Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 10.0(1)
ユーザの削除
ユーザの削除

ユーザの削除

この章では、ユーザのグループを Cisco Unified Communications Manager ディレクトリから削除する方法について説明します。 削除する既存のユーザレコードは、クエリー検索またはカスタム ファイルを使用して検索できます。

クエリーを使用したユーザの削除

クエリー フィルタを作成して、削除するユーザのユーザ レコードを検索することができます。


注意    


削除は、最終的な操作です。 削除したレコードは復元できません。


手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザの削除(Delete Users)] > [クエリー(Query)] の順に選択します。

    [ユーザの削除(Delete Users Configuration)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   最初の [検索対象:ユーザ、検索条件:(Find User where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。
    • [ユーザID(User ID)]
    • [名(First Name)]
    • [ミドルネーム(Middle Name)]
    • [姓(Last Name)]
    • [マネージャ(Manager)]
    • [部署名(Department Name)]

    2 番目の [検索対象:ユーザ、検索条件:(Find User where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。

    • [が次の文字列で始まる(begins with)]
    • [が次の文字列を含む(contains)]
    • [が次の文字列と等しい(is exactly)]
    • [が次の文字列で終わる(ends with)]
    • [が空である(is empty)]
    • [が空ではない(is not empty)]
    ステップ 3   必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
    ヒント   

    データベースに登録されているすべてのユーザを検索するには、検索テキストを入力せずに [検索(Find)] をクリックします。

    ステップ 4   クエリーをさらに定義する場合や、複数のフィルタを追加する場合は、[絞り込み(Search Within Results)] チェックボックスをオンにし、ドロップダウン ボックスから [AND] または [OR] を選択して、ステップ 2ステップ 3 を繰り返します。
    ステップ 5   [検索(Find)] をクリックします。

    検索されたテンプレートのリストが、次の項目別に表示されます。

    • [ユーザID(User ID)]
    • [名(First Name)]
    • [ミドルネーム(Middle Name)]
    • [姓(Last Name)]
    • [マネージャ(Manager)]
    • [部署名(Department Name)]
    • [LDAP同期状態(LDAP Sync Status)]
    ステップ 6   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
    ステップ 7   ユーザ レコードを削除する方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
    1. ユーザ レコードをすぐに削除する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    2. ユーザ レコードを後で削除する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    注意       

    削除は、最終的な操作です。 削除したレコードは復元できません。

    ステップ 8   ユーザ レコードを削除するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。

    カスタム ファイルを使用したユーザの削除

    テキスト エディタを使用してユーザ ID のカスタム ファイルを作成し、ユーザを検索して削除できます。

    (注)  


    削除トランザクション用に bat.xlt を使用して作成したトランザクション ファイルを挿入またはエクスポートしないでください。 代わりに、削除が必要なユーザ レコードの詳細情報が設定されたカスタム ファイルを作成する必要があります。 削除トランザクションには、このファイルしか使用しないでください。 このカスタム削除ファイルには、ヘッダーを指定する必要がありません。ユーザ ID の値を入力します。



    注意    


    削除は、最終的な操作です。 削除したレコードは復元できません。


    はじめる前に
    1. テキスト ファイルを作成し、削除するユーザ ID を 1 行に 1 つずつ指定します。
    2. カスタム ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにアップロードします。
    手順
      ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザの削除(Delete Users)] > [カスタムファイル(Custom File)] の順に選択します。

      [ユーザの検索/一覧表示(Find and List Users)] - [カスタムファイルの設定に基づいたユーザの削除(Delete Users based on Custom file Configuration)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   [削除対象:ユーザ、検索条件:(Delete Users where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。
      • [ユーザID(User ID)]
      • [名(First Name)]
      • [ミドルネーム(Middle Name)]
      • [姓(Last Name)]
      • [部署名(Department)]
      ステップ 3   [カスタムファイル、検索条件:(Custom file where)] ドロップダウン リスト ボックスで、カスタム ファイルのファイル名を選択します。
      ステップ 4   クエリーに必要な情報が含まれていることを確認し、[検索(Find)] をクリックします。
      ステップ 5   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
      ステップ 6   ユーザ レコードを削除する方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
      1. ユーザ レコードをすぐに削除する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
      2. ユーザ レコードを後で削除する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
      注意       

      削除は、最終的な操作です。 削除したレコードは復元できません。

      ステップ 7   ユーザ レコードを削除するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。