Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 10.0(1)
マネージャとアシスタントの削除
マネージャとアシスタントの削除

マネージャとアシスタントの削除

この章では、Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)を使用して、Cisco Unified Communications Manager データベースにあるマネージャとアシスタントの特定のアソシエーションを削除する方法について説明します。

Cisco Unified Communications Manager からのマネージャとアシスタントの特定のアソシエーションの削除

Cisco Unified Communications Manager からマネージャとアシスタントの特定のアソシエーションを削除することができます。

はじめる前に

削除するマネージャとアシスタントの特定のアソシエーションのユーザ ID が含まれた CSV データ ファイルが必要です。

たとえば、jmorgan というユーザ ID のアシスタントが、rcraig と dbaker というユーザ ID を持つ 2 人のマネージャに割り当てられているとします。 このマネージャとアシスタントのアソシエーションを変更する場合、たとえば、アシスタント jmorgan を rcraig だけに割り当てる場合は、次のようなエントリを持つ CSV データ ファイルを作成して、jmorgan と dbaker のアソシエーションを削除します。

jmorgan,dbaker
手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [マネージャ/アシスタント(Managers/Assistants)] > [マネージャ/アシスタントの削除(Delete Managers/Assistants)] の順に選択します。 [マネージャ/アシスタントの削除(Delete Managers/Assistants Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   [ファイル名(File Name)] フィールドで、このタイプのバルク トランザクション用に作成した CSV ファイルを選択します。
    ステップ 3   削除のタイプとして、次のいずれかを選択します。
    • [1人のマネージャに割り当てられたアシスタントの削除(Delete associated assistants for one manager)]
    • [1人のアシスタントに割り当てられたマネージャの削除(Delete associated managers for one assistant)]
    ステップ 4   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
    ステップ 5   削除の方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
    1. マネージャとアシスタントのアソシエーションをすぐに削除する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    2. マネージャとアシスタントのアソシエーションを後で削除する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    ステップ 6   [送信(Submit)] をクリックして、目的のマネージャとアシスタントのアソシエーションを削除するジョブを作成します。 [ジョブの設定(Job Configuration)] ウィンドウで、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。