Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 10.0(1)
ユーザと電話のクイック追加
ユーザと電話のクイック追加

ユーザと電話のクイック追加

この章では、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)にユーザと電話をすばやく追加する方法について説明します。

ユーザと電話のクイック追加の設定

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] > [ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] メニュー パスを使用して、1 回の簡単な追加でユーザ、電話機、およびライン アピアランスを設定します。

Unified CM の [ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] ウィンドウを使用すれば、このウィンドウだけで、新しいユーザを追加して電話機を割り当てる基本手順を実行できます。

このウィンドウでユーザと電話機を追加する前に、以下の前提条件が満たされていることを確認してください。
  • 回線(電話番号)の設定

  • ユニバーサル デバイス テンプレートの設定

  • 機能グループ テンプレートの設定

ユーザと電話のクイック追加の設定値

下の表は、ユーザと電話のクイック追加の設定値を示しています。

表 1 ユーザと電話のクイック追加の設定値
フィールド 説明
[ユーザ情報(User Information)]

[名(First Name)]

エンド ユーザの名を入力します。

[ミドルネーム(Middle Name)]

エンド ユーザのミドル ネームを入力します。

[姓(Last Name)]

エンド ユーザの姓を入力します。

[ユーザID(User ID)]

エンド ユーザの識別名を入力します。 Unified CM では、ユーザ ID を作成後に変更することができません。

[アクセスコントロールグループメンバシップ(Access Control Group Membership)]

[ユーザは次のメンバです(User is a member of)]

アクセス コントロール グループ(ACG)を一覧表示する場合に、このドロップダウン リスト ボックスの横にあるプラス記号(+)を選択します。 このユーザを ACG メンバーに割り当てることができます。 ACG を使用すれば、フル アクセス権を持っているユーザは、Unified CM 管理者のさまざまなアクセス レベルを設定できます。 フル アクセス ユーザが、Unified CM に対する他のユーザのアクセス権を設定します。

ヒント   

ユーザの ACG をさらに追加するには、もう一度、プラス記号(+)を選択します。

[デバイスの作成(Device Creation)]

[機能グループテンプレート(Feature Group Template)]

このドロップダウン リスト ボックスには、このユーザに割り当てることが可能な機能グループ テンプレートが表示されます。 1 つのテンプレートを割り当てることができます。

ユーザを作成して機能グループ テンプレートを割り当てると、[デバイスの管理(Manage Devices)] ボタンが表示されます。

(注)     

少なくとも 1 つの内線を追加するまで、[デバイスの管理(Manage Devices)] ボタンは表示されません。

[クレデンシャル(Credentials)]

[デフォルトのクレデンシャルを使用(Use default credential)]

デフォルトのクレデンシャルを選択することで、フィールドにクレデンシャルを入力する必要がないようにする場合に、この設定を使用します。 この設定を選択した場合は、システム デフォルト クレデンシャル ポリシー内で定義されたデフォルト クレデンシャルがユーザの挿入中に自動的に使用されます。 パスワードと暗証番号の入力と確認用のテキスト ボックスが無効になります。

(注)     

この設定はユーザの更新操作ではサポートされません。

[パスワード(Password、半角英数字のみ)]

ユーザ パスワードとして 5 文字以上の英数字または特殊文字を入力します。 姓に使用できる特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[パスワードの確認(Confirm Password、半角英数字のみ)]

ユーザ パスワードをもう一度入力します。

[暗証番号(PIN、半角数字のみ)]

個人識別番号(暗証番号)として 5 桁以上の数字を入力します。

[暗証番号の確認(Confirm PIN、半角数字のみ)]

暗証番号をもう一度入力します。

[内線番号(Extensions)]

[内線(Extension)]

このフィールドはユーザの内線を表します。 内線は電話機に追加される回線を表します。 この内線はテンプレート内で使用可能な回線に基づきます。 最初の(プライマリ)内線を割り当てると、[セカンダリ内線(Secondary Extensions)] ドロップダウン リスト ボックスに使用可能な内線が表示されます。

管理者を支援するために、このドロップダウン リスト ボックスには内線が [使用可能(Available)] と [使用済み(Used)] のどちらかとして表示されます。

(注)     

内線を指定するまでデバイスを追加できません。

(注)     

ユーザ用の複数の内線を追加できます。 [操作(Action)] の下にある緑色のプラス記号(+)を選択すると、新しく内線を追加したり、それらの表示順序を入れ替えたりできます。

[個人データ(Personal)]

[ディレクトリURI(Directory URI)]

このユーザのディレクトリ ユニフォーム リソース識別子(URI)を入力します。 ディレクトリ URI は電子メール アドレスに似ており、user@host の形式になります。 他の人がディレクトリ内でユーザを見つけやすくなります。

[ディレクトリに表示する番号(Number Displayed in Directory)]

ユーザの電話番号を入力します。 電話機の会社(ローカル)ディレクトリ ボタンが押されたときにこの番号が表示されます。

[電子メール(Email)]

ユーザの電子メール アドレスを入力します。

[マネージャのユーザID(Manager User ID)]

マネージャのユーザ ID を入力します。

(注)     

入力するマネージャのユーザ ID は、同じクラスタ内にユーザとして存在する必要はありません。そのため、Unified CM では、データベース内にすでに存在するユーザ ID の入力が要求されません。

[部署名(Department)]

ユーザの所属部門の情報(たとえば、所属部門の番号や名称など)を入力します。

新しいユーザとデバイスの追加

手順
    ステップ 1   [新規追加(Add New)] を選択します。

    [ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   該当する設定値を入力します。

    詳細については、ユーザと電話のクイック追加に関するトピックを参照してください。

    ステップ 3   [保存(Save)] を選択します。
    ステップ 4   [デバイスの管理(Manage Devices)] を選択します。
    ステップ 5   [電話の新規追加(Add New Phone)] を選択します。
    ステップ 6   以下のフィールドを設定します。
    • [製品のタイプ(Product Type)]

    • [デバイスプロトコル(Device Protocol)]

    • [デバイス名(Device Name)]

    • [ユニバーサルデバイステンプレート(Universal Device Template)]

    • [エクステンションモビリティテンプレート(Is Extension Mobility Template)]

    ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

    電話機がユーザに追加されます。


    新しいユーザと既存のデバイスの追加


    (注)  


    Unified CM では、[機能グループテンプレート(Feature Group Template)] ウィンドウで定義されたユニバーサル デバイス テンプレートを使用してデバイスの特性を定義します。


    手順
      ステップ 1   [新規追加(Add New)] を選択します。

      [ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   適切な設定値を入力します(ユーザと電話のクイック追加の設定 を参照)。
      ステップ 3   [保存(Save)] を選択します。

      ユーザが Unified CM データベースに追加されます。

      ステップ 4   [デバイスの管理(Manage Devices)] を選択します。
      ステップ 5   [このユーザに移動する電話の検索(Find a Phone to Move to This User)] を選択します。
      ステップ 6   ユーザに関連付ける電話機を選択します。
      (注)     

      電話機の一覧表示に対して検索フィルタを設定できます。

      ステップ 7   [選択項目の移動(Move Selected)] を選択します。

      電話機がユーザに追加されます。


      ユーザへのデバイスの移動


      (注)  


      デバイスをユーザに移動すると、そのデバイスと以前のユーザとの関連付けが解除されることに注意してください。


      手順
        ステップ 1   Unified CM の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] > [ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] を選択します。

        [検索/一覧表示(Find and List)] ウィンドウが表示されます。 アクティブな(前の)クエリーのレコードがウィンドウに表示される場合もあります。

        ステップ 2   最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。

        例:ユーザの名で検索するには、[名(First Name)] を選択します。
        ステップ 3   2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
        ステップ 4   必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
        (注)     

        別の検索条件を追加するには、[+] ボタンを選択します。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[–] ボタンを選択して最後に追加した条件を削除するか、[フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンを選択して追加したすべての検索条件を削除します。

        ステップ 5   [検索(Find)] を選択します。

        一致したレコードがすべて表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると、各ページに表示される項目数を変更できます。

        ステップ 6   既存のデバイスの移動先のユーザを選択します。

        ユーザ プロファイルが表示されます。

        ステップ 7   [デバイスの管理(Manage Devices)] ボタンを選択します。
        ステップ 8   [このユーザに移動する電話の検索(Find a Phone to Move to This User)] ボタンを選択します。
        ステップ 9   ユーザに関連付ける電話機を選択します。
        (注)     

        電話機の一覧表示に対して検索フィルタを設定できます。

        ステップ 10   [選択項目の移動(Move Selected)] を選択します。

        電話機がユーザ プロファイルに追加されます。