Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 10.0(1)
コール ピックアップ グループ
コール ピックアップ グループ

コール ピックアップ グループ

この章では、BAT を使用してコール ピックアップ グループを設定する方法について説明します。 コール ピックアップを使用すると、該当するピックアップ グループ番号をダイヤルしたときに、自分のグループ内またはその他のグループ内の着信コールを受けることができます。

BAT を使用したコール ピックアップ グループの設定

BAT を使用してコール ピックアップ グループを設定する前に、次の情報を確認します。

  • コール ピックアップ グループの設定を初めて追加する場合は、BAT.xlt を使用して CSV ファイルを作成するか、カスタムのテキストベース CSV ファイルを作成することができます。

  • コール ピックアップ グループの設定を更新するには、既存の CSV ファイルを編集するか、テキストベースのカスタム CSV ファイルを作成します。

  • 各ピックアップ グループ名(およびそれに対応する設定値)を 1 行に指定します。 たとえば、ピックアップ グループの情報を入力する場合は、次の形式になります。

    • (Pickup Group Name, Pickup Group Number, Partition, Other Pickup Group Name-Member1... Other Pickup Group Name-Member10)

    • Marketing,7815,Part1,Marketing,Managers,Training

  • 新規ピックアップ グループを追加する場合は、ピックアップ グループ名、ピックアップ グループ番号など、必要なすべてのフィールドに入力する必要があります。 手順で特定のエントリが必須として指定されている場合は、ファイルにその情報を指定する必要があります。

  • ファイルから情報を削除してブランクにしても、その情報は Cisco Unified Communications Manager データベースから削除されません。つまり、ブランクの値ではデータベース内の既存の値は上書きされません。 データベース内の既存の値は、値を更新すると上書きされます。

  • 該当する CSV ファイルを Cisco Unified Communications Manager クラスタの最初のノードにアップロードします。

  • CSV ファイルを作成または変更する際は、その CSV ファイルを BAT に挿入して、Cisco Unified Communications Manager データベースを更新する必要があります。

BAT.xlt を使用したコール ピックアップ グループ用の CSV データ ファイルの作成

BAT スプレッドシート(BAT.xlt)を使用して、コール ピックアップ グループ用の CSV ファイルを作成することができます。


(注)  


BAT.xlt ファイルは Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノード上にありますが、通常、このサーバには Microsoft Excel がインストールされていません。 その場合は、最初のノードからこのファイルをコピーして、Microsoft Excel がインストールされているローカル マシンに移動してください。


はじめる前に

BAT を使用してコール ピックアップを設定する前に、BAT を使用したコール ピックアップ グループの設定に記載されている重要な考慮事項を確認します。

手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] の順に選択します。 [ファイルの検索/一覧表示(Find and List Files)] ウィンドウが開きます。
    ステップ 2   [検索(Find)] をクリックして、BAT.xlt ファイルをダウンロードします。
    ステップ 3   BAT.xlt を Microsoft Excel がインストールされているローカル マシンにコピーします。
    ステップ 4   BAT.xlt ファイルを見つけ、ダブルクリックして、BAT スプレッドシートを開きます。
    ステップ 5   プロンプトが表示されたら、[マクロを有効にする] ボタンをクリックして、スプレッドシート機能を使用します。
    ステップ 6   [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] タブをクリックします。
    ステップ 7   各カラムにコール ピックアップ グループの設定値を入力します。 設定値の説明については、表 1を参照してください。
    (注)     

    ステップ 7 を繰り返し、すべてのピックアップ グループを入力します。

    ステップ 8   Excel スプレッドシート形式を CSV ファイルに変換するために、[BAT形式にエクスポート(Export to BAT Format)] をクリックします。

    CSV ファイルが自動的にローカル マシンの C:\XlsDatafiles に保存されます。

    ヒント   

    別のロケーションを選択するには、[参照(Browse)] をクリックします。


    次の作業

    CSV ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにアップロードします。

    CSV ファイルを BAT に追加し、ファイルを挿入して、Cisco Unified Communications Manager データベースを更新する必要があります。

    テキスト エディタを使用したコール ピックアップ グループ用の CSV データ ファイルの作成

    テキスト エディタを使用して、コール ピックアップ グループ用のテキストベースの CSV データ ファイルを作成することができます。 カンマ区切り値(CSV)ファイルでは、テキスト情報は表形式で与えられます。また、このファイルには、値がカンマで区切られた ASCII テキストの行が含まれます。

    既存のコール ピックアップ グループ用の CSV データ ファイルの編集

    既存の CSV ファイルを手動で更新するか、テキスト エディタを使用して新しい CSV ファイルを作成して、既存のコードを更新します。


    注意    


    ピックアップ グループを更新すると、既存の他のピックアップ グループとの関連付けが解除されます。 [他のピックアップグループ(Other Pickup Group)] フィールドは、空白にしないでください。 ピックアップ グループに関連付ける他のすべてのピックアップ グループを続けて入力します。

    既存のレコードのどの部分でも変更できますが、ピックアップ グループ名を含める必要があります。


    手順
      ステップ 1   既存の CSV データ ファイルを編集するには、Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードからローカル ワークステーションに CSV ファイルをダウンロードします。
      ステップ 2   テキスト エディタを使用して、既存の CSV ファイルを開き、編集します。 既存の設定値を削除したり、新しいコール ピックアップ グループを追加したり、既存の設定値を更新したりします。 設定値の説明については、表 1を参照してください。

      例:コール ピックアップ グループの CSV ファイルを更新するには、「Marketing,,,Marketing,Managers,Training」と入力します。ここで、Marketing は必須のピックアップ グループ名です。 Marketing、Managers、および Training はピックアップ グループ Marketing に関連するその他のピックアップ グループ名です。
      注意       

      既存のレコードのどの部分でも変更できますが、ピックアップ グループ名を含める必要があります。 ピックアップ グループを更新すると、既存の他のピックアップ グループとの関連付けが解除されます。 [他のピックアップグループ(Other Pickup Group)] フィールドは、空白にしないでください。 ピックアップ グループに関連付ける他のすべてのピックアップ グループを続けて入力します。


      次の作業

      CSV ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにアップロードします。

      CSV ファイルを BAT に追加し、ファイルを挿入して、Cisco Unified Communications Manager データベースを更新する必要があります。

      コール ピックアップ グループ用の CSV ファイルの設定値

      次の表で、コール ピックアップ グループ用の設定値について説明します。

      表 1 コール ピックアップ グループの設定値

      設定/カラム

      説明

      CPG 用 CSV ファイル

      [ピックアップグループ名(Pickup Group Name)]

      この必須フィールドには、50 文字以内の英数字でコール ピックアップ グループ名を入力します。

      [ピックアップグループ番号(Pickup Group Number)]

      この必須フィールドには、ユーザが着信コールを受ける際に入力する、24 桁以内のピックアップ グループ番号を入力します。

      [パーティション(Partition)]

      電話番号(ピックアップ グループ番号)が属するルート パーティションを選択します。

      (注)     

      電話番号(ピックアップ グループ番号)は複数のパーティションに現れる可能性があります。

      (注)     

      [ピックアップグループ番号(Pickup Group Number)] と [パーティション(Partition)] の組み合わせは一意である必要があります。

      このフィールドはオプションです。

      [他のピックアップグループ名-メンバー(x)(Other Pickup Group Name-Member(x))]

      新規ピックアップ グループに関連付けるその他のピックアップ グループの名前を入力します。 このオプション フィールドでは、各ピックアップ グループをその他の最大 10 のピックアップ グループと関連付けることができます。

      BAT を使用した CUCM データベース内のコール ピックアップ グループの更新

      Cisco Unified Communications Manager データベースを更新するには、BAT を使用して、コール ピックアップ グループ用の CSV データ ファイルを挿入する必要があります。

      はじめる前に

      Cisco Unified Communications Manager データベース内のピックアップ グループを更新する前に、コール ピックアップ グループ用の CSV ファイルを作成または編集し、Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにアップロードする必要があります。

      手順
        ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] > [コールピックアップグループの挿入(Insert Call Pickup Groups)] の順に選択します。 [ピックアップグループの挿入(Insert Pickup Groups)] ウィンドウが表示されます。
        ステップ 2   [ファイル名(File Name)] ドロップダウン リスト ボックスで、更新されたコール ピックアップ グループが含まれる CSV ファイルを選択します。
        ヒント   

        挿入するファイルの内容を表示するには、[ファイルの表示(View File)] をクリックします。

        ステップ 3   既存のコール ピックアップ グループのリストを更新した場合は、[既存の設定の上書き(Override the existing configuration)] チェックボックスをオンにします。 設定値の説明については、データベース内のピックアップ グループを更新するための BAT の設定を参照してください。
        ステップ 4   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
        ステップ 5   挿入の方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
        1. ピックアップ グループをすぐに挿入する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
        2. ピックアップ グループを後で挿入する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
        ステップ 6   [送信(Submit)] をクリックして、ピックアップ グループを挿入するジョブを作成します。 [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

        データベース内のピックアップ グループを更新するための BAT の設定

        次の表で、ピックアップ グループ用の BAT の更新設定について説明します。

        表 2 CSV ファイルを挿入するための BAT の設定

        BAT の設定

        説明

        [ファイル名(File Name)]

        ドロップダウン リスト ボックスから、挿入するコール ピックアップ ファイルを選択します。

        [既存の設定の上書き(Override the existing configuration)]

        このチェックボックスは、既存の設定のピックアップ グループを更新する場合に適用されます。

        このチェックボックスをオンにすると、挿入するファイルに含まれている情報が [他のピックアップグループ名-メンバー(Other Pickup Group Name-Member)] に上書きされます。 このチェックボックスをオフにすると、該当するその他のピックアップ グループ名がすでに存在することを示すエラーがログ ファイルに書き込まれ、更新は行われません。

        (注)     

        ピックアップ グループごとに、[ピックアップグループ番号(Pickup Group Number)] と [パーティション(Partition)] の組み合わせが固有であることを確認します。

        (注)     

        ピックアップ グループを更新する際、[ピックアップグループ番号(Pickup Group Number)] と [パーティション(Partition)] の値は無視され、既存の [他のピックアップグループ(Other Pickup Groups)] は関連付けを解除されます。