Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 10.0(1)
Cisco Unified IP Phone の設定
Cisco Unified IP Phone の設定

目次

Cisco Unified IP Phone の設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager の管理ページにおける Cisco Unified IP Phone に関する作業と設定について説明します。

Cisco Unified IP Phone およびデバイスの設定の概要

Cisco Unified IP Phone は、IP ネットワークに直接接続できるフル機能の電話機です。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを使用して、以下の Cisco Unified IP Phone およびデバイスを設定できます。

  • SCCP および SIP 両方用の Cisco Unified IP Phone 7900 ファミリ

  • Cisco Unified IP Phone 9951 または 9971

  • Cisco Unified IP Phone 8961

  • Cisco Unified IP Phone 6900 ファミリ

  • Cisco IP Video Phone 7985

  • Cisco Unified IP SIP Phone 3911

  • Cisco IP Phone 30 VIPおよび Cisco IP Phone 30 SP+

  • Cisco IP Phone 12 S、Cisco IP Phone 12 SP、Cisco IP Phone 12 SP+

  • H.323 クライアント

  • コンピュータ/テレフォニー インテグレーション(CTI)ポート

    回線グループまたはハント リストのメンバーである電話番号(DN)に CTI ポートを関連付けることはできません。 DN が回線グループまたはハント リストのメンバーである場合、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定した CTI ポートにその DN を関連付けることはできません。

  • Cisco IP Communicator、Cisco Unified Personal Communicator、および Cisco Unified Mobile Communicator

  • Cisco ATA 186 アナログ電話アダプタ

  • サードパーティ製 SIP デバイス(基本および拡張)

  • IP-STE

  • Cisco VG248 および VG224 ポート(アナログ電話機)

    Cisco VG248 および VG224 アナログ電話ゲートウェイの設定は、Cisco Unified Communications Manager 管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウで行います。 このウィンドウから、ゲートウェイ アナログ電話ポートを設定します(この設定では、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます)。 VG248 および VG224 ポートを更新する場合は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを使用します。

『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』に記載されている、SIP サポートをしている Cisco Unified IP Phone の設定手順の Cisco Unified IP Phone に関するトピックを参照してください。

電話機の設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページ[デバイス(Device)] > [電話機(Phone)] メニュー パスを使用して、電話機を設定します。

電話機の検索のヒント

Cisco VG248 および VG224 Analog Phone Gateway は、電話機の検索時に表示されません。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウから Cisco VG248 および VG224 Analog Phone ポートを検索できます。


ヒント


検索を制限する方法については、関連するトピックの項、および『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。



ヒント


Cisco Unified Communications Manager の管理ページで電話機を設定すると、その電話機の IP アドレスが [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウに表示されるようになります。 IPv4 アドレスだけ、または IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方が設定されている電話機の場合、ウィンドウには IPv4 アドレスが表示されます。 IPv6 アドレスだけが設定されている電話機の場合、[電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウの [IPアドレス(IP Address)] 列には IP アドレスが 0.0.0.0 と表示されます。 電話機の IPv6 アドレスを確認するには、[電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウの [デバイス名(Device Name)] リンクをクリックします。これにより、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。 [IPv6のみ(IPv6 Only)] デバイスの場合、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでは IPv6 アドレスの上方に [IPアドレス(IP Address)] の値として IPv4 アドレスが 0.0.0.0 と表示されます。

電話機の設定のヒント

新しい電話機を追加する場合、一括管理ツールがテンプレートに基づいて電話設定の一部を自動的に設定するために作成した電話テンプレートを選択できます。

[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでは、電話機のデバイス タイプごとに、[デバイスは信頼済み(Device is trusted)] または [デバイスは信頼されていない(Device is not trusted)] が、対応するアイコンとともに表示されます。 デバイスが信頼済みであるかどうかは、デバイス タイプに基づいて判別されます。 デバイスが信頼済みであるかどうかは設定できません。


(注)  


[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] セクションには、電話機のメーカーによって指定されたモデル固有のフィールドが含まれています。 Cisco Unified Communications Manager は、フィールドをデフォルト値を動的に取り込みます。

フィールドの説明とプロダクト固有の設定項目のヘルプを表示するには、[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] 領域にある [?] 疑問符アイコンをクリックして、ポップアップ ウィンドウのヘルプを表示します。

詳細な情報が必要な場合は、設定する電話機の資料を参照するか、製造元にお問い合わせください。

[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] 領域で更新する設定値の [共通設定の上書き (Override Common Settings)] ボックスをオンにします。 このボックスをオフにした場合、対応するパラメータ設定は有効になりません。 [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] 領域で設定したパラメータは、各種デバイスの [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウおよび [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウにも表示される場合があります。 これらの同じパラメータをこれらの他のウィンドウにも設定した場合、優先される設定は、1)[デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定、2)[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定、3)[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定の順に決定されます。


電話機のリセットのヒント

電話機をリセットする方法については、[選択項目のリセット(Reset Selected)] ボタンおよび [リセット(Reset)] ボタンの説明を参照してください。

電話番号の追加、または設定値の更新を行った後、変更内容を有効にするために、Cisco Unified IP Phone をリセットする必要はありません。 Cisco Unified Communications Manager により自動的にリセットが行われます。ただし、次の手順に従えば、いつでも Cisco Unified IP Phone をリセットできます。


(注)  


コールが進行中の場合は、そのコールが終了した後に電話機がリセットされます。


中断を最小限に抑えた方法で、最新の設定変更で電話機を更新することもできます。

電話機の削除準備

電話機を削除する前に、その電話機に関連付けられた電話番号を削除する必要があるかどうかを決定します。 電話機を削除する前に電話番号を削除するには、を参照してください。電話機を削除する前に電話番号を削除しない場合は、電話機が削除された後も、電話番号は Cisco Unified Communications Manager データベースに保持されます。

電話機に割り当てられている電話番号は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] 領域で確認できます。 または、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択して確認することもできます。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 依存関係レコードに関する詳細。

電話の設定値

次の表に、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで利用可能な設定を示します。

表 1 電話の設定値
フィールド 説明

[デバイス情報(Device Information)]

[アクティブロードID(Active Load ID)]

このフィールドは、Cisco Unified IP PhoneCisco Unified Communications Manager に登録されている場合のアクティブなファームウェア ロードの名前を表示します。

[アクティブロードID(Active Load ID)] フィールドに [不明(Unknown)] が表示されることもあります。 たとえば、以下のいずれかの状況では、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[アクティブロードID(Active Load ID)] フィールドに [不明(Unknown)] が表示されることがあります。

  • SCCP 電話機で、電話機が Cisco Unified IP Phone 7940(SCCP)、7960(SCCP)または 7985(SCCP)の場合。これらの電話機モデルは必要な SCCP バージョンをサポートしていないためです。
  • SCCP 電話機および SIP 電話機がサードパーティ製の電話機である場合。
  • Cisco Unified Communications Manager が電話機の状態を判断できない場合。

「デバイスはアクティブ(Device is Active)」

電話機のデバイス ライセンス ユニットが消費され、電話機を Cisco Unified CM に登録できる場合は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウに「デバイスはアクティブ(Device Is Active)」というメッセージが表示されます。

BAT によって作成されるダミー MAC アドレスではなく、実際の MAC アドレスを使用している電話機の場合、「デバイスはアクティブ(Device is Active)」メッセージが表示されます。これは、電話機がデバイス ライセンス ユニットを使用しており、Cisco Unified Communications Manager に登録できることを示します。

BAT によって作成されるダミー MAC アドレスを使用している電話機の場合、「デバイスはアクティブ(Device is Active)」メッセージは表示されません。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでダミー MAC アドレスを実際の MAC アドレスに手動で変換した場合、その設定を保存すると「デバイスはアクティブ(Device is Active)」メッセージが表示されます。これにより、電話機を Cisco Unified Communications Manager に登録できるようになり、電話機のデバイス ライセンス ユニットが消費されます。

[MACアドレス(MAC Address)]

Cisco Unified IP Phone(ハードウェア電話機のみ)を識別するメディア アクセス制御(MAC)アドレスを入力します。 この値が 12 桁の 16 進文字から構成されていることを確認してください。

電話機の MAC アドレスにアクセスする方法については、ご使用の電話機モデルを対象とする『Cisco Unified IP Phone Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

Cisco VG248 Analog Phone Gateway:

Cisco VG248 ゲートウェイの MAC アドレスは、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウからエンドポイントを指定します。

Cisco VG248 Analog Phone Gateway には、MAC アドレスが 1 つしかありません。 48 個のすべてのポートが、同じ MAC アドレスを共用します。 Cisco Unified CM には、すべてのデバイスに固有の MAC アドレスが必要です。

Cisco Unified Communications Manager は、以下のようにして各デバイスの MAC アドレスを変換します。

  • MAC アドレスの先頭 2 桁を削除します。

  • MAC アドレスを左に 2 桁シフトします。

  • MAC アドレスの末尾(番号の右側)に 2 桁のポート番号を追加します。

    EXAMPLEMAC Address for the Cisco VG248 is
    000039A44218
    the MAC address for registered port 12 in the
    Cisco Unified Communications Manager is0039A4421812

Cisco VG224 Analog Phone Gateway:

Cisco VG224 ゲートウェイは、MGCP ゲートウェイまたは SCCP ゲートウェイとして設定できます。 SCCP ゲートウェイとして設定した場合は、24 のアナログ電話エンドポイントを割り当てることができます。 このように設定した場合、このゲートウェイは IOS SCCP ゲートウェイと同様に動作します。 個々の電話機の MAC アドレスは、スロット位置、サブユニット、ポート、および元の MAC アドレスの最後の 10 文字を考慮した式を使用して計算されます。

[デバイス名(Device Name)]

ソフトウェア ベースの電話機、H.323 クライアント、および CTI ポートを識別する名前を入力します。

MAC アドレスに基づかないデバイス名にする場合、原則として、英数字(a ~ z、A ~D、0 ~ 9)からなる 1 ~ 15 文字を入力できます。 ほとんどの場合、ドット(.)、ダッシュ(-)、およびアンダースコア(_)も使用できます。

ヒント   

デバイス名のフィールドに関する規則はデバイス タイプによって異なるため、製品マニュアルを参照して、デバイスに有効な文字セットと、使用できる文字数を確認することを推奨します。 たとえば、Cisco Unified Personal Communicator のデバイス名を設定する場合は、UPC で始まる名前にします。

(注)     

Cisco Unified Mobile Communicator のデバイス名は、15 文字以内になるようにしてください。 Cisco Unified Mobile Communicator のデバイス名が 15 文字を超える場合、Cisco Unified Communications Manager の別のリリースへアップグレードする際にこのデバイスの移行が失敗します。 既存の Cisco Unified Mobile Communicator のデバイス名として長い名前が指定されている場合は、デバイス名を 15 文字以内に短縮してください。

Cisco Unified Mobile Communicator はデュアルモード フォンをサポートしています。 15 文字以内の制限は、Cisco Unified Mobile Communicator のデュアルモードにも適用されます。 デュアルモード フォンの MI が 15 文字を超えると、セルラー ネットワークによりその電話機の登録が拒否されます。

[説明(Description)]

デバイスの目的を指定します。 このフィールドには、ユーザ名(たとえば「John Smith」)または電話機のロケーション(たとえば「Lobby」)を入力できます。

Cisco VG248 ゲートウェイでは、VGC<MAC アドレス> でこの記述が開始されます。

説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

[デバイスプール(Device Pool)]

この電話機を割り当てるデバイス プールを選択します。 デバイス プールは、複数のデバイスに共通の特性(リージョン、日時グループ、ソフトキー テンプレートなど)のセットを定義します。

[共通デバイス設定(Common Device Configuration)]

この電話機を割り当てる共通デバイス設定を選択します。 共通デバイス設定には、特定のユーザに関連付けられた属性(サービスまたは機能)が含まれています。 [共通デバイス設定(Common Device Configuration)] ウィンドウで共通デバイスを設定します。

共通デバイス設定の設定値を参照するには、[詳細の表示(View Details)] リンクをクリックします。

[電話ボタンテンプレート(Phone Button Template)]

適切な電話ボタン テンプレートを選択します。 電話ボタン テンプレートは、電話機上のボタンの設定を決定し、各ボタンに使用される機能(回線、スピード ダイヤルなど)を指定します。

Cisco Unified CM では、H.323 クライアントまたは CTI ポートに対してこのフィールドを利用できません。

[ソフトキーテンプレート(Softkey Template)]

適切なソフトキー テンプレートを選択します。 ソフトキー テンプレートは、Cisco Unified IP Phone のソフトキーの設定を決定します。 割り当て済みのソフトキー テンプレートが共通デバイス設定に含まれている場合、このフィールドはブランクのままにします。

[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)]

ドロップダウン リスト ボックスで、使用可能な共通の電話プロファイルのリストから、共通の電話プロファイルを選択します。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、適切なコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。 コーリング サーチ スペースは、ダイヤルされた番号のルート指定方法を決定するために検索されるパーティションの集合から構成されます。 デバイスのコーリング サーチ スペースと電話番号のコーリング サーチ スペースは併用されます。 電話番号の CSS はデバイスの CSS に優先します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

(注)     

[<なし>(<None>)] に設定すると、Unified CM は、デバイス プールで設定されているデバイス モビリティ コーリング サーチ スペースを使用します。

[AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)]

自動代替ルーティング(AAR)の実行時にデバイスが使用するコーリング サーチ スペースを選択します。 AAR コーリング サーチ スペースは、帯域幅不足によってコールがブロックされないように、収集された(発信)番号のルーティング方法を決定するために検索されるルート パーティションの集合を指定します。

[メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]

適切なメディア リソース グループ リストを選択します。 メディア リソース グループ リストは、優先順位順に並べられたメディア リソース グループから構成されます。 アプリケーションは、メディア リソース グループ リストで定義された優先順位に従って、使用可能なメディア リソースの中から、必要なメディア リソース、たとえば、保留音サーバを選択します。

[<なし>(<None>)] を選択すると、Cisco Unified CM は、デバイス プールに定義されているメディア リソース グループ リストを使用します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

[ユーザ保留MOH音源(User Hold MOH Audio Source)]

ユーザが保留操作を開始するときに再生されるオーディオ ソースを指定するには、ドロップダウン矢印をクリックし、表示されるリストからオーディオ ソースを選択します。

オーディオ ソースを選択しない場合、Cisco Unified CM は、デバイス プールに定義されているオーディオ ソースを使用します。または、デバイス プールがオーディオ ソース ID を指定していない場合は、システム デフォルトを使用します。

(注)     

オーディオ ソースの定義は、[保留音オーディオソースの設定(Music On Hold Audio Source Configuration)] ウィンドウで行います。 このウィンドウにアクセスするには、[メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] の順に選択してください。

[ネットワーク保留MOH音源(Network Hold MOH Audio Source)]

ネットワークが保留動作を開始するときに再生されるオーディオ ソースを指定するには、ドロップダウン矢印をクリックし、表示されるリストからオーディオ ソースを選択します。

オーディオ ソースを選択しない場合、Cisco Unified CM は、デバイス プールに定義されているオーディオ ソースを使用します。または、デバイス プールがオーディオ ソース ID を指定していない場合は、システム デフォルトを使用します。

(注)     

オーディオ ソースの定義は、[保留音オーディオソースの設定(Music On Hold Audio Source Configuration)] ウィンドウで行います。 このウィンドウにアクセスするには、[メディアリソース(Media Resources)] > [保留音オーディオソース(Music On Hold Audio Source)] の順に選択してください。

[ロケーション(Location)]

ロケーションは、コール アドミッション制御(CAC)を中央集中型コール処理システムに実装する際に使用します。 CAC では、ロケーション間のリンクを経由する際にオーディオ コールとビデオ コールで使用できる帯域幅を制限することにより、オーディオ品質とビデオのアベイラビリティを調整できます。 ロケーションは、このロケーションとの間のコールに使用可能な帯域幅の合計を指定します。

ドロップダウン リスト ボックスから、この Cisco Unified IP Phone に適したロケーションを選択します。

ロケーションを [Hub_None] に設定すると、ロケーション機能がこの Cisco Unified IP Phone の消費する帯域幅を管理しないことを示します。 ロケーションに [Phantom] を設定すると、H.323 プロトコルまたは SIP を使用するクラスタ間トランクをまたいで CAC を正常に実行できるロケーションが指定されます。

新しいロケーションを設定するには、[システム(System)] > [ロケーション(Location)] メニュー オプションを使用します。

クラスタ間トランク経由のロケーションベースの CAC の説明については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

[AARグループ(AAR Group)]

このデバイスの自動代替ルーティング(AAR)グループを選択します。 AAR グループは、帯域幅不足のためにコールがブロックされないように、コールをルーティングするためのプレフィックス番号を提供します。 AAR グループが指定されない場合、Cisco Unified CM はデバイス プールまたは回線に関連付けられている AAR グループを使用します。

[ユーザロケール(User Locale)]

このドロップダウン リスト ボックスで、電話機のユーザ インターフェイスに関連するロケールを選択します。 そのユーザ ロケールは、言語とフォントを含んだ、ユーザをサポートする一連の詳細情報を識別します。

Cisco Unified CM は、ローカリゼーションをサポートする電話機モデルに対してだけ、このフィールドを使用可能にします。

(注)     

ユーザ ロケールが指定されない場合、Cisco Unified CM はデバイス プールに関連付けられているユーザ ロケールを使用します。

英語以外の言語で情報を(電話機に)表示することをユーザが要求している場合は、ユーザ ロケールを設定する前に、ロケール インストーラがインストールされていることを確認します。 Cisco Unified Communications Manager の Locale Installer のマニュアルを参照してください。

[ネットワークロケール(Network Locale)]

ドロップダウン リスト ボックスから、その電話機に関連したロケールを選択します。 ネットワーク ロケールには、特定の地域で電話機が使用するトーンおよび断続周期の定義が含まれています。

Cisco Unified CM は、ローカリゼーションをサポートする電話機モデルに対してだけ、このフィールドを使用可能にします。

(注)     

ネットワーク ロケールが指定されない場合、Cisco Unified CM はデバイス プールに関連付けられているネットワーク ロケールを使用します。

ユーザが国別のトーンを(電話機で)再生する必要がある場合は、ネットワーク ロケールを設定する前に、ロケールがインストールされていることを確認します。 Cisco Unified Communications Manager の Locale Installer のマニュアルを参照してください。

[ビルトインブリッジ(Built In Bridge)]

[ビルトインブリッジ(Built In Bridge)] ドロップダウン リスト ボックスを使用する([オン(On)]、[オフ(Off)]、または [デフォルト(Default)] を選択する)ことにより、割り込み機能のビルトイン会議ブリッジを使用可能または使用不可にします。

(注)     

Cisco Unified IP Phone 7940 および 7960 は 2 つのメディア ストリームの暗号化または SRTP ストリームを同時にサポートできません。 この条件によって動作が不安定にならないよう、システムでは、デバイス セキュリティ モードが [暗号化(Encrypted)] に設定されたときは、7940 および 7960 電話機のビルトイン ブリッジを自動的に使用不可にします。

設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』も参照してください。

[プライバシ(Privacy)]

プライバシーを必要とする各電話機について、[プライバシ(Privacy)] ドロップダウン リスト ボックスで [オン(On)] を選択します。 設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[デバイスモビリティモード(Device Mobility Mode)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このデバイスに対してデバイス モビリティ機能のオン/オフを切り替えるか、[デフォルト(Default)] を選択してデフォルトのデバイス モビリティ モードを使用します。 デフォルト設定では、このデバイスの Device Mobility Mode サービス パラメータを使用します。

[現在のデバイスモビリティ設定の表示(View Current Device Mobility Settings)] をクリックして、これらのデバイス モビリティ パラメータの現在の値を表示します。

  • [Cisco Unified CMグループ(Cisco Unified Communications Manager Group)]
  • [ローミング用デバイスプール(Roaming Device Pool)]
  • [ロケーション(Location)]
  • [リージョン(Region)]
  • [ネットワークロケール(Network Locale)]
  • [AARグループ(AAR Group)]
  • [AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)]
  • [デバイスコーリングサーチスペース(Device Calling Search Space)]
  • [メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)]
  • [SRST]

設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[シグナリングポート(Signaling Port)]

このフィールドは H.323 デバイスだけに適用されます。 このデバイスが使用する H.225 シグナリング ポートの値を指定します。

デフォルト値は 1720 です。 有効値の範囲は 1 ~ 65535 です。

[ビデオ機能(Video Capabilities)][有効(Enabled)]/[無効(disabled)]

ビデオ機能のオンとオフを切り替えます。

(注)     

このフィールドは、一部の電話機モデルには適用されません。

[オーナーのユーザID(Owner User ID)]

ドロップダウン リスト ボックスから、割り当てられている電話機のユーザのユーザ ID を選択します。 ユーザ ID は、このデバイスから発信されるすべてのコールの呼詳細レコード(CDR)に記録されます。 ユーザ ID をデバイスに割り当てると、このデバイスは [ライセンスの使用状況レポート(License Usage Report)] で [未割り当てのデバイス(Unassigned Devices)] から [ユーザ(Users)] に移動します。

(注)     

エクステンション モビリティを使用する場合、このフィールドは設定しないでください。 エクステンション モビリティは、デバイス オーナーをサポートしません。

[モビリティユーザID(Mobility User ID)]

(デュアルモード フォンのみ)

ドロップダウン リスト ボックスから、このデュアルモード フォンが割り当てられているユーザのユーザ ID を選択します。

(注)     

モビリティ ユーザ ID の設定は、デュアル モード電話機の Cisco Unified Mobility とモバイル ボイス アクセス機能に使用されます。

オーナーのユーザ ID とモビリティ ユーザ ID は異なることがあります。

[電話機のパーソナライゼーション(Phone Personalization)]

[電話機のパーソナライゼーション(Phone Personalization)] 設定を使用すると、Cisco Unified Communications Widget の 1 つであり、電話機の壁紙や呼び出し音のカスタマイズを可能にする Phone Designer と Cisco Unified IP Phone を連携できるようになります。 [電話機のパーソナライゼーション(Phone Personalization)] ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [無効(Disabled)]:ユーザは、Phone Designer を使用して Cisco Unified IP Phone をカスタマイズできません。
  • [有効(Enabled)]:ユーザは、Phone Designer を使用して電話機をカスタマイズできます。
  • [デフォルト(Default)]:[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウおよび [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)] ウィンドウの両方で [デフォルト(Default)] を選択した場合、Phone Personalization エンタープライズ パラメータの設定が使用されます。 [共通の電話プロファイルの設定(Common Phone Profile Configuration)] ウィンドウで [デフォルト(Default)] を選択したものの、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでは [デフォルト(Default)] を選択しなかった場合、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで指定した設定が使用されます。

電話機ユーザが電話機をカスタマイズできるようにするには、Phone Designer をインストールして設定する必要があります。 Phone Designer をインストールして設定する前に、Phone Designer と連携する Cisco Unified IP Phone モデルを識別します(Phone Designer のマニュアルを参照)。 Phone Designer の詳細については、次の URL にある Phone Designer のマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cupa/phone_designer/7.1/english/install/guide/Installation_Guide.html

[サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)]

ドロップダウン リスト ボックスから、電話機でのサービスのサポート方法を選択します。

  • [内部(Internal)]:電話機の設定ファイルを使用して、サービスをサポートします。

    サービス URL がまだ更新されていないシスコ提供のデフォルト サービスには、このオプションまたは [両方(Both)] を選択します。サービス URL は Application:Cisco/<サービスの名前> という形式で表され、たとえば、Application:Cisco/CorporateDirectory のようになります。

    シスコの署名入りの Java MIDlet の場合は、設定ファイルでプロビジョニングされるため、[内部(Internal)] または [両方(Both)] を選択します。

  • [外部URL(External URL)]:[外部URL(External URL)] を選択すると、電話機は電話機の設定ファイルのサービスを無視し、サービス URL からサービスを取得します。

    シスコ提供のデフォルト サービスを含め、サービスのサービス URL に独自の値を設定した場合は、[外部URL(External URL)] または [両方(Both)] を選択する必要があります。[内部(Internal)] を選択すると、その設定した URL に関連付けられているサービスが電話機で機能しません。

  • [両方(Both)]:[両方(Both)] を選択すると、電話機は設定ファイルに定義されているサービスと、サービス URL から取得される外部アプリケーションの両方をサポートします。

[プライマリPhone(Primary Phone)]

IP Communicator または Cisco Unified Personal Communicator などのアプリケーションに関連付ける物理的な電話機を選択します。 プライマリ Phone を選択した場合、アプリケーションが使用するデバイス ライセンス ユニットは少なくなり、(プライマリ Phone に対する)「付加」ライセンスと見なされます。 『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[ファーエンドH.245ターミナル機能セットを待機(Wait for Far End H.245 Terminal Capability Set)]

このフィールドは H.323 デバイスだけに適用されます。

このチェックボックスでは、Cisco Unified CM がファーエンド H.245 ターミナル機能セットを受信した後に、その H.245 ターミナル機能セットを送信するように指定します。 このチェックボックスはデフォルトでオンになっています。 Cisco Unified CM が機能交換を実行するように指定するには、このチェックボックスをオフにします。

[電話ロード名(Phone Load Name)]

Cisco Unified IP Phone のカスタム ソフトウェアを入力します。

このフィールドに入力される値は、現在のモデルのデフォルト値を上書きします。

Cisco Unified IP Phone ソフトウェアおよび設定の詳細については、電話機モデルおよび Unified CM のリリースに固有の『Cisco Unified IP Phone Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

[ワンボタン割込み(Single Button Barge)]

ドロップダウン リスト ボックスで、このデバイスに対してワンボタン割り込み/C 割り込み機能を有効または無効にするか、[デフォルト(Default)] を選択してサービス パラメータ設定を使用します。

  • [オフ(Off)]:この設定は、ワンボタン割り込み/C 割り込み機能を無効にします。ただし、標準の割り込み機能または C 割り込み機能は引き続き動作します。
  • [割り込み(Barge)]:この設定は、ワンボタン割り込み機能を有効にします。
  • [C割込(CBarge)]:この設定は、ワンボタン C 割り込み機能を有効にします。
  • [デフォルト(Default)]:サービス パラメータにあるワンボタン割り込み/C 割り込みの設定を使用します。

設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[回線をまたいで参加(Join Across Lines)]

ドロップダウン リスト ボックスで、このデバイスに対して回線をまたいで参加機能を有効または無効にするか、[デフォルト(Default)] を選択してサービス パラメータ設定を使用します。

  • [オフ(Off)]:この設定は、回線をまたいで参加機能を無効にします。
  • [オン(On)]:この設定は、回線をまたいで参加機能を有効にします。
  • [デフォルト(Default)]:この設定は、サービス パラメータにある、[回線をまたいで参加(Join Across Lines)] の設定を使用します。

[信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)]

ドロップダウン リスト ボックスで、Cisco Unified CM が信頼されたリレー ポイント(TRP)のデバイスをこのメディア エンドポイントで挿入するかどうかについて、有効化または無効化を指定します。 次のいずれかの値を選択します。

  • [デフォルト(Default)]:この値を選択すると、デバイスでは、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値が使用されます。
  • [オフ(Off)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用不可になります。 この設定値は、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値よりも優先されます。
  • [オン(On)]:この値を選択すると、このデバイスに対して TRP が使用可能になります。 この設定値は、このデバイスに関連付けられた共通デバイス設定の [信頼されたリレーポイントを使用(Use Trusted Relay Point)] の設定値よりも優先されます。

信頼されたリレー ポイント(TRP)デバイスには、Trusted Relay Point というラベルの付いた MTP またはトランスコーダ デバイスが指定されます。

複数のリソースがエンドポイントに必要な場合(たとえばトランスコーダや RSVPAgent)、Cisco Unified CM は関連付けられたエンドポイント デバイスに最も近い TRP を選択します。

エンドポイントに TRP と MTP の両方が必要な場合、TRP は必須の MTP として使用されます。 コール動作の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

TRP と RSVPAgent の両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified CM はまず、TRP としても使用可能な RSVPAgent を検索します。

TRP とトランスコーダの両方がエンドポイントに必要な場合、Cisco Unified CM はまず、TRP としても指定可能なトランスコーダを検索します。

ネットワーク バーチャライゼーションおよび信頼されたリレー ポイントの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

[BLFオーディオアラート設定(BLF Audible Alert Setting、電話がアイドルのとき)]

この設定は、ビジー ランプ フィールド(BLF)DN に現在コールが存在しない場合に、BLF オーディオ アラート設定を決定します。

  • [オン(On)]:オーディオ アラートを鳴らします。
  • [オフ(Off)]:オーディオ アラートを鳴らしません。
  • [デフォルト(Default)]:[サービスパラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウの設定によって、アラート オプションが決定します。

[BLFオーディオアラート設定(BLF Audible Alert Setting、電話がビジーのとき)]

この設定は、BLF DN に少なくとも 1 つのアクティブなコールが存在しても、コール ピックアップ アラートが存在しない場合に、BLF オーディオ アラート設定を決定します。

  • [オン(On)]:オーディオ アラートを鳴らします。
  • [オフ(Off)]:オーディオ アラートを鳴らしません。
  • [デフォルト(Default)]:[サービスパラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウの設定によって、アラート オプションが決定します。

[常にプライム回線を使用する(Always Use Prime Line)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [オフ(Off)]:電話機がアイドル状態になっているときにいずれかの回線でコールを受信すると、電話機のユーザは、コールを受信した回線からコールに応答します。
  • [オン(On)]:電話機がアイドル状態(オフ フック)になっているときにいずれかの回線でコールを受信すると、このコールにはプライマリ回線が選択されます。 他の回線のコールの呼び出し音は鳴り続けます。電話機のユーザは、他の回線を選択してこれらのコールに応答する必要があります。
  • [デフォルト(Default)]:Cisco Unified Communications Manager は Cisco CallManager サービスをサポートする Always Use Prime Line サービス パラメータの設定を使用します。

[ボイスメッセージには常にプライム回線を使用する(Always Use Prime Line for Voice Message)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [オン(On)]:電話機がアイドル状態の場合に電話機のメッセージ ボタンを押すと、電話機のプライマリ回線がボイスメッセージを受信するアクティブな回線になります。
  • [オフ(Off)]:電話機がアイドル状態の場合、電話機のメッセージ ボタンを押すと、ボイスメッセージが設定されている回線からボイスメッセージ システムに自動的にダイヤルされます。 Cisco Unified CM は、ボイスメッセージが設定されている最初の回線を常に選択します。 ボイスメッセージが設定されている回線が存在しない場合に電話機のユーザがメッセージ ボタンを押すと、プライマリ回線が使用されます。
  • [デフォルト(Default)]:Cisco Unified CM は、Cisco CallManager サービスをサポートする Always Use Prime Line for Voice Message サービス パラメータの設定を使用します。

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

この設定により、デバイスの発信側の番号をローカライズできるようになります。 選択する発呼側トランスフォーメーション CSS に、このデバイスに割り当てる発呼側トランスフォーメーション パターンが含まれていることを確認してください。

ヒント   

デバイスは、コールが発生する前に、番号分析を使用してトランスフォーメーションを適用する必要があります。 [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] を [なし(None)] に設定すると、トランスフォーメーションの照合と適用は行われません。 [発呼側トランスフォーメーションパターン(Calling Party Transformation Pattern)] は、必ず、ルーティングに使用されない非ヌル パーティションに設定してください。

[位置情報(Geolocation)]

ドロップダウン リスト ボックスで、位置情報を選択します。

未指定の位置情報を選択できます。これは、このデバイスを位置情報に関連付けないことを示します。

[システム(System)] > [位置情報の設定(Geolocation Configuration)] メニュー オプションで設定された位置情報を選択することもできます。

[機能管理ポリシー(Feature Control Policy)]

このドロップダウン リスト ボックスから、[機能管理ポリシー(Feature Control Policy)] 設定ウィンドウ([デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [機能管理ポリシー(Feature Control Policy)])にすでに設定されている機能管理ポリシーを選択できます。

[デバイスプールの発呼側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)]

デバイスに割り当てられているデバイス プールで設定された発呼側トランスフォーメーション CSS を使用するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオフにした場合、デバイスでは、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで選択した発呼側トランスフォーメーション CSS が使用されます。

[ビデオコールをオーディオとして再試行(Retry Video Call as Audio)]

このチェックボックスは、コールを受信するビデオ エンドポイントだけに適用されます。 この電話機が、ビデオとして接続しないコールを受信すると、そのコールはオーディオ コールとして接続しようとします。

このチェックボックスはデフォルトでオンになっています。このデバイスは、ビデオ コールをコール制御に送信して再ルーティングする直前に、オーディオ コールとして(ビデオ コールとして接続できない場合)そのビデオ コールをリトライします。

このチェックボックスをオフにすると、ビデオとして接続に失敗したビデオ コールは、オーディオ コールとしての確立を試行しません。 この場合、コールはコール制御を行えず、コール制御は自動代替ルーティング(AAR)やルート リスト、ハント リストによってコールをルーティングします。

[プレゼンテーションインジケータを無視(内線コールのみ)(Ignore Presentation Indicators (internal calls only))]

コールごとにコール表示制限を設定するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified CM は内部コールが受信するすべての表示制限を無視します。

この設定は、トランスレーション パターンレベルで発呼者回線 ID の表示と接続側回線 ID の表示の設定を組み合わせて使用してください。 また、これらの設定値では、コール表示制限を設定して、各コールに対して発呼者の回線または接続側の回線の表示情報を選択的に表示またはブロックできます。

発呼者回線 ID の表示と接続側回線 ID の表示のパラメータの詳細については、トランスレーションの設定値(表 1)を参照してください。

コール表示の制限の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)]

CTI からこのデバイスを制御およびモニタできるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

関連付けられた電話番号が共有回線を指定している場合、関連付けられたデバイスの少なくとも 1 つが、CTI でサポートされるデバイス タイプおよびプロトコルの組み合わせを指定しているときは、チェックボックスをオンにする必要があります。

[ハントグループにログイン(Logged Into Hunt Group)]

このチェックボックスは、デフォルトですべての電話機に対してオンになり、電話機が現在ハント リスト(グループ)にログインしていることを示します。 電話機がハント リストに追加されたときに、管理者はこのチェックボックスをオン(オフ)にすることにより、ユーザをログインまたはログアウトさせることができます。

ユーザは電話機のソフトキーを使用して、その電話機をハント リストにログインさせ、またはハント リストからログアウトさせます。

[リモートデバイス(Remote Device)]

リモート サイトへの SCCP パイプで接続時間が遅延している場合は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [リモートデバイス(Remote Device)] チェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、登録時に電話デバイスにバッファを割り当て、電話機に SCCP メッセージを組み込むことを Cisco Unified CM に指示できます。

ヒント   

この機能はリソースを消費するため、SCCP を実行している電話機にシグナリングの遅延が生じている場合にだけ、このチェックボックスをオンにしてください。 このオプションは、ほとんどのユーザには必要ありません。

Cisco Unified CM は、ステーション バッファがいっぱいになったとき、メディア関連メッセージの受信直後、または Bundle Outbound SCCP Messages Timer が時間切れになったときに、組み込まれたメッセージを送信します。

Bundle Outbound SCCP Messages Timer に対してデフォルト設定(100 ミリ秒)以外の設定を指定するには、Cisco CallManager サービスの [サービスパラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウで新しい値を設定します。 100 ミリ秒が推奨設定ですが、15 ~ 500 ミリ秒を入力することができます。

このオプションを使用するには、電話機が SCCP バージョン 9 をサポートしている必要があります。 Cisco Unified IP Phone 7935/7936 は、SCCP メッセージ最適化をサポートしていません。 この機能を使用するには、更新後に電話機のリセットが必要になる場合があります。

[保護されたデバイス(Protected Device)]

電話機を保護として指定するには、このチェックボックスをオンにします。この指定では、コールが暗号化されている場合、および保護されたデバイスとして両方の電話機が設定されている場合、ユーザに通知するための 2 秒間のトーンを再生できます。 このトーンは、コールが応答されたときに両方の電話機で再生されます。 このトーンが再生されるのは、両方の電話機が保護になっていて、かつ暗号化メディアを介してコールが発信された場合だけです。

このチェックボックスをオンにすることは、セキュア インディケーション トーンを再生するための複数の設定要件のうちの 1 つにすぎません。 セキュア インディケーション トーン機能および設定要件の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

このチェックボックスをオンにし、コールが暗号化されていないと判断された場合、電話機では非セキュア インディケーション トーンが再生され、コールが保護されていないことがユーザに警告されます。

[ホットラインデバイス(Hotline Device)]

このデバイスをホットライン デバイスにするには、このチェックボックスをオンにします。 ホットライン デバイスは、他のホットライン デバイスにだけ接続できます。 この機能は、オフフックになると自動的に 1 つの電話番号をダイヤルするように電話機を設定する PLAR の拡張機能です。 ホットラインでは、PLAR を使用するデバイスに適用できる制限事項が追加されます。

ホットラインを実装するには、補足サービス ソフトキーのないソフトキー テンプレートを作成して、ホットライン デバイスに適用する必要もあります。

[コールルーティング情報(Call Routing Information)]

[番号表示トランスフォーメーション(Number Presentation Transformation)]

[インバウンドコール(Inbound Calls)]

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

ドロップダウン リストボックスで、この電話機に適用する発呼側のトランスフォーメーション パターンが含まれているコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。

Cisco Unified CM は、コールをルーティングする前に着信回線でこの電話機からコールを受け取ると、CSS の発呼側トランスフォーメーション パターンを、発呼側の番号に適用します。 この設定を使用すると、Cisco Unified CM がコールをルーティングする前に、発呼側番号に番号変換を適用できます。 たとえば、トランスフォーメーション パターンにより、電話の内線番号を E.164 の番号に変えることができます。

[デバイスプールの発呼側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)]

この電話機が属しているデバイス プールに適用されている [インバウンド コール(Inbound Calls)] の [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] の設定を適用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

この設定ウィンドウに表示される [インバウンド コール(Inbound Calls)] の [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] の設定を適用する場合は、チェックボックスをオフのままにしておきます。

[アウトバウンドコール(Outbound Calls)]

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

ドロップダウン リストボックスで、この電話機から受信した発信コールに対して適用する発呼側のトランスフォーメーション パターンが含まれているコーリング サーチ スペース(CSS)を選択します。

コールを発信回線またはトランクに対してルーティングした後で Cisco Unified CM がこの電話機からコールを受け取ると、Cisco Unified CM は発呼側トランスフォーメーション パターンを、発呼側の番号の数字に適用します。 この設定により、この電話機から発信されるコールの発信側番号を変更できます。 たとえば、トランスフォーメーション パターンにより、電話の内線番号を E.164 の番号に変えることができます。

[デバイスプールの発呼側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)]

[デバイスプール設定(Device Pool configuration)] ウィンドウの [デバイスモビリティ関連情報(Device Mobility Related Information)] セクションに表示される [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] の設定を適用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

この設定ウィンドウに表示される [アウトバウンド コール(Outbound Calls)] の [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] の設定を適用する場合は、チェックボックスをオフのままにしておきます。

[プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)]

[パケットキャプチャモード(Packet Capture Mode)]

暗号化のトラブルシューティング専用の設定。パケット キャプチャリングは、高い CPU 使用率およびコール処理中断を引き起こす場合があります。 ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [なし(None)]:このオプションは、パケット キャプチャリングが行われないことを示します(デフォルト設定)。 パケット キャプチャリングが完了したら、この値に設定してください。
  • [バッチ処理モード(Batch Processing Mode)]:Cisco Unified CM が復号化または非暗号化されたメッセージをファイルに書き込み、システムが各ファイルを暗号化します。 システムは毎日、新しい暗号キーを持つ新しいファイルを作成します。 Cisco Unified CM は、ファイルを 7 日間保存し、また安全な場所でファイルを暗号化するキーも保存します。 Cisco Unified CM は、ファイルを PktCap 仮想ディレクトリに保存します。 単一のファイルには、タイム スタンプ、送信元 IP アドレス、送信元 IP ポート、宛先 IP アドレス、パケット プロトコル、メッセージ長、およびメッセージが含まれます。 TAC デバッグ ツールは、HTTPS、管理者のユーザ名とパスワード、および指定日を使用して、キャプチャされたパケットを含む単一の暗号化されたファイルを要求します。 さらにキー情報も要求し、暗号化されたファイルを復号化します。

パケット キャプチャリングの詳細については、『Troubleshooting Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

[パケットキャプチャ時間(Packet Capture Duration)]

暗号化のトラブルシューティング専用の設定。パケット キャプチャリングは、高い CPU 使用率およびコール処理中断を引き起こす場合があります。

このフィールドには、パケット キャプチャリングの 1 つのセッションに割り当てる最大分数を指定します。 デフォルト設定は 0 です。ただし、0 ~ 300 分の範囲で指定できます。

パケット キャプチャリングを開始するには、このフィールドに 0 以外の値を入力します。 パケット キャプチャリングの完了後、0 が表示されます。

パケット キャプチャリングの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Troubleshooting Guide』を参照してください。

[SRTPを許可(SRTP Allowed)]

このチェックボックスの説明に従い、このフラグをオンにする場合は、ネットワークに IPSec を設定して、エンドツーエンドのセキュリティを確保する必要があります。 この設定を行わないと、キーやその他の情報が暴露されます。

SRTP 暗号化の詳細については『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[プレゼンスグループ(Presence Group)]

このフィールドには、プレゼンス機能を設定します。

ドロップダウン リスト ボックスから、エンド ユーザ用のプレゼンス グループを選択します。 選択されたグループでは、この電話番号をモニタできるデバイス、エンド ユーザ、およびアプリケーション ユーザが指定されます。

[プレゼンスグループ(Presence Group)] のデフォルト値は、インストール時に設定された標準のプレゼンス グループです。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定されるプレゼンス グループも、ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

プレゼンス認証は、プレゼンス グループと連携して、グループ間のプレゼンス要求を許可またはブロックします。 グループ間の許可の設定およびプレゼンスのエクステンション モビリティとの連携については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[デバイスセキュリティプロファイル(Device Security Profile)]

デバイスに適用するセキュリティ プロファイルを選択します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定されるすべての電話機にセキュリティ プロファイルを適用する必要があります。 Cisco Unified Communications Manager をインストールすると、事前に定義された、非セキュアな自動登録用のプロファイル セットが提供されます。 電話機のセキュリティ機能を使用可能にするには、デバイス タイプとプロトコルに対応した新しいセキュリティ プロファイルを設定して電話機に適用する必要があります。 電話機がセキュリティをサポートしていない場合は、非セキュア プロファイルを選択します。

プロファイルに含まれている設定値を確認するには、[システム(System)] > [セキュリティプロファイル(Security Profile)] > [電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] を選択します。

(注)     

プロファイルに含まれている Certificate Authority Proxy Function(CAPF)設定値は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウに表示される CAPF 設定値に関連しています。 製造元でインストールされる証明書(MIC)またはローカルで有効な証明書(LSC)が関与する証明書操作の CAPF 設定値を設定する必要があります。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで更新した CAPF 設定値がセキュリティ プロファイルの CAPF 設定値に与える影響の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)]

必要に応じて、適切な SIP ダイヤル ルールを選択します。 SIP ダイヤル ルールは、Cisco Unified IP Phone 7905、7912、7940、7960 のローカル ダイヤル プランを提供するため、ユーザは、コールが処理される前に、キーを押したり、タイマーを待機したりする必要はありません。

SIP を実行している IP Phone にダイヤル ルールを適用しない場合は、[SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)] フィールドの設定を [<なし>(<None>)] のままにします。 この設定は、コール処理の前にユーザがダイヤル ソフトキーを使用するか、タイマーが期限切れになるまで待つ必要があることを意味します。

[MTP優先発信コーデック(MTP Preferred Originating Codec)]

ドロップダウン リスト ボックスから、SIP コールにメディア ターミネーション ポイントが必要となる場合に使用するコーデックを選択します。

[再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、再ルーティングに使用するコーリング サーチ スペースを選択します。

参照先へのルートを検索するときは、Referrer の再ルーティング コーリング サーチ スペースが使用されます。 再ルーティング コーリング サーチ スペースが原因で参照が失敗すると、参照プリミティブは「405 Method Not Allowed」メッセージによって要求を拒否します。

リダイレクション(3xx)プリミティブおよび転送機能でも、リダイレクト先または転送先を検索するときに、再ルーティング コーリング サーチ スペースが使用されます。

[アウトオブダイアログREFERコーリングサーチスペース(Out-Of-Dialog Refer Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、アウトオブダイアログ REFER コーリング サーチ スペースを選択します。

Cisco Unified CM は、アウトオブダイアログ(OOD)REFER 許可コーリング サーチ スペース(CSS)を使用して SIP アウトオブダイアログ REFER を許可します。 管理者は、参照側の OOD CSS を設定することによって、アウトオブダイアログ REFER の使用を制限します。 参照プリミティブでは、OOD REFER 要求を拒否し、「403 Forbidden」というメッセージを返します。

[SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)]

プレゼンス機能でサポートされている SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、電話機からのプレゼンス要求を Cisco Unified CM がルーティングする方法を決定します。 この設定を使用すると、電話機のプレゼンス(SUBSCRIBE)要求に、コール処理サーチ スペースとは別のコーリング サーチ スペースを適用できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、電話機のプレゼンス要求に使用する SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを選択します。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定するすべてのコーリング サーチ スペースが [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

ドロップダウン リストからエンド ユーザ用の別のコーリング サーチ スペースを選択しない場合、SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、デフォルトで [なし(None)] に設定されます。

この用途専用の SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを設定するには、すべてのコーリング サーチ スペースと同じようにコーリング サーチ スペースを設定します。

[アウトバウンドコールロールオーバー(Outbound Call Rollover)]

Cisco Unified IP Phone 7931 に対してこの設定を使用します。

  • [ロールオーバーなし(No Rollover)]:このモードでは会議および転送は機能しません。 ユーザがこれらの機能のどちらかを使用しようとすると、電話機ステータスには「エラー:制限を超えました」と表示されます。 この設定は、CTI アプリケーションをサポートする必要がある場合にのみ選択します。
  • [同一DN内のロールオーバー(Rollover Within Same DN)]:会議およびコールの転送は、(異なる回線上で)同じ電話番号を使用して実行されます。 たとえば、回線 6 および 7 に電話番号 1506 が割り当てられた電話機があるとします。 回線 6 にアクティブなコールがあり、ユーザはコールを転送することにしました。 ユーザが転送ボタンを押したときに、回線 6 のコールは保留になり、転送を実行するために回線 7 で新しいコールが開始されます。
  • [任意の回線へのロールオーバー(Rollover to any line)]:会議およびコールの転送は、元のコールとは異なる電話番号および回線を使用して実行されます。 たとえば、電話番号 1507 が回線 8 に割り当てられ、電話番号 1508 が回線 9 に割り当てられた電話機があるとします。 回線 8 にアクティブなコールがあり、ユーザはコールを転送することにしました。 ユーザが転送ボタンを押したときに、回線 8 のコールは保留になり、転送を実行するために回線 9 で新しいコールが開始されます。

[SIPプロファイル(SIP Profile)]

デフォルト SIP プロファイルまたは以前作成された特定のプロファイルを選択します。 SIP プロファイルには、登録タイマーとキープアライブ タイマー、メディア ポート、およびサイレント(DND)コントロールなど、電話機に関する特定の SIP 情報が含まれています。

[ダイジェストユーザ(Digest User)]

ダイジェスト認証(SIP セキュリティ)で使用される設定のために、電話機に関連付けるエンド ユーザを選択します。

選択したユーザのダイジェスト信用証明書を設定したことを確認します([エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウを参照)。

電話機の設定を保存し、更新した設定を電話機に適用すると、ユーザのダイジェスト信用証明書が電話機の設定ファイルに追加されます。

ダイジェスト認証の詳細については『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)]

このフィールドでは、H.323 がサポートしない機能(たとえば、保留や転送)を実装するために、メディア ターミネーション ポイントを使用するかどうかを指定します。

機能を実装するために MTP を使用する場合は、[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)] チェックボックスをオンにします。 機能を実装するときに MTP を使用しない場合は、[メディアターミネーションポイントが必須(Media Termination Point Required)] チェックボックスをオフにします。

このチェックボックスは、H.323 クライアント、および H.245 Empty Capabilities Set をサポートしていない H.323 デバイスだけに使用してください。または、メディア ストリーミングを 1 つのソースで終了させる場合に使用してください。

MTP を使用するためにこのチェックボックスをオンにして、このデバイスがビデオ コールのエンドポイントになっている場合、そのコールは必ずオーディオになります。

[不在ポート(Unattended Port)]

このデバイス上の不在ポートを示すには、このチェックボックスをオンにします。

[DTMF受信が必要(Require DTMF Reception)]

SIP および SCCP を実行している電話機の場合、この電話機に DTMF 受信が必要なときは、このチェックボックスをオンにします。

(注)     

Cisco Unified Mobility 機能の設定で、SIP トランク(クラスタ間トランク(ICT)またはゲートウェイ)経由で IP Phone のリモートの宛先としてクラスタ間 DN を使用する場合、エンタープライズ機能アクセス ミッドコール機能に重要な、DTMF ディジットをアウト オブ バンドで受信できるように、このチェックボックスをオンにします。

[RFC2833が無効(RFC2833 Disabled)]

SCCP を実行している電話機の場合、RFC2833 サポートを使用不可にするときは、このチェックボックスをオンにします。

[CAPFの情報(Certification Authority Proxy Function (CAPF) Information)]

[証明書の操作(Certificate Operation)]

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [保留中の操作なし(No Pending Operation)]:認証操作が行われない時間を表示します(デフォルト設定)。
  • [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]:電話機にローカルで有効な証明書を新しくインストールするか、あるいは既存の証明書をアップグレードします。
  • [削除(Delete)]:電話機に存在するローカルで有効な証明書を削除します。
  • [トラブルシューティング(Troubleshoot)]:ローカルで有効な証明書(LSC)または製造元でインストールされる証明書(MIC)を元に戻して、CAPF トレース ファイルの認証証明書を表示できるようにします。 電話機に両方の種類の証明書が存在する場合、Cisco Unified CM は証明書の種類ごとに 1 つずつ、2 つのトレース ファイルを作成します。

    [トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションを選択すると、電話機に存在する LSC または MIC を確認できます。

CAPF 操作の詳細については『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[認証モード(Authentication Mode)]

このフィールドでは、CAPF 証明書の処理中に電話機が使用する認証方法を選択できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [認証ストリング(By Authentication String)]:ユーザが電話機で CAPF 認証文字列を入力した場合に限り、ローカルで有効な証明書をインストール/アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。
  • [Nullストリング(By Null String)]:ユーザが介入することなく、ローカルで有効な証明書をインストール/アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。

    このオプションは、セキュリティを提供しません。このオプションは、閉じた安全な環境だけで選択することを強くお勧めします。

  • [既存の証明書(LSCを優先)(By Existing Certificate (precedence to LSC))]:製造元でインストールされる証明書(MIC)またはローカルで有効な証明書(LSC)が電話機内に存在する場合、ローカルで有効な証明書をインストール/アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。 LSC が電話機内に存在する場合は、MIC が電話機内に存在するかどうかにかかわらず、LSC を通じて認証が実行されます。 MIC および LSC が電話機内に存在する場合、認証は LSC を通じて実行されます。 LSC が電話機内に存在せず、MIC が存在する場合、認証は MIC を通じて実行されます。

    このオプションを選択する前に、電話機内に証明書が存在することを確認してください。 このオプションを選択し、電話機内に証明書が存在しない場合、処理は失敗します。

    MIC と LSC が電話機内に同時に存在する場合でも、電話機は常に 1 つの証明書だけを使用して CAPF に対して認証します。 何らかの原因により優先されるプライマリ証明書の信頼性が低下した場合、または他の証明書を通じて認証する場合は、認証モードを更新する必要があります。

  • [既存の証明書(MICを優先)(By Existing Certificate (precedence to MIC))]:MICまたはLSCが電話機内に存在する場合、ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングします。 MIC が電話機内に存在する場合は、LSC が電話機内に存在するかどうかにかかわらず、MIC を通じて認証が実行されます。 LSC が電話機内に存在し、MIC が存在しない場合、認証は LSC を通じて実行されます。

    このオプションを選択する前に、電話機内に証明書が存在することを確認してください。 このオプションを選択し、電話機内に証明書が存在しない場合、処理は失敗します。

(注)     

[電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] ウィンドウで設定される CAPF 設定値は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定される CAPF パラメータと相互に関係があります。

[認証文字列(Authentication String)]

[認証モード(Authentication Mode)] ドロップダウン リスト ボックスで [認証ストリング(By Authentication String)] オプションを選択した場合、このフィールドが適用されます。 文字列を手動で入力するか、あるいは [文字列を生成(Generate String)] ボタンをクリックして文字列を生成します。 文字列が 4 ~ 10 桁であることを確認してください。

ローカルで有効な証明書をインストール、アップグレード、削除、またはトラブルシューティングするには、電話機のユーザまたは管理者が電話機に認証文字列を入力する必要があります。

[キーサイズ(ビット)(Key Size (Bits))]

CAPF で使用されるこの設定では、ドロップダウン リスト ボックスから認証のキー サイズを選択します。 デフォルト設定は 1024 です。 その他のオプションには 512 と 2048 があります。

デフォルトの設定よりも大きいキー サイズを選択した場合、キーの生成に必要なエントロピーを生成するために長い時間がかかります。 キー生成の優先順位を低く設定すると、処理中に電話機を動作させることができます。 電話機のモデルによっては、キー生成が完了するまでに 30 分以上かかることがあります。

(注)     

[電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] ウィンドウで設定される CAPF 設定値は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定される CAPF パラメータと相互に関係があります。

[操作の完了期限(Operation Completes By)]

このフィールドは [証明書の操作(Certificate Operation)] の [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]、[削除(Delete)]、および [トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションをサポートし、操作を完了させる日付および時刻を指定します。

表示される値はパブリッシャ データベース サーバ用です。

[証明書の操作ステータス(Certificate Operation Status)]

このフィールドは、認証操作の進行状況を表示します。たとえば、<[操作タイプ(operation type)]> [待機中(pending)]、[失敗(failed)]、または [成功(successful)] です。ここで、操作タイプは [証明書の操作(Certificate Operation)] の [インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]、[削除(Delete)]、または [トラブルシューティング(Troubleshoot)] オプションを表します。 このフィールドに表示される情報は変更できません。

[外部データ位置情報(External Data Locations Information、デフォルトを使用する場合はブランク)]

[情報(Information)]

[i](情報)ボタンのヘルプ テキストのロケーション(URL)を入力します。 デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

[ディレクトリ(Directory)]

電話機がディレクトリ情報を取得する際の取得元となるサーバを入力します。 デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

(注)     

[エンタープライズパラメータ設定(Enterprise Parameters Configuration)] ウィンドウで Secured Directory URL エンタープライズ パラメータを設定すると、設定した値によってこのフィールドの値が上書きされます。

[メッセージ(Messages)]

このフィールドはブランクのままにします(Cisco Unified Communications Manager では使用されません)。

[サービス(Services)]

IP Phone サービスのロケーション(URL)を入力します。

[認証サーバ(Authentication Server)]

電話機の Web サーバに対する要求を検証するために、この電話機が使用する URL を入力します。 認証 URL を指定しない場合は、認証を必要とする Cisco Unified IP Phone の拡張機能は動作しません。

デフォルトでは、この URL は、インストール時に設定された [Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options)] ウィンドウにアクセスします。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

[プロキシサーバ(Proxy Server)]

電話機の HTTP クライアントから、ローカル以外のホスト アドレスにアクセスする HTTP 要求を代理処理するのに使用されるホストとポート(たとえば、proxy.cisco.com:80)を入力します。

プロキシ サーバ パラメータを使用する場合を示す規則としては、次の 2 つがあります。
  1. ホスト名に「.」が含まれている。

  2. ホスト名が何らかの形式の IP アドレスである。

この URL を設定しない場合、電話機は URL に直接接続を試みます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

[アイドル(Idle)]

[アイドルタイマー(秒)(Idle Timer (seconds))] フィールドで指定された時間、Cisco Unified IP Phone が使用されなかった場合に、その電話機のディスプレイに表示される URL を入力します。 たとえば、電話機が 5 分間使用されなかったときに、LCD 上にロゴを表示できます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

[アイドルタイマー(秒)(Idle Timer (seconds))]

アイドル状態を許容する時間(秒数)を入力します。この時間が経過すると、[アイドル(Idle)] フィールドで指定された URL が表示されます。

Idle URL Timer エンタープライズ パラメータの値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

[セキュア認証URL(Secure Authentication URL)]

電話機の Web サーバに対する要求を検証するために、この電話機が使用するセキュア URL を入力します。

(注)     

[セキュア認証URL(Secure Authentication URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルトでは、この URL は、インストール時に設定された [Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options)] ウィンドウにアクセスします。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[セキュアディレクトリURL(Secure Directory URL)]

電話機がディレクトリ情報を取得する際の取得元となるサーバのセキュア URL を入力します。 このパラメータは、ディレクトリ ボタンを押したときに、セキュリティ保護された Cisco Unified IP Phone で使用する URL を指定します。

(注)     

[セキュアディレクトリURL(Secure Directory URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[セキュアアイドルURL(Secure Idle URL)]

[アイドルタイマー(Idle Timer)] フィールドの指定に従って電話機がアイドル状態になったときに、Cisco Unified IP Phone のディスプレイに表示する情報のセキュア URL を入力します。 たとえば、電話機が 5 分間使用されなかったときに、LCD 上にロゴを表示できます。

(注)     

[セキュアアイドルURL(Secure Idle URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[セキュア情報URL(Secure Information URL)]

Cisco Unified IP Phone がヘルプ テキスト情報を検索できるサーバ ロケーションのセキュア URL を入力します。 この情報は、ユーザが情報([i])ボタンまたは疑問符([?])ボタンを押すと表示されます。

(注)     

[セキュア情報URL(Secure Information URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[セキュアメッセージURL(Secure Messages URL)]

メッセージ サーバのセキュア URL を入力します。 ユーザがメッセージ ボタンを押すと、Cisco Unified IP Phone はこの URL に接続されます。

(注)     

[セキュアメッセージURL(Secure Messages URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[セキュアサービスURL(Secure Services URL)]

Cisco Unified IP Phone サービスのセキュア URL を入力します。 これは、ユーザがサービス ボタンを押したときに、セキュアな Cisco Unified IP Phone が接続される場所です。

(注)     

[セキュアサービスURL(Secure Services URL)] の値を指定しないと、デバイスでは非セキュア URL が使用されます。 セキュア URL と非セキュア URL の両方を指定した場合、デバイスではデバイスの持つ機能に応じて適切な URL が選択されます。

デフォルト値を受け入れるには、このフィールドをブランクのままにします。

最大長:255

[内線情報(Extension Information)]

[エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)]

この電話機でエクステンション モビリティをサポートする場合は、このチェックボックスをオンにします。

[ログアウトプロファイル(Log Out Profile)]

このドロップダウン リスト ボックスでは、Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインしているユーザがいない場合に、デバイスが使用するデバイス プロファイルを指定します。 [現在のデバイス設定を使用(Use Current Device Settings)] またはリストされる特定の設定プロファイルのいずれかを選択できます。

特定の設定プロファイルを選択した場合、デバイスとログイン プロファイルとの間のマッピングは、ユーザのログアウト後も保持されます。 [現在のデバイス設定を使用(Use Current Device Settings)] を選択した場合、マッピングは保持されません。

[ログイン時刻(Log in Time)]

このフィールドは、ユーザがログインするまでブランクのままです。 ユーザが Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインすると、ユーザのログイン時刻がこのフィールドに表示されます。

[ログアウト時刻(Log out Time)]

このフィールドは、ユーザがログインするまでブランクのままです。 ユーザが Cisco Extension Mobility を使用してデバイスにログインすると、システムがユーザをログアウトする予定時刻がこのフィールドに表示されます。

[設定ファイル暗号化対称キー情報(Configuration File Encryption Symmetric Key Information)]

[対称キー(Symmetric Key)]

対称キーに使用する 16 進文字の文字列を入力します。 有効な文字には、数字の 0 ~ 9、および大文字/小文字の A ~ F(または a ~ f)があります。

キー サイズに対応した正しいビットを入力してください。そうでない場合、Cisco Unified CM は入力された値を拒否します。 Cisco Unified CM は、次のキー サイズをサポートします。

  • Cisco Unified IP Phone 7905 および 7912(SIP のみ):256 ビット
  • Cisco Unified IP Phone 7940 および 7960(SIP のみ):128 ビット

この文字列が使用されるのは 1 回だけです。 設定値を更新するたびに、新しいキーを生成してから、設定の変更を電話機に適用する必要があります。

暗号化設定ファイルのダウンロードに関する対称キー操作の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[文字列を生成(Generate String)]

Cisco Unified Communications Manager の管理で自動的に 16 進数の文字列を生成するには、[文字列を生成(Generate String)] ボタンをクリックします。

[データベース値を復元(Revert to Database Value)]

データベースに存在する値を復元する場合は、このボタンをクリックします。 このボタンは、[対称キー(Symmetric Key)] フィールドに不適切な値を入力してから設定を保存した場合に役立ちます。

[H.323情報(H.323 Information)]

[発信者IDパターン(Outgoing Caller ID Pattern)]

H.323 クライアントへの発信コールの発信者 ID に使用するパターンを 0 ~ 24 桁で入力します。

[発呼者の選択(Calling Party Selection)]

H.323 クライアントへの発信コールで送信される電話番号を選択します。

次のオプションは、どの電話番号が送信されるかを指定します。

  • [発信元(Originator)]:発信側デバイスの電話番号を送信します。
  • [最初のリダイレクト番号(First Redirect Number)]:リダイレクト側デバイスの電話番号を送信します。
  • [最後のリダイレクト番号(Last Redirect Number)]:最後にコールをリダイレクトするデバイスの電話番号を送信します。
  • [最初のリダイレクト番号(外部)(First Redirect Number (External))]:リダイレクト側デバイスの外部電話番号を送信します。
  • [最後のリダイレクト番号(外部)(Last Redirect Number (External))]:コールをリダイレクトする最後のデバイスの外部電話番号を送信します。

[発呼者の表示(Calling Party Presentation)]

Cisco Unified CM が発信者 ID を送信するか、またはブロックするかを選択します。

Cisco Unified CM が発信者 ID を送信するようにする場合は、[許可(Allowed)] を選択します。

Cisco Unified CM が発信者 ID を送信しないようにする場合は、[非許可(Restricted)] を選択します。

[デフォルト(Default)] では、発信者 ID を送信しないことが指定されます。

[IE配信を表示(Display IE Delivery)]

発信側と着信側のネーム デリバリ サービスに対する SETUP および CONNECT メッセージ内で、表示情報要素(IE)のデリバリを可能にするには、このチェックボックスをオンにします。

デフォルト設定では、このチェックボックスはオンです。

[番号IE配信アウトバウンドのリダイレクト(Redirecting Number IE Delivery Outbound)]

コールが自動転送された場合にコールの最初の転送番号と転送理由を示すには、このチェックボックスをオンにします (Redirecting Number IE は、Cisco Unified CM からの発信 SETUP メッセージの UUIE 部分に含まれます)。

送信 SETUP メッセージから最初の転送番号と転送理由を除外するには、チェックボックスをオフにします。

ボイスメッセージ統合だけで Redirecting Number IE を使用します。 ボイスメッセージ システムが Redirecting Number IE をサポートするように設定した場合は、チェックボックスをオンにします。

(注)     

デフォルト設定では、このチェックボックスはオフです。

[番号IE配信インバウンドのリダイレクト(Redirecting Number IE Delivery Inbound)]

Cisco Unified CM に対する受信 SETUP メッセージの Redirecting Number IE を受理するには、このチェックボックスをオンにします (Redirecting Number IE は、SETUP メッセージの UUIE 部分に含まれます)。

Cisco Unified CM に対する受信 SETUP メッセージの Redirecting Number IE を除外するには、このチェックボックスをオフにします。

ボイスメッセージ統合だけで Redirecting Number IE を使用します。 ボイスメッセージ システムが Redirecting Number IE をサポートするように設定した場合は、チェックボックスをオンにします。

(注)     

デフォルトでは、このチェックボックスはオフです。

[ゲートキーパー情報(Gatekeeper Information)]

[ゲートキーパー名(Gatekeeper Name)]

このフィールドには、H.323 クライアントを制御するゲートキーパーの名前を指定します。 H.323 クライアントにより設定にゲートキーパーが指定される前に、ゲートキーパーが Cisco Unified CM で設定されていることを確認してください。 デフォルトは空白です。

[E.164]

常に固有の E.164 番号を使用します。 ヌル値は使用しないでください。

[テクノロジープレフィックス(Technology Prefix)]

このフィールドには、ゾーンでエンドポイントの機能を表す # 記号で終わる番号を指定します。 [ゾーン(Zone)] 経由の設定を使用できる場合、このフィールドは影響力を持ちません。 デフォルト値は 1#* です。 ヌル値は使用しないでください。

[ゾーン(Zone)]

このフィールドには、ゲートキーパーが管理するゾーンのゾーン名を指定します。 H.323 クライアントおよびトランクに同じゾーン名を使用しないでください。また、ヌル値は使用しないでください。

[関連付けられたモビリティID(Associated Mobility Identity)]

(モビリティID)

このデバイスにモビリティ ID がすでに設定されている場合、この領域にはモビリティ ID の名前および接続先番号が表示されます。 どちらかの値をクリックすると、[リモート接続先の設定(Remote Destination Configuration)] ウィンドウにモビリティ ID 情報を表示できます。

(注)     

このフィールドが表示されるのは、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスが追加された後だけです。 Cisco Unified Mobile Communicator は携帯電話に対して有効にしておく必要があります。

[新規モビリティIDの追加(Add New Mobility Identity)]

このデバイスにまだモビリティ ID が設定されていない場合、このリンクをクリックしてモビリティ ID を追加します。 [リモート接続先の設定(Remote Destination Configuration)] ウィンドウが表示され、このデバイスに関連付ける新しいモビリティ ID を追加することができます。

(注)     

このフィールドが表示されるのは、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスが追加された後だけです。

[関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)]

(リモート接続先)

このデバイスにリモート接続先がすでに設定されている場合、この領域にはリモート接続先の名前および接続先番号が表示されます。 値をクリックすると、[リモート接続先の設定(Remote Destination Configuration)] ウィンドウに [リモート接続先情報(Remote Destination Information)] を表示することができます。

(注)     

このフィールドは、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスが追加されてはじめて表示されます。

[新規リモート接続先の追加(Add a New Remote Destination)]

このリンクをクリックして、このデバイスに関連付けるリモート接続先を追加します。 [リモート接続先の設定(Remote Destination Configuration)] ウィンドウが表示され、このデバイスに関連付ける新しいリモート接続先を追加することができます。

(注)     

このフィールドは、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスが追加されてはじめて表示されます。

[MLPP情報(MLPP Information)]

[MLPPドメイン(MLPP Domain)]

このデバイスに関連付けられた MLPP ドメインのドロップダウン リスト ボックスから MLPP ドメインを選択します。 [なし(None)] 値のままにした場合、このデバイスは、共通のデバイス設定で設定された値から MLPPドメインを継承します。 共通のデバイス設定に MLPP ドメイン設定がない場合、このデバイスは、MLPP Domain Identifier エンタープライズ パラメータに設定された値からその MLPP ドメインを継承します。

[MLPP通知(MLPP Indication)]

使用可能な場合、この設定は、優先トーンを再生できるデバイスが MLPP 優先コールの発信時にその再生機能を使用するかどうかを指定します。

ドロップダウン リスト ボックスにある次のオプションの中から、デバイスに割り当てる設定を選択します。

  • [デフォルト(Default)]:このデバイスは、共通のデバイス設定から [MLPP通知(MLPP Indication)] の設定値を引き継ぎます。
  • [オフ(Off)]:このデバイスは、MLPP 優先コールの通知の制御も処理もしません。
  • [オン(On)]:このデバイスは、MLPP 優先コールの通知を制御し処理します。
(注)     

[MLPP通知(MLPP Indication)] を [オフ(Off)] または [デフォルト(Default)](デフォルトが [オフ(Off)] の場合)に設定し、かつ [MLPPプリエンプション(MLPP Preemption)] を [強制(Forceful)] に設定するという組み合わせでデバイスを設定することはできません。

エンタープライズ パラメータまたはデバイス レベルで [MLPP通知(MLPP Indication)] をオンにすると、[MLPP通知(MLPP Indication)] をデバイスに対してオフ(上書き)にしない限り、デバイスで回線に対する通常の呼び出し音設定が動作しません。

[MLPPプリエンプション(MLPP Preemption)]

この設定は、一部のデバイスでは使用できないことに注意してください。 使用可能な場合、この設定は、進行中のコールを優先できるデバイスが MLPP 優先コールの発信時にその優先機能を使用するかどうかを指定します。

ドロップダウン リスト ボックスにある次のオプションの中から、デバイスに割り当てる設定を選択します。

  • [デフォルト(Default)]:このデバイスは、共通のデバイス設定から [MLPPプリエンプション(MLPP preemption)] の設定値を引き継ぎます。
  • [無効(Disabled)]:このデバイスは、優先順位の高いコールの完了に必要な場合、優先順位の低いコールを優先するようにしません。
  • [強制(Forceful)]:このデバイスは、優先順位の高いコールの完了に必要な場合、優先順位の低いコールを優先するようにします。
(注)     

[MLPP通知(MLPP Indication)] を [オフ(Off)] または [デフォルト(Default)](デフォルトが [オフ(Off)] の場合)に設定し、かつ [MLPPプリエンプション(MLPP Preemption)] を [強制(Forceful)] に設定するという組み合わせでデバイスを設定することはできません。

[サイレント(Do Not Disturb)](DND)

[サイレント(Do Not Disturb)]

電話機でサイレントを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

[DNDオプション(DND Option)]

電話機で DND を有効にした場合、このパラメータでは、DND 機能が着信コールをどのように処理するかを指定します。

  • [コール拒否(Call Reject)]:このオプションは、着信コール情報をユーザに提示しないようにします。 [DND着信呼警告(DND Incoming Call Alert)] パラメータをどのように設定したかに応じて、電話機はビープ音を再生したり、コールのフラッシュ通知を表示したりします。
  • [呼出音オフ(Ringer Off)]:このオプションは、呼び出し音をオフにしますが、着信コール情報はデバイスに表示するので、ユーザはコールを受け付けることができます。
  • [共通の電話プロファイル設定を使用(Use Common Phone Profile Setting)]:このオプションは、[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの [DNDオプション(DND Option)] の設定値をデバイスに使用するように指定します。
(注)     

SCCP を実行している 7940/7960 電話機の場合、選択できるのは [呼出音オフ(Ringer Off)] オプションだけです。 モバイル デバイスとデュアルモード フォンの場合、選択できるのは [コール拒否(Call Reject)] オプションだけです。 モバイル デバイスまたはデュアルモード フォンでサイレント(DND)の [コール拒否(Call Reject)] をアクティブにしている場合、デバイスにはコール情報は何も表示されません。

[DND着信呼警告(DND Incoming Call Alert)]

DND の [呼出音オフ(Ringer Off)] オプションまたは [コール拒否(Call Reject)] オプションを有効にした場合、このパラメータは電話機でコールを表示する方法を指定します。

ドロップダウン リストから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [なし(None)]:このオプションは、[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの [DND着信呼警告(DND Incoming Call Alert)] 設定値をデバイスに使用するように指定します。
  • [無効(Disabled)]:このオプションは、コールを通知するビープ音とフラッシュの両方を無効にしますが、DND の [呼出音オフ(Rnger Off)] オプションの場合、着信コール情報が表示されます。 DND の [コール拒否(Call Reject)] オプションの場合、コール アラートは表示されず、情報はデバイスに送信されません。
  • [ビープ音のみ(Beep Only)]:このオプションを選択した場合、着信コールがあると、電話機のビープ音だけが再生されます。
  • [フラッシュのみ(Flash Only)]:このオプションを選択した場合、着信コールがあると、電話機のフラッシュ アラートだけが表示されます。

[セキュアシェル情報(Secure Shell Information)]

[セキュアシェルユーザ(Secure Shell User)]

セキュア シェル ユーザのユーザ ID を入力します。 最大 50 文字の英数字または特殊文字を入力できます。 無効な文字には "、%、&、<、>、\ などがあります。 このフィールドは、設定している電話機が SSH アクセスをサポートしている場合に表示されます。

Cisco Technical Assistance Center(TAC)では、トラブルシューティングやデバッグを行うときにセキュア シェルを使用します。 詳細については、TAC に問い合わせてください。

Cisco Unified CM が電話機に SSH クレデンシャルを平文で送信しないようにするために、暗号化電話設定ファイルを設定する方法については、このリリースの『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[セキュアシェルパスワード(Secure Shell Password)]

セキュア シェル ユーザのパスワードを入力します。 最大 200 文字の英数字または特殊文字を入力できます。 無効な文字には "、%、&、<、>、\ などがあります。 詳細については、TAC に問い合わせてください。

Cisco Unified CM が電話機に SSH パスワードを平文で送信しないようにするために、暗号化電話設定ファイルを設定する方法については、このリリースの『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

[割り当て情報(Association Information)]

[ボタン項目を変更(Modify Button Items)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機に対するボタンの関連付けを管理するには、このボタンをクリックします。 ダイアログボックスが表示され、電話機に対する未保存の変更はすべて失われる可能性があることが警告されます。 電話機に対する変更をすべて保存した場合は、[OK] をクリックして続行します。 この電話機用の [電話のボタンの並び替え設定(Reorder Phone Button Configuration)] ウィンドウが表示されます。

[回線 [1] - 新規DNを追加(Line [1] - Add a new DN)]

[回線 [2] - 新規DNを追加(Line [2] - Add a new DN)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機に関連付ける電話番号(複数可)を追加するには、これらのリンクをクリックします。 いずれかのリンクをクリックすると、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。

[新規SDを追加(Add a new SD)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機のスピード ダイヤル設定を追加するには、このリンクをクリックします。 リンクをクリックすると、この電話機用の [スピードダイヤルと短縮ダイヤルの設定(Speed Dial and Abbreviated Dial Configuration)] ウィンドウが表示されます。

[新規SURLを追加(Add a new SURL)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機のサービス URL ボタンを設定するには、このリンクをクリックします。 リンクをクリックすると、この電話機用の [サービスURLボタンの設定(Configure Service URL Buttons for)] ウィンドウが表示されます。

[新規BLF SDを追加(Add a new BLF SD)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機のビジー ランプ フィールド/スピード ダイヤル設定を設定するには、このリンクをクリックします。 リンクをクリックすると、この電話機用の [ビジーランプフィールドダイレクトコールパークの設定(Busy Lamp Field Directed Call Park Configuration)] ウィンドウが表示されます。

[新規BLFダイレクトコールパークの追加(Add a new BLF Directed Call Park)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機のビジー ランプ フィールド/ダイレクト コール パーク設定を設定するには、このリンクをクリックします。 リンクをクリックすると、この電話機用の [ビジーランプフィールドダイレクトコールパークの設定(Busy Lamp Field Directed Call Park Configuration)] ウィンドウが表示されます。

[BLF] ボタンおよび [ダイレクトコールパーク(Directed Call Park)] ボタンの設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)]

(デバイス メーカーによって指定される、モデル固有の設定フィールド)

フィールドの説明とプロダクト固有の設定項目のヘルプを表示するには、[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] 領域にある [?] 情報アイコンをクリックして、ポップアップ ダイアログボックスのヘルプを表示します。

詳細な情報が必要な場合は、設定するデバイスの資料を参照するか、製造元にお問い合わせください。

[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] 領域で更新する設定値の [共通設定の上書き (Override Common Settings)] ボックスをオンにします。 このボックスをオフにした場合、対応するパラメータ設定は有効になりません。 [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] 領域で設定したパラメータは、各種デバイスの [デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウおよび [エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウにも表示される場合があります。 これらの同じパラメータをこれらの他のウィンドウにも設定した場合、優先される設定は、1)[デバイス設定(Device Configuration)] ウィンドウの設定、2)[共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] ウィンドウの設定、3)[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウの設定の順に決定されます。

電話機の設定移行

既存の電話機の設定を別の電話機へ移行することができます。

スピード ダイヤルと短縮ダイヤルの設定

以下の表では、スピード ダイヤル ボタンの設定値について説明します。 [スピードダイヤルと短縮ダイヤルの設定(Speed Dial and Abbreviated Dial Configuration)] ウィンドウには、2 つのセクションがあります。電話機のスピード ダイヤルの設定、およびボタンに関連付けられていない短縮ダイヤルの設定に関するセクションです。 表の説明は両方のセクションに適用されます。

合計 199 個のスピード ダイヤルおよび短縮ダイヤルの設定がシステムにより提供されています。

スピード ダイヤルの設定

電話機の物理的なボタンの設定を行います。

短縮ダイヤルの設定

短縮ダイヤルでアクセスするためのスピード ダイヤル番号の設定を行います。 最大 199 個のスピード ダイヤル エントリを設定した場合、一部のスピード ダイヤル エントリを IP 電話機のスピード ダイヤル ボタンに割り当てることができます。残りのスピード ダイヤル エントリは、短縮ダイヤルに使用されます。 ユーザが番号をダイヤルすると、電話機に [短縮] ソフトキーが表示されます。短縮ダイヤルに該当するインデックス(コード)を入力すると、スピード ダイヤル エントリにアクセスできます。

スピード ダイヤルのポーズ機能固有の設定値

Cisco Unified Communications Manager では、強制承認コード(FAC)、クライアント識別コード(CMC)、および接続後のデュアル トーン多重周波数(DTMF)の数字を、スピード ダイヤル番号の一部として設定できます。 Unified CM は、スピード ダイヤル番号の一部として設定された接続先アドレスの数字、FAC、CMC、および接続後の DTMF ディジットを認識します。

Unified CM では、次の表記を使用します。

  1. コールをルーティングするための、接続先アドレスの数字
  2. コールを特定のゲートウェイまたはトランクへルーティングする前にユーザを承認するための FAC の数字
  3. コールを特定のゲートウェイまたはトランクへルーティングする前に課金するための CMC の数字

Unified CM は、コールが接続され、メディア接続が確立されると、適切なポーズ期間の後で、接続後の DTMF ディジットを送信します。


(注)  


コールが接続される前にメディア接続が確立された場合でも、DTMF ディジットは必ずコールの接続後に送信されます。


この機能を設定するには、2 つの方法があります。

  • 方法 1:カンマをポーズとして使用し、デリミタとしても使用する

  • 方法 2:接続先アドレスの数字、FAC、CMC、および DTMF ディジットを、デリミタを使用せずに連続した文字列として入力する

方法 1:カンマをポーズとして使用し、デリミタとしても使用する

  1. カンマをポーズとして使用する

    ユーザは、スピード ダイヤル内に特殊文字のカンマ(,)を設定できます。これは、接続後 DTMF ディジットの送信に対して 2 秒のポーズ期間として機能します。 Unified CM は、DTMF ディジットをコールのリモート側に送信する前に、入力されたカンマの数に対応する期間だけ停止します。

    例 1:ボイスメール メッセージの再生

    スピード ダイヤルのポーズ機能を使用しない場合にボイスメール メッセージを再生するには、次の手順を実行する必要があります。

    1. 電話機のメッセージ ボタンまたは 8000(ボイスメール パイロット番号)をクリックして、Cisco Unity サーバへアクセスします。
    2. コールが接続されたら、2 秒間のアナウンスが再生された後で、「91941420#(PIN)」を入力します。

    3. 暗証番号が検証されたら、(オペレータがオプションを読み上げる)約 6 秒のポーズの後で、オプション 3 を入力して最新のメッセージを再生します。

    スピード ダイヤルのポーズ機能を使用した場合、ユーザはスピード ダイヤルを

    8000,91941420#,,,3 と設定し、スピード ダイヤル キーを押すことで、受信した最新のメッセージを再生できます。 この場合、Unified CM はコールの接続後に 2 秒間待機し、暗証番号 [91941420#] を Cisco Unity サーバへ送信します。その後、オプション [3] を Cisco Unity サーバへ送信する前に、再び 6 秒間待機します。

  2. カンマをデリミタとして使用する
    カンマは、以下の場合にはデリミタとして使用することができます。
    • 接続先アドレスの数字と FAC を分ける場合
    • 接続先アドレスの数字と CMC を分ける場合(FAC が有効ではない場合)
    • FAC と CMC を分ける場合

    これにより Unified CM は、ユーザが以下のように設定した場合に、接続先アドレスの数字、FAC、CMC、および DTMF ディジットを認識できます。

    1. 重複したダイヤル パターン(例:9.XXXX と 9.XXXXX が重複したルート パターン)
    2. 可変長のダイヤル パターン(例:8.!)
    3. 重複した FAC と CMC(重複した FAC の例:8787, 87879)

例 2:ゲートウェイを介した IVR アプリケーションへの接続

ゲートウェイを介して IVR アプリケーションへアクセスする場合、ユーザは FAC および CMC の数字を入力してゲートウェイにアクセスしてから、コールの接続後に IVR 応答を送信する必要があります。 手動のダイヤルは次のように機能します。

  1. 着信番号の入力:91886543
  2. 強制承認コードの入力:8787
  3. クライアント識別コードの入力:5656
  4. コールの接続から 4 秒後の IVR 応答:987989#

スピード ダイヤルのポーズ機能を使用した場合、ユーザは次のようにスピード ダイヤルを設定することで、同じ結果を得ることができます。

91886543,8787,5656,,987989#

この例では、Unified CM は、コールがゲートウェイにルーティングされる前に 8787 を FAC として、5656 を CMC として使用し、コールの接続から 4 秒後に IVR 応答(987989#)を送信します。


(注)  


FAC および CMC が含まれているスピード ダイヤルを設定する場合、FAC は必ず CMC より前に指定してください。



(注)  


デリミタとして使用できるカンマは 1 つのみです。 複数のカンマを設定すると、複数のカンマの後ろにある数字が DTMF ディジットとみなされ、FAC または CMC を手動で入力するよう求めるプロンプトがユーザに表示されます。


カンマをデリミタとして使用する場合の誤った FAC または CMC の処理

カンマをデリミタとして使用する場合に、スピード ダイヤルの一部として設定されている FAC または CMC が誤っているか、特定のコールの発信が許可されていない場合、Unified CM では必ず、スピード ダイヤルが呼び出された電話機で以下のエラー メッセージを表示してコールを切断します。

[エラー: 無効な短縮ダイヤルのコードです]

方法 2:メイン アドレス、FAC、CMC、および DTMF ディジットを、デリミタを使用せず連続文字列として入力する

この方法では、スピード ダイヤルは数字の連続文字列として設定され、Unified CM では、数字の文字列から以下のコンポーネントを識別します。

  1. 接続先アドレスの数字
  2. FAC
  3. CMC
  4. DTMF ディジット(DTMF ディジットは、コールが接続されるとすぐに送信されます)

この方法を使用すると、スピード ダイヤル オプションを備えていない Cisco Unified Personal Communicator のエンドポイントで、スピード ダイヤルのポーズ機能を設定できます。

例 3:IVR アプリケーションへ接続する(コールが接続されるとすぐに、応答を入力するよう求めるプロンプトがユーザに表示される)

IVR アプリケーションにアクセスする場合に、ユーザが FAC および CMC の数字を入力してゲートウェイにアクセスし、コールの接続後に IVR 応答を送信する必要がある場合、手動のダイヤルは以下のように機能します。

  1. 着信番号の入力:91886543(ルート パターン 9.XXXXXXX を使用)
  2. 強制承認コードの入力:8787
  3. クライアント識別コードの入力:5656
  4. コールが接続された直後の IVR 応答:987989#

スピード ダイヤルのポーズ機能を使用した場合、ユーザは次のようにスピード ダイヤルを設定することで、同じ結果を得ることができます。

9188654387875656987989#

カンマをデリミタとして使用しない場合の誤った FAC または CMC の処理

カンマをデリミタとして使用しない場合に、スピード ダイヤルの一部として設定されている FAC または CMC が誤っているか、特定のコールの発信が許可されない場合、Unified CM では必ず、障害ポイントから手動のダイヤル モードに切り替えます。

例:(入力された CMC が正しくても)入力された FAC が誤っている場合、Unified CM は手動のダイヤル モードへ切り替え、電話機に以下のエラー メッセージを表示します。

[認証コードの入力に失敗しました。手動で入力してください]

このエラー メッセージを受け取った場合は、ユーザは FAC、CMC、および DTMF ディジットを手動でダイヤルアウトする必要があります。

入力された FAC が正しく、検証も行われたが、入力された CMC が誤っている場合、Unified CM は手動のダイヤル モードに切り替え、電話機に以下のエラー メッセージを表示します。

[CMコードの入力に失敗しました。手動で入力してください]

このエラー メッセージを受け取った場合は、ユーザは CMC および DTMF ディジットを手動でダイヤルする必要があります。

以下の表は、デリミタとしてカンマを使用する場合と使用しない場合の比較を示しています。

表 2  2 つの方法の比較

方法 1:カンマをポーズとして使用し、デリミタとしても使用する

方法 2:カンマをデリミタとして使用しない

お客様が以下を使用している場合に設定できます。

  • 重複するルート パターン
  • 可変長のダイヤル パターン
  • 重複する FAC と CMC

固定長のルート パターンを使用して発信されたコールのみに推奨されます。 重複するルート パターンおよび重複する FAC と CMC が設定されている場合、この方法は機能しないことがあります。

DTMF ディジットは、適切なポーズ期間の経過後に送信できます。

DTMF ディジットは、常に、コールが接続されるとすぐに送信されます。

誤った FAC または CMC が入力された場合、コールが切断されます。

FAC または CMC が失敗する場合、Unified CM は手動のダイヤル モードに切り替えます。ユーザは、もう一度正しいコードを入力できます。

コールの発信に FAC および CMC が不要な場合でも使用できます(つまり、DTMF ディジットのみを送信するために使用できます)。

FAC と CMC のうち少なくとも 1 つが有効になっているルート パターン経由で発信されたコールに対してのみ使用できます。 この方法は、DTMF番号のみを送信するためには使用できません。


(注)  


Unified CM では、コードが設定されたスピード ダイヤルを使用して発信されたコールについて、FAC、CMC、および DTMF ディジットが発信履歴に表示されないようにします。


コールが成功した後で、ユーザが [リダイヤル] ソフトキーを押すか、発信履歴からダイヤルする場合は、FAC、CMC、および DTMF ディジットを手動でダイヤルアウトする必要があります。

ポーズの後、またはコールが接続された後で、Unified CM が(スピード ダイヤルの一部として設定された)DTMF ディジットのセットを送信した場合に、Unified CM がこれらの DTMF ディジットを、処理のためにリモート アプリケーションまたはリモート ゲートウェイにすぐにパルスを送出する場合があります。

これを回避するために、Unified CM は Pause In Speed Dial InterDigit Interval サービス パラメータで指定した時間だけ停止します。前の例では、DTMF ディジットは 987989# です。

Unified CM は最初の DTMF ディジット(9)を送信し、サービス パラメータで指定された時間だけ待機してから、次の数字(8)を送信します。 同様に、各数字を送信する前に同じ時間だけ待機します。

以下の表では、スピード ダイヤルおよび短縮ダイヤルの設定について説明します。

表 3 スピード ダイヤルと短縮ダイヤルの設定値

フィールド

説明

(左のカラムにある 1 ~ 199 の番号)

このカラムには、電話機または Cisco Unified IP Phone 拡張モジュール上のスピード ダイヤル ボタン(たとえば、1、2、3、4)または短縮ダイヤルに使用する短縮ダイヤル インデックスを指定します。

[番号(Number)]

ユーザがスピード ダイヤル ボタンを押したときにシステムによってダイヤルされる番号を入力します。 0 ~ 9 の数字、*、#、および +(国際的なエスケープ文字)を入力することができます。 スピード ダイヤルのポーズとして、カンマ(,)を入力できます。カンマは、デリミタとして、および DTMF ディジットを送信する前のポーズとして機能します。

[ラベル(Label)]

スピード ダイヤル ボタンまたは短縮ダイヤル番号として表示するテキストを入力します。

(注)     

スピード ダイヤルのポーズを設定する場合は、電話機の画面に FAC、CMC、および DTMF ディジットが表示されないように、ラベルを追加する必要があります。

Cisco Unified Communications Manager では、Cisco Unified IP Phone 7910 に対してこのフィールドを使用不可にしています。

[ASCIIラベル(ASCII Label)]

このフィールドには、[ラベル(Label)] フィールドと同じ情報を指定します。ただし、入力は ASCII 文字に制限されます。 Unicode(国際化)文字をサポートしないデバイスでは、[ASCIIラベル(ASCII Label)] フィールドの内容が表示されます。

以下の表は、SIP Phone モデルおよびサポートの情報について説明しています。

電話機モデルのサポート

表 4 SIP Phone モデルおよびサポート情報

電話機モデル

サポート

説明

SIP を使用している Cisco Unified IP Phone 8961、9951、9971

完全にサポートされる

  • 電話機の発信履歴には、スピード ダイヤルを使用して発信されたコールの FAC、CMC、および接続後の DTMF ディジットは表示されません。

  • DTMF ディジットはアウトオブバンドおよび RFC2833 の両方の方式で送信されます。 これらのいずれの場合も、ユーザに DTMF ディジットが送信されたことを伝えるトーンが再生されます。

Cisco Unified Personal Communicator クライアント

方法 2 の使用のみサポートされる

(方法 2 の項を参照)

  • DTMF ディジットはアウトオブバンドおよび RFC2833 の両方の方式で送信できます。

以下の表は、SCCP Phone モデルおよびサポートの情報について説明しています。

表 5  SCCP Phone モデルおよびサポート情報

電話機モデル

サポート

説明

Cisco Unified IP Phone

SCCP を使用している 7906、7911、7931、7941、7961、7942、7962、7945、7965、7970、7971、7975

完全にサポートされる

  • 電話機の発信履歴には、スピード ダイヤルを使用して発信されたコールの FAC、CMC、および接続後の DTMF ディジットは表示されません。
  • DTMF ディジットはアウトオブバンドおよび RFC2833 の両方の方式で送信できます。 これらのいずれの場合も、ユーザに DTMF ディジットが送信されたことを伝えるトーンが再生されます。

その他の SCCP Phone モデル

一部サポートあり

  • 電話機の発信履歴には、スピード ダイヤルを使用して発信されたコールの FAC、CMC、および接続後の DTMF ディジットは表示されません。
  • DTMF ディジットは、アウトオブバンド方式でのみ送信できます。数字が送信されたことを伝えるトーンは再生されません。

CME および SRST の制限

電話機が(SRST として設定されている)CME モードまたは SRST モードの場合、カンマがポーズ期間またはデリミタとして使用されているスピード ダイヤルのコールでは、電話機は、最初のカンマより前にある数字のみを接続先アドレスの数字として CME または SRST ルータに送信します。 そのため、ルータ上で適切なダイヤル ピアが設定されていれば、コールは手動のダイヤル モードで続行されます。ユーザは、FAC および DTMF ディジットを手動でダイヤルアウトする必要があります。

FAC、CMC、および DTMF ディジットが連続文字列として入力されたスピード ダイヤルでは、電話機から一連の数字全体が CME または SRST ルータに送信され、コールが失敗することがあります。これは、CME および SRST ルータでは、受け取った数字の文字列から、接続先アドレスの数字、FAC、および DTMF ディジットを識別できないためです。

BLF スピード ダイヤルの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでプレゼンスを設定すると、ウォッチャと呼ばれる関係者が、ウォッチャのデバイスの BLF/スピード ダイヤル ボタンを使用して、電話番号または SIP URI のリアルタイム ステータスをモニタできるようになります。

SIP を実行しているプレゼンス対応の電話機では、電話番号または SIP URI を BLF/スピード ダイヤル ボタンとして設定できます。 SCCP を実行しているプレゼンス対応の電話機では、電話番号だけを BLF/スピード ダイヤル ボタンとして設定できます。

[BLF/スピードダイヤル(BLF/SpeedDial)] ボタンの設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

BLF ダイレクト コール パークの設定

ダイレクト コール パークを使用すると、ユーザが選択した利用可能なダイレクト コール パーク番号に、パークされているコールを転送できます。 Cisco Unified Communications Manager の [ダイレクトコールパークの設定(Directed Call Park Configuration)] ウィンドウで、ダイレクト コール パーク番号を設定します。 設定したダイレクト コール パーク番号は、クラスタ全体で使用可能です。 電話機がダイレクト コール パークのビジー ランプ フィールド(BLF)をサポートしている場合、特定のダイレクト コール パーク番号がビジー ステータスかアイドル ステータスかをモニタするようにその電話機を設定できます。 また、ユーザは BLF を使用してダイレクト コール パーク番号をスピード ダイヤルで発信することもできます。

[BLF/ダイレクトコールパーク(BLF/Directed Call Park)] ボタンの設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

Cisco Unified IP Phone の設定

Cisco Unified Communications Manager データベースに電話機を追加するには、自動登録を使用して自動的に行うか、または [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを使用して手作業で行います。

自動登録を使用可能にすると、IP テレフォニー ネットワークに電話を接続するときに、その Cisco Unified IP PhoneCisco Unified Communications Manager データベースに自動的に追加できます。 自動登録中に、Cisco Unified Communications Manager は連続する電話番号の中から次に使用可能なものを電話機に割り当てます。 しかし、自動登録を使用しない場合もあります。たとえば、特定の電話番号を電話機に割り当てる場合です。


(注)  


自動登録は、小規模の設定や試験運用に限定して使用することをお勧めします。


クラスタ全体のセキュリティ モードを混合モードに設定すると、Cisco Unified Communications Manager が自動登録を使用不可にします。

自動登録を使用しない場合は、手作業で Cisco Unified Communications Manager データベースに電話機を追加する必要があります。

Cisco Unified IP PhoneCisco Unified Communications Manager の管理ページに追加すると、RIS Data Collector サービスによって、デバイス名、登録状況、およびその電話機が登録された Cisco Unified Communications Manager の IP アドレスが [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウに表示されます。

Cisco Unified IP Phone を使用する前に、次の手順に従って、その電話機を Cisco Unified Communications Manager に追加する必要があります。 また、この手順に従って、SIP を実行しているサードパーティ製の電話機、H.323 クライアント、CTI ポート、Cisco ATA 186 電話アダプタ、または Cisco IP Communicator を設定することもできます。 H.323 クライアントの代わりに、Microsoft NetMeeting クライアントも使用できます。 CTI ポートは、Cisco Unified Communications Manager アプリケーション(Cisco SoftPhone や Cisco Unified Communications Manager Auto-Attendant など)が使用する仮想デバイスを表します。

新しい電話機を追加する場合、一括管理ツールがテンプレートに基づいて電話設定の一部を自動的に設定するために作成した電話テンプレートを選択できます。

電話テンプレートを選択するには、サーバに電話テンプレートが存在する必要があります。 一括管理ツールの電話テンプレートの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド』を参照してください。


(注)  


Cisco VG248 および VG224 電話ポートは、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウから追加します。



ヒント


特定の電話機の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでは、その電話機が使用する IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスが表示されます(該当する場合)。 IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスの両方が設定されているデュアルスタック モードの電話機では、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、電話機の Webサーバの IPv4 URL をポイントする IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスをクリックできます。 IPv6 アドレスだけを使用する電話では、電話機の Webサーバが IPv4 だけをサポートするので、IPv6 アドレスをクリックできません。

ワンポイント アドバイス


電話ボタンおよびソフトキーの非標準テンプレートを使用する場合は、そのテンプレートを設定した後に電話機を追加する必要があります。


手順
    ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話機(Phone)] を選択します。

    [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   次のいずれかの作業を行います。
    (注)     

    電話機の MAC アドレスを表示することができます。

    1. 既存の電話機をコピーするには、[電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウで該当する電話機を見つけます。次に、コピーする電話機の横にある [コピー(Copy)] ボタンをクリックし、ステップ 5 に進みます。
    2. 既存の電話機をコピーし、電話機に関連付けられた電話番号、スピード ダイヤル、ビジー ランプ フィールド/スピード ダイヤル、およびサービス URL をコピーするには、[電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウで該当する電話機を見つけます。次に、コピーする電話機の横にある [スーパーコピー(Super Copy)] ボタンをクリックし、ステップ 5 に進みます。
      (注)     

      コピーされた回線は、元の電話機と新しい電話機の間の共有回線になります。

    3. 新しい電話機を追加するには、[新規追加(Add New)] ボタンをクリックし、ステップ 3 に進みます。
    4. 既存の電話機を更新するには、該当する電話機を見つけます。次に、ステップ 5 に進みます。
    ステップ 3   電話機モデルを選択するときに、次のいずれかの作業を行います。
    1. [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リスト ボックスから、適切な電話機タイプまたはデバイスを選択し、[次へ(Next)] をクリックします。 電話機タイプの選択後はそのタイプを変更できません。
    2. [電話テンプレート(Phone Template)] オプション ボタンを選択し、ドロップダウン リスト ボックスから適切な電話テンプレートを選択し、[次へ(Next)] をクリックします (一括管理ツールで作成した電話テンプレートだけがドロップダウン リスト ボックスに表示されます)。
    ステップ 4   [デバイスプロトコルの選択(Select the device protocol)] ドロップダウン リスト ボックスが表示された場合は、デバイスの適切なプロトコルを選択し、[次へ(Next)] をクリックします。 表示されない場合は、ステップ 5 に進んでください。

    [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 5   適切な設定値を入力します(表 1 を参照)。

    選択された電話機タイプに該当する設定値だけが、ウィンドウに表示されます。

    ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

    電話機を追加する場合は、電話機がデータベースに追加されたことを知らせるメッセージが表示されます。 この電話機に電話番号を追加するには、ウィンドウの左側に表示される [割り当て情報(Association Information)] ペインで、[回線 [1] - 新規DNを追加(Line [1] - Add a new DN)] など、回線リンクのいずれかをクリックします。 続けて電話番号を設定します。

    電話機を更新する場合は、変更内容を有効にして電話機を同期化するには [設定の適用(Apply Config)] ボタンをクリックする必要があることを示すメッセージが表示されます。


    次の作業

    続いて、電話機で以下の機能を設定できます。
    • スピード ダイヤル ボタン

    • サービス

    • サービス URL ボタン

    • ビジー ランプ フィールド/スピード ダイヤルの設定

    既存の電話機設定を別の電話機に移行

    Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [電話の移行(Phone Migration)] ウィンドウでは、機能、ユーザ、および回線の設定を別の電話機に移行できます。 データは、別の電話機モデルまたは別のプロトコルを実行する同じ電話機モデルに移行できます。 たとえば、Cisco Unified IP Phone 7965 のデータを Cisco Unified IP Phone 7975 に移行できます。または、SCCP を実行する電話機モデル(Cisco Unified IP Phone 7965(SCCP)など)のデータを、SIP を実行する同じ電話機モデル(Cisco Unified IP Phone 7965(SIP)など)に移行できます。


    ヒント


    電話機の移行を行うと、既存の電話機の設定を新しい電話機に移植できます。電話、回線、スピード ダイヤルなどを追加する必要はありません。


    既存の電話機設定を別の電話機へ移行する前に、設定を移行する前に確認する情報、および移行の手順について、電話機の移行に関するトピックを参照してください。

    はじめる前に

    電話機の設定を新しい電話機に移行する前に、次の点を考慮してください。

    • 電話機モデルが同じ機能をサポートしていない場合、移行後に新しい電話機で機能が使用できないことに注意してください。 [電話の移行(Phone Migration)] ウィンドウで移行設定を保存する前に、Cisco Unified Communications Manager の管理ページに、機能を使用できなくなることを警告するメッセージが表示されます。
    • 一部の電話機モデルは、CTI ポート、H.323 クライアント、Cisco Unified Mobile Communicator、Cisco IP Softphone などの電話機の移行をサポートしていません。
    • 電話機の設定を移行する前に、BAT で移行先の電話機モデルおよびプロトコルの電話テンプレートを作成する必要があります。 たとえば、Cisco Unified IP Phone 7965 の設定を Cisco Unified IP Phone 7975 に移行する場合、Cisco Unified IP Phone 7975 の電話テンプレートを作成します。

      [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで元の電話機のフィールドが表示されず、新しい電話機にこのフィールドが必要な場合、新しい電話機は必要なフィールドの電話テンプレートから値を使用します。

    • 新しい電話機は、元の電話機と同じ既存のデータベース レコードを使用するので、電話機の設定を新しい電話機に移行すると、Cisco Unified Communications Manager の管理ページ/Cisco Unified Communications Manager データベースから元の電話機の設定が削除されます。つまり、移行後には元の電話機の設定を表示したり、アクセスしたりできなくなります。

      使用するスピード ダイヤルまたは回線の少ない電話機に移行しても、Cisco Unified Communications Manager の管理ページ/Cisco Unified Communications Manager データベースから元の電話機のスピード ダイヤルまたは回線は削除されません。ただし、新しい電話機では一部のスピード ダイヤルまたは回線は表示されません。 設定を移行すると、新しい電話機の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウには、元の電話のスピード ダイヤルおよび回線がすべて表示されます。

    • 新しい電話機に電話機の設定を移行する前に、電話機がネットワークから外されていることを確認してください。 移行作業を実行すると、新しい電話機をネットワークに接続し、デバイスを登録できます。
    • 電話機の設定を新しい電話機に移行する前に、新しい電話機に対して十分な数のデバイス ライセンス ユニットがあることを確認します。

    ヒント


    複数の電話の設定を移行する場合は、一括管理ツールを使用します。このタスクの実行方法については、『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド』を参照してください。


    手順
      ステップ 1   BAT で、データを移行する電話機モデルおよびプロトコルの電話テンプレートを作成したことを確認します。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話テンプレート(Phone Template)] を選択します。
      ステップ 2   [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウ([デバイス(Device)] > [電話(Phone)])で、移行する電話機の設定を検索します。
      ステップ 3   移行する電話機の設定の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されたら、[関連リンク(Related Links)] ドロップダウンリストから [電話の移行(Migrate Phone)] を選択します。
      ステップ 4   適切な移行の設定値を入力します(表 1 を参照)。
      ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。
      ステップ 6   新しい電話機で機能が失われることの警告が表示された場合は、[OK] をクリックします。

      電話機の移行の設定値

      以下の表は、電話機の移行の設定値について示しています。

      表 6 電話機の移行の設定項目
      フィールド 説明

      [電話テンプレート(Phone Template)]

      ドロップダウン リスト ボックスから、電話機の設定の移行先となる電話機モデルの電話テンプレートを選択します。

      [一括管理(Bulk Administration)] の [電話テンプレート(Phone Template)] ウィンドウ([一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話テンプレート(Phone Template)] を選択)で設定した電話テンプレートのみ表示されます。

      [MACアドレス(MAC Address)]

      このフィールドは、ハードウェア電話機だけをサポートします。 設定の移行先となる新しい Cisco Unified IP Phone のメディア アクセス制御(MAC)アドレスを入力します。 この値が 12 桁の 16 進文字から構成されていることを確認してください。

      電話機の MAC アドレスにアクセスする方法については、ご使用の電話機モデルを対象とする『Cisco Unified IP Phone Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      [説明(Description)]

      必要に応じて、新しい電話機の説明を入力します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

      電話機の同期化

      電話機を最新の設定変更と同期させる手順は、次のとおりです。この手順によって、中断を最小限に抑えた方法で未処理の設定が適用されます (たとえば、影響を受けるデバイスの一部は、リセットまたはリスタートが不要な場合があります)。

      手順
        ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

        [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 2   使用する検索条件を選択します。
        ステップ 3   [検索(Find)] をクリックします。

        検索条件に一致する電話機がウィンドウに表示されます。

        ステップ 4   同期させる電話機の横にあるチェックボックスをオンにします。 ウィンドウ内の電話機をすべて選択するには、検索結果表示のタイトルバーにあるチェックボックスをオンにします。
        ステップ 5   [選択項目への設定の適用(Apply Config to Selected)] をクリックします。

        [設定の適用情報(Apply Configuration Information)] ダイアログが表示されます。

        ステップ 6   [OK] をクリックします。

        スピード ダイヤル ボタンまたは短縮ダイヤルの設定

        ユーザにスピード ダイヤル ボタンを提供する場合、またはスピード ダイヤル ボタンが特定のユーザに割り当てられていない電話機を設定する場合は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、電話機にスピード ダイヤル ボタンを設定します。 電話機でスピード ダイヤルのボタンを変更するには、Cisco Unified CM ユーザ オプションを使用します。

        表 2 では、スピード ダイヤル ボタンと短縮ダイヤルの設定値について説明します。 [スピードダイヤルと短縮ダイヤルの設定(Speed Dial and Abbreviated Dial Configuration)] ウィンドウには、2 つのセクションがあります。電話機のスピード ダイヤルの設定、およびボタンに関連付けられていない短縮ダイヤルの設定に関するセクションです。 表 2 の説明は両方のセクションに適用されます。

        合計 199 個のスピード ダイヤルおよび短縮ダイヤルの設定がシステムにより提供されています。
        • スピード ダイヤルの設定

          電話機の物理的なボタンの設定を行います。

        • 短縮ダイヤルの設定

          短縮ダイヤルでアクセスするためのスピード ダイヤル番号の設定を行います。 最大 199 個のスピード ダイヤル エントリを設定した場合、一部のスピード ダイヤル エントリを IP 電話機のスピード ダイヤル ボタンに割り当てることができます。残りのスピード ダイヤル エントリは、短縮ダイヤルに使用されます。 ユーザが番号をダイヤルすると、電話機に [短縮] ソフトキーが表示されます。短縮ダイヤルに該当するインデックス(コード)を入力すると、スピード ダイヤル エントリにアクセスできます。


        (注)  


        一部の Cisco Unified IP Phone は短縮ダイヤルをサポートしていません。 該当の電話機のユーザ ガイドを参照してください。


        手順
          ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、ウィンドウの上部にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [スピードダイヤルの追加/更新(Add/Update Speed Dials)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

          この電話機用の [スピードダイヤルと短縮ダイヤルの設定(Speed Dial and Abbreviated Dial Configuration)] ウィンドウが表示されます。

          (注)     

          [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを表示するには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。 検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。 スピード ダイヤル ボタンを設定する電話機を選択します。

          ステップ 2   適切な設定値を入力します(表 2 を参照)。
          (注)     

          スピード ダイヤルのポーズとして、カンマ(,)を入力できます。カンマは、デリミタとして、および DTMF ディジットを送信する前のポーズとして機能します。

          ステップ 3   [保存(Save)] をクリックして、変更内容を適用します。
          ステップ 4   [閉じる(Close)] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

          IP Phone サービスの設定

          ユーザは、Cisco Unified IP Phone 7970、7960、および 7940 など特定の電話機から天気や株価などのサービスにアクセスできます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、電話機で使用できるサービスを設定できます。 サービスの中には、ユーザが Cisco Unified CM のユーザ オプションのメニューを使用してサービスを変更できるものがあります。 Cisco Unified CM のユーザ オプションの詳細については、ご利用の電話機モデルに該当する『Cisco Unified IP Phone User Guide』を参照してください。

          サービスへの登録

          管理者(またはエンドユーザ)は、エンタープライズ登録としてマークが付けられているサービスには登録できません。 [エンタープライズ登録(Enterprise Subscription)] 列が [IP Phoneサービスの検索/一覧表示(Find and List IP Phone Services)] ウィンドウに表示されます。 この列に [はい(true)] と表示されている場合、管理者(またはエンドユーザ)はサービスに登録できません。 サービスがエンタープライズ登録としてマークが付けられている場合、そのサービスは電話機に自動的に表示されます。ただし、そのサービスを [電話機サービスの設定(Phone Services Configuration)] ウィンドウで無効にしている場合は表示されません。

          電話機用の新規サービスに登録する手順は、次のとおりです。

          はじめる前に

          必要に応じて、Cisco Unified Communications Manager に電話機サービスを追加します。

          手順
            ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

            [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 2   特定の電話機を見つけるには、検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

            検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

            ステップ 3   サービスを追加する電話機を選択します。

            [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 4   ウィンドウの右上にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

            この電話機用の、登録済みの IP Phoneサービスのウィンドウが表示されます。

            ステップ 5   [サービスの選択(Select a Service)] ドロップダウン リスト ボックスから、電話機に追加するサービスを選択します。
            ステップ 6   [次へ(Next)] をクリックします。

            選択したサービスが、ウィンドウに表示されます。 別のサービスを選択する場合は、[戻る(Back)] をクリックし、ステップ 5 を繰り返します。

            ステップ 7   必須パラメータを持つサービスの場合は、表示されているフィールドにその情報を入力します。
            ステップ 8   [登録(Subscribe)] をクリックします。

            サービスが [登録済みサービス(Subscribed Services)] リストに表示されます。

            ステップ 9   別のサービスに加入する場合は、[登録済みサービス(Subscribed Services)] 領域の [新規サービスを登録(Subscribe a New Service)] リンクをクリックします。 ステップ 5ステップ 8 を繰り返します。

            サービスの更新

            サービスを更新する手順は、次のとおりです。 必要に応じて、サービス名とサービス パラメータ値を更新できます。

            手順
              ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

              [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

              ステップ 2   特定の電話機を見つけるには、検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

              検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

              ステップ 3   サービスを更新する電話機を選択します。

              [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

              ステップ 4   ウィンドウの右上にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。
              ステップ 5   [登録済みサービス(Subscribed Services)] リストから、サービスを選択します。
              ステップ 6   該当するパラメータを更新し、[保存(Save)] をクリックします。

              サービスからの登録解除

              サービスの登録を解除する手順は、次のとおりです。

              手順
                ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

                ステップ 2   電話機を特定するための検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

                検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

                ステップ 3   サービスを削除する電話機を選択します。

                [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                ステップ 4   ウィンドウの右上にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。
                ステップ 5   [登録済みサービス(Subscribed Services)] リストから、サービスを選択します。
                ステップ 6   [登録解除(Unsubscribe)] をクリックします。

                サービスの登録を解除するかどうかを確認する、警告メッセージが表示されます。

                ステップ 7   登録を解除するには、[OK] をクリックします。元の設定値に戻すには、[キャンセル(Cancel)] をクリックします。

                サービス URL ボタンの設定

                一部の Cisco Unified IP Phone モデルでは、天気や株価などの情報サービスにアクセスできます。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、サービスを電話ボタン(スピード ダイヤル ボタン)で利用するように設定してから、電話機でそのボタンを設定できます。 ご利用の電話機モデルに固有の『Cisco Unified IP Phone User Guide』を参照してください。


                ヒント


                サービスを設定する場合は、メッセージ、ディレクトリ、サービスのいずれかのボタンの下にそのサービスを表示するかどうかを指定します。 お使いの電話機のモデルにメッセージ、ディレクトリ、サービスのいずれかのボタン/オプションがある場合、サービスはスピード ダイヤル用の電話ボタン(サービス URL ボタン)に加えて、これらのどのボタンの下にも表示できます。 エンタープライズ登録としてマークが付けられているサービスは、サービス URL ボタンに追加できません。


                サービス URL ボタンの追加

                電話機にサービス URL ボタンを設定する手順は、次のとおりです。

                はじめる前に

                始める前に、次の設定を行う必要があります。

                • Cisco Unified Communications Manager にサービスを追加します。
                • 電話ボタン テンプレートにサービス URL ボタンを設定してください。
                • サービスに加入してください。
                手順
                  ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                  [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

                  ステップ 2   特定の電話機を見つけるには、検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

                  検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

                  ステップ 3   サービス URL ボタンを追加する電話機を選択します。

                  [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                  ステップ 4   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側の [割り当て情報(Association Information)] 領域で、[新規SURLを追加(Add a new SURL)] リンクをクリックします。

                  この電話機用の [サービスURLボタンの設定(Configure Service URL Buttons for):] ウィンドウが表示されます。

                  ステップ 5   [ボタンサービス(Button Service)] ドロップダウン リスト ボックスから、電話機に追加するサービスまたは更新するサービスを選択します。
                  ステップ 6   [ラベル(Label)] フィールドと [ASCIIラベル(ASCII Label)] フィールドの値を変更します。
                  ステップ 7   電話ボタンにサービスを追加または更新するには、[保存(Save)] をクリックします。
                  ステップ 8   使用可能なボタンとサービスがほかにある場合、別のボタンに追加のサービスを割り当てるときは、サービス URL ボタンの追加サービス URL ボタンの追加 を繰り返します。
                  ステップ 9   このウィンドウを閉じて [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウに戻るには、[閉じる(Close)] をクリックします。

                  リモート接続先プロファイルへの電話レコードのコピー

                  電話レコードからの情報を新しいリモート接続先プロファイルにコピーできます。新しいリモート接続先プロファイルは、Cisco Unified Mobility およびモバイル ボイス アクセスに使用されます。 リモート接続先プロファイルの設定については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

                  手順
                    ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、ウィンドウの上部にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [リモート接続先プロファイルにコピー(Copy to Remote Destination Profile)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

                    この電話機の [リモート接続先プロファイルの設定(Remote Destination Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                    ステップ 2   『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の Cisco Unified Mobility に関するトピックの内容に従って、適切な値を入力します。
                    ステップ 3   [保存(Save)] をクリックして、変更内容を適用します。
                    ステップ 4   [閉じる(Close)] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

                    カスタム電話ボタン テンプレートのボタン項目の変更

                    電話機を設定し、電話機にカスタムで非標準の電話ボタン テンプレートを関連付けた場合、関連付けられた電話ボタン テンプレート内の電話ボタン項目を変更できます。 変更する場合は、この特定の電話機用にカスタマイズされた新しい電話ボタン テンプレートを作成します。 新しい電話ボタン テンプレートは、電話ボタン テンプレートのリストに「SEP999999999999-Individual Template」という形式の名前で表示されます。ここで、999999999999 には、電話機の MAC アドレスが指定されます。


                    (注)  


                    電話機に標準の電話ボタン テンプレートが関連付けられている場合、この手順は実行できません。 最初に、この電話機にカスタムで非標準の電話テンプレートを関連付ける必要があります。


                    カスタムで非標準の電話ボタン テンプレートのボタン項目を変更するには、次の手順を実行します。

                    手順
                      ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                      [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

                      ステップ 2   検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックして電話機を特定します。

                      検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

                      ステップ 3   電話ボタン項目を変更する電話機を選択します。

                      [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                      ステップ 4   ウィンドウの左側の [割り当て情報(Association Information)] 領域で、[ボタン項目を変更(Modify Button Items)] をクリックします。

                      ポップアップ ウィンドウが表示され、(電話機に対する)未保存の変更は失われる可能性があることが警告されます。 電話機の設定に変更を加えた場合は、[キャンセル(Cancel)] をクリックし、変更を保存してから続行します。

                      ステップ 5   [OK] をクリックして続行します。
                      [電話のボタンの並び替え設定(Reorder Phone Button Configuration)] ウィンドウが表示されます。 このウィンドウは、次のペインから構成されています。
                      [関連項目(Asociated Items)]
                      この電話ボタン テンプレート内で電話ボタンに割り当てられている項目のリストが表示されます。 システムによって、リスト内の最初の項目がボタン 1 に、2 番目の項目がボタン 2 に、というように順次割り当てられます。
                      [割り当てられていない関連項目(Unassigned Associated Items)]
                      この電話ボタン テンプレート内で電話ボタンに割り当てられていない項目のリストが表示されます。
                      [以下の項目を関連解除(Dissociate These Items)]
                      電話ボタンに現在割り当てることができない項目のリストが表示されます。
                      ステップ 6   [関連項目(Associated Items)] ペインで項目を選択し、上下の矢印をクリックして、関連項目の順序を変更します。
                      ステップ 7   [関連項目(Associated Items)] または [割り当てられていない関連項目(Unassigned Associated Items)] ペインのいずれかの項目を選択し、右または左の矢印をクリックして、項目を他のペインへ移動します。
                      ステップ 8   [関連項目(Associated Items)] または [割り当てられていない関連項目(Unassigned Associated Items)] ペインの項目を選択し、上または下の矢印をクリックして、[以下の項目を関連解除(Dissociate These Items)] ペインに項目を移動するか、またはこのペインから項目を移動します。
                      ステップ 9   ペイン間で項目を移動し、すべての項目が目的の順序になったら、[保存(Save)] をクリックします。
                      ステップ 10   [閉じる(Close)] をクリックして、[電話のボタンの並び替え設定(Reorder Phone Button Configuration)] ウィンドウを閉じます。

                      現在ログイン中のデバイスの検索

                      Cisco Extension Mobility 機能および Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能は、ユーザが現在ログイン中のデバイスをトラッキングします。 Cisco Extension Mobility 機能の場合、現在ログイン中のデバイス レポートは、ローカル ユーザが現在ログイン中のローカル電話機をトラッキングします。Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能の場合、現在ログイン中のデバイス レポートは、リモート ユーザが現在ログイン中のローカル電話機をトラッキングします。

                      Cisco Unified Communications Manager には、ユーザがログインしているデバイスを検索するための特別な検索ウィンドウがあります。 ユーザが現在ログイン中の特定のデバイスを検索する手順、またはすべてのデバイスを一覧表示する手順は、次のとおりです。

                      手順
                        ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                        [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウには、アクティブな(前の)クエリーのレコードが表示される場合もあります。

                        ステップ 2   [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウの右上隅にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから、[現在ログイン中のデバイスのレポート(Actively Logged In Device Report)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 [現在ログイン中のデバイスの検索/一覧表示(Find and List Actively Logged In Devices)] ウィンドウが表示されます。
                        ステップ 3   データベース内の現在ログイン中のデバイスのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認し、ステップ 4 に進んでください。

                        特定のレコードをフィルタリングまたは検索するには、次の操作を実行します。

                        1. 最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。
                        2. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
                        3. 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
                          (注)     

                          別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。

                        ステップ 4   [検索(Find)] をクリックします。

                        一致するすべてのレコードが表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

                        ステップ 5   表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。
                        (注)     

                        ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。

                        選択した項目がウィンドウに表示されます。


                        リモートでログインしているデバイスの検索

                        Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能は、ユーザがリモートからログインしているデバイスをトラッキングします。 リモートからログインしたデバイス レポートは、他のクラスタが所有している電話機のうち、EMCC 機能を使用しているローカル ユーザが現在ログイン中の電話機をトラッキングします。

                        Cisco Unified Communications Manager には、ユーザがリモートでログインしているデバイスを検索するための特別な検索ウィンドウがあります。 ユーザがリモートからログインしている特定のデバイスを検索する手順またはすべてのデバイスを一覧表示する手順は、次のとおりです。

                        手順
                          ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                          [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウには、アクティブな(前の)クエリーのレコードが表示される場合もあります。

                          ステップ 2   [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウの右上隅にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから、[リモートログインデバイス(Remotely Logged In Device)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 [リモートログインデバイスの検索/一覧表示(Find and List Remotely Logged In Devices)] ウィンドウが表示されます。
                          ステップ 3   データベース内のリモートからログインしたデバイスのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認し、現在ログイン中のデバイスの検索 に進んでください。

                          特定のレコードをフィルタリングまたは検索するには、次の操作を実行します。

                          1. 最初のドロップダウン リスト ボックスで、検索パラメータを選択します。
                          2. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、検索パターンを選択します。
                          3. 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。
                            (注)     

                            別の検索条件を追加するには、[+] ボタンをクリックします。 条件を追加した場合は、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。 条件を削除するには、[-] ボタンをクリックして、最後に追加された条件を削除するか、または [フィルタのクリア(Clear Filter)] ボタンをクリックして、追加されたすべての検索条件を削除します。

                          ステップ 4   [検索(Find)] をクリックします。

                          一致するすべてのレコードが表示されます。 [ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

                          ステップ 5   表示されたレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。
                          (注)     

                          ソート順を逆にするには、リストのヘッダーにある上矢印または下矢印をクリックします(使用可能な場合)。

                          選択した項目がウィンドウに表示されます。


                          電話機の MAC アドレスの表示

                          メディア アクセス制御(MAC)アドレスは、Cisco Unified IP Phone またはその他のハードウェア デバイスを識別する固有の 12 桁の 16 進数で構成されます。 電話機の底に貼ってあるラベルに、この番号が記載されています(たとえば、Cisco Unified IP Phone 7900 ファミリの電話機の場合は 000B6A409C405、Cisco IP Phone SP 12+ および 30 VIP の場合は SS-00-0B-64-09-C4-05)。 Cisco Unified Communications Manager では [MACアドレス(MAC address)] は、Cisco Unified IP Phone のデバイス設定の必須フィールドになります。 Cisco Unified Communications Manager フィールドに MAC アドレスを入力するときは、スペースとダッシュを使用しないでください。また、ラベル上の MAC アドレスの前にある「SS」は入力しないでください。

                          Cisco Unified IP Phone の MAC アドレスまたはその他の設定値を表示する方法の詳細については、該当の電話機モデルをサポートする『Cisco Unified IP Phone Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。 Cisco IP Phone 12 シリーズ、および Cisco IP Phone 30 シリーズまたは Cisco VG248 Gateway の MAC アドレスを表示するには、次の作業を実行します。

                          • Cisco IP Phone 12 SP + および 30 VIP:[**] を押して、LCD ディスプレイの 2 行目に MAC アドレスを表示します。
                          • Cisco VG248 電話ポート:MAC アドレスは、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] ウィンドウからエンドポイントを指定します。
                          • Cisco VG224 電話ポート:Cisco VG224 ゲートウェイは、MGCP ゲートウェイまたは SCCP ゲートウェイとして設定できます。 SCCP ゲートウェイとして設定した場合は、24 のアナログ電話エンドポイントを割り当てることができます。 このように設定した場合、このゲートウェイは IOS SCCP ゲートウェイと同様に動作します。 個々の電話機の MAC アドレスは、スロット位置、サブユニット、ポート、および元の MAC アドレスの最後の 10 文字を考慮した式を使用して計算されます。
                          • Cisco IP CommunicatorCisco IP Communicator アプリケーションをインストールするクライアント PC のネットワーク インターフェイスから、MAC アドレスを取得します。