Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド、リリース 10.0(1)
コール セキュア ステータス ポリシー
コール セキュア ステータス ポリシー

コール セキュア ステータス ポリシー

コール セキュア ステータス ポリシーについて

コール セキュア ステータス ポリシーは、電話機でのセキュア ステータス アイコンの表示を制御します。 ポリシーのオプションは以下のとおりです。

  • BFCP と iX アプリケーション ストリームを除くすべてのメディアが暗号化されている必要がある(All media except BFCP and iX application streams must be encrypted)

    これがデフォルト値です。 コールのセキュリティ ステータスは、BFCP と iX アプリケーション ストリームの暗号化ステータスに左右されません。

  • iX アプリケーション ストリームを除くすべてのメディアが暗号化されている必要がある(All media except iX application streams must be encrypted)

    コールのセキュリティ ステータスは、iX アプリケーション ストリームの暗号化ステータスに左右されません。

  • BFCP アプリケーション ストリームを除くすべてのメディアが暗号化されている必要がある(All media except BFCP application streams must be encrypted)

    コールのセキュリティ ステータスは、BFCP の暗号化ステータスに左右されません。

  • セッション内のすべてのメディアが暗号化されている必要がある(All media in a session must be encrypted)

    コールのセキュリティ ステータスは、確立されている電話セッションのすべてのメディア ストリームの暗号化ステータスに左右されます。

  • 音声のみ暗号化されている必要がある(Only Audio must be encrypted)

    コールのセキュリティ ステータスは、オーディオ ストリームの暗号化に左右されます。


(注)  


ポリシーに変更を加えると、電話機でのセキュア アイコンの表示とセキュア トーンの再生に影響します。

コール セキュア ステータス ポリシーの設定

手順
    ステップ 1   [コールセキュアステータスポリシー(Call Secure Status Policy)] サービス パラメータを検索します(『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照)。
    ステップ 2   [セキュアコールアイコンの表示ポリシー(Secure Call Icon Display Policy)] ドロップダウン リストから、ポリシー オプションを選択します。

    ビデオ コールとセキュア トーンへの影響に関する警告メッセージが表示されます。

    ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。

    ウィンドウの内容が更新され、Cisco Unified Communications Manager によってサービス パラメータが変更内容で更新されます。