Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 10.0(1)
デバイスとユーザ デバイス プロファイルの回線属性の更新
デバイスとユーザ デバイス プロファイルの回線属性の更新

デバイスとユーザ デバイス プロファイルの回線属性の更新

この章では、クエリーを使用してデバイスとユーザ デバイス プロファイルの回線を更新する方法について説明します。

デバイスと UDP の回線の更新

クエリーを使用して、デバイスおよびユーザ デバイス プロファイル用の回線を更新することができます。 特定のデバイス グループまたは特定のユーザ デバイス プロファイル グループ用の回線属性を更新するには、[回線の更新(Update Lines)] オプションを使用します。 クエリー結果に電話機用の回線とユーザ デバイス プロファイル用の回線の両方が含まれている場合は、両回線が同時に更新されます。


ヒント


電話機を Cisco Unified Communications Manager データベースから削除しても、電話番号はデータベース内に残っています。 これらの孤立した電話番号を管理するには、[回線の更新(Update Lines)] オプションを使用して未定義の電話番号を検索し、これらの電話番号を削除または更新します。


クエリーを使用したデバイスと UDP の回線の更新

クエリーを使用して、デバイスおよびユーザ デバイス プロファイルの回線を更新します。

手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザデバイスプロファイル(User Device Profiles)] > [回線の追加/更新(Add/Update Lines)] > [回線の更新(Update Lines)] の順に選択します。

    [回線の更新のクエリー(Update Lines Query)] ウィンドウが表示されます。

    (注)     

    クエリーを指定しなければ、すべての回線を更新できます。 クエリーを使用したデバイスと UDP の回線の更新に進みます。

    ステップ 2   最初の [検索対象:回線、検索条件:(Find Line where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。
    • [電話番号(Directory Number)]
    • [ルートパターン(Route Pattern)]
    • [回線の説明(Line Description)]
    • [コーリングサーチスペース(電話)(Calling Search Space (Phone))]
    • [コーリングサーチスペース(回線)(Calling Search Space (Line))]
    • [デバイスプール(Device Pool)]
    • [デバイスの説明(Device Description)]
    • [回線の位置(Line Position)]
    • [未定義のDN(Unassigned DN)]
    • [コールピックアップグループ(Call Pickup Group)]
      (注)     

      孤立した電話番号を検索して削除するには、[未定義のDN(Unassigned DN)] を使用します。

    ステップ 3   2 番目の [検索対象:回線、検索条件:(Find Line where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。
    • [が次の文字列で始まる(begins with)]
    • [が次の文字列を含む(contains)]
    • [が次の文字列と等しい(is exactly)]
    • [が次の文字列で終わる(ends with)]
    • [が空である(is empty)]
    • [が空ではない(is not empty)]
    ステップ 4   検索フィールド リスト ボックスで、検索する値を選択するか、入力します。

    たとえば、リストから [回線パーティション(Line Partition)] を選択するか、電話番号の範囲を入力します。

    ヒント   

    データベースに登録されているすべての回線を検索するには、検索テキストを入力せずに [検索(Find)] をクリックします。

    ステップ 5   クエリーをさらに定義する場合や、複数のフィルタを追加する場合は、[絞り込み(Search Within Results)] チェックボックスをオンにし、ドロップダウン ボックスから [AND] または [OR] を選択して、ステップ 2ステップ 3を繰り返します。
    ステップ 6   [検索(Find)] をクリックして、検索対象のレコードを表示します。

    検索された回線のリストが、次の項目別に表示されます。

    • [パターン/電話番号(Pattern/Directory Number)]
    • [パーティション(Partition)]
    • [説明(Description)]
    ステップ 7   [次へ(Next)] をクリックします。 最上部で選択したクエリーのタイプが、[回線の更新(Update Lines)] ウィンドウに表示されます。
    ヒント   

    クエリーのタイプを変更する場合は、[戻る(Back)] をクリックします。

    ステップ 8   クエリーで定義したすべてのレコードに対して、更新する設定値を指定します。 更新するパラメータは複数選択できます。 フィールドの説明については、BAT テンプレートの電話回線フィールドの説明を参照してください。
    (注)     

    一部のフィールドに示される値は、Cisco Unified Communications Manager から表示されます。 これらの値は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して設定する必要があります。

    ステップ 9   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
    ステップ 10   挿入の方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
    1. 回線をすぐに挿入する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    2. 回線を後で挿入する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    ステップ 11   [送信(Submit)] をクリックして、電話機レコードを挿入するジョブを作成します。 [ジョブの設定(Job Configuration)] ウィンドウで、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。
    (注)     

    回線レコードの情報に何らかの問題がある場合、Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)は、その回線レコードを更新しません。