、[検索(Find)] ウィンドウの [新規追加(Add New)] をクリックし、VPN プロファイルの設定 に進みます。
      2. 既存のプロファイルをコピーするには、適切なプロファイルを見つけて、コピーする VPN プロファイルの横にある [コピー(Copy)] ボタンをクリックし、VPN プロファイルの設定に進みます。
      3. 既存のプロファイルを更新するには、適切な VPN プロファイルを見つけて、VPN プロファイルの設定に進みます。

        [新規追加(Add New)] をクリックすると、各フィールドのデフォルト設定を示した設定ウィンドウが表示されます。 [コピー(Copy)] をクリックすると、コピーした設定を含む設定ウィンドウが表示されます。

      ステップ 3   適切な設定値を入力します(表 1を参照)。
      ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

      VPN プロファイルの設定項目

      次の表に、VPN プロファイルの設定項目の説明を示します。

      表 1 VPN プロファイルの設定項目

      フィールド

      定義

      [名前(Name)]

      VPN プロファイルの名前を入力します。

      [説明(Description)]

      VPN プロファイルの説明を入力します。

      [自動ネットワーク検出を有効化(Enable Auto Network Detect)]

      このチェックボックスをオンにすると、VPN クライアントは、社内ネットワーク外にあることが検出された場合に限り実行できます。

      デフォルト:[無効(Disabled)]

      [MTU]

      最大伝送単位(MTU)のサイズをバイト単位で入力します。

      デフォルト:1290 バイト

      [接続の失敗(Fail to Connect)]

      VPN トンネルの作成中に、ログインまたは接続操作が完了するまで待機する時間を指定します。

      デフォルト:30 秒

      [ホストIDチェックを有効化(Enable Host ID Check)]

      このチェックボックスがオンの場合、ゲートウェイ証明書の subjectAltName または CN が、VPN クライアントの接続先の URL と一致している必要があります。

      デフォルト:[有効(Enabled)]

      [クライアント認証方式(Client Authentication Method)]

      ドロップダウン リストから、クライアント認証方式を選択します。

      • [ユーザおよびパスワード(User and password)]
      • [パスワードのみ(Password only)]
      • [証明書(Certificate)](LSC または MIC)

      [永続的パスワードを有効化(Enable Password Persistence)]

      このチェックボックスをオンにすると、ログイン試行の失敗、ユーザによるパスワードの手動でのクリア、または電話機のリセットや電源切断が発生するまで、ユーザ パスワードが電話機に保存されます。