Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 10.0(1)
ワイヤレス LAN プロファイルの設定
ワイヤレス LAN プロファイルの設定

ワイヤレス LAN プロファイルの設定

ワイヤレス LAN プロファイル

ワイヤレス LAN プロファイル機能は、管理者がユーザの Wi-Fi プロファイルを設定できるようにすることで、ユーザが電話機で Wi-Fi パラメータを設定する必要をなくします。 ユーザ デバイスは、Cisco Unified Communications Manager TFTP サーバから Wi-Fi 設定を自動的にダウンロードでき、ダウンロードされた設定がこれらのデバイスに適用されます。

ワイヤレス LAN プロファイルを作成する前に、ネットワーク アクセス プロファイルを設定できます。ネットワーク アクセス プロファイルは、VPN 接続および HTTP プロキシの設定値に関する情報を含んでいます。 [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ネットワークアクセスプロファイル(Network Access Profile)] メニューから、ネットワーク アクセス プロファイルを作成します。

1 つ以上のワイヤレス LAN プロファイルを作成した後は、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ワイヤレスLANプロファイルグループ(Wireless LAN Profile Group)] メニューから設定できる、ワイヤレス LAN プロファイル グループにこれらを追加できます。 また、企業全体のデフォルト グループを指定することもできます。


(注)  


1 つのワイヤレス LAN プロファイル グループにワイヤレス LAN プロファイルを 4 つまで追加できます。



(注)  


Cisco Desktop Collaboration Experience DX650(SIP)は、ワイヤレス LAN プロファイルをサポートしています。


ワイヤレス LAN プロファイル機能を使用するには、以下のようなワーク フローを検討します。
  1. (オプション)ネットワーク アクセス プロファイルを設定できます。

  2. 1 つ以上のワイヤレス LAN プロファイルを作成し、ネットワーク アクセス プロファイルを(設定した場合)追加します。

  3. 1 つ以上のワイヤレス LAN プロファイルを作成した後は、ワイヤレス LAN プロファイル グループにこれらを追加できます。 また、企業全体のデフォルト グループを指定することもできます。

  4. デバイス プールまたはデバイス レベルの設定にワイヤレス LAN プロファイル グループを追加できます。

  5. 手順 4 の後、TFTP により、ワイヤレス LAN プロファイル グループが既存のデバイス設定ファイルに追加され、デバイスがそのダウンロードに移行します。

ネットワーク アクセス プロファイルの設定値

以下の表では、ネットワーク アクセス プロファイルの設定値を示します。

表 1 ネットワーク アクセス プロファイルの設定値

名前

説明

[ネットワークアクセスプロファイル情報(Network Access Profile Information)]

[名前(Name)]

ネットワーク アクセス プロファイルの名前を入力します。 この値には、1 ~ 50 文字(英数字、ドット、ダッシュ、またはアンダースコアを含む)を指定できます。

[説明(Description)]

ネットワーク アクセス プロファイルの説明を入力します。 説明には、任意の言語で 63 字まで使用できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

[VPN必須(VPN Required)]

仮想プライベート ネットワーキング(VPN)が必要であるかどうかを指定します。 使用可能なオプションは次のとおりです。
[オフ(Off)]

VPN が必要ではないことを指定します。

[オン(On)]

VPN が必要であることを指定します。

[デフォルト(Default)]

システム設定を使用します。

[HTTPプロキシ設定(HTTP Proxy Settings)]

[プロキシ設定(Proxy Settings)]

ネットワーク アクセス プロファイルにどのような HTTP プロキシを指定するかを制御します。 使用可能なオプションは次のとおりです。

[なし(None)]

ネットワーク アクセス プロファイルに HTTP プロキシが指定されません。

[手動(Manual)]

このオプションを選択すると、次のフィールドが表示されます。

  • [プロキシホスト名(Proxy Hostname)]:255 文字までの ASCII 文字列を入力します。

  • [プロキシポート(Proxy Port)]:プロキシ ポート番号を入力します。可能な範囲は 1 ~ 65535 です(デフォルト = 8080)。

  • [プロキシは認証が必須(Proxy Requires Authentication)]:64 文字までのユーザ名およびパスワードを入力します (オプション)。

  • [次のプロキシをバイパス(Bypass Proxy for)]:プロキシがバイパスされるドメイン名を入力します。

[自動(Auto)]

このオプションを選択すると、次のフィールドが表示されます。

  • [プロキシ自動設定(PAC)のロケーション(Proxy Auto-Config (PAC) Location)]:PAC の URL を入力します。URL は 255 文字までに制限されます。

  • [プロキシは認証が必須(Proxy Requires Authentication)]:64 文字までのユーザ名およびパスワードを入力します (オプション)。

  • [次のプロキシをバイパス(Bypass Proxy for)]:プロキシがバイパスされるドメイン名を入力します。

ワイヤレス LAN プロファイルの設定値

以下の表では、ワイヤレス LAN プロファイルの設定値を示します。

表 2 ワイヤレス LAN プロファイルの設定値

名前

説明

[ワイヤレスLANプロファイル情報(Wireless LAN Profile Information)]

[名前(Name)]

ワイヤレス LAN プロファイルの名前を入力します。 この値には、1 ~ 50 文字(英数字、ドット、ダッシュ、またはアンダースコアを含む)を指定できます。

[説明(Description)]

ワイヤレス LAN プロファイルの説明を入力します。 説明には、任意の言語で 63 文字まで指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

[Wireless Settings(ワイヤレス設定)]

[SSID(ネットワーク名)(SSID (Network Name))]

ワイヤレス LAN プロファイルの Service Set Identifier(SSID)を入力します。 SSID はワイヤレス ネットワーク名を指します。 ワイヤレス エンドポイントは、ネットワークから切断されてからこの SSID を検出すると、このプロファイルからの設定値を使用してそのワイヤレス LAN への参加を試行します。 SSID には、32 文字までの ASCII 文字を使用できます。

[Frequency Band(周波数帯域)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかの周波数帯域の設定値を選択します。

[自動(Auto)]

ワイヤレス エンドポイントが周波数帯域を自動的に選択します。 [自動(Auto)] がデフォルト設定です。

[2.4 GHz]

ワイヤレス エンドポイントが 2.4 GHz の周波数帯域を使用します。

[5 GHz]

ワイヤレス エンドポイントが 5 GHz の周波数帯域を使用します。

[ユーザが変更可能(User Modifiable)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのユーザが変更可能なオプションを選択します。
[許可(Allowed)]

ユーザがプロファイルの設定値を変更できることを示します。 [許可(Allowed)] がデフォルト設定です。

[拒否(Disallowed)]

ユーザがプロファイルへの変更を加えることができないことを示します。

[制限(Restricted)]

ユーザがユーザ名とパスワードが必要で他のどのようなプロファイルの設定値も不要な認証方法を使用している場合、ユーザがユーザ名とパスワードを変更できることを示します。

[認証設定(Authentication Settings)]

[認証方式(Authentication Method)]

Wi-Fi ネットワークへのアクセスをセキュリティ保護するために使用する認証方法を指定します。 選択した方法に応じて、Wi-Fi ネットワークに参加するために必要なクレデンシャルを入力できるように、パスワード、パスフレーズ、またはキーのフィールドが表示されます。

次の認証方法が使用可能です。

EAP-FAST

(Extensible Authentication Protocol - Flexible Authentication via Secure Tunneling)

この方法では、ユーザ名とパスワード(64 文字まで)が必要です。

PEAP-MSCHAPV2

(Protected Extensible Authentication Protocol - Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol version 2)

この方法では、ユーザ名とパスワード(64 文字まで)が必要です。

PEAP-GTC

(Protected Extensible Authentication Protocol - Generic Token Card)

この方法では、ユーザ名とパスワード(64 文字まで)が必要です。

PSK

(Pre-Shared Key:事前共有キー)

この方法では、パスフレーズを入力する必要があります。パスフレーズは 8 ~ 63 文字の ASCII 文字列または 64 文字の 16 進数文字列です。

WEP

(Wired Equivalent Privacy)

この方法では、WEP キーが必要です。WEP キーは、5 または 13 文字の ASCII 文字列、あるいは 10 または 26 文字の 16 進数文字列です。

None

この方法では、認証は必要ありません。

[Network Access Settings(ネットワーク アクセス設定)]

[Network Access Profile(ネットワーク アクセス プロファイル)]

ネットワーク アクセス プロファイルを指定します。 ネットワーク アクセス プロファイルには、VPN 接続および HTTP プロキシの設定値に関する情報が含まれています。 ネットワーク アクセス プロファイルを選択した後で、[詳細の表示(View Details)] をクリックすると、ネットワーク アクセス プロファイルの設定値が含まれるポップアップ ウィンドウが表示されます。

ワイヤレス LAN プロファイル グループの設定値

以下の表では、ワイヤレス LAN プロファイル グループの設定値を示します。

表 3 ワイヤレス LAN プロファイル グループの設定値

名前

説明

[ワイヤレスLANプロファイルグループ情報(Wireless LAN Profile Group Information)]

[名前(Name)]

ワイヤレス LAN プロファイル グループの名前を入力します。 この値には、1 ~ 50 文字(英数字、ドット、ダッシュ、またはアンダースコアを含む)を指定できます。

[説明(Description)]

ワイヤレス LAN プロファイル グループの説明を入力します。 説明には、任意の言語で 63 字まで使用できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

[このワイヤレスLANプロファイルグループのプロファイル(Profiles for this Wireless LAN Profile Group)]

[使用可能なプロファイル(Available Profiles)]

ワイヤレス LAN プロファイル グループに追加できるプロファイルを指定します。 ここに一覧表示されるプロファイルは [選択されたプロファイル(Selected Profiles)] フィールドに移動できます。 移動するものを強調表示し、下矢印をクリックします。

[選択されたプロファイル(Selected Profiles)]

このワイヤレス LAN プロファイル グループに含めることを選択したプロファイル。 プロファイルは優先度順に一覧表示されます。 ワイヤレス エンドポイントは、プロファイル定義がある複数のネットワーク SSID を検出した場合、まず、最も優先度が高いものへの参加を試行します。

(注)     

1 つのワイヤレス LAN プロファイル グループにプロファイルを 4 つまで追加できます。

ネットワーク アクセス プロファイルの作成

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページから、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ネットワークアクセスプロファイル(Network Access Profile)] を選択します。
    ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。

    ネットワーク アクセス プロファイルの設定値ウィンドウが表示されます。

    ステップ 3   ネットワーク アクセス プロファイルの設定値を入力します。
    ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

    ネットワーク アクセス プロファイルが作成されます。


    次の作業

    • ワイヤレス LAN プロファイルの作成

    • ワイヤレス LAN プロファイルへのこのネットワーク アクセス プロファイルの追加

    ワイヤレス LAN プロファイルの作成

    はじめる前に

    オプションで、ワイヤレス LAN プロファイルに関連付けるネットワーク アクセス プロファイルを作成します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページから、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ワイヤレスLANプロファイル(Wireless LAN Profile)] を選択します。
      ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。

      ワイヤレス LAN プロファイルの設定値ウィンドウが表示されます。

      ステップ 3   ワイヤレス LAN プロファイルの設定値を入力します。
      ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

      ワイヤレス LAN プロファイルが作成されます。


      次の作業

      • 別のワイヤレス LAN プロファイルの作成

      • ワイヤレス LAN プロファイルを結合してワイヤレス LAN プロファイル グループにする

      ワイヤレス LAN プロファイル グループの作成

      手順
        ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページから、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [ワイヤレスLANプロファイルグループ(Wireless LAN Profile Group)] を選択します。
        ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。

        ワイヤレス LAN プロファイル グループの設定値ウィンドウが表示されます。

        ステップ 3   ワイヤレス LAN プロファイル グループの設定値を入力します。
        ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

        ワイヤレス LAN プロファイルが作成されます。


        次の作業

        デバイスまたはデバイス プールへのワイヤレス LAN プロファイル グループのリンク

        ワイヤレス LAN プロファイル グループとデバイスのリンク

        ワイヤレス LAN プロファイル グループをデバイスまたはデバイス プール レベルでリンクできます。


        (注)  


        ワイヤレス LAN プロファイル グループをデバイスまたはデバイス プール レベルでリンクした場合、Cisco Unified Communications Manager はデバイス プール レベルを使用します。


        はじめる前に

        ワイヤレス LAN プロファイル グループを作成します。

        手順
          ステップ 1   次のいずれかの操作を実行します。
          • を選択します[デバイス(Device)] > [電話(Phone)].
          • を選択します[システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)]
          ステップ 2   次のいずれかの操作を実行します。
          • 既存のデバイスを検索するか、新しいデバイスを作成します。
          • 既存のデバイス プールを検索するか、新しいデバイス プールを作成します。
          ステップ 3   ドロップダウン リスト ボックスからワイヤレス LAN プロファイル グループを選択します。
          ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

          ワイヤレス LAN プロファイル グループがデバイスまたはデバイス プールにリンクされます。