Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 10.0(1)
マネージャとアシスタントのレポートの生成
マネージャとアシスタントのレポートの生成

マネージャとアシスタントのレポートの生成

この章では、Cisco Unified CM Assistant マネージャとアシスタントのレポートを生成する方法について説明します。 レポートは固定形式です。 マネージャまたはアシスタントのクエリー オプション セットを指定してレポートを生成できます。

Cisco Unified Communications Manager Assistant マネージャとアシスタントのレポートの生成

マネージャまたはアシスタントのレポートを生成することができます。

手順
    ステップ 1   次のいずれかのオプションを選択してください。
    1. マネージャのレポートを生成するには、[一括管理(Bulk Administration)] > [マネージャ/アシスタント(Managers/Assistants)] > [マネージャレポートの作成(Generate Manager Reports)] の順に選択します。 [マネージャのレポート(Manager Reports)] ウィンドウが表示されます。
    2. アシスタントのレポートを生成するには、[一括管理(Bulk Administration)] > [マネージャ/アシスタント(Managers/Assistants)] > [アシスタントレポートの作成(Generate Assistant Reports)] の順に選択します。 [アシスタントのレポート(Assistant Reports)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   クエリーを指定せずにすべてのマネージャまたはアシスタントについてのレポートを生成できます。また、次に示す手順で、特定のマネージャまたはアシスタントのレポートを生成できます。
    1. [検索対象:マネージャ、検索条件:(Find Managers where)](または [検索対象:アシスタント、検索条件:(Find Assistants where)])ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかのクエリー オプションを選択します。
      • [ユーザID(User ID)]
      • [名(First Name)]
      • [ミドルネーム(Middle Name)]
      • [姓(Last Name)]
      • [部署名(Department)]
    2. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。
      • [が次の文字列で始まる(begins with)]
      • [が次の文字列を含む(contains)]
      • [が次の文字列と等しい(is exactly)]
      • [が次の文字列で終わる(ends with)]
      • [が空である(is empty)]
      • [が空ではない(is not empty)]
    3. 検索フィールド ボックスに、検索対象の値(たとえば、正確なユーザ ID またはユーザの姓)を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

      検索フィールド ボックスに複数の値を入力するには、カンマで区切ります(例:「JohnJ, PaulP, SueS, JoeJ」)。

      (注)     

      クエリーをさらに定義するには、[AND] または [OR] を選択して複数のフィルタを追加し、ステップ 2.a2.c の手順を繰り返します。

    ステップ 3   レポートのタイプについての詳細を選択する場合は、[次へ(Next)] をクリックします。
    ヒント    クエリーのタイプを変更する場合は、[戻る(Back)] をクリックします。
    ステップ 4   [ファイル名(File Name)] フィールドに、このレポートの名前を入力します(必須)。
    ステップ 5   [ファイル形式(File Format)] フィールドで、ドロップダウン リスト ボックスからファイル形式を選択します。
    ステップ 6   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
    ステップ 7   レポートを生成する方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
    1. レポートをすぐに生成する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    2. レポートを後で生成する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    ステップ 8   レポートを生成するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。 [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。 Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)は、Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにレポート ファイルを保存します。

    次の作業

    レポート ファイルは、[一括管理(Bulk Administration)] メニューの [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] オプションを使用して検索またはダウンロードできます。

    レポート ログ ファイル

    BAT はレポート トランザクションごとにログ ファイルを生成し、Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードに格納します。 ログ ファイルへのリンクは、レポートを生成したジョブの [ジョブの設定(Job Configuration)] ウィンドウにあります。 表示するログ ファイルを持つジョブに対応する [ログファイル名(Log File Name)] 列のリンクをクリックしてください。